[メイン]どどんとふ:全チャットログ削除が正常に終了しました。
[サブ]:はいではプリプレイどうぞ!
[雑談]:コマだしといてね!順番表示に使うので!
[サブ]天音雪兎:アイドル3.5万
[サブ]標津カルトーシカ:ないです
[サブ]皇銀河:研究成果10万—
[サブ]織神鋭一:救急スプレー(使わない)を4個補充
[サブ]純玲:アイドルで5万五千円です
[サブ]皇銀河:工房大魔3つも一応
[サブ]:おっけー
[サブ]:よしコマ出したと
[サブ]:んじゃみんな準備はいいかなー?
[サブ]天音雪兎:いいともー
[サブ]皇銀河:おk
[サブ]標津カルトーシカ:いいぞー
[サブ]:んじゃはっじめっるよー!
[メイン]: 
[メイン]: 
[メイン]: 
[メイン]: 
[メイン]: 
[メイン]: 
[メイン]: 
[メイン]: 
[メイン]:『誰を!!選んだか!!言い当てろ!!V4!!!』
[メイン]: 
[メイン]: 
[メイン]: 
[メイン]:  
[雑談]織神鋭一:ゆっきー先輩が女装しないことを祈って!
[メイン]:さて、君たちはテレビ局に依頼で訪れている。
[雑談]織神鋭一:(祈りはたやすく打ち砕かれる)
[メイン]:学園都市ローカルテレビ局だが、様々な最新技術を使っているここは全国区にも劣らない質の番組が作れるとのことだ。
[メイン]: 
[雑談]天音雪兎:しません
[メイン]:……待ち合わせ場所である、第12スタジオに君たちは足を踏み入れる。
[雑談]天音雪兎:するような状況がないでしょ!?
[メイン]:中は真っ暗だが、突然スタジオの真ん中にスポットライトが当たり
[雑談]天音雪兎:(多分
[メイン]怪人ナゾラー:「ようこそ! 執行委員の皆さん!!」
[雑談]織神鋭一:するような状況だったらするっていってんじゃねぇか
[メイン]怪人ナゾラー:「テレビ局で撮影する誰を!!選んだか!!言い当てろ!!」
[雑談]天音雪兎:するような状況でしないって言葉はおかしくない?(純粋な目
[メイン]怪人ナゾラー:「早くも第四回になりましたこちらを、本日も開催いたします!!!」
[メイン]: 
[メイン]:(RPどうぞ
[メイン]純玲:「あの・・・放送、されるんですか?」 
[雑談]:今回質問は
[メイン]皇銀河:軽い拍手
[雑談]:刺さるようなのはないのであんしんしてね!
[メイン]天音雪兎:「おぉ、またこの展開」
[雑談]皇銀河:安心した
[メイン]怪人ナゾラー:デデッデデッデデッデデー
[メイン]怪人ナゾラー:「します」
[メイン]天音雪兎:「まぁ心配しなくてもいいよ。そんなに怖がらなくても平気なものだから」
[メイン]天音雪兎:一部ハードな人もいた気がするが気のせいだろう
[メイン]織神鋭一:「あ、どもども」 誰に挨拶してるのか
[メイン]皇銀河:「うむ、危険性は無い。映像で見た事もある」
[雑談]織神鋭一:抉るようなものはあるってことだネ!
[メイン]天音雪兎:「俺に至っては二回目だしね」肩を竦める
[メイン]純玲:「あの、だって、恥ずかしいです。・・・最近だって道端で歌ってるだけだったのにわっと人が集まったり・・・はずかしい」
[メイン]皇銀河:一部ハード……一体誰心なんだ……
[メイン]標津カルトーシカ:「いえーい」
[メイン]天音雪兎:「(そりゃ人が集まるのでは?)(雪兎は訝しんだ)」
[メイン]怪人ナゾラー:「今回の質問は大丈夫ですよ。笑えるものばかりです。放送時間がゴールデンに移りましたからね」
[メイン]怪人ナゾラー:「もう深夜番組のノリでは生きられないのです」
[メイン]天音雪兎:「放送時間とかあったんだ」
[メイン]純玲:「やっぱり放送されるんですか!?」
[メイン]天音雪兎:「今までがやばかったみたいな言い方やめろ!」
[メイン]純玲:「・・・あぅ・・・」
[メイン]怪人ナゾラー:「いつでも見られるんですが、やはり最初の放送時間の方が食いつきがいいんですよねー」
[メイン]皇銀河:「大丈夫だ、純玲。執行委員である以上、多少の注目は浴びる物だからな」
[メイン]皇銀河:ぽんぽん、と純玲を優しく撫でる
[メイン]怪人ナゾラー:「みなさんもDVDで映画借りるより、金曜ロードショーの方がなんとなく見ちゃうとかありません?」
[メイン]天音雪兎:「まぁネット配信とかもしてるって触れ込みだったしね」
[メイン]標津カルトーシカ:「深夜番組がゴールデンに出ると過激さが落ち着いて廃れるやつだよね」
[メイン]純玲:「お兄ちゃん、それあんまだいじょぶくない・・・」
[メイン]標津カルトーシカ:「聞いた事ある」
[メイン]織神鋭一:「例えば深夜帯だとどういう質問が?」
[雑談]皇銀河:もうネット配信のみや深夜番組ではいられないんだ
[メイン]天音雪兎:「どっから聞いたんだそんな情報……」
[メイン]標津カルトーシカ:「ネット」
[メイン]織神鋭一:「あるよね、深夜の方がノリが良かったっていうの」
[メイン]怪人ナゾラー:「そうですね、この前の質問だとこんな感じでしたね」
[メイン]:「王様ゲーム! イエーーー!!」
「さて、では王様はこう命令しました。『1番と2番がキスすること!』」
「貴方は1番のくじを持っています。2番のくじを持っているのは誰?」

[メイン]怪人ナゾラー:「まあ男に出して選択肢全員男だったんですkど」
[メイン]皇銀河:「む、俺が注目される事に慣れているからな……」
[メイン]織神鋭一:「ほらなんだっけ、扉が跳ねたり、クリームがなんかみたいな」
[雑談]皇銀河:おかしい、俺はまるで関係ないはずなのにその質問を見ると胃が
[メイン]純玲:「鋭一さんの言ってる例もわりとナゾです!?」
[メイン]天音雪兎:「後はこの中で一番メイドが似合うのは誰、っていう問題で選択肢に自分が含まれてたりしてた奴もいたな」
[雑談]天音雪兎:大吾堕ち
[メイン]標津カルトーシカ:「笑えるってどのレベルで笑えるんだろうね……」
[メイン]天音雪兎:「ま、引き笑いは苦笑じゃないことを祈ろう。命に別状はないさ」
[メイン]皇銀河:「ま、やってみれば良いだろう。」
[メイン]怪人ナゾラー:「はい、ではということで早速始めていきましょう!!」
[メイン]織神鋭一:「いぇーい」
[メイン]怪人ナゾラー:「ルール説明! こちらのVTRを御覧ください!」
[雑談]織神鋭一:うぇーい
[メイン]怪人ナゾラー:(テレビの方では説明VTRが流れています)
[雑談]:ということで
[雑談]織神鋭一:実際深夜の方が面白かったって思うの 多少危ないくらいがちょうどいい
[雑談]:みんな秘話出来る?わかる・
[メイン]純玲:「・・・」じっ
[雑談]織神鋭一:わかるわかる
[雑談]織神鋭一:深夜枠とゴールデンの分かり易い違い
[雑談]標津カルトーシカ:わかるー
[データ]:質問の解答はここのタブでよろしくね、もちろん秘話で
[雑談]天音雪兎:うむ
[雑談]純玲:わかった
[雑談]:質問の答えはデータタブでお願いね
[雑談]:秘話でね!
[雑談]織神鋭一:深夜枠だとゆっきー先輩が脱ぐ ゴールデンだと女装だけにとどまる。 つまりこういうことだ
[雑談]天音雪兎:脱がないし女装もしない
[雑談]天音雪兎:俺を何だと思ってるんだ!
[メイン]怪人ナゾラー:「…………はい、ということでいつものルールですね!」
[雑談]織神鋭一:あたい族
[雑談]皇銀河:皆の玩具
[雑談]天音雪兎:あのね
[メイン]怪人ナゾラー:「では出題者の順番を……サイコロスタート!!」
[雑談]天音雪兎:君達?
[メイン]皇銀河:「うむ、番組で見たルールだな」
[メイン]怪人ナゾラー:天井から大きなサイコロが落ちてきて、ごろんごろんと転がり
[雑談]天音雪兎:いや別にお願いされたらするけど、公序良俗に反しない範囲で
[雑談]織神鋭一:お城みたいなホテル
[雑談]純玲:だ、だいじょうぶですよ?
[メイン]怪人ナゾラー:choice[眼鏡,ロリ,ロリコン,被害担当艦,ロボ]
DiceBot : (CHOICE[眼鏡,ロリ,ロリコン,被害担当艦,ロボ]) → ロリコン

[雑談]純玲:あの・・・なんかそういうの私もひっかぶりそうですしこの面子
[メイン]怪人ナゾラー:「はい、では最初は鋭一さんに決定しました!」
[雑談]天音雪兎:人の教会が防音設備完璧だからってそういう呼ばわりするんじゃねぇ!
[メイン]織神鋭一:「おいちょっとチョイスに悪意がないかな?」
[雑談]天音雪兎:スミレちゃんに変なのが行かないことを祈る会です
[メイン]織神鋭一:「ゴールデンって言ってなかったかな?ん?」
[メイン]怪人ナゾラー:「そこからこうこう、こんな感じに順番を回していきます!」(どどんとふの画面ではコマが並んでいます
[メイン]皇銀河:ぽん、と鋭一の肩を叩く
[メイン]皇銀河:「諦めろ」
[メイン]怪人ナゾラー:「ハハハ。チョイスの選択肢はお茶の間には見えてませんよ」
[メイン]天音雪兎:「……うーん」まぁいいんだけど、と困ったような顔で笑いつつサイコロを見ていた
[雑談]織神鋭一:防音設備とか言っちゃうから変なこと言われんだよ
[サブ]:1d10
DiceBot : (1D10) → 3

[メイン]純玲:「ロリコン・・・やはり私はまだ世間一般で言う・・・」
[メイン]怪人ナゾラー:「それでは第一問!」
[メイン]標津カルトーシカ:「外見的な意味じゃないの?」
[メイン]天音雪兎:「まだまだ伸びしろがあるってことだからいいのさ」
[メイン]織神鋭一:「諦めたら試合終了だって言ってたしあれだよ好きになった娘が可愛すぎただけだ!」ドンッ☆
[メイン]怪人ナゾラー:「国の学習要項はやはりこの学園都市でも関係があるもの」
[メイン]純玲:「・・・ぅー・・・」もじもじ
[メイン]天音雪兎:「少なくとも高3でこの身長よかマシだ」悲しい顔
[メイン]怪人ナゾラー:「少し前から義務教育過程に新しく取り入れられたヒップホップダンス。みなさんもやったことありますか?」
[メイン]怪人ナゾラー:「高校生の人はないかもしれませんね」
[メイン]皇銀河:「はっはっは、雪兎は背が低いからなあ」
[雑談]織神鋭一:何その授業意味わかんない(ジェネギャ)
[メイン]標津カルトーシカ:「一応あるよ」
[雑談]織神鋭一:創作ダンスならまだわかるけど……
[メイン]怪人ナゾラー:「では質問です。そのヒップホップダンスをこの中で一番キレッキレに踊ったのは誰?」
[メイン]皇銀河:「ヒップホップダンスはやった事が無いな」
[雑談]天音雪兎:カルトのヒップホップダンスめっちゃみたい
[メイン]王河凌:一人目。
[メイン]天音雪兎:「タップダンスくらいだなぁ」
[雑談]皇銀河:タップダンスとか普通のダンスならやった事ある
[メイン]弘原玲:二人目。
[メイン]多々良:三人目。
[メイン]天音雪兎:あれも不慣れな中エスコートしてもらっただけだし
[雑談]織神鋭一:くそっwwww
[雑談]織神鋭一:3人目は反則だろぉ!!
[雑談]天音雪兎:地味に難しいの来たな!
[メイン]怪人ナゾラー:「さあ、皆さんはまだですよ」
[メイン]織神鋭一:「…………」
[メイン]怪人ナゾラー:「鋭一さん、こっそり私にお答えください」
[雑談]標津カルトーシカ:3人目がキレキレに動くのがみたいんだよなぁ
[雑談]皇銀河:三人目のキレッキレのヒップホップめっちゃ見たい
[雑談]:重ねていうけどデータタブでよろしくね!>秘話
[雑談]天音雪兎:見たいとできそうは違うのが難点だ
[メイン]皇銀河:「ふむ」選択肢を眺める
[データ]織神鋭一 -> :テステス
[データ] -> 織神鋭一:おうらい
[データ]織神鋭一 -> :こんなもんな
[見学用]@見学:多々良がめっちゃキレッキレに踊るの想像したら草しか生えない
[データ]織神鋭一 -> :想像しただけで腹筋が壊れる3に決まってるだろ いや確かに凌ちゃんとか絶対正道だよ?
[データ]織神鋭一 -> :だが3。
[見学用]:見たいよね
[見学用]天音雪兎:めっちゃ見たい
[データ]:はい、受け取りました
[データ]:表でRPどうぞ
[メイン]織神鋭一:「よーし決めた」
[メイン]織神鋭一:「これはもう、ね これだよね、うん」 こしょこしょ
[メイン]怪人ナゾラー:「そうそう、始めての方にもお伝えしておきますが、解答の際には理由も添えていただけると面白いのでお願いしますね」
[メイン]怪人ナゾラー:「はい、では解答受け取りました! 他の四名、予想をどうぞ!」
[メイン]織神鋭一:「さぁ当ててみろ貴様らァ!」 ドンッ☆
[メイン]天音雪兎:「んー」
[メイン]標津カルトーシカ:「多々良にヒップホップは無理でしょ」
[メイン]純玲:「ん・・・なんとなく想像できます」
[メイン]皇銀河:「まあ凌嬢だな。多々良は動きは軽快だが、間違いなく自分からやらん」
[メイン]天音雪兎:「多々良は働かない、玲は重い物の取扱にはなれてるけど器用にっていうとちょっとイメージと違うな」
[メイン]天音雪兎:「ってわけで、消去法的に王河で」
[メイン]純玲:「王河さん。スポーツ得意ならいけるはずです」
[メイン]標津カルトーシカ:「俺も同じく王河かな、さすがに」
[メイン]天音雪兎:「でも見たいのは多々良だよね」
[メイン]織神鋭一:「真面目に考えました」
[メイン]天音雪兎:見たいと出来そうは違うのだ
[メイン]怪人ナゾラー:「では解答出揃いました!!」
[メイン]怪人ナゾラー:「全員王河さんのようですね、なるほど。スポーツ少女として有名な彼女ならキレッキレだろうと」
[メイン]怪人ナゾラー:「それでは正解は~~~」
[メイン]怪人ナゾラー:デレレレレレレレレレレレレ
[メイン]怪人ナゾラー:デデン
[メイン]織神鋭一:「うんうん、そうだよね 俺もそう思った」
[メイン]織神鋭一:「だけど俺はこうです。」
[メイン]怪人ナゾラー:「…………このゲームは解答を当てるゲームということがここではっきりしました!!」
[メイン]皇銀河:「見たいのは確かに多々良だし、やらなければならないなら出来るタイプでもあると思うが」
[メイン]怪人ナゾラー:「正解は3! 多々良さんです!」
[メイン]怪人ナゾラー:「正解者ゼロ!!」
[メイン]皇銀河:「……成程。」
[雑談]天音雪兎:(鋭一というかはいとぅーならやるだろうなっていう読みはできたけど、PCもはそれをしない)
[メイン]怪人ナゾラー:『想像しただけで腹筋が壊れる3に決まってるだろ いや確かに凌ちゃんとか絶対正道だよ?』
[メイン]織神鋭一:「脳裏によぎった時点でもうだめだった」
[メイン]織神鋭一:「いやほら、多々良さん割と素早いじゃん」
[メイン]怪人ナゾラー:『だが3』とのことです!
[メイン]天音雪兎:「まぁキレッキレそうだよね」
[メイン]天音雪兎:「瞬間移動組み合わせてさ」
[メイン]怪人ナゾラー:「想像するだけで笑えますよね」
[メイン]純玲:「・・・・・・」
[メイン]皇銀河:「まあ出来る事は出来るだろうな……多々良を選ぶべきだったか……」
[メイン]純玲:頭を抱える
[メイン]怪人ナゾラー:「ハハハハ、早速このゲームの洗礼を受けていますね」
[メイン]標津カルトーシカ:「いや、無理でしょ」
[メイン]純玲:「そうでした・・・この人ネタに走る人だった・・・」
[メイン]織神鋭一:「ただのクイズじゃないということがよくわかったな君たち」
[メイン]怪人ナゾラー:「なぁに、まだこれは序の口です。それでは次、言ってみましょう! 出題者は銀河さんです!」
[サブ]:1d9
DiceBot : (1D9) → 3

[メイン]織神鋭一:「純玲ちゃん、それは違うよ」
[メイン]皇銀河:「うむ、どのような質問だろうな」
[メイン]怪人ナゾラー:がさごそ、と出題BOXを探り
[メイン]織神鋭一:「ガチで考えて多々良さんができそうだと思ったんだ俺は」
[メイン]怪人ナゾラー:「おっと、これは前回の出場者からの質問ですね」
[メイン]怪人ナゾラー:「では、VTRをどうぞ!」
[メイン]ブルグドゥ:「ふむ」
[雑談]織神鋭一:※ネタには走ってませんが凌ちゃんではヒップホッパーTATARAに勝てなかった……
[メイン]ブルグドゥ:「……執行委員で口説くとしたら誰?なお、失敗した場合は当人から一発貰うものとする」
[メイン]赤宮咲:一人目。
[メイン]辻川茉理:二人目。
[メイン]久馬白次:三人目。
[雑談]天音雪兎:立ち絵のチョイスに恣意性を感じる
[雑談]皇銀河:まあ絵面が強すぎるんだよな
[メイン]ブルグドゥ:「因みに一発貰った人から選定した。」
[メイン]怪人ナゾラー:「……とのことです!」
[メイン]天音雪兎:「まさかの実体験かよ」
[メイン]怪人ナゾラー:「銀河さんは彼女さんがいらっしゃいますので、まあ一般論としてお答えください」
[メイン]織神鋭一:「ブルくん勇気あるわ」
[メイン]天音雪兎:ブルグドゥらしいなぁ、と笑いつつ
[メイン]天音雪兎:そこの鋭一君彼女横にいるからね
[メイン]標津カルトーシカ:「ブルグドゥは誰にでも告白するからな」
[メイン]皇銀河:「うむ、彼女の居る身で俺がどうこう、とは言えんからな」
[雑談]天音雪兎:この問題こう
[見学用]ろこ@見学:実際踊れると思うけど無難すぎるのは分かる
[雑談]天音雪兎:一般論じゃなくて答えられる立場が俺しかいない
[メイン]純玲:「・・・」真剣な目
[雑談]天音雪兎:なんてこった
[見学用]ろこ@見学:そして3番選ぶのもわかる
[メイン]織神鋭一:「皇さんが口説きたい人かー……うーん」
[見学用]:多々良の揺れる肉ガみたい
[見学用]天音雪兎:ぷるぷるぷるぷる
[雑談]織神鋭一:それで口説きたい選ばれた人参考にする巴ちゃん何でしょ?
[メイン]怪人ナゾラー:「執行委員さんは美人が多いですからねー」
[メイン]怪人ナゾラー:「そういえば鋭一さんの彼女はそこの純玲さんなんですよね?」
[見学用]織神鋭一:でしょ?>ろこーりん
[メイン]怪人ナゾラー:「馴れ初めとかはどのような?」
[見学用]織神鋭一:ろこーりんでも3を選ぶ 俺はわかる
[メイン]純玲:「えぇ、とっても美人さんばっかりです・・・」
[雑談]:放送をメモっている
[メイン]天音雪兎:「まぁ今回は二回目ってことでこういう困る質問用対策はバッチリ何だ」
[メイン]純玲:「!?」
[メイン]純玲:「え、あ、えぅ、あぅ・・・」
[メイン]天音雪兎:ひょいっと順番決めダイスを取り出す要領で天井から小さなダイスを召喚する
[メイン]織神鋭一:「秘密で」
[見学用]@見学:踊るというよりヒップホップ出来そうなのが多々良しかいないともいう
[メイン]怪人ナゾラー:「なるほど、二人だけの大事な思い出だと」
[メイン]織神鋭一:「うん、そういうの大事だから」
[メイン]天音雪兎:「あんまこういうのは分かんないからね。番組の趣旨には反するけど俺はこうしよう」ダイスをくるくると弄びつつ、銀河が決めるのを待つ
[メイン]純玲:真っ赤になって縮こまっている
[見学用]天音雪兎:王河ちんが努力でやってきそうという意味なら
[見学用]天音雪兎:多々良はセンスでやってきそう
[データ]皇銀河 -> :「茉理嬢。咲嬢はやはり乱高の生徒と言うのが一般的に見ると近寄りがたいだろう。白次嬢も誠旗はやや武闘派な印象が強いからな。」
[見学用]@見学:こう、おーがちんは
[見学用]@見学:横文字大丈夫?的な……
[データ]:はい、受け取りました!
[見学用]織神鋭一:擬音にビターンビターンが入ってくる所までが多々良
[データ]:表RPどうぞ
[メイン]皇銀河:さっさとナゾラーへと近づき、耳打ちをする
[メイン]怪人ナゾラー:「ほうほう、なるほどなるほど……」
[メイン]怪人ナゾラー:「では解答受け取りました! 四名さん予想をどうぞ!」
[メイン]織神鋭一:「辻川さんで」
[メイン]天音雪兎:ダイスを振る
[メイン]天音雪兎:1D3
DiceBot : (1D3) → 3

[メイン]純玲:「辻川さんでしょうか・・・」
[メイン]怪人ナゾラー:「ほほー」
[メイン]天音雪兎:「白次で」
[メイン]標津カルトーシカ:「えぇ、辻川選ぶの? 多方向でないでしょ」
[雑談]織神鋭一:まず眼鏡の似合う女子。これが大前提だ……
[メイン]標津カルトーシカ:「赤宮にしとくよ」
[メイン]怪人ナゾラー:「なるほど、答えはバラけましたね」
[メイン]織神鋭一:「カルちゃん、君は大事なことを忘れている……」
[雑談]皇銀河:辻川さんが眼鏡っ子なの言われて思い出したよ
[雑談]天音雪兎:wwwww
[雑談]天音雪兎:でもあれ伊達メガネじゃないっけ
[メイン]織神鋭一:「赤宮さんには他の2人に無いものがある……そのことを忘れていたな」
[雑談]皇銀河:俺も伊達眼鏡だし
[メイン]怪人ナゾラー:「カップルで同じ答えなのが仲の良さを表していますが、さてさて正解はどうなっているのでしょう!」
[メイン]怪人ナゾラー:デレレレレレレレレレレレレ
[メイン]怪人ナゾラー:デデン!!
[雑談]天音雪兎:確かに
[メイン]怪人ナゾラー:「……正解は辻川茉理!! 鋭一さん、純玲さん正解!」
[見学用]ろこ@見学:「よー、うんたーかんたーひんたーちょーきーらー」とかめっちゃたどたどしいので結局見て覚える
[メイン]皇銀河:「一般論で選ぶとこうなる、と言った所だな」
[メイン]純玲:「やりました」
[メイン]怪人ナゾラー:「『茉理嬢。咲嬢はやはり乱高の生徒と言うのが一般的に見ると近寄りがたいだろう。白次嬢も誠旗はやや武闘派な印象が強いからな。』」
[メイン]天音雪兎:「そんなものなのかね」
[雑談]皇銀河:ちなみに銀河自身が口説くなら白次
[メイン]織神鋭一:「やったー!」 純玲ちゃんにハイタッチ
[メイン]怪人ナゾラー:「とのことです。眼鏡補正は……どうなんでしょうね?」
[雑談]標津カルトーシカ:ははっ、カルちゃんは初対面なんだ このメガネ
[メイン]純玲:「・・・ん」少し恥ずかしがりながらぺちっ
[雑談]天音雪兎:それはそまが口説くならでは?
[雑談]織神鋭一:白次さん口説くと物理的に死にそうだから
[雑談]標津カルトーシカ:だからメタは張りませんでしたってか張れない
[メイン]皇銀河:「そう言う訳で一番口説かれやすそうな茉理嬢を選んだのだが……ややそのままだったか?」
[メイン]標津カルトーシカ:「眼鏡補正?」
[雑談]天音雪兎:雪兎は主体性がないので消去法か、消去法でやると失礼なやつにはサイコロを降る
[メイン]織神鋭一:「赤宮さんは眼鏡してなかったら今回は除外しました」
[雑談]皇銀河:いや銀河がそもそも白次以外とほぼ面識がない
[メイン]天音雪兎:「銀河といえば眼鏡なんだよ」
[見学用]@見学:待てよ、多々良が揺れるならおーがちん躍らせたら当然揺れるのでは
[雑談]皇銀河:(情報は集めてる設定なので知ってる)
[メイン]怪人ナゾラー:「さて、ではノリも掴めてきたところで第三問言ってみましょう!」
[見学用]天音雪兎:確かに?
[メイン]怪人ナゾラー:「出題者はカルトーシカさんです!」
[サブ]:1d8
DiceBot : (1D8) → 4

[メイン]織神鋭一:「なぜか俺的には同級生だったら悪友になれた気がする」
[見学用]ろこ@見学:わかっているね
[メイン]怪人ナゾラー:「さて、みなさんこの前の総合学園文化祭はお楽しみでしたか?」
[メイン]標津カルトーシカ:「俺か」
[メイン]怪人ナゾラー:「十七学区の方では大騒ぎしていたらしいですが、文化祭自体は成功だったようですね」
[見学用]織神鋭一:そういう揺れは別にいらないです。
[メイン]怪人ナゾラー:「さて!」
[メイン]怪人ナゾラー:「学園都市文化祭の日、執行委員もお祭りを思い思いに楽しんでいます」
[メイン]怪人ナゾラー:「さて質問です。次のうち、金魚をすくいすぎて出店を出禁になってしまったのは誰?」
[メイン]朱羽刀夜:一人目。
[メイン]ケント・テイラー:二人目。
[メイン]王河凌:三人目。
[メイン]怪人ナゾラー:「はい、お答えください!」
[見学用]@見学:とーや先輩はこう
[メイン]天音雪兎:「王河大人気だな」
[メイン]織神鋭一:「うん。」
[メイン]皇銀河:「ふむ、戦技三名か」
[見学用]織神鋭一:濡れスケするまでがデフォ。
[見学用]@見学:出禁になる理由別に作りそう(
[メイン]標津カルトーシカ:「うーん」
[メイン]怪人ナゾラー:「ランダムなのでこういうこともあります」
[見学用]ろこ@見学:メンツがアレ
[見学用]:青少年に悪影響なので出禁とか?>とーや先輩
[見学用]天音雪兎:wwwww
[見学用]天音雪兎:自宅軟禁だよそんなの
[メイン]織神鋭一:「ネタにもなりやすいのにバランスがいいのが戦技だよね」
[見学用]天音雪兎:(零一の)
[見学用]皇銀河:刀夜はポイ二刀流とかやりそう、ケントは影使いそう、凌は分身しそう
[雑談]標津カルトーシカ -> :何も書いてないのがGM?
[見学用]@見学:水系出店参加できないやんそんなの……
[雑談]織神鋭一:戦技オンリーで組むとなぜかバランスが良くなる これってトリビアに
[見学用]@見学:ポイじゃなくてパ(ry
[メイン]天音雪兎:「纏まりが取れてるからね」
[雑談]標津カルトーシカ:何も書いてないのがGM?
[雑談]天音雪兎:そだよ
[見学用]織神鋭一:胸の中に逃げた金魚をすくいに?
[メイン]皇銀河:「ふむ……」
[見学用]天音雪兎:それエイミーがやりそう
[雑談]:せやね
[メイン]織神鋭一:「でもネタになりやすいよね」
[見学用]純玲:えっちぃです
[メイン]怪人ナゾラー:「まあ戦技ですからね」
[メイン]天音雪兎:「……そうかなぁ?」
[メイン]織神鋭一:「誰とは言わないけど」
[メイン]怪人ナゾラー:「ちなみに私も戦技です。三年生です」
[メイン]織神鋭一:「ゆ、誰とは言わないけど」
[見学用]@見学:エイミーは普通に金魚すくい得意で停止命令受けたよ(
[メイン]天音雪兎:「あ、そうなの!?同級生じゃん!」
[データ]標津カルトーシカ -> :王河 理由:ケントはそういうタイプではない 刀夜が文化祭に遅刻しないとは思えない
[メイン]天音雪兎:自覚してない
[メイン]織神鋭一:「同級生的にゆっきー先輩ってどう?やっぱやばい?」
[メイン]皇銀河:「戦技と言えば成人している生徒も多いからな……」
[メイン]皇銀河:苦笑
[メイン]怪人ナゾラー:「まあ普段は覆面してませんからね私」
[データ]:受け取りました!
[雑談]織神鋭一:馬鹿野郎ウィル先輩はともかくなエックスはいいんだよ
[メイン]天音雪兎:「まぁ諸事情ってことで触れてあげないでくれ。二代目ツーアウトがどうのこうのと大変何だ」
[データ]:表でRPどうぞ
[メイン]標津カルトーシカ:「決めたー」耳元で答えをささやく
[メイン]怪人ナゾラー:「はい、解答受け取りました!」
[メイン]怪人ナゾラー:「では他の四名、予想をどうぞ!」
[メイン]純玲:「王河さん。分身はつよいです」
[メイン]織神鋭一:「凌ちゃん」
[メイン]織神鋭一:「金魚すくいってさ、スポーツでもあるし」
[メイン]天音雪兎:「ケントは出過ぎない、チームプレイが基調の王河がすくいすぎるなんてことはしない」
[メイン]怪人ナゾラー:「ほう、また答えが揃いましたね。仲良しカップル」
[メイン]織神鋭一:「だから凌ちゃん」
[メイン]天音雪兎:「から、消去法的に朱羽かな」
[メイン]皇銀河:「ではそうだな、凌嬢だ。刀夜嬢との二択だが、よりこう言った事に本気で臨みそうなのが、かな」
[雑談]織神鋭一:しってるか、全国金魚すくい大会選手権なるものがあるんだよ
[雑談]:つよそう
[雑談]天音雪兎:つよそう
[雑談]標津カルトーシカ:地元近くなんだよなぁ>金魚すくい選手権
[メイン]怪人ナゾラー:「予想出揃いました。それでは肝心の正解は~~~~~~~~^^」
[メイン]怪人ナゾラー:デレレレレレレレレレレレレ
[メイン]怪人ナゾラー:デデン!!
[見学用]@見学:先生、能力使っていいですか
[メイン]純玲:「刀夜さんはなんというか・・・目の前にご褒美あれば本気出しそうな」
[見学用]天音雪兎:駄目です
[雑談]織神鋭一:2分間か3分間で1枚のポイでどれだけ金魚をすくえるか来そう
[見学用]天音雪兎:っていうかヨーヨー釣りに使ったでしょ!水風船!
[雑談]織神鋭一:競う
[メイン]怪人ナゾラー:「……正解は王河凌! 銀河さん、鋭一さん、純玲さん正解!!」
[メイン]天音雪兎:「おっと。今日は調子悪いな」肩を竦める
[メイン]織神鋭一:「いぇーい」 ピース
[見学用]@見学:なななな何のことかなあ?(
[メイン]皇銀河:「うむ」頷く
[メイン]怪人ナゾラー:「ケントはそういうタイプではない 刀夜が文化祭に遅刻しないとは思えない、との理由を頂いております」
[メイン]純玲:やりました
[メイン]天音雪兎:「あー……なるほど。遅刻してそもそも出来ない」
[メイン]怪人ナゾラー:「そんな遅刻する人なんですか? 刀夜さん」
[メイン]天音雪兎:盲点だったな……と頷く
[メイン]標津カルトーシカ:「普段の印象がなければかなぁ」
[雑談]織神鋭一:やはりここは……
[メイン]天音雪兎:「遅刻魔といえば朱羽じゃない?」
[メイン]標津カルトーシカ:「俺任務一緒になったとき大体遅刻してくるよ」
[雑談]織神鋭一:いまゆっきー先輩最下位か……
[雑談]織神鋭一:ふむ。
[雑談]天音雪兎:別にこのゲーム罰ゲームないからな!
[雑談]天音雪兎:女装卓と違って!
[メイン]怪人ナゾラー:「ははぁ、なるほどなるほど」
[メイン]皇銀河:「刀夜嬢は色々とおおらかだからな」
[雑談]織神鋭一:ゴールデンなんだから
[メイン]純玲:「でも大らかでやさしいです。私にとっては大恩人ですから」
[メイン]怪人ナゾラー:「服装もおおらかですもんね」
[メイン]天音雪兎:「まぁデートに遅刻だけはやらかさないよう祈ってるけどね、零一が可愛そうだ」
[メイン]天音雪兎:可哀想
[メイン]織神鋭一:「ノーコメント」
[メイン]怪人ナゾラー:「この前ブラの肩紐はみ出てましたよ」
[メイン]天音雪兎:「放送中何だからそんなこと言わないの!」
[メイン]怪人ナゾラー:「はい、ではそんな風評被害が流れつつも第四問!!」
[メイン]怪人ナゾラー:「出題者は純玲さんです!」
[メイン]純玲:「はい」
[メイン]標津カルトーシカ:「ほんとにゴールデン?」
[サブ]:1d7
DiceBot : (1D7) → 4

[メイン]織神鋭一:「ところで今ゆっきー先輩最下位ですね」
[メイン]怪人ナゾラー:「権力に従うだけじゃ面白いものは作れないんですよ」
[メイン]天音雪兎:「面白いもののために人を犠牲にするんじゃない、失礼だろ」
[メイン]怪人ナゾラー:「はい、では体育祭。学生がハッスルする行事の一つですね。」
[メイン]怪人ナゾラー:「ロミオとジュリエット、という競技をご存知ですか? 男子が女子をお姫様抱っこし、走る競技なのですが」
[メイン]怪人ナゾラー:「マイナーな競技なので知らないかもしれませんね」
[メイン]怪人ナゾラー:「さて質問です。そのロミオとジュリエットで一番早かったのはどの組でしょう?」
[メイン]天音雪兎:「前回はいい感じだったんだけどね、今回さっぱり合わないや」知らないなぁ、って顔をしながら
[メイン]日廻一色:一組目
[メイン]ケント・テイラー:一組目
[雑談]織神鋭一:ふむ。
[メイン]皇銀河:「ふむ、中々面白い趣向だな」
[メイン]さっちゃん:二組目
[メイン]純玲:ふわ・・・
[雑談]天音雪兎:今の時期だからこそ出来る質問だなこれ
[メイン]神乃木蒼真:二組目
[メイン]織神鋭一:「ふむふむ……」
[見学用]メイト@見学:あー作為的と思ったら全部ペアと
[メイン]巴=ジェンキンス:三組目
[見学用]メイト@見学:wwwwww
[メイン]皇銀河:三組目
[見学用]織神鋭一:おっと?
[メイン]怪人ナゾラー:「はい、お答えください!」
[見学用]皇銀河:三 組 目
[メイン]天音雪兎:「おっと」
[メイン]天音雪兎:銀河をチラッと見る
[メイン]標津カルトーシカ:「本人じゃん 自信あるの?」
[メイン]織神鋭一:「おおっと」
[メイン]皇銀河:「成程」
[見学用]:カップルランダム!
[メイン]皇銀河:「さて、それを言ったらクイズにならんだろう?」カルトーシカに軽く笑みを見せ
[メイン]織神鋭一:「ちなみに俺は勝ちそうとかじゃなくて勝ちに行くので」
[見学用]:鋭一もいたら良かったかなと思いながら
[データ]純玲 -> :「おじ、蒼真さんです。あれだけのパワーがあればもたつかないでしょう。抱えるのはパワー勝負と判断します」
[データ]:はい、受け取りました!
[見学用]不人気@見学:おぉっと
[データ]:表でRPどうぞ
[メイン]標津カルトーシカ:「足の速さ聞いてるんじゃないしセーフでしょ、勝ちたい気持ちがあるかどうか」
[メイン]皇銀河:「その質問ならばそうだな。」
[メイン]皇銀河:「俺は負ける気は無い、とだけ」
[見学用]皇銀河:これ俺もう一組出る可能性あったのか
[見学用]ろこ@見学:まぁ、王河真面目だから時間は文字通りピッタリ到着するけど
[メイン]純玲:「・・・決めました」つまさき立ちしてこしょこしょ
[メイン]怪人ナゾラー:「はい、解答受け取りました!」
[見学用]ろこ@見学:ダブルそまカップルとか笑うから
[メイン]怪人ナゾラー:「では他の四名、予想をどうぞ!」
[メイン]織神鋭一:「2組目、かなぁ」
[メイン]標津カルトーシカ:「ここは自信のあるらしい皇に賭けようかな」
[見学用]織神鋭一:進道くんでてたらわからんかったわ
[メイン]皇銀河:「俺と巴だ。ケントはああ見えて筋力が無い、蒼真はさっちゃんを抱いて走ると言う行為に耐えられるか疑問だ」
[メイン]天音雪兎:「男子サイドが焦点だけど、気合とか言い出したら決まらないし」
[メイン]天音雪兎:ダイスを転がす
[メイン]天音雪兎:1D3
DiceBot : (1D3) → 2

[メイン]天音雪兎:「ってわけで神之木で」
[メイン]天音雪兎:「皆想う気持ちは同じだろうしね」
[メイン]皇銀河:「俺は巴を抱き上げて走るぐらいは出来るし、照れ等も無いからな」
[メイン]怪人ナゾラー:「ほほう、なるほどなるほど」
[見学用]皇銀河:一心でてたら俺も一心に入れた可能性ある
[メイン]怪人ナゾラー:「ちなみに私、巴嬢とLINE友なんですが先程から抗議のメッセージが大量に届いております」
[メイン]怪人ナゾラー:「では、正解を発表していきましょう!!」
[メイン]怪人ナゾラー:デレレレレレレレレレレレレ
[メイン]怪人ナゾラー:デデン!!
[メイン]皇銀河:「後は……」
[見学用]織神鋭一:その闘いだとそま度の深いほうが勝つから
[メイン]怪人ナゾラー:「…………正解は二組目、さっちゃん&蒼真カップル! 雪兎さん、鋭一さん正解!!」
[見学用]織神鋭一:そうなると進道くんに軍配が
[見学用]天音雪兎:wwwww
[見学用]天音雪兎:そま度
[メイン]織神鋭一:「うむうむ」 頷く
[メイン]皇銀河:「残念、外したか。」
[メイン]怪人ナゾラー:「「おじ、蒼真さんです。あれだけのパワーがあればもたつかないでしょう。抱えるのはパワー勝負と判断します」との理由を頂いております」
[見学用]メイト@見学:女子が男子をお姫様抱っこで走るなら結構自信あるんだけども
[メイン]標津カルトーシカ:「ざんねーん」
[見学用]不人気@見学:オレは照れなくうおぉー!!って走るけどさっちゃんに抵抗されてぺちぺちされそう(終わった後の回答)
[見学用]織神鋭一:そま力とも言う
[見学用]不人気@見学:おにーさんだけどな!!!
[見学用]@見学:wwww>女子が男子を
[見学用]天音雪兎:でもケント君あれで結構身長高いし結構体重あるんだよね
[見学用]皇銀河:逆パターンなら一色だったな……
[見学用]天音雪兎:やっぱり担ぐならレーネブルグドゥ辺りですよ
[メイン]怪人ナゾラー:「やはりガタイがいいというのは武器ですね。教師と見紛わん風体ですkら」
[見学用]@見学:男女ペアじゃなければ空抱えた三日月が……とは思うのだけど
[見学用]織神鋭一:逆だったら一色一択よ
[見学用]メイト@見学:一応筋力4あるしいざとなったら貧なる万能で頑張る
[見学用]天音雪兎:まぁこのメンツなら一色はわかる
[見学用]メイト@見学:この統一イメージ感ね
[見学用]天音雪兎:貧なる万能パワーだ……
[メイン]怪人ナゾラー:「ところで鋭一さんはもし出場してたら自信ありますか?」
[メイン]皇銀河:「そこばかりはな、仕方あるまい」
[見学用]不人気@見学:一色はエンジンだから
[見学用]@見学:貧なるほんつよ
[メイン]織神鋭一:「勝つよ」
[見学用]不人気@見学:教師ネタここまで引っ張ってくるぅ!!
[メイン]怪人ナゾラー:「ほっほー! お熱いことで何よりです!」
[メイン]織神鋭一:「自信とかじゃなくて、出るなら勝つ」
[メイン]標津カルトーシカ:「軽そうだもんね」
[メイン]怪人ナゾラー:「では、一周目ラストに行きましょうか!」
[メイン]天音雪兎:「まぁ皆そういうだろうし、想いのたけは皆同じってね」だから評価するものでもなかろう、と
[メイン]織神鋭一:「そういうカルちゃんも出たら勝つ気マンマンでしょ?」
[メイン]怪人ナゾラー:「最後の出題者は雪兎さんです!」
[サブ]:1d6
DiceBot : (1D6) → 1

[メイン]標津カルトーシカ:「勝ちに行くなら運んでもらいたい」
[メイン]織神鋭一:「……そう来たかぁ」
[メイン]怪人ナゾラー:[]
[メイン]怪人ナゾラー:「おや、これは雪兎さんにぴったりの質問ですね」
[メイン]天音雪兎:「……ふむ?」
[メイン]怪人ナゾラー:「さて、みなさん学園都市には幼等部があることをご存知ですか?」
[メイン]怪人ナゾラー:「いわゆる幼稚園ですね。子供や女性に引きずられる怪異性のある雪兎さんには馴染みのある場所かもしれません」
[メイン]怪人ナゾラー:「では問題です。ある日幼稚園で子供の相手をすることになった執行委員。次の中で、一番子供に懐かれていたのは誰?」
[メイン]純玲:「下限そこまであるんですか」
[メイン]標津カルトーシカ:「ほーほー」
[雑談]織神鋭一:子供や女性に引きずられる(物理)雪兎?
[メイン]風見空:一人目。
[雑談]天音雪兎:物理じゃないです
[メイン]巴=ジェンキンス:二人目。
[メイン]ゼノス:三人目。
[メイン]怪人ナゾラー:「はい、ではお答え下さい!」
[メイン]標津カルトーシカ:「うわぁ……」
[メイン]天音雪兎:「……地味に難しいなこれ」
[見学用]@見学:一つ言っていい?
[見学用]不人気@見学:全員好かれそうなタイプ。
[見学用]@見学:やっぱこのゼノスの顔卑怯だよ(
[メイン]怪人ナゾラー:「子供目線になれる雪兎さんは正確な答えを導き出せることでしょう!」
[メイン]織神鋭一:「……おぉう……」
[見学用]:わかる
[メイン]皇銀河:「ふむふむ」
[メイン]天音雪兎:「俺別に子供目線ってわけではないんだが……身長はさておき……」
[メイン]天音雪兎:「というか俺の目線だと皆同じに見えるからなぁ」
[メイン]天音雪兎:ふむ、と腕を組んで
[データ]天音雪兎 -> :ゼノスで
[データ]:受け取りました!
[データ]天音雪兎 -> :空は見た目のキャッチーさはばっちりだけど、その後の会話が続かなさそうで
[データ]:表でRPどうぞ
[データ]天音雪兎 -> :巴は新聞部だしよく子供に話しかけそうだけど、逆に積極的に行き過ぎて一番になれなさそう
[データ]天音雪兎 -> :だから消去法でゼノスかな
[データ]:ほうほう
[見学用]ろこ@見学:空と一緒にいたら園児全員DD習得してそう
[メイン]天音雪兎:「……悩むけど、こうかな」背伸びして、ナゾラーに耳打ちをする
[メイン]怪人ナゾラー:「はい、解答受け取りました!」
[メイン]怪人ナゾラー:「では他の四名、予想をどうぞ!」
[見学用]天音雪兎:聖飢魔IIすぎる
[見学用]天音雪兎:世紀末
[見学用]織神鋭一:空ちゃんは精神性が凌駕してるから
[見学用]織神鋭一:子供が泣く。
[見学用]天音雪兎:失礼でしょ!
[メイン]皇銀河:「巴だな。」
[メイン]織神鋭一:「なやんだ、普通なら巴ちゃんと答えていた……」
[見学用]ろこ@見学:いや、なんか剣もってポーズ決めたら
[メイン]標津カルトーシカ:「男と女だと女が扱いやすいとして」
[見学用]ろこ@見学:男の子には人気でそう
[見学用]@見学:幼稚園じゃなくてもう道場だよそんなの
[メイン]織神鋭一:「だがここはあえてゼノやんを挙げる!!」
[メイン]純玲:「ゼノスさんで。責任感強い感じですし。
[見学用]天音雪兎:っていうか男の子受けするか女の子受けするかで
[見学用]天音雪兎:結構変わってきそうなんだよね
[メイン]標津カルトーシカ:「風見はおそらくオーラでキツいだろうから、巴で」
[メイン]純玲:「空さんは・・・途中で敵が来なければ・・・ワンチャン」
[メイン]怪人ナゾラー:「一番年齢が近いはずの風見さんがゼロ」
[メイン]皇銀河:「より多くの子供に懐かれるとなると、自分から積極的に行くであろう巴が一番だろう」
[メイン]怪人ナゾラー:「なるほど」
[メイン]織神鋭一:「空ちゃんはごめん、フォローできない」
[メイン]怪人ナゾラー:「では、正解を発表していきましょう!!」
[メイン]怪人ナゾラー:デレレレレレレレレレレレレ
[メイン]怪人ナゾラー:デデン!!
[メイン]織神鋭一:「ゼノやんああ見えてコミュ力高いからね……さて、どうなる!」
[メイン]怪人ナゾラー:「…………正解はゼノス! 鋭一さん、純玲さん正解!!」
[メイン]怪人ナゾラー:『空は見た目のキャッチーさはばっちりだけど、その後の会話が続かなさそうで』
[メイン]怪人ナゾラー:『巴は新聞部だしよく子供に話しかけそうだけど、逆に積極的に行き過ぎて一番になれなさそう』
[メイン]怪人ナゾラー:「…………だそうです!」 無駄に上手い声真似付きで
[メイン]皇銀河:「ううむ……少々考えにズレがあるか」
[メイン]織神鋭一:「今俺は誰々界のGACKTを名乗っていい気がする!」
[メイン]怪人ナゾラー:メンタルリセットします?
[メイン]天音雪兎:「補足すると、空の会話が続かなさそうってのは研究室によくこもってるって言ってたからね」別にオーラのことじゃないよ、と
[メイン]織神鋭一:しません。
[メイン]純玲:「・・・今私の中でプレッシャー跳ね上がりました」
[メイン]天音雪兎:「まぁこういうのってがっつり行き過ぎても良くないんじゃないのってのが、俺の考えかな」
[メイン]怪人ナゾラー:「さて、一周目が終わった後の成績を見ていきましょう」
[メイン]怪人ナゾラー:「なんと鋭一さん全問正解」
[メイン]織神鋭一:「気にしない気にしない、外れた時はそん時だから純玲ちゃん」
[メイン]織神鋭一:ドヤァ
[メイン]怪人ナゾラー:「その後に純玲さんが続いています。他の皆さんも頑張ってください!」
[メイン]怪人ナゾラー:「では、一旦ここでCMに入ります!!」
[雑談]織神鋭一:俺とゼノやんは魂レベルで悪友だから
[メイン]怪人ナゾラー:ぱちん、とスイッチを落として
[メイン]怪人ナゾラー:「……………はい、ということで一旦休憩でーす!」
[メイン]怪人ナゾラー:「いやー、おとなしい質問ばかりですけどどうでした?」
[サブ]:ということでqktの時間デス!
[サブ]:前回と前々回は65が出たということで有名な言い当てろ休憩。
[メイン]皇銀河:「こんなものじゃないか?」
[メイン]天音雪兎:「ゴールデン枠ってこともあって大分ふんわりしてたね」いいことだ、と
[サブ]:さあ今回も出るかどうか
[メイン]標津カルトーシカ:「人の裏を書くのは難しい」
[サブ]:行動値純にどうぞ
[メイン]純玲:普通・・・?
[メイン]天音雪兎:「誰かが困ってる様子を見なくていいのは気が楽だ」
[サブ]純玲:qkt
DiceBot :休憩表(33[3,3]) → [瞑想]静かに瞑想をして、あなたの【MP】を2D回復する。

[メイン]怪人ナゾラー:「私としては鋭一さん相手に「浮気するなら誰?」みたいなお茶の間が凍る質問とかしたいんですけど」
[サブ]天音雪兎:qkt
DiceBot :休憩表(65[6,5]) → [触れ合う唇]誰かと事故で唇が重なってしまう。お互いの好意が2上昇する。

[メイン]怪人ナゾラー:「まあゴールデンですからね」
[見学用]不人気@見学:草だよこんなの。
[サブ]天音雪兎:出ない出な
[サブ]天音雪兎:!?
[サブ]標津カルトーシカ:お、でてんじゃーん
[メイン]純玲:「・・・・・・・」 じわっ
[メイン]皇銀河:「一心は出る度に固まってたからな……」
[サブ]:wwwwwwwwwwwwwwwwwwww
[サブ]天音雪兎:フラグを立ておって!GMゥ!
[サブ]天音雪兎:これどれ引いてもやばいやつだからな!
[メイン]怪人ナゾラー:「一心さんは逸材でしたね……」
[メイン]織神鋭一:「やめなさい、泣いてる純玲ちゃんがいるんだぞ」
[見学用]ろこ@見学:流石すぎる
[メイン]天音雪兎:「あれは見ていてとても胃が痛かった」
[メイン]怪人ナゾラー:「あっ、すんません」
[メイン]標津カルトーシカ:「ふーん、誰かの録画見せて貰おうかな」
[見学用]@見学:八方美人なんかやってるから
[メイン]織神鋭一:「ていうか無いからね?本気で」
[サブ]皇銀河:はっはっは
[サブ]天音雪兎:choice[鋭一,カルト,スミレ,眼鏡] まぁチョイス次第
DiceBot : (CHOICE[鋭一,カルト,スミレ,眼鏡]) → スミレ

[見学用]@見学:でもどうせ霊魂女装するんでしょ
[サブ]天音雪兎:お助けください
[サブ]皇銀河:おー
[サブ]標津カルトーシカ:あーあ
[サブ]織神鋭一:ピシッ
[メイン]純玲:「だってしょーがないですし・・・わたしちんちくりんで女性的魅力なんて・・・」
[サブ]皇銀河:一番ヤバい所引いちゃったな
[サブ]天音雪兎:ヘルプミー
[サブ]織神鋭一:ゆっきー先輩、女装したらセーフにしてやるよ
[サブ]標津カルトーシカ:(ワイングラスを持つ)
[サブ]天音雪兎:うん
[サブ]天音雪兎:俺もそのつもりだった
[サブ]標津カルトーシカ:愉悦
[サブ]天音雪兎:別人でごまかします
[メイン]怪人ナゾラー:「まあまあ、それも需要がありますよ」
[サブ]天音雪兎:(冗談です)
[サブ]織神鋭一:でも俺はわかるけどな?」
[見学用]メイト@見学:ww
[見学用]不人気@見学:約束された回答なんだよなぁ。
[サブ]皇銀河:俺もわかるな……
[サブ]純玲:待って    待って
[メイン]織神鋭一:「そういう話やめようね???」
[サブ]標津カルトーシカ:わからない
[サブ]皇銀河:(まあ俺は事故の65で怒らないけど(
[メイン]怪人ナゾラー:「さて、では私は機材の調整に行ってきますので」
[メイン]怪人ナゾラー:「みなさんちょっと休憩しててください。ではでは!」
[サブ]皇銀河:次鋭一ね>休憩表
[メイン]怪人ナゾラー:と、スタジオの外に出ていく
[サブ]織神鋭一:ほーい
[サブ]標津カルトーシカ:ここでえーいちが65出せばチャラ
[サブ]織神鋭一:qkt 変なの来ないで
DiceBot :休憩表(33[3,3]) → [瞑想]静かに瞑想をして、あなたの【MP】を2D回復する。

[サブ]天音雪兎:仲良しかよ
[サブ]織神鋭一:な か よ し
[サブ]皇銀河:qkt
DiceBot :休憩表(25[2,5]) → [灯台下暗し]誰かの足を踏んでしまう。相手からの敵意が1上昇する。

[サブ]皇銀河:1d4
DiceBot : (1D4) → 1

[サブ]標津カルトーシカ:qkt
DiceBot :休憩表(42[4,2]) → [人気者]なんだか好かれている気がする。あなたへの好意の合計だけ【HP】が回復する。

[サブ]:スミレ踏んだり蹴ったり
[サブ]皇銀河:妹の足を踏んでしまった
[サブ]標津カルトーシカ:平和
[サブ]天音雪兎:合コンマスタリー
[サブ]天音雪兎:その敵意−1
[サブ]皇銀河:なるほどつまり
[サブ]皇銀河:俺が純玲の足を踏んだせいで純玲がつんのめって
[サブ]皇銀河:雪兎と65してそのインパクトで俺への敵意は消えると
[サブ]皇銀河:そう言う事か
[雑談]天音雪兎:とりあえずスミレちゃんというかうみゃさんは
[雑談]天音雪兎:無理なら無理で言ってくれたらRPカットするんで
[雑談]天音雪兎:そこら辺はちゃんと意思表明お願いね(こういうの意思疎通が大事
[メイン]織神鋭一:「……ふぃー 割と疲れるねこれ 結構悩むし」
[メイン]皇銀河:モニターに表示されているCMを見ている
[メイン]皇銀河:「そうか?俺はあまり悩まなかったが」
[雑談]純玲:いけるにゃ
[メイン]天音雪兎:「鋭一もダイス使う?呼べば天井から出てくるよ」
[雑談]天音雪兎:行けたらしい……
[メイン]織神鋭一:「こういうのは考え抜いた末に出すのがいいの」
[雑談]天音雪兎:さてどう収めたものかな……まぁ女装して女の子同士だからセーフとスミレちゃんにはいうとして
[雑談]天音雪兎:鋭一には平謝りだ
[雑談]織神鋭一:おう、ライナーくんちゃん理論やめぇや
[メイン]天音雪兎:「そっか。俺あんまりこういうの向いてなくてね。それが出来るのはいいことだ」
[雑談]織神鋭一:ゆっきー先輩には期待してるよ……
[雑談]純玲:というか今の純玲はそんなに怒ったり悲しんだりはしないよ?・・・ファーストは・・・鋭一さんにあげたもん
[雑談]天音雪兎:何を期待されてるんですかねぇ……
[メイン]標津カルトーシカ:「俺も直感で答えだしちゃうな」
[雑談]天音雪兎:いや体面として申し訳ないじゃん!?
[メイン]織神鋭一:「正直ダイスで決めるのはきらいじゃないけど好きでもないからねー俺は」
[メイン]純玲:「・・・」こっくりこっくりお船をこいでます。結構疲れたらしい
[メイン]純玲:「・・・」zzz
[メイン]織神鋭一:「だってその人が真剣に考えたのを適当に答えるって失礼じゃない?」
[メイン]織神鋭一:「こっちも本気で答えなきゃ」
[メイン]皇銀河:飲み物でも買いに行こうと思って純玲の近くを通った時に、足を踏んでしまう
[メイン]皇銀河:「しまっ」
[メイン]天音雪兎:「……あー、そういうのもあるか。それはそれで考え直さないといけないk……」選択肢先にばかり気を使っていたけどそういう考えもと
[メイン]天音雪兎:思っていた矢先に
[メイン]純玲:「みゃっ!?」ぴょんと飛び跳ねる。そしてその跳躍は思いのほか吹っ飛んでしまったようで
[メイン]織神鋭一:「だからまぁ、そういう意味で俺は今の結果は……」 話してる矢先に
[メイン]純玲:雪兎さんに向かってとんでく
[メイン]織神鋭一:「えっ?」
[メイン]天音雪兎:やばいな?と咄嗟に脳が判断し
[メイン]天音雪兎:「──霊魂武装!」
[メイン]天音雪兎:咄嗟に叫んだ一言。黒く染まった天使の翼に包み込むようにスミレちゃんを受け止め……
[メイン]天音雪兎:受け止め……
[メイン]天音雪兎:少し、柔らかな感触がお互いしたようなきがする
[見学用]織神鋭一:僕は思うんだ。
[見学用]不人気@見学:命を賭けたTS
[見学用]織神鋭一:ライナーくんちゃん理論は正直こう、
[メイン]純玲:「・・・みゅ」
[見学用]織神鋭一:堕ちたら考えてやるよ。って
[見学用]メイト@見学:このキスを避けようとするタイミングすらないから咄嗟に霊魂女装するというのが
[メイン]織神鋭一:「……」
[メイン]天音雪兎:ほろりほろりと翼が崩れて粧いと化す頃には、スミレちゃんを抱きとめるような形で地面に倒れていた
[メイン]天音雪兎:女装姿で
[見学用]メイト@見学:エアバック女装
[メイン]織神鋭一:「……」
[メイン]純玲:「・・・」まだ寝ぼけていたらしくくたー、としている
[メイン]皇銀河:「………」あちゃー、と言う顔
[見学用]天音雪兎:エアバック女装これで三回目
[見学用]メイト@見学:多くない??
[メイン]織神鋭一:「とりあえず、どういう状況か説明してくれる?」
[メイン]皇銀河:「すまない、俺がぼーっとしていた。大丈夫か、純玲?」
[メイン]純玲:「・・・ましゅまろ・・・?」
[メイン]標津カルトーシカ:「うわっ、修羅場じゃん」
[見学用]@見学:対男に対しては男同士だとあれだなってことで女になって
[見学用]天音雪兎:木の上で一緒に落ちたライネのクッションになり
[見学用]@見学:これが男を失った兎の姿……
[メイン]純玲:「にゃ?おにーちゃん・・・?」
[見学用]@見学:対女に対してやっぱり相手が男だとあれだなってことで女になるの
[見学用]天音雪兎:DDでふっとばされたくまぐるみを受け止めるためにエアバッグし
[見学用]天音雪兎:今回で三回目
[見学用]@見学:もう本当何なの
[メイン]天音雪兎:とりあえず銀河に預けるようにそっとスミレちゃんの体を退けて
[メイン]純玲:「いまね、いまね、おくちやーらかかったの」
[メイン]天音雪兎:「……ごめんね鋭一君!スミレちゃん!」そのまま流れるように華麗な土下座を決める
[メイン]純玲:「・・・ゆっきーさん・・・?」
[メイン]皇銀河:「俺が足を踏んでしまったようでな、大丈夫か?」
[メイン]純玲:「・・・・・んー・・・」
[メイン]皇銀河:スミレの身体を支えつつ
[メイン]標津カルトーシカ:「まぁ、謝る事は謝ったとして どうみても事故だったし」
[メイン]織神鋭一:「……気をつけないとね 結構ごちゃごちゃしてるし」
[メイン]織神鋭一:「あ、皇さん後は俺が」 純玲ちゃん抱えて
[メイン]純玲:「あの痛いの・・・踏んでたんだね。・・・だいじょうぶです、だよおにいちゃん」
[メイン]織神鋭一:「純玲ちゃんも結構疲れたみたいだし少し休ませるんで」
[メイン]皇銀河:「ああ、頼んだ。」
[メイン]皇銀河:鋭一に純玲を任せつつ
[雑談]純玲:というわけで寝ぼけて乗り切るスタイル
[メイン]織神鋭一:「どっか落ち着けるとこに行くんでー」 そしてもってゆっきー先輩の方には
[メイン]織神鋭一:笑顔だけ見せといた
[メイン]天音雪兎:「その、女の子同士だからセーフってことにして、許してもらえると……出来る限りで何でもするから……」女の子では実際はないけど
[雑談]織神鋭一:笑顔とは元来攻撃的なもので
[メイン]標津カルトーシカ:「今なんでもするって」
[メイン]天音雪兎:土下座をしたまま縋るような目で笑顔を見ながら見送った
[見学用]:落ち着ける(落ち着けることをするとは言っていない)
[見学用]@見学:今なんでもするって
[メイン]織神鋭一:笑顔だけ
[メイン]織神鋭一:笑顔
[メイン]天音雪兎:「……どーすればいーのかなーこれー」べちょっと、二人が去っていった後地面に土下座の体勢から倒れ伏す
[見学用]織神鋭一:GMはこの後皇さんと無茶苦茶してくださいね
[見学用]:きっと毎日してるよ
[メイン]皇銀河:「……雪兎、俺からも仲介はしよう、元はと言えば俺が発単だからな」
[メイン]純玲:「・・・ね、あんま怒んないであげて、ほしいです」 まどろみの中、抱えられつつ
[メイン]標津カルトーシカ:「怒るのは分かるけど、叩き落とすわけにもいかないと思うし」
[見学用]ろこ@見学:太い人生を生きる気満々……
[メイン]標津カルトーシカ:「気持ちが落ち着くまで謝るのが一番じゃないかな」
[メイン]天音雪兎:「ありがと。はぁ……もう……困ったなぁ……傷つけちゃっただろうなぁ……」
[見学用]純玲:なんかわたし妙なポジションになってますねこれ・・・
[見学用]@見学:大丈夫、ポジションは妙でも人としては普通だから
[見学用]@見学:見てみなよ今妙な性別になってる彼を
[見学用]メイト@見学:間を取って鋭一も雪兎とキスしたら丸く収まると思う
[サブ]:終わった感じか?
[見学用]ぴゃー@見学:???
[メイン]皇銀河:「事故は事故だからな。鋭一も理解していない訳では無いだろうが……」
[サブ]皇銀河:かな
[サブ]天音雪兎:かな
[見学用]皇銀河:ワイトもそう思います
[見学用]天音雪兎:ワイト!?
[見学用]オッツ@見学:芋と眼鏡と女装だからそもそも人間は二人
[見学用]@見学:鋭一の中身、またアガルタ行くの???
[サブ]:よーし、じゃあ二週目……
[サブ]:スミレと鋭一が戻ってきたらやるぞ!
[見学用]織神鋭一:黄緑は鋭士郎のところに行って、どうぞ。
[メイン]標津カルトーシカ:うんうんと頷く
[見学用]メイト@見学:鋭一の中身はアガルタの前からアガルタにいたでしょ、先住民でしょ
[サブ]織神鋭一:なんかもうカットしてシーン切ってもいいのよ
[見学用]ぴゃー@見学:女装しない方がいいでしょ
[見学用]メイト@見学:アガルタがやってきたから移り住んだだけで
[雑談]織神鋭一:今2人で瞑想してるから
[雑談]:瞑想(意味深
[メイン]天音雪兎:「まぁ謝るしかないよね。気が重い……」ふらふらと立ち上がって
[見学用]織神鋭一:ぴゃーくん……
[メイン]天音雪兎:忘れないうちに霊魂武装を解除する
[見学用]ぴゃー@見学:何ですか先輩
[サブ]:んじゃ表キルよー
[見学用]織神鋭一:アガルタの前からアガルタにいただなんて……
[雑談]純玲:むしろ寝かしつけられてちょっと寝てる絵面しか浮かばないのですが
[見学用]ぴゃー@見学:はいとんがね
[雑談]織神鋭一:膝枕してる
[サブ]標津カルトーシカ:うい
[メイン]: 
[メイン]: 
[メイン]: 
[メイン]: 
[メイン]: 
[メイン]:30分後
[雑談]純玲:えーいちさんはそれ瞑想というより癒し効果的なあれですよね
[メイン]:純玲と鋭一がようやく戻ってきて、その少し後にナゾラーも戻ってきた。
[メイン]怪人ナゾラー:「はいはいはい、おまたせしました」
[メイン]織神鋭一:「よーし、んじゃ頑張っていくかー!」
[メイン]純玲:「・・・」目ごしごし
[メイン]怪人ナゾラー:「では二週目も張り切っていきましょU1」
[メイン]天音雪兎:「……そうだね」どこか遠い目をしている
[メイン]怪人ナゾラー:「ではまず順番キメのー、ダイススタート!!」
[見学用]織神鋭一:でもなんでラーマくんはいなかったのかアガルタ やっぱ5部でメイン張っちゃったからかな
[メイン]皇銀河:「うむ、やっていこう」
[メイン]怪人ナゾラー:choice[65,被65,ガネメ,全問正解,人気者]
DiceBot : (CHOICE[65,被65,ガネメ,全問正解,人気者]) → 被65

[見学用]天音雪兎:ラーマ君は性別不明瞭じゃないからでしょ(マジレス
[メイン]怪人ナゾラー:「では純玲さんからこうこうこうしまして」
[見学用]織神鋭一:アストルフォだって性別明瞭してるじゃん。
[メイン]怪人ナゾラー:「この順番でいきましょう!」(どどんとふではコマが並んでいます
[見学用]天音雪兎:あれプロフのところ落書きで消してるからセーフ
[サブ]:1d5
DiceBot : (1D5) → 3

[メイン]織神鋭一:「よーし当てたるかー」
[見学用]@見学:アストルフォくんちゃんはプロフィールの性別塗りつぶしてるからね
[メイン]怪人ナゾラー:「では皆さん準備はいいですか? 休憩ボケしてないですね?」
[メイン]怪人ナゾラー:「それでは第一問! 出題者は純玲さんです!」
[メイン]皇銀河:「さて、どんな問題が来る事やら」
[メイン]怪人ナゾラー:「今日は学園都市体育祭です! 君たち執行委員も様々な競技に出場しています」
[メイン]怪人ナゾラー:「さて質問です。とある借り物競争で、『頼りになる執行委員』というお題をある女子が引きました」
[メイン]怪人ナゾラー:「その女子が借りてきたのは誰?」
[メイン]久馬諏訪五郎:一人目。
[メイン]筒壬住吉:二人目。
[メイン]谷地アキラ:三人目。
[メイン]怪人ナゾラー:「はい、ではお答え下さい!」
[雑談]織神鋭一:うわっ……
[メイン]皇銀河:「ふむ……」
[雑談]皇銀河:絶妙な三人
[メイン]天音雪兎:「難しい物が来たね」
[メイン]標津カルトーシカ:「ほー」
[雑談]織神鋭一:これね、誰が。連れてきたか が凄いポイント
[メイン]織神鋭一:「すっげぇ難問だなこれ……」
[メイン]皇銀河:静かに考え込み始める
[データ]純玲 -> :『住吉先輩でしょうか。頼れる方という話をあちこちで聞きます』
[データ]:おうけい、受け取りました
[メイン]標津カルトーシカ:「全員当てはまらない、って問題じゃないもんね」
[メイン]純玲:「ん・・・・・・」
[雑談]織神鋭一:ラムネだったらアキラ 戦技だったら住吉 バス停だったら諏訪五郎……
[メイン]純玲:「・・・では・・・よろしいでしょうか」こしょこしょ
[メイン]天音雪兎:「ああ言われたからにはこいつは封印かな」すっとダイスを消して、首をひねる
[メイン]織神鋭一:「…………よし」
[データ]:表でRPどうぞ!
[メイン]怪人ナゾラー:「はい、解答受け取りました!」
[メイン]怪人ナゾラー:「では他の四名、予想をどうぞ!」
[メイン]皇銀河:「うむ……では、アキラを選ぶとしよう」
[メイン]織神鋭一:「…………谷地さんで」 悩みに悩んだ結果の答え
[メイン]標津カルトーシカ:「ここは心のままに、筒壬で」
[メイン]天音雪兎:「諏訪吾郎は金を積んだらという前提が付きそうで、アキラは守るならば、という前提が付きそうで」
[メイン]皇銀河:「純玲が選ぶ以上、誰と面識が多いかがもっとも鍵になるが……」
[メイン]天音雪兎:「頼りになる、を総合的に捉えるなら消去法的に住吉かな」
[メイン]皇銀河:「純玲の力を考えた場合、アキラと会う事もあるだろう、と言う……ぐらいか」
[メイン]織神鋭一:「此処すっごい難しいんだよ、全員が別ってわけじゃなくて」
[メイン]織神鋭一:「皆おんなじ方向なんだよ頼れるって意味が」
[メイン]怪人ナゾラー:「なるほどなるほど」
[メイン]怪人ナゾラー:「みなさんかーなーり悩んだようですね」
[メイン]怪人ナゾラー:「さて、では鋭一さんの全問正解は維持されるのか!」
[メイン]怪人ナゾラー:「正解を見ていきましょう!!」
[メイン]怪人ナゾラー:デレレレレレレレレレレレレ
[メイン]怪人ナゾラー:デデン!!
[メイン]怪人ナゾラー:「…………正解は住吉さん!」
[メイン]怪人ナゾラー:「雪兎さん、カルトさん、正解!」
[メイン]皇銀河:「……そちらだったか」
[雑談]純玲:ぶっちゃけよう
[メイン]標津カルトーシカ:「よっしゃー」
[メイン]怪人ナゾラー:「残念ながら全問正解は途切れてしまいました!」
[雑談]純玲:ハゲさんとアキラさんは見覚えがない
[メイン]織神鋭一:「……外しちゃったかぁ……本当にこれ難しかったわ」
[メイン]天音雪兎:「まぁ皆頼りになると想うけどね」
[メイン]怪人ナゾラー:「『住吉先輩でしょうか。頼れる方という話をあちこちで聞きます』との声を頂いております」
[雑談]皇銀河:参加数的にな~
[雑談]織神鋭一:ちがう、住で会ったことはあるが そん時に殆ど戦闘してないんだ純玲居る時の住吉は……!って記憶が
[雑談]天音雪兎:ハゲ五郎……
[雑談]織神鋭一:あのヒロイン野郎……!
[メイン]皇銀河:「うむ、諏訪五郎もアキラも頼りになる執行委員だからな。だからこそ難しい」
[雑談]純玲:すわガリ君しか見た事無い(ぁ
[雑談]天音雪兎:すーわーガーリー君すーわーガーリー君ー
[メイン]織神鋭一:「筒壬さんなぁ……ぶれないんだよなぁ」
[雑談]織神鋭一:こうね
[メイン]怪人ナゾラー:「執行委員の人はイケメンも多いですからねぇ」
[雑談]織神鋭一:俺と住吉が戦うとMP考えないなら千日手になっちゃう
[メイン]怪人ナゾラー:「では、第七問! 張り切っていってまいりましょう!」
[メイン]怪人ナゾラー:「出題者はカルトーシカさんです!」
[雑談]天音雪兎:おのれ結界士
[サブ]:1d4
DiceBot : (1D4) → 3

[メイン]標津カルトーシカ:「いくぞー」
[雑談]織神鋭一:ように見えて住吉は連撃決まれば倒せる手段がある。射撃だし
[メイン]皇銀河:「中々難問が多いな、今日は」
[メイン]怪人ナゾラー:「もしもシリーーーーズ!!」
[メイン]怪人ナゾラー:「「もしも、この世界が王道ファンタジーRPGの世界だったら!」」
[メイン]怪人ナゾラー:「さて、貴方は王道ファンタジーRPG世界で勇者の役割を持っています」
[メイン]怪人ナゾラー:「それでは次のうち、貴方の宿敵である魔王の役割を持っているのは誰?」
[雑談]織神鋭一:鋭一の方は消耗戦に勝つしか無い
[メイン]冬月エイミー:一人目。
[メイン]レーネ:二人目。
[メイン]伏見春:三人目。
[雑談]標津カルトーシカ:PL「一番目!一番目!」
[メイン]怪人ナゾラー:「はい、お答えください!」
[雑談]織神鋭一:魔王やぞ
[メイン]天音雪兎:「まぁこれは即決かな」
[雑談]:魔王じゃない?
[雑談]標津カルトーシカ:そうだよ
[雑談]織神鋭一:エイミー魔王だったら世界の半分って言われてハイって行っちゃうじゃん
[雑談]純玲:ある意味三人目?
[雑談]天音雪兎:肉弾戦の魔王、ラムネの魔王、BLの魔王
[雑談]天音雪兎:難しいな……
[メイン]標津カルトーシカ:「難しい……」
[雑談]織神鋭一:肉弾戦の魔王、BLの魔王、あーせ
[メイン]皇銀河:「ふむ……これもまた難問だな」
[雑談]織神鋭一:難題だな。
[メイン]織神鋭一:「ん、んー……?」
[メイン]織神鋭一:「カルちゃんだろ……?」
[データ]標津カルトーシカ -> :レーネはまず除外するとして……うーんやっぱ心情的にエイミー入れられないので
[データ]標津カルトーシカ -> :消去法で春
[データ]:おうけい
[データ]:受け取りました、表でどうぞ
[メイン]標津カルトーシカ:「迷ったけど、うん決まった」ごにょごにょと囁く
[メイン]怪人ナゾラー:「はい、解答受け取りました!」
[メイン]怪人ナゾラー:「では他の四名、予想をどうぞ!」
[メイン]織神鋭一:「うん、気楽に行こうか カルちゃんが勇者だとしてー」
[メイン]天音雪兎:「消去法でレーネ」即答する
[メイン]織神鋭一:「レーネくんちゃん」
[メイン]天音雪兎:「女の子に魔王っていうのは失礼だからね」肩を竦める
[メイン]織神鋭一:「殴れるか殴れないかってとこで言うと多分ここ」
[メイン]天音雪兎:「まぁ俺の中で魔王といえばケント何だが」
[メイン]織神鋭一:「伏見さんは殴れそうにないし冬月さんは論外っしょ」
[メイン]純玲:「レーネさん。この方そもそも男性なのか女性なのかわかりません」
[メイン]織神鋭一:「レーネくんちゃんはレーネくんちゃんだよ」
[メイン]皇銀河:「……エイミー嬢だ。レーネと言うのは確かに無難な選択ではあるが」
[メイン]皇銀河:「ここで同じ答えを選んでも、差が縮まらんのでな」
[メイン]怪人ナゾラー:「ほーほーほー」
[メイン]天音雪兎:「なるほど、競技思考だね」
[メイン]怪人ナゾラー:「なるほど、銀河さんは勝負士ですね」
[見学用]織神鋭一:女よりも女らしい男に会った奴最多賞の鋭一くんy
[メイン]怪人ナゾラー:「それでは、その選択が吉と出るのか凶と出るのか!」
[メイン]怪人ナゾラー:「正解発表、いってみましょう!!」
[メイン]怪人ナゾラー:デレレレレレレレレレレレレ
[メイン]怪人ナゾラー:デデン!!
[メイン]怪人ナゾラー:「……正解は………………」
[見学用]天音雪兎:(そもそもの参加回数もあるのでは?)
[メイン]怪人ナゾラー:「…………伏見春さん!! 正解者無し!!」
[メイン]天音雪兎:「……そう来るか」
[メイン]皇銀河:「む、考えの方向は正しかったが、そうなったか」
[メイン]怪人ナゾラー:「理由として『レーネはまず除外するとして……うーんやっぱ心情的にエイミー入れられないので消去法で』」
[メイン]怪人ナゾラー:「とのことでる」
[メイン]織神鋭一:「そうかー理論は合ってたがそっちかー」
[メイン]標津カルトーシカ:「ちなみに男女はあんまり気にしてなかったかな」
[見学用]@見学:男よりも男らしい女はそういや滅多にいないよなあ 逆はいるのに
[見学用]天音雪兎:多分空もコンプしてるでしょ
[メイン]皇銀河:「此処で春嬢を選べていれば良かったんだが、致し方ないな」
[メイン]怪人ナゾラー:「まあ魔王って結構似合ってる気がしますけどね、彼女」
[メイン]怪人ナゾラー:「では、そろそろ大詰め、八問目行ってみましょう!」
[メイン]怪人ナゾラー:「出題者は銀河さんです!」
[メイン]天音雪兎:「まぁ怒らせたら怖そうだが」ぼそっと小声で呟きつつ
[サブ]:1d3
DiceBot : (1D3) → 2

[見学用]織神鋭一:天乃:マッサージされた ライナーくんちゃん:65 ゆっきー先輩:脱ぎたてパンツかぶらされた せんとくん:女装のランクを上げた
[見学用]織神鋭一:レーネくんちゃん:とりあえずお姫様だっこしといた
[メイン]皇銀河:「うむ、来るがいい」
[見学用]天音雪兎:被らされたって言うけど指示したのはお前だろ!
[見学用]天音雪兎:裏で!
[メイン]怪人ナゾラー:[]
[メイン]怪人ナゾラー:[]
[メイン]怪人ナゾラー:「ところで銀河さん。映画はお詳しいですか?」
[見学用]織神鋭一:うるせぇ!その後ドロップ品になったんだぞ!!
[見学用]@見学:ライナーくんちゃんは女装姿見て……見て……見てたな?( アカンやんコンプしてるよ
[見学用]天音雪兎:それもお前らが裏で悪巧みしてたからだろうが!
[メイン]皇銀河:「む……そう多く見る訳では無いが、まあほどほどには」
[メイン]怪人ナゾラー:「なるほど、ではこちらの質問です」
[メイン]怪人ナゾラー:「学園都市文化祭の日、執行委員で出し物をすることになりました」
[メイン]怪人ナゾラー:「人数が多いので、いくつかの出し物をすることになったのですが……」
[メイン]怪人ナゾラー:「さて質問です。文化祭で上映する映画を撮影する時、撮影の総監督をすることになったのは誰?」
[メイン]夕凪京介:一人目。
[メイン]轟りんご:二人目。
[メイン]大三門ライナー:三人目。
[メイン]怪人ナゾラー:「はい、お答えください」
[メイン]怪人ナゾラー:「ちなみに映画のジャンルは指定しないものとします!」
[メイン]皇銀河:「成程。」
[メイン]天音雪兎:「押し付けられたか自分から行くかで答え変わりそうだね?」
[メイン]皇銀河:「うむ、決めた」
[メイン]天音雪兎:「おっと、早いな」
[データ]皇銀河 -> :「京介だ。三人の中ではもっとも人を纏めて指揮をする、と言う事に慣れているだろうからな」
[メイン]標津カルトーシカ:「難しい・・・問題が基本当てはまる人読めるところじゃないね」
[メイン]皇銀河:さっさと耳打ちしに行く
[雑談]織神鋭一:轟くんも夕凪くんもあんま知らんのよね
[データ]:はい、受け取りました!
[メイン]怪人ナゾラー:「はい、解答受け取りました!」
[メイン]怪人ナゾラー:「では他の四名、予想をどうぞ!」
[メイン]怪人ナゾラー:「おや、悩んでいるようですね。難しいですか?」
[メイン]標津カルトーシカ:「うーん……大三門かな」
[メイン]純玲:「夕凪さん・・・でしょうか。案外ノリノリでやりそうです」
[見学用]オッツ@見学:(二連続オッツだ)
[メイン]織神鋭一:「夕凪くん、だよねぇ」
[メイン]天音雪兎:「ライナーもりんごも周りに頼まれたらって感じっぽいし」
[メイン]天音雪兎:「消去法的に一番名乗り出そうなのは夕凪かな」
[見学用]:オッツのPCはPCランダム表で出やすい
[メイン]怪人ナゾラー:「ほうほう。夕凪さんが人気のようですね」
[メイン]怪人ナゾラー:「割りとノリいいですからねあの人。しかし正解はどうでしょうか!」
[メイン]怪人ナゾラー:デレレレレレレレレレレレレ
[メイン]怪人ナゾラー:デデン
[メイン]織神鋭一:「ライナーくんちゃんは出る側でしょ?」
[メイン]怪人ナゾラー:「正解は……………夕凪さん! 純玲さん、鋭一さん、雪兎さん正解!!」
[メイン]天音雪兎:「いやそういう問題ではないでしょ鋭一」
[メイン]皇銀河:「……先程の問題で春嬢を選べていれば、外しに行く、と言うのが出来たのだが」
[メイン]怪人ナゾラー:「「京介だ。三人の中ではもっとも人を纏めて指揮をする、と言う事に慣れているだろうからな」ということだそうです!」
[メイン]標津カルトーシカ:「外れたー」
[メイン]皇銀河:「此処からでは残り2問、正解出来ても追いつけんからな」
[メイン]純玲:やりました
[雑談]織神鋭一:ライナーくんちゃんはメインヒロイン張る方だからね。仕方ないね
[見学用]ろこ@見学:3回目まで出ないな出ないなーと思ったら今回2回も出たのでちょっとうれしい
[メイン]怪人ナゾラー:「ライナーさんはメインヒロイン、というコメントが今視聴者から届きました」
[メイン]怪人ナゾラー:「私も完全に同意します。次回は映画のヒロインは誰?ってやりましょうか」
[メイン]怪人ナゾラー:「ライナーさんレーネさん雪兎さんで」
[メイン]天音雪兎:「強く生きて欲しい……」
[メイン]天音雪兎:「俺も入ってんの!?」
[メイン]怪人ナゾラー:「ではそんな予定を立てながら第九問!!」
[メイン]天音雪兎:他人事ではなかった
[メイン]標津カルトーシカ:「なんで男ばっかなの?」
[サブ]:1d2
DiceBot : (1D2) → 2

[メイン]怪人ナゾラー:デデン
[見学用]メイト@見学:レーネヒロインにしたらアウトレイジみたいになりそう
[メイン]怪人ナゾラー:「さて、みなさん執行委員という激務をこなすため、修行や特訓をなされている人も多いかと思われます」
[メイン]怪人ナゾラー:「女子のみなさんは美容や健康に気を使っている方もおられるかもしれませんね」
[メイン]怪人ナゾラー:「では問題です。この中で一番自己鍛錬・自己研鑽に時間を費やしてそうなのは誰?」
[メイン]紅大吾:一人目。
[見学用]オッツ@見学:アウトエイイチ……?
[メイン]進道一心:二人目。
[見学用]天音雪兎:まぁアウトそうだよね
[メイン]ファルス:三人目。
[メイン]怪人ナゾラー:「はい、お答えください!」
[見学用]メイト@見学:自己研鑽(意味深)
[メイン]天音雪兎:「3人目だけ方向性違わない?」
[メイン]怪人ナゾラー:「問題は費やした時間の量なので問題ないですね」
[雑談]織神鋭一:俺か、次
[見学用]@見学:何を研鑽してるんですかね……>3番目
[メイン]皇銀河:「研鑽は研鑽だからな」
[メイン]標津カルトーシカ:「普通に答えようにも決めきれないなぁ」
[見学用]不人気@見学:それはもう自己鍛錬よ
[雑談]:あ、そうそう
[メイン]天音雪兎:「ふむ。それもそうか……」
[雑談]:鋭一っつぁんです
[データ]織神鋭一 -> :はい。
[メイン]怪人ナゾラー:「さー鋭一さん。こっそりお答えくださいね」
[データ]:はい
[データ]織神鋭一 -> :まぁ確かに紅くん やっぱ救命士目指してるだけあって凄いよね 目標あるって強いからね
[データ]織神鋭一 -> :でも俺は到達点がわからないながらもそれでも進む奴の方が凄いと思うんだよ
[データ]:はい受け取りました!
[データ]:表でどうぞ
[データ]織神鋭一 -> :進道くんね。だから
[データ]:おっと
[データ]:改めてOK
[データ]:秘話だけ見て条件反射してた
[メイン]織神鋭一:「…………」 ボソボソボソファミチキクダサイ
[メイン]怪人ナゾラー:「はい、解答受け取りました!」
[メイン]怪人ナゾラー:「ちなみに私は揚げ鶏派です」
[メイン]怪人ナゾラー:「では他の四名、予想をどうぞ!」
[メイン]純玲:「大吾さんで。レスキュー志す方はその時点で厳しい訓練を積んでらっしゃると判断します」
[メイン]天音雪兎:「男子二人は甲乙つけづらいのもあるし、消去法的に、女の子だからというのもあってファルス」
[メイン]皇銀河:「では一心で、ファルス嬢はそう言うタイプには見えない、ならば大吾と一心だが……」
[メイン]天音雪兎:「……まぁそれに、ここ外してきそうだしね」
[メイン]天音雪兎:女の子は研鑽するものと誰かも言っていたことだし
[メイン]標津カルトーシカ:「俺も紅かなぁ」
[メイン]皇銀河:「大吾は救助活動に積極的であると言うのもあって、鍛錬の時間がありそうなのは一心かな、と」
[メイン]怪人ナゾラー:「ほうほう」
[メイン]怪人ナゾラー:「大吾、大吾、ファルス、一心。バラケましたねー」
[雑談]織神鋭一:俺はね、真面目なんだ。
[メイン]怪人ナゾラー:「さて、正解はどなたでしょうか! 鋭一さんが選んだ答えは~~…………・」
[メイン]怪人ナゾラー:デレレレレレレレレレレレレ
[メイン]怪人ナゾラー:デデン!!
[メイン]怪人ナゾラー:「…………正解は一心さん! 銀河さん正解!!」
[メイン]天音雪兎:「学んだことは活かしてみるつもりだったんだが、失敗したか」やっぱりそういうのは苦手だな、と肩を竦める
[メイン]怪人ナゾラー:「『紅くん やっぱ救命士目指してるだけあって凄いよね 目標あるって強いからね』」 声真似中
[メイン]織神鋭一:「うん、大体理由おんなじ」
[メイン]怪人ナゾラー:「『でも俺は到達点がわからないながらもそれでも進む奴の方が凄いと思うんだよ』」
[メイン]怪人ナゾラー:「『だから進道』」
[メイン]怪人ナゾラー:「だそうです!」
[メイン]標津カルトーシカ:「うーん、はずしたか」
[メイン]皇銀河:「良し。当てた、が……厳しいな」
[メイン]怪人ナゾラー:「鋭一さんのポイントがすごいですからねー」
[メイン]怪人ナゾラー:「さあ、では最終問題に参りましょう!」
[雑談]天音雪兎:と言いつつ、5点は歴代優勝者と同じくらいの点数ではある
[メイン]怪人ナゾラー:「ゴールデン放送の鴻を飾る出題者は、雪兎さん!」
[メイン]怪人ナゾラー:「質問は、こちらです!!」
[メイン]織神鋭一:「よーし」
[雑談]天音雪兎:(このメンツが全体的に点数が低い
[メイン]怪人ナゾラー:「さて、雪兎さん。食べる量に、自信はございますか?」
[メイン]天音雪兎:「あんましないかな」
[雑談]皇銀河:問題が難しい
[雑談]天音雪兎:今回ハードじゃないけど
[雑談]天音雪兎:純粋に難易度がハード
[メイン]怪人ナゾラー:「なるほど。男子高校生といえど食が細い方もいるでしょう!」
[メイン]怪人ナゾラー:「ではこちらの質問です」
[メイン]怪人ナゾラー:「チキチキ! 執行委員大食い大会! 全員参加の大食いバトル!」
[メイン]怪人ナゾラー:「しかしこの三人の中で最も早くギブアップしたのは誰?」
[メイン]姉崎リリア:一人目。
[メイン]日廻一色:二人目。
[メイン]アリスフィーユ:三人目。
[メイン]怪人ナゾラー:「はい、ではお答えください!」
[メイン]皇銀河:「ふぅむ……」
[データ]天音雪兎 -> :このゲームってさ
[データ]天音雪兎 -> :敢えて違うの言うのってルール上セーフなの?
[メイン]標津カルトーシカ:「全員細そう」
[データ] -> 天音雪兎:推奨はしませんがセーフ
[メイン]織神鋭一:「逆にムズ、ムズ……?」
[データ]天音雪兎 -> :そっかぁ
[メイン]怪人ナゾラー:「まあ女性は一部を除いて細いものですからね、食は」
[メイン]怪人ナゾラー:「むっしゃむっしゃ食べそうな人もいますけど。和服の人とか」
[メイン]天音雪兎:「異能学園に『ブラックホール』って二つ名の子もいるらしいしね」
[メイン]織神鋭一:「あー、居る居る」
[メイン]天音雪兎:「まぁよく食べることは健康的でいいことだよ」
[メイン]純玲:「そうですか・・・」わたしは面識ありません
[メイン]怪人ナゾラー:「逆に、食べられるけどダイエット中だからギブする、みたいな人もいるかもしれませんね」
[データ]天音雪兎 -> :まぁシンプルに行こう。アリスフィーユで
[メイン]標津カルトーシカ:「ノアのことか、あれはまぁ……うん」
[メイン]怪人ナゾラー:「あと私としてはそろそろ"すっぱい物が食べたくなりつつ吐き気がする"みたいな女子が出て来ると思うんですけどどうですかね」
[データ]天音雪兎 -> :姉崎はお姉ちゃんだからで頑張りそう、一色は器用だし中盤まで残ってそう
[データ]天音雪兎 -> :消去法的にアリスで
[データ]:はい受け取りました。
[データ]:表でRPどうぞ
[メイン]純玲:「・・・・?」きょとん
[メイン]天音雪兎:「はいはい、ゴールデンタイムだからね」
[メイン]怪人ナゾラー:「ハハハ」
[メイン]皇銀河:「流石に居ないだろう」
[メイン]天音雪兎:何て言いつつ、ナゾラーに背伸びして耳打ちする
[メイン]怪人ナゾラー:「はい、解答受け取りました!」
[メイン]怪人ナゾラー:「では他の四名、予想をどうぞ!」
[メイン]織神鋭一:「やめなさい、ゴールデン!」
[雑談]純玲:・・・・・・もしかしてナゾラーさん、PLに言ってます?それの最有力候補
[雑談]天音雪兎:(何のことやらとしらばっくれる)
[メイン]純玲:「アリスフィーユさん、純粋に小食そうです」
[雑談]皇銀河:むしろGMが最有力では?
[見学用]@見学:まず起こらないから安心 >すっぱいもの
[メイン]織神鋭一:「アリスフィーユさんかな、と 一番食べそうに見えない」
[雑談]:よくわかったな
[見学用]織神鋭一:個人的な印象で言うと
[メイン]標津カルトーシカ:「俺もアリスフィーユ、一色はそこそこ食べそうだし、姉崎は料理するし」
[メイン]怪人ナゾラー:「ほうほう」
[見学用]織神鋭一:???「日廻はギブアップより勝つ方」
[メイン]皇銀河:「一色嬢だな。単純に大食い大会と言う物を程々で終えそうだ」
[メイン]怪人ナゾラー:「なるほどなるほど!」
[見学用]織神鋭一:おねえちゃんは未知数
[メイン]怪人ナゾラー:「では、ポイント状況をおさらいしていきましょう」
[メイン]怪人ナゾラー:「鋭一さんが5Pでトップ、それに続いて純玲さんが4P、雪兎さんが3P」
[メイン]怪人ナゾラー:「銀河さんが2Pのカルトーシカさんが1P」
[メイン]怪人ナゾラー:「12345と綺麗に並んでいますね、ここで既に鋭一さんのトップは決まっていますが……」
[メイン]怪人ナゾラー:「さあ、正解を見ていきましょう!!」
[メイン]怪人ナゾラー:デレレレレレレレレレレレレ
[メイン]怪人ナゾラー:デデン
[メイン]怪人ナゾラー:「…………正解はアリスフィーユ嬢!! 純玲さん、鋭一さん、カルトーシカさん正解!!」
[メイン]怪人ナゾラー:「『姉崎はお姉ちゃんだからで頑張りそう、一色は器用だし中盤まで残ってそう。消去法で』」
[メイン]怪人ナゾラー:「とのことです!」
[メイン]天音雪兎:「銀河の言うのももっともらしいとは思うけどね」
[見学用]メイト@見学:PLがガサツなネタ要員としてしか見ていない一色が意外と女子として測られている……?
[メイン]織神鋭一:「なんか今回難問揃いだったなぁ」
[見学用]天音雪兎:女子は皆女子だよ派閥なので
[見学用]皇銀河:銀河の中で一色はこう
[見学用]織神鋭一:でもガサツ系女子が女の子したらそれはドキってしない?
[見学用]皇銀河:何かとりあえず食べて適当な所でギブアップしそうだった
[メイン]標津カルトーシカ:「この手の問題はよっぽどでもない限り選ぶ理由はあると思うし」
[メイン]天音雪兎:「今回純粋に難易度高かったよね」
[メイン]標津カルトーシカ:「後は相性になるのかな?」
[メイン]純玲:「難しかったです・・・」
[メイン]皇銀河:「そうだな、難易度が高かった」
[メイン]怪人ナゾラー:「皆さん悩むことが多かったですね、結構執行委員が互いのことを知ってきてイメージが固まってきていることもあったでしょうか」
[見学用]メイト@見学:実際勝負の内容と目的と報酬次第でそれはあり得る
[メイン]天音雪兎:「まぁ、ゴールデンになったってのもあってそういう路線なのかな」
[見学用]皇銀河:後基本的にアリスだともう片方のPCが知ってる情報が多くて
[メイン]怪人ナゾラー:「さて、それでは優勝は鋭一さんに決定済みですが、ここでエクストラ問題」
[見学用]皇銀河:銀河の方でちゃんと思考出来ない
[メイン]織神鋭一:「エクストラ?」
[メイン]天音雪兎:「俺としては誰かが苦心する様子を見ないで済むから気楽なものだ」
[メイン]怪人ナゾラー:「前回と同じように、次回に出題してみたい問題を皆さん考えてみてください」
[見学用]メイト@見学:たしかに
[メイン]天音雪兎:「あぁ、前のアレか。前回本当に採用されてたんだよね」
[メイン]標津カルトーシカ:「終わりじゃないのか」
[メイン]怪人ナゾラー:「その後、皆さんが自分以外の質問に投票をし、最も多くの得票を得た人に1d6万円を進呈いたします」
[メイン]怪人ナゾラー:「さあ、皆さん私の気持ちになって考えてみてください! どんな質問を出してみたいですか!」
[メイン]怪人ナゾラー:「選択肢を指定してもいいですよ。それではどうぞ!」
[見学用]天音雪兎:一色が真っ先に降りて一般人でーすって言い張る姿も
[見学用]天音雪兎:想像はできた
[メイン]織神鋭一:「もうゴールデンだからね、皆変なお題出しちゃ駄目だからね!」
[メイン]織神鋭一:「次回辺り深夜枠に戻されてそうだけどそこはいいっこなしだ!」
[メイン]怪人ナゾラー:「ハハハ」
[見学用]織神鋭一:一色は一般人
[見学用]織神鋭一:拳児くんも一般人
[メイン]天音雪兎:「このメンツで変なの出すのはいないでしょ」
[メイン]怪人ナゾラー:「なぁに、反抗上等ですよ。カウンターですよカウンター」
[メイン]標津カルトーシカ:「こう、誰が選ばれてもありえそうなのが面白い感じなのかな」
[見学用]織神鋭一:そこに何の違いもありゃしねぇだろうが!
[メイン]純玲:「この中で一番お料理が出来そうな人は?とかどうでしょう・・・プロが出たら即決で終わりそうですけど」
[見学用]皇銀河:違うのだ!
[メイン]怪人ナゾラー:(よし、選択肢はメシマズランダムにしよう)
[メイン]天音雪兎:「あぁ、次回の放送日程にも寄るんだけどな……今の時期だと割りとタイムリー何だが」
[メイン]天音雪兎:『この中で一番夏休み明けに日焼けしてそうな人は誰?』
[メイン]天音雪兎:「俺からはこれで」
[雑談]織神鋭一:この中で一番手首細そうなの
[メイン]怪人ナゾラー:「ほうほう、部活に生きる人や海に遊びに行きそうなチャラい人などが強そうですね」
[雑談]:それやった!
[メイン]標津カルトーシカ:『農業した時に、一番のめりこみそうな人』
[メイン]標津カルトーシカ:「俺はこれかな」
[雑談]織神鋭一:じゃあ手首太そうなの
[メイン]天音雪兎:「戦技は皆いい感じにやけてて健康的だなと思うよ」戦技なのに雪のように白い肌な人
[メイン]怪人ナゾラー:「芋ですか?」
[雑談]:逆に
[メイン]皇銀河:「では、『この中で一番眼鏡が似合いそうなのは誰?』だ!」
[メイン]天音雪兎:「銀河らしいね」
[メイン]織神鋭一:「よし、んじゃーね……」
[メイン]皇銀河:すっと眼鏡を掲げていく
[メイン]標津カルトーシカ:「芋じゃなくてもいいけど」
[メイン]天音雪兎:「カルトのもカルトらしいし、やっぱりこういうのは個性が出る」
[メイン]織神鋭一:「『この中で一番照れさせたら可愛いと思うのは誰?』で行ってみよっか」 健全
[雑談]織神鋭一:ちなみにPL一押しはフレちゃんです。>照れさせたら~
[雑談]天音雪兎:でもこれ
[雑談]皇銀河:PL一押しはアリスかな
[雑談]織神鋭一:あぁ当然。
[雑談]天音雪兎:多分男子でランダム表振られるやつ……
[メイン]怪人ナゾラー:「ほうほう、やはり正統派な質問が……正統派? まあ正統派な質問が揃いますね」
[雑談]織神鋭一:男も含むよ?
[雑談]皇銀河:レーネ出たら一択じゃん
[メイン]怪人ナゾラー:「では、選択肢はイカのようになりました!」
[メイン]:純玲:「この中で一番お料理が出来そうな人は?とかどうでしょう・・・プロが出たら即決で終わりそうですけど」
天音雪兎:『この中で一番夏休み明けに日焼けしてそうな人は誰?』
標津カルトーシカ:『農業した時に、一番のめりこみそうな人』
皇銀河:「では、『この中で一番眼鏡が似合いそうなのは誰?』だ!」
織神鋭一:「『この中で一番照れさせたら可愛いと思うのは誰?』で行ってみよっか」

[雑談]純玲:料理上手はメシマズランダム?!
[メイン]怪人ナゾラー:「では自分以外の質問の中で、これがいい! という質問に投票をしてください!」
[メイン]怪人ナゾラー:「こっそりですよ、こっそり」
[メイン]怪人ナゾラー:「私に教えてくださいね」
[雑談]:メシマズランダム!
[データ]皇銀河 -> :「では、鋭一の質問で。反応が面白くなりそうだ」
[雑談]純玲:普通にうまいではいかんのか・・・?!
[雑談]:っていうかランダムするほどいんのかなメシマズ
[データ]天音雪兎 -> :鋭一かな。一番テレビ映えしそうだ
[雑談]標津カルトーシカ:えーと渡すのはデータでおk?
[データ]織神鋭一 -> :皇さんので。 気持ちはぐうわかる
[雑談]天音雪兎:秘話でのはずかな
[データ]純玲 -> :『農業した時に、一番のめりこみそうな人』
[雑談]織神鋭一:レーネ別に照れさせてもおもろない
[データ]標津カルトーシカ -> :天音のでー
[データ]:OK
[データ]:出揃いました!
[メイン]怪人ナゾラー:「はい、では投票出揃いました!」
[雑談]皇銀河:そう?
[メイン]怪人ナゾラー:「この中で、No1の質問はー……………………」
[メイン]怪人ナゾラー:デレレレレレレレレレレレレ
[メイン]怪人ナゾラー:デレレレレレレレレレレレレ
[メイン]怪人ナゾラー:デレレレレレレレレレレレレ
[メイン]怪人ナゾラー:………デエン!!
[メイン]怪人ナゾラー:「得票、鋭一鋭一銀河カルト雪兎!!」
[メイン]怪人ナゾラー:「選ばれたのは鋭一さんです!! おめでとう!!」
[メイン]標津カルトーシカ -> :「一票貰えたー」
[メイン]天音雪兎:「皆良い質問だったと思う。おめでと鋭一」
[メイン]怪人ナゾラー:パーッパラッパパパー! とラッパの音と共に、身体が埋まるほどの紙吹雪がどさっ、と落ちてくる。
[メイン]皇銀河:「うむ、おめでとう」
[メイン]純玲:「おめでとうございます」
[メイン]織神鋭一:「ありゃ、結構人気あったんだねってうわ」 埋まる
[メイン]織神鋭一:「ちょっと!?多くないこれ!?」
[メイン]標津カルトーシカ:「おー、一票貰えた」
[メイン]天音雪兎:「分かる分かる。前埋まったんだよねそれ」大変だったと
[メイン]怪人ナゾラー:「では鋭一さんには優勝賞金と併せまして、2d6万円を進呈いたします」
[メイン]怪人ナゾラー:「また、それとは別に全員に参加賞として依頼達成報酬を差し上げます!」
[メイン]怪人ナゾラー:「どうも出演ありがとうございました!」 と、封筒を君たちに手渡していく
[メイン]天音雪兎:(1D6と2D6で表記ブレしてるけどどっちなのかな)
[メイン]怪人ナゾラー:鋭一さんには紙吹雪の山にさくっと封筒を刺す
[メイン]怪人ナゾラー:「優勝で1d6、エクストラ問題で1d6で合計2d6ですね」
[メイン]天音雪兎:「なるほど、合計値か。そういや二冠だもんな」
[メイン]天音雪兎:パチパチと追加で拍手を送る
[メイン]皇銀河:「うむ、大して面白さを見せれなかったと思うが」参加賞を受け取りつつ
[メイン]織神鋭一:「ワァイそれより誰か助けてくんない?」
[メイン]怪人ナゾラー:「いえいえ、まあゴールデンですからこんのくらいの健全さの方が!」
[メイン]純玲:「は、はい!」
[メイン]怪人ナゾラー:「それでは視聴者の皆様、また次回お会いしましょう!」
[メイン]怪人ナゾラー:「さようならー!!」
[メイン]純玲:ざっざっと紙をあわててどけてる
[メイン]天音雪兎:よいしょ、と鋭一が埋まった紙吹雪をスミレちゃんと一緒に片付けながら、ひらひらと手を振る
[メイン]標津カルトーシカ:「とても楽しかった」Vの字
[メイン]怪人ナゾラー:と、手を振りながらパチンとカメラのスイッチを切る。
[メイン]怪人ナゾラー:「……………………はい、お疲れ様でした!!」
[メイン]織神鋭一:「お疲れ様ー まさか最後に埋まるとは思わんかった」
[メイン]天音雪兎:「あの紙吹雪妙に多いんだよね」
[メイン]皇銀河:「恒例ではあるな」
[メイン]純玲:「やりすぎだと思います」
[メイン]天音雪兎:お疲れ様、と皆に声をかけつつ
[メイン]怪人ナゾラー:「いやー、質問どうでした? 難しかったみたいですが」
[メイン]標津カルトーシカ:「死ぬわけじゃないしセーフでしょ」
[メイン]標津カルトーシカ:「楽しかったよ、答えがそれぞれの考えで違っていたし」
[メイン]皇銀河:「うむ、難易度は高かったが……これもまた良いだろう」
[メイン]怪人ナゾラー:「楽しんで頂けたなら幸いです」
[メイン]天音雪兎:「楽しかったよ。これからもがんばってね」
[メイン]怪人ナゾラー:「今度はチーム戦を企画してるので、是非また参加してくださいね」
[メイン]天音雪兎:「手伝えること合ったら支援するしさ」同級生みたいだし、と
[メイン]織神鋭一:「面白かった面白かった」
[メイン]怪人ナゾラー:「4v4! 女子VS男子の仁義なきチームバトル! お楽しみに!」
[メイン]織神鋭一:「戦争が起きないかなそれ!?」
[メイン]天音雪兎:「特番物みたいになってきたな……」
[メイン]皇銀河:「恐ろしい戦いになりそうだ……」
[メイン]怪人ナゾラー:「ハハハ。まあ基本ルールは今回と一緒なので」
[メイン]標津カルトーシカ:「やはりゴールデンに上がったのが間違い」
[メイン]純玲:「無謀ですね・・・」
[メイン]怪人ナゾラー:「それでは皆さん、打ち上げどうします? 前は中華で、その前は焼肉だったんですよね」
[メイン]天音雪兎:「俺はおまかせ」
[メイン]怪人ナゾラー:「番組から費用出るんでなんでもいいですよ!」
[メイン]皇銀河:「俺も特には希望は無いな」
[メイン]織神鋭一:「んー……」
[メイン]標津カルトーシカ:「俺も最近は何でも食べるし」
[メイン]織神鋭一:「純玲ちゃんどうする?」
[メイン]純玲:「鋭一さんの食べたいものを・・・」
[メイン]怪人ナゾラー:「っかー、なんか甘い雰囲気が漂ってきましたねー!」
[メイン]天音雪兎:「仲良きことはいいことだよ」
[メイン]怪人ナゾラー:「これはもう辛いものにしましょう。決めました。インド料理のお店で」
[メイン]天音雪兎:「(だからこそ謝らないと行けないんだが……)」と思い出した渋い顔を
[メイン]怪人ナゾラー:「辛いのがダメな人はミルク使ったなんやかんやもあるんで安心です」
[メイン]天音雪兎:「あ、そりゃ助かる。辛いのは苦手でね」
[メイン]織神鋭一:「インド料理か、かなりカレーだね」
[メイン]怪人ナゾラー:「華麗でしょう」
[メイン]純玲:「鶏肉料理もいいものですよ」
[メイン]皇銀河:「辛いだけでは無いからな、なら店はーー」眼鏡を使って調べ始める
[メイン]天音雪兎:「タンドリーチキンだっけ?」
[メイン]怪人ナゾラー:「では、早速局の前にまわしてある車前に集合で!」
[メイン]怪人ナゾラー:「さー、今日は食べますよー!」
[リザルト]:経験点!
[リザルト]:35!
[メイン]標津カルトーシカ:「芋料理もあるといいなー」
[リザルト]:報酬!
[リザルト]:30万!
[リザルト]標津カルトーシカ:わぁい
[リザルト]:ドロップなし!
[メイン]純玲:「はい、他にもチキンティッカとか鶏肉を利用した料理はインド料理には意外とあります
[リザルト]:コネはナゾラー!
[リザルト]天音雪兎:持ってるからコネはパスかな
[リザルト]:鋭一だけ+2d6万な
[メイン]皇銀河:「芋はどうだろうな、あるとは思うが」
[リザルト]織神鋭一:コネはもらうかーと
[リザルト]:好意敵MVP!
[メイン]天音雪兎:「詳しいんだねスミレちゃん」
[リザルト]織神鋭一:2D せいっ
DiceBot : (2D6) → 2[1,1] → 2

[リザルト]織神鋭一:あの?
[リザルト]天音雪兎:wwwwww
[リザルト]織神鋭一:あの??
[メイン]天音雪兎:「カレーの具に入ってるんじゃない?芋」
[リザルト]標津カルトーシカ:コネもらうー
[メイン]標津カルトーシカ:「おー」
[リザルト]皇銀河:コネは貰っておこう
[メイン]織神鋭一:「んー……まぁ入ってんじゃないかな」
[リザルト]:ひごろのおこない!!!
[雑談]織神鋭一:ちなみに多分本格インドカレーなら入ってない可能性がある。
[雑談]天音雪兎:まぁそうなんだよね
[雑談]織神鋭一:別にとろみつける必要ないからね。
[サブ]:んじゃ表切ってOKー?
[雑談]天音雪兎:人参とかじゃがいもとか入ってるのは日本式だ
[サブ]標津カルトーシカ:いいよー
[雑談]織神鋭一:じゃがいも入れるのは日本の魔改造だ
[サブ]天音雪兎:問題ないよ
[サブ]織神鋭一:OK
[サブ]純玲:っけい
[リザルト]標津カルトーシカ:えーと銀河に印象好意とっておいて
[リザルト]織神鋭一:そんな
[リザルト]標津カルトーシカ:好意は天音 MVPはえーいちで
[雑談]純玲:魔改造民族NIHON=JIN
[メイン]怪人ナゾラー:「芋はどこにでもありますよ。世界中で取れますからね」
[メイン]怪人ナゾラー:「では、早速行きましょうか!」
[メイン]: 
[メイン]: 
[メイン]: 
[メイン]: 
[メイン]: 
[メイン]:と、いうことで。
[雑談]皇銀河:グーグル先生に聞いたらじゃがいもの方ならあるらしい
[メイン]:君たちは打ち上げで本格的なインド料理を堪能した。
[リザルト]天音雪兎:好意銀河、MVPはー
[メイン]:あまりに辛すぎて火を噴くようなものもあったが、基本的には日本の味に合うように調整されていて
[リザルト]織神鋭一:好意は純玲ちゃん MVPはうーん……
[メイン]:とてもおいしかった(こなみ。
[リザルト]織神鋭一:皇さんで
[リザルト]皇銀河:あー、印象好意カルト
[リザルト]天音雪兎:勝負師の姿勢が面白かったから銀河かな
[メイン]:なお、ナゾラーは頑なに覆面を取らなかったが食事はできているようだった。
[リザルト]純玲:好意は鋭一さん、MVPは銀河おにいちゃん
[メイン]:どうやってるんだろうね。
[メイン]: 
[メイン]: 
[メイン]: 
[メイン]: 
[メイン]: 
[メイン]: 
[メイン]: 
[メイン]:以上!お疲れ様でした!
[リザルト]天音雪兎:あ、銀河とスミレちゃん、信仰いる?
[リザルト]皇銀河:好意は純玲、MVPは鋭一かな
[メイン]純玲:お疲れ様でした
[リザルト]皇銀河:俺はいいや>信仰
[メイン]天音雪兎:お疲れ様でした
[メイン]皇銀河:お疲れ様でした
[リザルト]:鋭一皇鋭一銀河銀河
[リザルト]:銀河MVP!おめでとう!
[メイン]織神鋭一:お疲れ様でした
[リザルト]皇銀河:おー、ありがとー
[リザルト]標津カルトーシカ:おめt−お
[メイン]標津カルトーシカ:お疲れ様でした!
[リザルト]純玲:おめでとうございます
[リザルト]純玲:信仰はやめておきましょう
[リザルト]:ドラマとかもどーぞ
[リザルト]天音雪兎:足りてるようなら問題なしと
[リザルト]天音雪兎:おめでと
[リザルト]天音雪兎:ドラマなー
[リザルト]天音雪兎:謝りに行くか……
[リザルト]織神鋭一:おめっとー
[リザルト]織神鋭一:じゃあ純玲ちゃんにドラマを投げます。
[リザルト]:で、まあ俺もチケットを消費しなければならんのだが
[リザルト]純玲:はい
[リザルト]標津カルトーシカ:わたしはぼうかんしようかな
[サブ]織神鋭一: 
[サブ]織神鋭一:えーと精神勝ちの好意が4の
[サブ]織神鋭一:2D+3+4 こうね
DiceBot : (2D6+3+4) → 8[6,2]+3+4 → 15

[サブ]純玲:2d
DiceBot : (2D6) → 7[5,2] → 7

[サブ]純玲:ぱちぱちぱち
[リザルト]天音雪兎:で、鋭一に謝罪をシュートだ
[リザルト]皇銀河:ドラマはどうするかな
[リザルト]天音雪兎:(失敗したらどうしようというのは置いておく
[リザルト]純玲:あ、あの・・・お兄ちゃん・・・いい?
[リザルト]:NPCドラマってチケットでいけるっけ
[サブ]織神鋭一:こっちの好意が6になったので強制信仰変換です。
[リザルト]:ウメッシュに聞いてるけどウメッシュ寝てるっぽいわ
[リザルト]皇銀河:ん、なら純玲に投げよう
[サブ]天音雪兎:前回失敗してるんだよな……
[サブ]織神鋭一: 
[サブ]天音雪兎:2D+1
DiceBot : (2D6+1) → 8[2,6]+1 → 9

[サブ]織神鋭一:+2じゃない?
[サブ]天音雪兎:前回失敗してるから1じゃない?2だっけ
[サブ]織神鋭一:10ね
[サブ]織神鋭一:その前から2だったはず
[サブ]天音雪兎:じゃあ10だ(計算は結構曖昧
[サブ]織神鋭一:2D せやっ
DiceBot : (2D6) → 5[4,1] → 5

[サブ]織神鋭一:成功したね。
[サブ]天音雪兎:セーフセーフ
[サブ]皇銀河:では俺から純玲に。
[サブ]皇銀河:2d+3+3 精神勝ちの好意3貰い
DiceBot : (2D6+3+3) → 11[5,6]+3+3 → 17

[サブ]純玲:はい・・・♪
[サブ]純玲:2d
DiceBot : (2D6) → 5[2,3] → 5

[サブ]天音雪兎:まぁ鋭一だけに謝るのも筋が通ってないから
[雑談]織神鋭一:いやーしかし反転しそうな恐れがあるんだけど
[サブ]天音雪兎:スミレちゃんにチケット投げるか
[サブ]天音雪兎:シュッ
[サブ]純玲:グサッ
[サブ]純玲:バタッ
[雑談]天音雪兎:(まじかよ
[サブ]天音雪兎:スミレちゃーん!
[サブ]天音雪兎:あ、でもドラマ権余ってるなら投げてもらえると嬉しいかも?
[サブ]天音雪兎:(特に予定なければ
[雑談]織神鋭一:そして今気づいた
[雑談]織神鋭一:(さっき参照したのもらってる値じゃん(自分の方は1)
[雑談]天音雪兎:やっぱ1でしょ?www
[サブ]純玲:そうですね・・・じゃゆっきーさんに投げつけてみます
[雑談]天音雪兎:結構間違えるよね
[サブ]天音雪兎:好意は3です(目をそらす
[雑談]織神鋭一:3人ドラマはやらんぞ
[雑談]天音雪兎:やらないよ!
[雑談]織神鋭一:俺は純玲ちゃんといちゃるんだからな!!
[雑談]天音雪兎:邪魔する気もねぇよ!
[サブ]純玲:精神は負け・・・かな
[サブ]純玲:2d+3
DiceBot : (2D6+3) → 5[1,4]+3 → 8

[サブ]天音雪兎:2D
DiceBot : (2D6) → 9[4,5] → 9

[サブ]天音雪兎:改めてチケットシュート
[サブ]天音雪兎:シュッ
[サブ]純玲:受理です
[雑談]皇銀河:よーし障壁補助積み終った
[雑談]皇銀河:素が5d+10、増プロが5d+30になった
[雑談]天音雪兎:つよーい
[雑談]純玲:人見知りなわりに一度打ち解けるとダダ甘えも辞さない子になったのでお兄ちゃんと鋭一さんにはたぶんめっちゃ甘える
[雑談]皇銀河:では、お疲れ様だー。明日からドラマ消化期間入らないと
[雑談]皇銀河:じゃないと茶番でまた増える
[雑談]天音雪兎:茶番も近いしね
[雑談]天音雪兎:俺も三つになったし消化していこう
[雑談]皇銀河:5つ溜めてるからな俺
[雑談]織神鋭一:茶番あるし消化してかないとなうん
[雑談]標津カルトーシカ:0です!
[雑談]織神鋭一:今日で6になってもうたし
[雑談]天音雪兎:まぁうみゃさんとあたいちゃんは昼行ける人々だから昼空いてる時を活用していく
[見学用]織神鋭一:そういや男よりも男らしい女手思い出したんだけど
[見学用]織神鋭一:女の友情と筋肉って漫画が面白い
[リザルト]:よしログとーった
[リザルト]:チケは今回はまあいいや