[メイン]どどんとふ:全チャットログ削除が正常に終了しました。
[メイン]日廻一色:どっこいしょ
[メイン]どどんとふ:全チャットログ削除が正常に終了しました。
[雑談]日廻一色:すみません思いっきりメインで発言しちゃったのでログ削除挟みました(ぺこりーぬ)
[雑談]MGM:むいむい
[データ]SGMhttp://weemo.jp/s/589ba584
[雑談]SGM:向こうでも説明してるけどこっちでも説明しよう。
[雑談]SGM:今回のルールでは1~5個のダイスを自分で決めて振る形になります。固定値は能力値だけど、上限は10。
[雑談]SGM:5d+5 例えば能力値5で5個振るとこうです。
DiceBot : (5D6+5) → 16[4,4,2,4,2]+5 → 21

[雑談]SGM:これで21。
[雑談]SGM:12以下:うーん、いまいち(加点なし)
12:最低限の成功、特に不備は無い(得点+1、成功表へ)
18:成功、上手くやれたと言える(得点+2、成功表へ)
24:すごい成功、大変よく出来た。(得点+3、成功表へ)
40:やばい成功、何が起きたんだ……(得点+5、成功表へ)

[雑談]SGM:18を越えたので、得点+2で成功表を振ります。
[雑談]SGM:SSS
DiceBot :成功度表(7[6,1]) → 得点+3

[雑談]SGM:これで得点が5になります。
[雑談]SGM:5d+5
DiceBot : (5D6+5) → 14[5,1,2,2,4]+5 → 19

[雑談]SGM:5d+5
DiceBot : (5D6+5) → 17[5,1,1,4,6]+5 → 22

[雑談]SGM:1が2個出ると罰ゲームです。
[雑談]SGM:batut
DiceBot :罰ゲーム表(46[4,6]) → [魔法☆少女]あなたは魔法少女の格好になる、そして叫ぶのだ「まじかる☆◯◯きゅんへんしーん!」と

[雑談]SGM:5d+5
DiceBot : (5D6+5) → 17[2,6,3,4,2]+5 → 22

[雑談]SGM:6が出た数だけ追加で振り足すことが可能です。
[雑談]SGM:1d5
DiceBot : (1D5) → 5

[雑談]SGM:間違えた
[雑談]SGM:1d6
DiceBot : (1D6) → 4

[雑談]SGM:これで26に。
[雑談]日廻一色:おっけーい
[雑談]SGM:と、まあ大体の話はこんなところだ。共有メモを作成します。
[雑談]SGM:また、
[雑談]SGM:5.今までにあったようなKPは存在していませんが、チーム毎に6回まで判定前に技能宣言が可能です。
  技能宣言をした場合、そのダイスロールの出目を2つまで6に変更し、成功表の出目を+1することが出来ます。

[雑談]SGM:判定前に技能を宣言することで、ほぼ確実に成功できます。以上です。
[雑談]SGM:チームごとに6回なので、譲り合いの精神を大事にしましょう。
[雑談]ノア・リーリエ:それって同時に適用出来るの?
[雑談]ノア・リーリエ:orじゃなくてand
[雑談]ノア・リーリエ:ってことよね
[雑談]SGM:まあ競技は3回だし
[雑談]SGM:同時に使用は可能ですよ。
[データ]MGM
テント設営(芸術点含むものとする)
筋力・知力・器用

調理+食材調達
精神・感知・敏捷

キャンプファイヤー(ダンス大会)
任意能力値

[見学用]SGM:batut45
[見学用]SGM:batut44
[メイン]MGM: 
[メイン]MGM: 
[メイン]MGM:なんだかんだでキャンプでどの班が一番楽しめるか勝負になったぜ!!!
[メイン]MGM:作戦会議するぜ!!
[メイン]MGM: 
[メイン]MGM:3班はここ
[サブ]MGM: 
[サブ]MGM:4班はここ
[メイン]日廻一色:「……と、言う訳で。金一封ですよ金一封」
[メイン]ノア・リーリエ:「一番楽しめるかって基準何なんだろうね」それはそれとしてゲンドウポーズ
[サブ]紅大吾:ここが今回の現場か……
[サブ]筒壬住吉:ウェーイ
[サブ]アズラエル:キャンプファイヤー用の消火器は準備できました
[メイン]千種零一:「わからん。さっぱり」
[メイン]フレデリカ:「金が出るとなった瞬間に目の色がきゅぴーんってした気がした」
[メイン]荒谷膳:「まーあれだ」
[サブ]筒壬住吉:ウェーイ
[サブ]谷地アキラ:ところで料理できるやつは
[サブ]筒壬住吉:知らねぇ
[メイン]荒谷膳:「客観的な評価基準なんて、出来の良し悪ししかねーだろ?」
[サブ]紅大吾:食っていい薬草とかならわかるぞ
[サブ]筒壬住吉:紅なら出来んだろ、救命士だし
[サブ]沢渡籐矢:「金一封らしいが、まあそれはそれとしてできる限りはやるか、折角だしな」
[メイン]荒谷膳:「エンジョイとか楽しみなんて主観しかありえねーんだしさ」
[サブ]アズラエル:能力値的にできる方は
[メイン]日廻一色:きゅぴーん
[メイン]千種零一:「しかしここまで同級生が多いのも珍しい」
[サブ]筒壬住吉:後、蟹は蟹だし
[サブ]谷地アキラ:畜生!俺か!!!!!!
[サブ]アズラエル:「ではまずアキラを調理班に」
[メイン]ノア・リーリエ:「日廻先輩だけってかーんじ?」
[メイン]日廻一色:「はっはっは、頑張りたまえ後輩どもよ」
[サブ]アズラエル:そう言って紙に纏めていく。
[サブ]谷地アキラ:「つか他に料理できるやつは……?」
[サブ]紅大吾:筋力10以外お察しだ
[メイン]千種零一:「ここぞとばかりにふんぞり返ってますね……」
[サブ]筒壬住吉:「煮て焼けりゃ十分だろ」
[メイン]荒谷膳:「じゃ、まとめ役よろっす」
[サブ]紅大吾:「腹に入れば皆同じ、っていうじゃん。」
[メイン]フレデリカ:「まあ楽しみに来た以上サボりとかはしないけどヒメ先輩が姫モードに」
[メイン]日廻一色:「いいじゃーんれいいっちゃんとフレちゃんは総合なんだし。まとめはパース!」
[サブ]沢渡籐矢:「料理はできるぞ」
[メイン]日廻一色:「わたくしお姫様ですのよ! おーっほっほっほっほ!」
[サブ]筒壬住吉:「味は塩とか振っときゃなんとかなる 最終手段はカレー粉だ、これがな」
[サブ]アズラエル:「アズラエルに調理機能は備わっておりません」
[メイン]千種零一:(れいいっちゃん?」
[メイン]ノア・リーリエ:「日廻だけに……」
[メイン]ノア・リーリエ:コホン
[サブ]谷地アキラ:「沢渡だけか……」
[メイン]荒谷膳:「つーかチーム行動ならマトメ役必要じゃね?」
[メイン]フレデリカ:「どちらかというと妃めいてきたけどよーし追求してぐりぐりされる前にあたしは言及をストップだ」
[サブ]紅大吾:「あ、毒草と普通の草ぐらいの見分けならつくぞ」
[メイン]日廻一色:「しょうがないなぁ、じゃあ何するかくらいは決めとく? なんかやりたいことある人—」
[雑談]筒壬住吉:ところでフレと日廻って組ませたら凶悪タッグな気がする。なんとなく
[サブ]筒壬住吉:「素材の味は活かせるぞ」
[メイン]ノア・リーリエ:「はいはーい、私と膳君で調理班はばっちぇおまかせー」ぶんぶん
[雑談]SGM:MGM:各能力値1名ずつです、ダンス大会は別だけど
[雑談]SGM:ってことらしい。(つまり3能力で分担のようだ)
[サブ]谷地アキラ:「香草ならともかくその辺の草は入れねぇよ!」
[メイン]日廻一色:「ほいほいっと」
[メイン]荒谷膳:「ま、そうなるっすかねー」にやぁ
[サブ]沢渡籐矢:「煮て焼いて塩を振るだけは素材の味を活かすとは言わん」
[メイン]千種零一:「なら俺は設営やるかね。力仕事だろうしこういう雑務は得手だ」
[サブ]筒壬住吉:「んじゃまあそこら辺は谷地と沢渡に任せる!」
[メイン]千種零一:「芸術点は何なのか知らねぇけど」
[雑談]アズラエル:三人筋力ではダメなのですか
[サブ]紅大吾:各能力値1つずつ選出、らしい……
[サブ]筒壬住吉:「テントの組み立てならまぁなんとかならぁな」
[雑談]紅大吾:ダメですかね()
[サブ]谷地アキラ:各自の得意分野
[サブ]谷地アキラ:俺精神
[メイン]フレデリカ:「……ははーん? これは余ったのが飛んでくる流れだな?」
[雑談]MGM:3人筋力でテント設営ってどうするの
[雑談]沢渡籐矢:この班めっちゃ能力値偏ってんな……
[雑談]MGM:丸太積み上げる……?
[サブ]紅大吾:10/4/4/3/3/4
[サブ]沢渡籐矢:知力感知
[メイン]日廻一色:「芸術点は私も分かんないけど、テントなら全体見て指示出しする係も必要かもね」
[サブ]アズラエル:我ら筋力ブラザーズ
[メイン]ノア・リーリエ:「というか三人だし、出来ない人から決める方が早いかもねー?」
[雑談]紅大吾:こう救命士を生かして……
[サブ]筒壬住吉:13/3/11/3/3/8
[サブ]谷地アキラ:蟹なのに神に見える
[サブ]筒壬住吉:というわけで俺は器用があるから一抜け
[サブ]沢渡籐矢:テントは筋力知力器用だから知力は俺がやるか
[サブ]紅大吾:だな……
[雑談]荒谷膳:ぶっちゃけると能力値勝負ではそんな強くないぞー!最大値が精神の7
[メイン]日廻一色:えーっとこれ筋力知力器用で一人ずつ選出する感じなのかな?
[サブ]筒壬住吉:誰か多方面もっと蘭の香
[メイン]ノア・リーリエ:そんな感じ
[メイン]千種零一:そうっぽい
[サブ]紅大吾:敏捷みんな死んでるのか
[メイン]ノア・リーリエ:1能力値1人の、三人ずつ出すとか何とかかんとか
[サブ]筒壬住吉:びん・・・しょう・・・?
[サブ]紅大吾:これ余り目で俺敏捷しかねーな!?
[サブ]沢渡籐矢:ていうか料理も感知が俺が一番上だから俺が感知で出る感じになるな。ていうか敏捷も俺が一番高いんだが
[メイン]日廻一色:「んじゃ希望ないならテントの指示出しの方をフレちゃんにやってもらいーの」
[サブ]紅大吾:筋力:アズにゃん 知力:蟹 器用:よっしー
[メイン]フレデリカ:のらしい、そうなると腕知器で577持ち
[メイン]ノア・リーリエ:器用って何するんでしょうね
[メイン]千種零一:得意分野。筋力知力精神10出せます以上(超雑な固定値暴力
[サブ]紅大吾:感知:蟹 精神:アキラ 敏捷;残り3人から1人
[メイン]フレデリカ:「いえっすさーっ」
[メイン]荒谷膳:器用6知力5の筋力4だから普通の人
[サブ]紅大吾:(人造人間とヨッシーを見る)
[雑談]MGM:補正値は最大10なのをお忘れなく……(消えていく)
[メイン]ノア・リーリエ:高さ的には筋力が千種君、知力がフレちゃん、器用が膳君か日廻先輩
[メイン]フレデリカ:言ってからノリだけなせいでマムでは、と思う流れ
[サブ]アズラエル:敏捷、貫禄の1
[サブ]筒壬住吉:蟹4人まで増えれるんだろ 1人敏捷に回せよ
[サブ]筒壬住吉:敏捷3なんだが
[メイン]ノア・リーリエ:「サーだと男の人にだもんね」
[サブ]紅大吾:俺も3だ
[サブ]谷地アキラ:4
[サブ]紅大吾:よし、働かなくていいな!
[メイン]日廻一色:「膳君ダンスしたい? 私か膳君がテントでれいいっちゃんのサポートに入るのがよさそうだけど」
[サブ]紅大吾:アキラ精神でしょ(
[サブ]アズラエル:「では、我々は沢渡を4人に増やし臨むとしましょう」
[サブ]筒壬住吉:食ってのは命を預かる仕事だよな? これは救命活動といえるのじゃ無いだろうか
[サブ]沢渡籐矢:行っとくけと俺とアキラを除くと3が一番高いからな
[サブ]アズラエル:「最適な作戦と思われます」
[サブ]筒壬住吉:「その手があったんだなこれが」
[サブ]谷地アキラ:「増や……?」
[メイン]荒谷膳:「俺は別にどっちでもいいっすよ。こんなかで俺ほど得意分野はっきりしてるやつもいねーし、それ以外は他の意見に任せるっす」
[サブ]紅大吾:「す……?」
[サブ]沢渡籐矢:「戯言を言ってないでお前らもやる事はやれ」
[サブ]筒壬住吉:「ウェーイ」
[メイン]日廻一色:「んじゃハチマキが似合ってるしテントの方もよろしくぅ」
[サブ]アズラエル:「実体を伴う分身が可能と聞き及んでいます」
[メイン]荒谷膳:「OK任された!」
[サブ]アズラエル:期待を込めた眼。
[メイン]日廻一色:テント:筋力零一・知力フレデリカ・器用膳
[メイン]ノア・リーリエ:筋力零一、知力フレちゃん、器用膳君
感知私、精神膳君、敏捷日廻先輩
ダンスは自由

[メイン]フレデリカ:「まーどーうせどっかでゴタつくし何処で音頭取って手持ち無沙汰にならないかだけだー」 へらへら
[メイン]ノア・リーリエ:概案こんな感じ?
[メイン]日廻一色:そんな感じ
[サブ]沢渡籐矢:「ひとまずテント設営からだな。アズラエルと住吉、組み立てはお前らだ」
[メイン]フレデリカ:うぬ
[メイン]ノア・リーリエ:「ファイトファイト~」ふれーふれーと応援モード
[雑談]MGM:ちなみにテント設営の芸術点はあれです
[サブ]紅大吾:「んじゃあ俺は食材獲ってくるか……」
[メイン]日廻一色:「んじゃ私が料理の方の手伝い入るね。ダンス得意かやりたいって人ー!」
[サブ]谷地アキラ:「俺ぁメニューでも考えとくわ。キャンプの定番つったらカレーだが、バーベキューもいいな。どちらにしろ調達班に任せることになるが」
[雑談]MGM:なんかトーテムポール置いたりなんか飾ったり、個性を表現していけみたいな
[雑談]MGM:そういう感じ
[雑談]フレデリカ:巨人のドシン……(モニュメント)
[サブ]沢渡籐矢:「細かい部分は俺が支持するから、とりあえずマンパワーを活かしていけ」
[サブ]アズラエル:パワーだけは溢れているメンバーである。
[メイン]千種零一:(なんだかんだで結局日廻先輩が取り仕切ってるなぁ)
[メイン]ノア・リーリエ:「ダンスはわかんないからにゃー」
[サブ]紅大吾:「まぁ野菜っつーか木の実とかはあるだろうから、後は肉と魚か……」
[サブ]筒壬住吉:「あいよー」
[メイン]荒谷膳:「メシはこの辺で何とれっかにもよるけど・・・」
[メイン]フレデリカ:「自慢じゃないが体育の成績は2がつーくーぁーっ!!」 敏捷3の貫禄。
[雑談]沢渡籐矢:もうダイスはやっちゃってもいいのかな
[メイン]日廻一色:「んじゃとりあえず私が出とくかぁ。自信あるってほどでもないけどね」
[サブ]アズラエル:「ところで、最後にダンス大会も催されるようですが」
[サブ]谷地アキラ:「普通の量で足りんのかこれ……?」面子を見る
[メイン]千種零一:「まぁダンスなんてロクにやった事もないんですが……」
[雑談]沢渡籐矢:食材調達って一応基本的な食材は持ち込んでるよね??
[メイン]日廻一色:「今回キャンプファイアー周りででしょ? スピードの方は要求されなさそ……ん?」
[サブ]アズラエル:「これは各班ごとに踊るということでしょうか」
[メイン]ノア・リーリエ:勝ちに行くなら一色フレちゃん千種って感じ
[雑談]MGM:出場者を青枠の所置いてくださいねー
[雑談]SGM:今何の時間かっていうと
[サブ]筒壬住吉:「んじゃ材料とか運びはアズラエルに任せりゃ良いか、組み立てとかは運んできたもんから俺がやるって感じで」
[サブ]沢渡籐矢:「じゃないか?踊りたいやつが踊ればいいと思うぞ」
[メイン]荒谷膳:「まー俺も専門外っちゃ専門外だけどそう言ってたら誰もやんなくね?」
[サブ]筒壬住吉:「ダンス、ねぇ……あんま得意じゃあないんだなこれが」
[メイン]千種零一:「運動神経なら何とかなるし出ましょうか。自分で言うのも何だけど」
[メイン]ノア・リーリエ:「じゃあ日廻先輩と千種君とー」
[雑談]SGM:A班がちょっと来るまで、みたいな。今来たのでとりあえず面子だけ青のところに
[メイン]日廻一色:「おっ、かっこいいぞれいいっちゃーん!」
[雑談]沢渡籐矢:なるほどOK
[メイン]千種零一:「へいへいどうも」
[メイン]ノア・リーリエ:「膳君に働き通しにさせるのも悪いし、私達のどっちかだけど、どうしよっかフレちゃん」
[メイン]ノア・リーリエ:顔を見合わせる
[メイン]フレデリカ:「にゅむ」 見合わせーの。
[サブ]紅大吾:「まぁ、誰もやらないなら行くけどさ。」
[雑談]アズラエル:4班がすでに男と男のダンシングになることが確定してしまっている
[サブ]沢渡籐矢:「……まあ踊りたいと言って誰か進んで出る面子ではないな」
[メイン]ノア・リーリエ:ほっぺたぷにぷに
[メイン]ノア・リーリエ:「フレちゃん行く?」
[雑談]進道一心:1班は一心モモリアライネでー
[サブ]紅大吾:「普段踊るより医療テントで待機してるからなぁ、俺。」
[メイン]フレデリカ:「……まあその時次第だけどあれはあれで楽しそ—だし行ってもよさそーかもね、突くなリーちゃぁーっ!?」 ふにられた
[雑談]進道一心:何かコマ出てないけど表の方には居る
[サブ]筒壬住吉:「演舞ならまだできそうだが正直合わねぇぞ?多分」
[雑談]荒谷膳:男チームダンシングもそれはそれでダイナミックじゃない?
[雑談]SGM:あ、こっちで管理してるのは今のところ3-4班だから
[メイン]ノア・リーリエ:「総合学園三人衆の結束の力を!みたいなノリで!」ふにふに
[サブ]谷地アキラ:「というか班ごとのダンスなわけだろ?」
[サブ]アズラエル:「踊りなら銀河が熟達していますが、今回の催しには参加されていないようです」
[雑談]筒壬住吉:男チームだから男子ングだって?
[サブ]谷地アキラ:「そしてうちの班を見てみろ」
[雑談]SGM:置いてあるのは一応移動する可能性込みでね。そんな感じ。
[雑談]SGM:(報告は大丈夫よー的な)
[メイン]日廻一色:「そういやそうだ、おっけーい」
[雑談]進道一心:はーい
[サブ]沢渡籐矢:「……」
[メイン]荒谷膳:「そっちは頼まぁ。とにかく、今はこっちだ。頑張ろうぜっ」
[サブ]筒壬住吉:「まぁ見事に踊りとは無縁そうな奴らだなこれが」
[雑談]SGM:そろそろ始まるらしい
[サブ]筒壬住吉:「谷地はどうなんだよそこんところ」
[サブ]沢渡籐矢:「とりあえず男三人で踊るのは避けたいな」
[メイン]ノア・リーリエ:「ふれーふれーって言うとフレちゃんみたいだよね」チアノア
[メイン]日廻一色:「総合学園のここがすごい!」声を低く唸らせる
[サブ]谷地アキラ:「無理。」
[サブ]紅大吾:「現場に踊らされるのはよくあるんだが、そういう意味じゃないよな……」
[メイン]千種零一:「あー。なるほどそういう……」
[サブ]アズラエル:死の舞踏を舞わせる者のほうが多い自陣
[メイン]日廻一色:「学生数○人以上! 第七学区に無数のキャンパス! もうすぐ創立○十周年!」
[メイン]日廻一色:「総合魂!!」
[メイン]フレデリカ:「ゼンくん何か突かないように言ったってくらはぁーい!」
[メイン]フレデリカ:「出張オープンキャンパス!?」
[雑談]日廻一色:おおっけーい
[メイン]千種零一:「なんのコマーシャルだよ」
[サブ]谷地アキラ:困った時の神頼みならぬ蟹頼みで一人エグザイルしてもらうしか……
[雑談]フレデリカ:はーいさー
[メイン]ノア・リーリエ:「まぁ今から勧誘しても我々執行委員なわけだけどね」クスリと笑いつつ柔らかほっぺで遊んでいる
[メイン]荒谷膳:「ま、楽しそうならいいんじゃね?」
[雑談]沢渡籐矢:ああなるほど、釣り大会決勝戦方式か……
[サブ]アズラエル:最近はエグザイルも増えたので30人ぐらいに分身しなければなりません
[サブ]沢渡籐矢:そんなに増えない
[メイン]書記:書記がメガホンを持って通達を始める。
[雑談]日廻一色:という訳で表とサブはSGMにカット入れてもらう形っと
[メイン]書記:「あー、そろそろテント設営対決やりまーす。参加者はこちらの方に来てくださーい」
[メイン]SGM:と、いうわけで。
[サブ]谷地アキラ:カニ足でなんとか
[雑談]日廻一色:非参加者はサブに入るのね
[メイン]SGM: 
[メイン]SGM: 
[メイン]SGM: 
[メイン]SGM: 
[メイン]SGM:テント設営の時間だ!!
[メイン]SGM:風雨、地震、トラック、その他様々な障害に負けない強度を誇りつつ
[雑談]ノア・リーリエ:千種君(178)>フレちゃん(175)>膳君(166)>日廻先輩(157)>私(142)
[メイン]SGM:芸術点の高いテントを作り上げよう!
[メイン]SGM: 
[メイン]SGM: 
[メイン]SGM: 
[メイン]SGM: 
[雑談]MGM:トラックに負けない強度は草
[雑談]日廻一色:フレちゃんが高くてノアちゃんが低い、他3人は平均の範疇
[メイン]SGM:というわけで、参加者は3人VS3人で設営会場に来ているのであった。
[雑談]フレデリカ:防御力を要求されてる
[雑談]ノア・リーリエ:まぁ千種君が高1としてはちょっと高いかなってくらい
[メイン]SGM:(RPも判定も、各自お好きにどうぞ。終了目安、22時20分)
[サブ]SGM: 
[サブ]SGM: 
[サブ]SGM: 
[サブ]SGM: 
[サブ]SGM:  
[サブ]SGM: 
[サブ]SGM: 
[雑談]日廻一色:たしかに高1なら高い
[雑談]谷地アキラ:結界ハウスか……
[メイン]アズラエル:「『楔は頭が地面に着くまで打ち付ける』」
[雑談]ノア・リーリエ:黒曜石製の豆腐ハウスかな?
[サブ]庶務:「というわけでここが見学席だ」
[メイン]アズラエル:テント組み立ての説明書を読んでいる。
[メイン]荒谷膳:「なんか野外活動強そうなチームだなむこう・・・」
[サブ]日廻一色:「総合魂!!」まだ言ってる
[サブ]庶務:「暇な者はここに集まってやれ菓子でも貪りながら野次を飛ばすとしようじゃないか」
[メイン]筒壬住吉:「うーし、とりあえず……どう作るかだな」
[メイン]千種零一:「まぁ……何とかなるだろうよ、多分」
[サブ]ノア・リーリエ:「はいはい日廻先輩、後輩達の総合魂見守りましょーねー」
[メイン]アズラエル:「『骨組みはマークの付いたポイントを目印に組み立てる』」
[メイン]荒谷膳:「っていうかやべーぞ。向こう実質6人だ」
[メイン]フレデリカ:「何処もかしこもこう肉体派揃いで来てる感はあるなぁ」
[サブ]ノア・リーリエ:「私は彼氏の雄姿を見守ってるから」
[サブ]書記:「ああ、後。一応感想戦ってことで終了後にも自由時間が入るから、終了時間より十分くらい次の競技まで時間あるので、その辺はよろしく」
[メイン]アズラエル:「『ドラマをしないことがトラックに負けない強いテントを生む』」
[メイン]沢渡籐矢:「とりあえずまあ、基本的な性能は実装しつつおもしろおかしくすればいいんだろう」
[サブ]日廻一色:「そういえば私は現在孤独な総合魂だったわ……ってうわー出たよ」
[サブ]谷地アキラ:「テントが崩壊しないことだけを祈る……」
[サブ]SGM:というわけで、ここが暇な人のRP場所であった。
[メイン]筒壬住吉:「ぶっちゃけると俺だと無難なもんしか作れんからデザイン的なもんは沢渡に任せるんだな」
[メイン]フレデリカ:「…………何のことかと思えばワタリさん指してか!!」>実質6人
[メイン]千種零一:「あーそういう。分からんかった」
[サブ]日廻一色:「はーい了解でーすっ」と書記に返事して
[メイン]荒谷膳:「いや、増えんじゃんあの人」
[サブ]紅大吾:「むしろアイツらなら崩壊どころかビクともしない建物が出来るんじゃね?」
[メイン]沢渡籐矢:「俺は指示出し要員だし今回は増えないぞ」
[サブ]ノア・リーリエ:「えへへへ」照れ笑いをしつつ、書記に手を振る
[メイン]千種零一:「それじゃあテントを組むとして」
[メイン]荒谷膳:「なら安心だな!」
[サブ]谷地アキラ:「ビクともしなさすぎて出れねぇとかオチが付きそうだけどな」
[サブ]日廻一色:「えーっとそっちはアズにゃんウェーイ先輩籐矢君?」
[サブ]ノア・リーリエ:「マイ○ラで言うと黒曜石製豆腐ハウスって感じよね。黒ごま豆腐」
[メイン]千種零一:「セットとかあるわけじゃないんだよなぁ。布とロープぐらいか、杭も用意しなきゃならんか……」
[メイン]フレデリカ:「いや増えるのを周知として扱ってるのもどーだこれって思ったけど、まーいーか」
[サブ]日廻一色:「攻撃力たかそう」
[サブ]紅大吾:「……流石に沢渡がいるから何とかなるだろ、多分。」
[メイン]フレデリカ:「ん、そーだねー……」 ちょっと考え。
[サブ]ノア・リーリエ:「結構真面目だしね、山に関して以外は」
[メイン]沢渡籐矢:「さて、それじゃあとりあえず材料を用意するか」
[サブ]日廻一色:「籐矢君は仕事の結果はまともだからね。過程はともかく」
[メイン]アズラエル:「こちらのテントの主材質はどうなさいますか。最近は土を四角形に盛る家もあると検索結果にありました」
[サブ]紅大吾:「まぁ最悪、もし出られなくなったら救助すりゃいいだけだしな。」
[サブ]ノア・リーリエ:「過程はともかく……」思い出す攻撃がエジプトに消し飛ばされる記憶
[雑談]沢渡籐矢:GMGMー
[雑談]SGM:ほいほい
[サブ]ノア・リーリエ:「そういう問題!?」
[サブ]日廻一色:「なんだよその常に救助チャンスを追い求めるブレインストーミングは」
[雑談]沢渡籐矢:テント設営の材料って大体どんな感じ?
[雑談]SGM:自由
[雑談]沢渡籐矢:OK
[メイン]筒壬住吉:「流石に豆腐ハウスはどうかと思うし、ログとかでもいいしまぁそこら辺は……沢渡に任せるか」
[雑談]ノア・リーリエ:>自由<
[雑談]SGM:だけどまあ、必要とあらば材料はある程度用意されてます
[メイン]荒谷膳:「ま、テントはテントだ。無難でいいと思うぜ。芸術点だの突き詰めすぎて作ってる過程で崩壊とかマジで御免だし
[メイン]フレデリカ:ちょっと此方は先にスパっと判定しよう。知力で5dっと
[メイン]沢渡籐矢:「まあ無難にログハウスと行こう、幸い筋力は有り余ってる」
[雑談]アズラエル:ダンボールとか
[雑談]アズラエル:新聞紙とか、ブルーシートとか
[メイン]フレデリカ:「まあ時間もあるし、テント張りならやるなり見たことはあるし、そっちなら図面引っ張れる、かな」
[雑談]ノア・リーリエ:公園にでも作る気!?
[サブ]紅大吾:「違うか? ようは閉じ込められた場所からの救助じゃん。」
[メイン]沢渡籐矢:「という事でアズラエルは丸太を運んでくれ、住吉は加工と組立だ」
[メイン]筒壬住吉:「OK、んじゃまずは丸太集めからか」
[サブ]ノア・リーリエ:「そういう意味では違わないと想うけど、もっと大事なところが違うと想う」
[メイン]フレデリカ:5d6+7 知力ぽーん
DiceBot : (5D6+7) → 16[2,2,6,2,4]+7 → 23

[メイン]アズラエル:「了解しました。伐採に参ります」
[メイン]荒谷膳:「あっち丸太とか言ってんぞ・・・大工か」
[雑談]SGM:ダンボールは由緒正しい凄い素材(ネウロ曰く)
[メイン]沢渡籐矢:知力判定っと
[メイン]アズラエル:剣を召喚して木立のほうへずんずん歩いていった。
[メイン]SGM:6が出たら振り足せるゾ
[メイン]フレデリカ:「……ログハウス作るだけのパワーありそうだからなぁーあっちは」
[サブ]日廻一色:「とはいえ、そっちの作り方自体はまともに進んでるっぽいなぁ……うちのブレイン担当はどうでしょ」
[メイン]沢渡籐矢:5d+9
DiceBot : (5D6+9) → 10[2,3,3,1,1]+9 → 19

[メイン]沢渡籐矢:ははは
[メイン]アズラエル:沢渡ーッ
[サブ]紅大吾:「?」 首をかしげる
[メイン]千種零一:「基礎とか大丈夫なのか? ……大丈夫そうだな」
[メイン]フレデリカ:1d6+23 振り足し
DiceBot : (1D6+23) → 1[1]+23 → 24

[サブ]ノア・リーリエ:「鈍感系男子はこれだから」ふーっと肩をすくめて
[雑談]谷地アキラ:ログハウスが甲殻ハウスになりそうな気配がしてきた
[雑談]日廻一色:ちなみに技能宣言チーム内で6回あるからけっこうバンバン宣言しちゃって大丈夫よ、かっこつけたい時は
[サブ]ノア・リーリエ:「確かに力自慢揃ってるから丸太とかを採用するってのは合理的よね」
[メイン]アズラエル: batuTのようです、沢渡
[サブ]庶務:「おぉーっと沢渡君の様子がぁーッ!!」
[メイン]フレデリカ:えー合計数一つだからセーフ! セーフ! 得点+3!
[メイン]沢渡籐矢:batut
DiceBot :罰ゲーム表(56[5,6]) → [花盛り]物理的に花盛りになる、このシーン中、あなたの歩いた後には花が咲くようになる。

[雑談]紅大吾:砂の家とかになったりしない??
[メイン]荒谷膳:24に能力値足してーがデリカなー
[雑談]ノア・リーリエ:うむ
[雑談]日廻一色:単純に分けても1PC1回は技能使えるってことだし
[雑談]SGM:蟹がめっちゃ神々しいなおい
[雑談]紅大吾:マーリンかよ>
[メイン]荒谷膳:たしてたか
[メイン]沢渡籐矢:足元から花が咲き始めた
[雑談]紅大吾:山の話をしようじゃねーぞ
[雑談]ノア・リーリエ:とりあえず私は判定一回だし突っ込むよそこに
[サブ]谷地アキラ:「えぇ……」
[雑談]ノア・リーリエ:料理関係は負けるわけにはいかないんだ!
[雑談]日廻一色:ああ!
[メイン]荒谷膳:んじゃ、俺はその図面の通り打ち込みっと。器用は6!
[メイン]沢渡籐矢:フレデリカはあと成功表だな
[メイン]フレデリカ:SSS だっけ
DiceBot :成功度表(9[4,5]) → 得点+4

[サブ]ノア・リーリエ:「花咲蟹さん……」
[雑談]SGM:表の様子報告:三枝リン:3d+8 知力
DiceBot : (3D6+8) → 4[2,1,1]+8 → 12

[サブ]紅大吾:「あの花食用じゃないな……」
[メイン]荒谷膳:5d+6
DiceBot : (5D6+6) → 23[6,4,5,3,5]+6 → 29

[サブ]日廻一色:「やばいね」
[雑談]ノア・リーリエ:2-7か
[雑談]紅大吾:知ってた
[メイン]千種零一:「まぁ、こっちはこっちで風雨凌げるように骨組みや床の木材がそれなりに必要だろうが」
[メイン]沢渡籐矢:俺は1二つだから18以上だけど成功表はなしで得点は2と
[メイン]荒谷膳:振り足しってね
[メイン]千種零一:5d+10
DiceBot : (5D6+10) → 15[4,3,4,1,3]+10 → 25

[サブ]谷地アキラ:「オイ、マジか。この面子で花だらけなファンシーなログハウスとか正気か??」
[サブ]ノア・リーリエ:「花咲蟹って美味しいらしいけどね」
[雑談]SGM:報告2:モモリア:batuT
DiceBot :罰ゲーム表(31[3,1]) → 〔尻文字〕あなたは3発言の間、口ではなく尻で文字を書いてコミュニケーションを図る。ストーブの上で尻を焼かないよう気を付けよう。

[サブ]ノア・リーリエ:そういう問題ではない
[メイン]荒谷膳:1d+29
DiceBot : (1D6+29) → 3[3]+29 → 32

[メイン]フレデリカ:「そーいうの込でフィジクス計算ーってねー」
[雑談]ノア・リーリエ:モモリアでそれはやばくない!?wwww
[メイン]千種零一:素で大成功と
[メイン]千種零一:SSS
DiceBot :成功度表(9[3,6]) → 得点+4

[サブ]紅大吾:「まぁ芸術点だっけ? あれあるしいいんじゃね?」
[メイン]沢渡籐矢:「ある程度の組み立ては指示するが、まあ素人なんでそこまで期待はするなよ」 足元から花が湧き出てるが気にしてない
[メイン]アズラエル:森の方角からカッと閃光が迸り、鳥たちが一斉に飛び立っていく光景が眼に映る。
[メイン]荒谷膳:SSS
DiceBot :成功度表(11[6,5]) → 得点+5

[メイン]筒壬住吉:「んでおれは材料待ちっと……」
[雑談]日廻一色:ww
[メイン]フレデリカ:「大雑把だけどリアルタイム更新で負荷出しつつで作ってこー。視覚で分かればそれだけ確実に作れる作れる」
[雑談]ノア・リーリエ:7-7-8の22
[雑談]ノア・リーリエ:こっちのメンツのダイスガチだな?
[メイン]荒谷膳:や っ た ぜ
[メイン]千種零一:22
[メイン]千種零一:かな、合計で
[メイン]フレデリカ:「……あっちなにしてんだこれ」 乾いた笑い
[メイン]アズラエル:ズズズーン・・・。えらい量の木が倒れた音がした。
[メイン]筒壬住吉:「さぁ?」
[メイン]沢渡籐矢:ダイス振る時技能使っていいぞ
[サブ]日廻一色:「いやぁ……花盛だけで稼げるとは思えないけど」
[メイン]筒壬住吉:「まぁ、大丈夫だろ」
[雑談]日廻一色:やばい
[サブ]ノア・リーリエ:「誰が判定するんでしょうね……あれ……」
[メイン]アズラエル:実はアズラエルは技能欄が空白なのです
[メイン]荒谷膳:「俺らはベーシックにやってこーぜ。あ、ざっくり指示よろしく。こっちはなんやかんやでやってく」
[メイン]フレデリカ:「……自然破壊はよろしないと思うけど、まあ、うん、治るか、此処だし」
[メイン]千種零一:そういや技能使ってなかった
[サブ]ノア・リーリエ:「っていうか花盛って何!?ハワイとかプーケットとかのビーチに来てるんじゃないんだからね!?」
[メイン]筒壬住吉:「あと沢渡、せっかくだしその湧いてる花なんかに使えんじゃねぇか?」
[メイン]沢渡籐矢:まじか、じゃあこっちで使っておけばよかったな
[メイン]千種零一:「どうせこっちは最低限でいいだろしな」
[メイン]荒谷膳:俺は次で使うから使わなかった
[サブ]紅大吾:「今なんかスッゲー大きな木の倒れる音がしたんだけど」
[雑談]ノア・リーリエ:あ、んでチーム六回だから
[メイン]沢渡籐矢:「ん、ああ、まあ飾り付けくらいにはなるか」
[メイン]アズラエル:今生やしましょう。天上の美を
[雑談]ノア・リーリエ:ここから先全判定に突っ込んでも
[雑談]ノア・リーリエ:問題ない!
[雑談]SGM:そこに浪漫はあるのか!
[雑談]ノア・リーリエ:>技能
[雑談]フレデリカ:ぴーすぴーす
[サブ]谷地アキラ:「まあ、うちだろうな……」
[雑談]日廻一色:mjd
[雑談]ノア・リーリエ:いいんだよ!勝てれば!
[メイン]筒壬住吉:あまりの美しさに木がひとりでに倒れる……?
[雑談]ノア・リーリエ:金一封だぞ!
[雑談]日廻一色:そうだよ!
[サブ]ノア・リーリエ:「あずにゃかりばー……」
[メイン]アズラエル:わが美しさの前には環境破壊もやむなし
[雑談]千種零一http://camphack.nap-camp.com/wp-content/uploads/2017/02/2a514cbdc5e35a1b1311d07d18c0eb2e.jpg
[雑談]千種零一:こんなテントを目指そう(
[メイン]沢渡籐矢:それは仕方ないな
[サブ]紅大吾:「下手に森林伐採すると山火事とか土砂災害の元になるんだけどなぁ……」
[雑談]日廻一色:ラグジュアリーじゃん
[雑談]荒谷膳:3班が普通にキャンプやってる横で4班が鉄腕DASHはじめたって顔
[雑談]ノア・リーリエ:すっごいリッチ!
[メイン]アズラエル:ということで、天上の美を使用。筋力判定
[メイン]アズラエル:5d+10
DiceBot : (5D6+10) → 22[4,6,5,4,3]+10 → 32

[雑談]日廻一色:洗練された穏やかな憩いの時間を提供しちゃうじゃんこんなの
[メイン]アズラエル:1d+32
DiceBot : (1D6+32) → 2[2]+32 → 34

[メイン]沢渡籐矢:えーと
[メイン]アズラエル:技能を使ったからもう2個か
[雑談]フレデリカ:割りとクッション型部材あれば真面目に出来そう感がほとばしる
[サブ]日廻一色:「この空間はそういうリアルは排されてるんだと思う」
[メイン]沢渡籐矢:技能の効果がダイスロールの出目を二つ6にだから
[メイン]沢渡籐矢:だな
[メイン]アズラエル:3と4を6にして、34+5に+2d
[メイン]荒谷膳:ふわっとした指示もすぱぱっとこなしていく。感覚型の指示に答える感覚型という構図である
[メイン]千種零一:「さて、と」ちゃきっと長刀を携えて近くの大樹へ
[雑談]ノア・リーリエ:差が20だから
[メイン]沢渡籐矢:40以上は意味ないし1個でもいいぞ
[メイン]アズラエル:2d+39
DiceBot : (2D6+39) → 6[1,5]+39 → 45

[メイン]千種零一:跳ぶ
[雑談]ノア・リーリエ:5,6,5,6出されなきゃ勝てるか
[メイン]アズラエル:なるほど。40を超えました
[サブ]ノア・リーリエ:「その時不思議な事が起こった!}
[メイン]沢渡籐矢:で、成功表
[メイン]フレデリカ:後は大体視覚で分かるように立体視できる用にホログラフで多分大まかな完成図とか負担かかってる場出したり。
[メイン]アズラエル:sss
DiceBot :成功度表(9[6,3]) → 得点+4

[メイン]千種零一:「よっと」納刀すると人のいない方にずんっと転がし
[サブ]紅大吾:「そうはいっても自然だしなぁ……」
[サブ]ノア・リーリエ:「……しかしホログラフか。器用なことするなぁ」
[メイン]アズラエル:+1して、10の成功表と
[メイン]フレデリカ:…………映像出し切った当たりで暇なことに気付いてビス撃ちとか手伝い出す。(配点:手持ち無沙汰)
[メイン]沢渡籐矢:まあ得点4のままだな
[雑談]ノア・リーリエ:11-22
[メイン]フレデリカ:「おや、れーくんそれは……それは!?」
[メイン]荒谷膳:「お、サンキュー。地味な作業ってやってるとだれてくんだよなぁ」
[メイン]千種零一:「骨組みと土台用。多少は丈夫になるだろ」
[メイン]アズラエル:森から枝打ち済みの巨木を引きずってくる。直径で1mは超えているだろう
[メイン]筒壬住吉:「お、材料が来たかね……」
[メイン]沢渡籐矢:「さて、先程の音からするにそろそろアズラエルが戻って……きたな」
[メイン]千種零一:「設計図くれ。後はこっちで細かく斬り分ける」
[メイン]筒壬住吉:「……お前、どうやって切ったそれ」
[サブ]日廻一色:「れいいっちゃんはれいいっちゃんの方でスマートにっていうか雰囲気違わない?」
[メイン]荒谷膳:「おっしゃ、要所要所補強してこーぜ。メシ屋の器用さなめんなってね」
[メイン]フレデリカ:「あーあー、軸とか用の奴だね、はいはいっ、補強とか装飾の部材にも限りはあるからね」
[サブ]ノア・リーリエ:「さっきまでと雰囲気違うわよね。何だかセクシーさ倍増っていうか」
[サブ]ノア・リーリエ:「セクシー番長」あれも総合魂?
[サブ]紅大吾:「千種は……なんかあるんじゃね?」
[メイン]沢渡籐矢:「よし、アズラエルは引き続き丸太の確保、届いた分を加工していくぞ」
[メイン]アズラエル:「アズラエルの剣ではこれが伐採限界でした」
[サブ]日廻一色:「エロい! 総合魂!!」
[メイン]アズラエル:「足りますでしょうか」
[サブ]紅大吾:※現場で見た事あるけど気にする余裕がなかった
[メイン]千種零一:「杭は端材を使おうか。あとはロープに布……」
[サブ]ノア・リーリエ:「本当にそれでいいの!?総合魂!?」
[メイン]沢渡籐矢:「どうせ加工に時間がかかる、その間にもういくつか伐採してくればいいだろう」
[サブ]ノア・リーリエ:「器用とスマート対ワイルドさって感じ」
[メイン]荒谷膳:「やる事決まったら言ってくれ。ちゃちゃっと仕上げてやんよ」
[サブ]紅大吾:「えーっと、じゃあ4班は……」
[メイン]アズラエル:「了解しました。引き続き収集を行います」
[メイン]千種零一:(これ使うと暫く戻らないの忘れてたな……)
[メイン]フレデリカ:「用意がある分で賄えるものはそうやって賄うようにしよう、はい、図面」 電子手帳に大まかな構成、と後実際の表示。
[サブ]ノア・リーリエ:「……っていうかあの背丈でよくあんなの持てるわね。私と同じくらいなのに……」
[サブ]日廻一色:「膳君もきっちりやってくれてるねー、さすが」
[サブ]紅大吾:「……何か共通する魂とかあるのか、なぁ谷地?」
[メイン]アズラエル:森へまた消えていく。カッ!ズーンッ・・・カッ!ズーンッ・・・。
[メイン]フレデリカ:「……ところでれーくん、暗いから目の変化かと思ったけどなにごと?」 主に此方の見間違いかと。
[サブ]谷地アキラ:「知るかよ……」
[サブ]ノア・リーリエ:「器用さはピカイチってね。皮剥きとかいつもやってるし」
[メイン]筒壬住吉:「んじゃま、早速加工と行くかね とりあえずどういう風に切りゃいい?」
[サブ]日廻一色:「4班はなんかごついよね」
[メイン]千種零一:「まいっか」刀を携えスパスパ斬り始める。器用な力技だった。
[メイン]千種零一:「ちょっと気合を入れるとこうなる」
[サブ]ノア・リーリエ:「どっさー!ばっさー!グアラゴアキーン!」
[サブ]ノア・リーリエ:「って感じよね」
[メイン]沢渡籐矢:「釘なんかはないからな、木材だけで組めるようにするぞ」 住吉へ丸太をどう加工するかを伝えていく
[メイン]荒谷膳:「本気モードってやつだよなー」
[サブ]日廻一色:「うむ」
[雑談]アズラエル:沢渡が完成したログハウスの上を歩き回れば花の生えた家ができるのでは?
[雑談]ノア・リーリエ:wwwwww
[メイン]フレデリカ:「…………充血……?」 多分違う。
[雑談]進道一心:天才かよ
[メイン]荒谷膳:「ま、別にいいじゃん。すぱっと姿かわんのってかっこいいだろ」
[メイン]千種零一:「ホムンクルスとしての体質みたいなもんだからな」
[メイン]千種零一:「というか大して変わってないし、気にしなくてもいいって」
[メイン]筒壬住吉:「OK、木組みの要領だな」
[雑談]沢渡籐矢:あ、ちょい離席、住吉は技能込みでダイスやっといて
[サブ]日廻一色:「あとはフレちゃんの設計通りにいくかだけども……上手くいってそう」
[メイン]フレデリカ:「まあ冗句はとーもかく、じゃあ追加資材も来たことだ完成形こうしーん!!」 ぴっぴっとスマホ操作。完成形のイメージ図が大分アップグレードされた。
[サブ]ノア・リーリエ:「大して変わってないことはないと思いますがどう思いますか実況席の皆さん」
[サブ]ノア・リーリエ:>千種君のあの変身
[メイン]筒壬住吉:専門技能:武術で ダイスを振る
[メイン]フレデリカ:「まあ目の色くらいだけどねー、いやなんかシンパシー?」 最近はあまり使ってない、良いことだ。
[メイン]筒壬住吉:器用判定
[サブ]日廻一色:「アレが大して変わってないなら籐矢君の分身も普通になるわ」
[メイン]荒谷膳:「よっしゃやっとくか!最後の仕上げってなぁ!」
[サブ]谷地アキラ:「灰になる奴もいんだしそんなモンだろ」
[メイン]筒壬住吉:5D+10
DiceBot : (5D6+10) → 23[1,6,6,5,5]+10 → 33

[メイン]アズラエル:おお
[メイン]筒壬住吉:1を6に変えて
[サブ]ノア・リーリエ:「執行委員怖すぎない?」
[メイン]筒壬住吉:5も替えとくか
[サブ]ノア・リーリエ:真顔だった
[メイン]千種零一:「それじゃ組み上げ……思ったよりロープ多く要るな」
[メイン]筒壬住吉:4D+33
DiceBot : (4D6+33) → 15[4,2,3,6]+33 → 48

[サブ]日廻一色:「いやーでも幻想種はしょうがなくない?」
[雑談]沢渡籐矢:もどった
[メイン]アズラエル:最大40ですが、50を超えそうですね
[サブ]紅大吾:「沢渡って幻想種か……?」
[メイン]筒壬住吉:どうせあれだからもう1D分、か?
[サブ]ノア・リーリエ:「違うと思う」
[メイン]沢渡籐矢:まあ6出てるしもう1個振れるな
[メイン]沢渡籐矢:1ないし振りたいならいいぞ
[サブ]日廻一色:「灰になるの話ね」たぶんアッシュ君でしょう
[メイン]アズラエル:とくにデメリットもないので、よろしいかと思います
[メイン]筒壬住吉:1D+48
DiceBot : (1D6+48) → 2[2]+48 → 50

[メイン]筒壬住吉:ジャスト50
[メイン]アズラエル:いえーい
[サブ]書記:「なんか凄い職人技が繰り広げられてるな……」
[メイン]筒壬住吉:sss
DiceBot :成功度表(7[3,4]) → 得点+3

[メイン]沢渡籐矢:8になって合計+9の
[雑談]ノア・リーリエ:66に変えた分あるから56だと思う(細かい差だけど
[メイン]沢渡籐矢:20点だな
[雑談]日廻一色:圧倒的大差付けたと思ったら意外と追いつかれた
[メイン]フレデリカ:「んー、短く出来そうなところ切っちゃうかな、あんまり即席で用意すると危ない部分だろうし」
[メイン]筒壬住吉:惜しいな、1増えても特典+3
[雑談]ノア・リーリエ:技能×2だから
[雑談]書記:20VS22、と
[雑談]ノア・リーリエ:5点保証の
[メイン]沢渡籐矢:ああいや、8だと3のままか
[メイン]沢渡籐矢:19点と
[雑談]ノア・リーリエ:後成功表ダイスでどこまで追いつかれるかって感じだた
[雑談]日廻一色:うん
[メイン]荒谷膳:「あーなりゃ派手さでは勝てないしこっちは堅実に・・・ってね」
[メイン]荒谷膳:地味な作業とも言う
[雑談]ノア・リーリエ:むしろ技能使わずに22出してるうちがおかしいんだよね……
[メイン]筒壬住吉:恐ろしく速い速度で 建材が加工されていき
[メイン]千種零一:「まぁ肝心なのは居住性だよ。テントなんだし」
[メイン]筒壬住吉:「此処の組み方はこうでいいか沢渡!」
[サブ]谷地アキラ:「この調子ならテントの心配はなさそうか」
[メイン]アズラエル:どんどん追加される丸太、丸太、丸太。
[サブ]紅大吾:「テントっつーかなんかコテージが出来そうな」
[メイン]荒谷膳:「同感。派手すぎて隙間あると虫に刺されるし」
[サブ]庶務:「凄まじい早業! まるで丸太のわんこそば全日本大会だ—ッ!」
[サブ]ノア・リーリエ:「まぁ幻想種が多少不可思議なのはしょうがないし、面白い人が多い方が世の中楽しいしね」
[メイン]千種零一:がっちり杭を仕込み、きっちり床を形成する
[メイン]筒壬住吉:追加される量に負けない速度で消費がされていく
[メイン]筒壬住吉:恐ろしい速度で需要と供給が噛み合っている……!
[メイン]沢渡籐矢:「ああ、それでいい。アズラエルもそろそろ丸太は足りるから住吉をてつだってやれ」
[サブ]谷地アキラ:「どうせなら簡易的なキッチンでいいから設えてくれるといいんだが」
[メイン]フレデリカ:「一宿くらいだからこそ快適に使えるもんをってねー」
[サブ]ノア・リーリエ:「あれだけの建材とそれを組み立てるのをあれだけの速度って本当えぐいわね……」
[サブ]日廻一色:「丸太のわんこそばとは」
[メイン]フレデリカ:「……あっちは異次元入ってるけど。すごいなあれ」
[メイン]筒壬住吉:「これ2階行けるな、やるか?」
[サブ]ノア・リーリエ:「わんこ丸太」
[メイン]千種零一:「あっちだけノリが無人島生活じみてきたな?」
[メイン]アズラエル:「残りの資材から計算した結果、テラスも設営できると思われます」
[サブ]紅大吾:「まぁその辺は沢渡が考えてるだろうぜ。アイツ料理も担当じゃん。」
[メイン]沢渡籐矢:「あー……まあ余裕があるならやるか」
[メイン]フレデリカ:「完全にメインが建築に移行してるよあれ」
[メイン]筒壬住吉:「どうせだ、建材使い切る勢いでやろうぜ」
[メイン]フレデリカ:「マインクラフトだよ」
[メイン]荒谷膳:「というかそれ通り越してDASH島レベルじゃね?家作ってんじゃん」
[サブ]谷地アキラ:「……なんかすげぇのできそうだな」
[メイン]アズラエル:剣をおろし、かわりに肩へ加工した木を担いでわっせわっせと組んでいく。
[サブ]ノア・リーリエ:「あそこで旅館でも経営し始める気なのかしら」
[メイン]千種零一:「あぁ、端材で思い出したが」
[サブ]ノア・リーリエ:趣旨が変わってきたわね、と
[メイン]千種零一:「ハンモック作っといたぞ」
[メイン]荒谷膳:あっけにとられつつ地味な補強作業
[メイン]筒壬住吉:「んじゃあれだ、沢渡 お前出来た所適当に歩いて彩ろうぜ」
[メイン]千種零一:「材木の残りは……テーブルと椅子にでもするか」
[メイン]荒谷膳:「おっ、いーじゃんそれ。ナイス!」
[メイン]フレデリカ:「れーくんよ」 サムズアップを送る。
[メイン]千種零一:「ん」
[サブ]書記:時計を確認する。
[サブ]日廻一色:「適当に歩いて彩ろうぜ……?」
[メイン]千種零一:「布の残りはカーペットなりにしてと……」
[メイン]書記:「よいしょっと。『そろそろ時間終了でーす、今の作業が終わったら各自やめてくださーい』」
[メイン]沢渡籐矢:「……まあ指示だけだと暇だしな」 適当に完成済みの部分を歩き回る
[メイン]千種零一:仕上げに入っている
[メイン]筒壬住吉:「よしあれだ、シンボル シンボルを作る」
[サブ]ノア・リーリエ:「花咲蟹……」
[メイン]アズラエル:「シンボル」
[サブ]ノア・リーリエ:「テントに花を咲かせましょー……」
[メイン]筒壬住吉:余った丸太で木彫りしてた
[サブ]ノア・リーリエ:「確認するけど幻想種じゃないのよね!?」
[メイン]フレデリカ:「生活様式分まで揃えられるまでやれるとはなかなかに手際が早かったーにゃー」 図面引き引き手伝い
[サブ]谷地アキラ:「何の幻想種だよ」
[雑談]沢渡籐矢:俺のダイスがファンブルじゃなければな……
[メイン]千種零一:「こんなもんかな」汗をタオルで拭う
[サブ]紅大吾:「花の幻想種……?」
[雑談]ノア・リーリエ:やっぱりこのルールでも失敗は痛いって感じ
[メイン]SGM:ぴー、と笛が鳴る。
[メイン]荒谷膳:「うし、無難にこなせたな!」
[サブ]ノア・リーリエ:「蟹じゃなくて!?」
[サブ]ノア・リーリエ:そこでもない
[サブ]日廻一色:「とりまおっつかれーい」
[メイン]千種零一:「こんなもんじゃないか」
[メイン]筒壬住吉:「ちっ、後1人だったのに」 暇だったから木彫りでメンバーの像を作っていた 足りなかったのは沢渡(4人目)
[メイン]庶務:「では、各自に完成品のレビュー……というか紹介をお願いする時間としよう」
[サブ]ノア・リーリエ:「後は採点待つのみーって感じね。よく頑張りましたで賞あげなきゃ」
[メイン]SGM:というわけで、アピールタイムです。
[メイン]SGM: 
[メイン]SGM: 
[メイン]SGM: 
[雑談]筒壬住吉:くそ、もう少し時間があれば蟹を4人揃えることが……
[サブ]谷地アキラ:「なんで沢渡の像が3体もあるんだ……?」
[雑談]ノア・リーリエ:一人ってそういうことかよ!
[雑談]フレデリカ:ポーカーでもやってるの? フォーカードなの?
[メイン]書記:「3班さん、どんな完成品になったのですか?」
[サブ]ノア・リーリエ:「四人で一人ってこと……こと……?」
[雑談]沢渡籐矢:じゃあシンボル彫ってた住吉にアピールしてもらうか……
[雑談]筒壬住吉:紅、谷地、アズラエル、蟹、蟹、蟹
[メイン]書記:3班の人に最終的に完成したものを聞いてみる。
[サブ]紅大吾:「牛の胃袋じゃねーんだぞ」
[サブ]ノア・リーリエ:「知的なツッコミが」
[サブ]紅大吾:「焼肉調べてたら覚えたんだ。」
[雑談]日廻一色:3班の誰か
[雑談]フレデリカ:隣がHavok神呼んでたけど基本真っ当なテント組んだよねのふいんき
[雑談]日廻一色:表でアピールタイムしちゃって
[サブ]ノア・リーリエ:「あーなるほど。多いもんねそういうの」
[雑談]日廻一色:>作ったテントについて
[雑談]フレデリカ:じゃーあたしが行ってくるますの姿勢だがその場合確実に余計な機能は一つ付く
[メイン]書記:ちなみに3班とは零一、膳、フレデリカのことである。
[雑談]日廻一色:ああ!
[メイン]千種零一:「普通に住みやすいテントを」
[雑談]書記:まあ適当にこう
[メイン]千種零一:イメージ映像 https://gyazo.com/a27dc43500b7b284a8ba32eca7374bde
[雑談]書記:どんなもの作ったか適当に言ってくれればいいんだ
[雑談]書記:なぜなら結局点数は出ているからである
[サブ]ノア・リーリエ:「胃はミノ、センマイ、ハチノス、赤センマイだったかしらん」
[雑談]筒壬住吉:2LDKくらいでいいか
[サブ]日廻一色:「焼き肉食べたい」
[雑談]ノア・リーリエ:うむ
[サブ]紅大吾:「腹減った」
[雑談]ノア・リーリエ:っていうか表
[メイン]荒谷膳:緻密な設計図があったため所どころに木やロープを使った補強が為されていて隙がない。内部のハンモックなどは遊び心
[サブ]日廻一色:「そしてなんだこの芸術性は……」
[雑談]ノア・リーリエ:何かすごい対決になってない?
[サブ]谷地アキラ:「折角のキャンプなんだからバーベキューでいいだろ……」
[サブ]日廻一色:「じゃあバーベキューで焼き肉!」
[メイン]千種零一:「広さはぼちぼちだし、耐久性もそれなりだし。派手さなんかはないですけど」
[雑談]沢渡籐矢:ログハウスが被ってしまったな
[メイン]荒谷膳:「とにかく普通のテントを全力で作った感じよなー。気合入ったおかげでホテルかなんかの一室っぽくなって満足ってな」
[メイン]フレデリカ:「~♪」 余った布を端の方に作って勝手に水の流れのプロジェクションマッピングしてる
[メイン]千種零一:「キャンプで過ごすなら十分以上とは思いますよ」
[サブ]ノア・リーリエ:「食べるかかりは任せろー(バリバリ」
[サブ]ノア・リーリエ:「それはそれとして、すっごいリッチな出来ね……膳君と泊まりたい……」
[メイン]フレデリカ:「あ、れーくんゼンくん見て見て、遊び心。あれ? 評価もう来てた?」
[サブ]日廻一色:「出たよ~~~」
[メイン]千種零一:「おー清涼感」
[雑談]アズラエル:しかしログハウス以外となると、もう塹壕ぐらいしか
[雑談]紅大吾:戦時中かよ
[メイン]荒谷膳:「そういうのいいんじゃね?俺は結構好きだぜー」
[メイン]書記:「全体的に完成度の高いテントだな。なんか目にも涼しいものもできてるし」
[メイン]フレデリカ:「全体覆ったりしてもまだ余ってたから、ライトアップの虫避け兼ねてやっといたーっ」
[メイン]千種零一:なんかゆる~い雰囲気の紹介になった
[サブ]ノア・リーリエ:「だってあれだけ優雅なんだもん!」
[サブ]紅大吾:「肉……肉か……熊やイノシシぐらいはいるか……?」
[雑談]MGM:ちなみにメインの1班がログハウス、2班がなんか黒くて闇に溶け込みそうなテント
[雑談]谷地アキラ:ツリーハウス
[雑談]MGM:ログハウスってなんだよ
[サブ]ノア・リーリエ:「狩りをする気なの!?」
[メイン]書記:「報告によると、約半分の班がテントを作ってないらしい。テントであるという点は評価が高いだろう」
[雑談]筒壬住吉:2階建て
[メイン]千種零一:「テントで地味にそのままだと地面固いの気になってたんですよね」カーペットをつついてしみじみと頷く
[雑談]ノア・リーリエ:マジック・ツリーハウス
[雑談]沢渡籐矢:こっちも丸太のログハウスなんだよなぁ
[メイン]フレデリカ:「……他所何やってんの? いや近場でもうすごいの作られてるし今更だけど」
[メイン]千種零一:(方向性を見失いそうなのばっかりだからなぁ)
[雑談]筒壬住吉:テントと言う話だったが
[雑談]筒壬住吉:布がなかったんでな……
[メイン]書記:「というわけで、カメラさん、4班の方へ」
[メイン]SGM: 
[サブ]谷地アキラ:「別に構わねぇけど捌くの時間かかるぞ?」
[サブ]紅大吾:「えっ、だって食材調達だろ?」
[メイン]SGM: 
[メイン]SGM: 
[雑談]沢渡籐矢:筋力が有り余ってたからつい
[雑談]荒谷膳:テントであることが評価高いってなんだよw
[メイン]庶務:「では4班の諸君。アピールタイムだ。一言で自分が作ったものの良いところなどを」
[サブ]ノア・リーリエ:「山菜にきのこに色々あるじゃない」
[メイン]アズラエル:スカーンッと丸太を両断しているアズラエルが映る。
[サブ]ノア・リーリエ:「まぁお肉ならやっぱり兎とかのほうが楽なんじゃない?」
[サブ]紅大吾:「任せる! とりあえず新鮮なヤツ取ってくればいいんだな!」
[雑談]日廻一色:wwwwwwwww
[サブ]ノア・リーリエ:「若しくは魚とかー……熊って何だか危なそうだし」
[メイン]沢渡籐矢:「まあ最初は無難なログハウスの予定だったんだが」
[雑談]フレデリカ:脱線。()
[メイン]筒壬住吉:「えーまぁ、あれだ 材料が有り余ってたんでな」
[メイン]アズラエル:「テーブルはこの程度のサイズでよろしいでしょうか」 マイペースに作業を続行中
[サブ]谷地アキラ:「すぐに持ってこいよ、さっさと血抜きしねぇとだし」
[雑談]ノア・リーリエ:っていうか二班はテントじゃなくてケントじゃん造ってるの
[雑談]フレデリカ:というかキャンプなの考えるとこう、あれだよね
[サブ]日廻一色:「ってか1班2班もテント作ってないんだ……」
[雑談]千種零一:>ケント<
[雑談]フレデリカ:かたづけ
[メイン]庶務:「ここに住む気かね君らは!」
[メイン]沢渡籐矢:「勢い余って二階とかテラスもある。正直ちゃんと管理すれば何年か使えそうな感じになった」
[サブ]紅大吾:「オッケー。まぁいなかったら鹿とかでいいか。」
[メイン]筒壬住吉:「あー、そのくらいでいいんじゃねぇか?」
[サブ]谷地アキラ:「しかしテラスまであんのか……折角沢渡が歩き回ったんだしどうせならそこで飯食うのもいいかもな」
[サブ]日廻一色:「私も料理はできるから何だかんだ手伝うよー、まずは勝負だけど!」
[メイン]筒壬住吉:「確か近くに水場あったよな 水道引こうぜ」
[雑談]荒谷膳:・・・破壊するんじゃね?
[メイン]アズラエル:「では、次は椅子を」 丸太が輪切りにされていく
[メイン]沢渡籐矢:「あと何か足元から花が咲くようになったから……」
[サブ]ノア・リーリエ:「うむうむ。キャンプの夜は長い」
[メイン]庶務:「そして更に居住性を追求するのかね!」
[雑談]フレデリカ:ビルド&クラッシュか……
[メイン]庶務:「やだ……オシャレ……」
[サブ]紅大吾:「つかよくテラスまで作れたな……」
[メイン]沢渡籐矢:「適当にログハウスを歩いたらいい感じになった、と思う」
[雑談]アズラエル:キャンプファイヤーがあるので
[メイン]筒壬住吉:「で、あと暇だったからシンボル作ってみた、全員……には一人足りなかったんだがな」
[雑談]アズラエル:燃やします
[サブ]ノア・リーリエ:「本当速度だけは異常って感じ。ベクトルが明後日の方向にすっ飛んでるけど」
[雑談]フレデリカ:寝る場所だよ!?wwww
[雑談]ノア・リーリエ:護摩木じゃないんだから!
[雑談]紅大吾:逃げ遅れた奴はいないか!?(窓ガラスガシャーン
[メイン]筒壬住吉:そこには小さめのサイズで 紅・アズラエル・谷知・筒壬・沢渡・沢渡・沢渡の木彫りの像が
[雑談]ノア・リーリエ:でも班ごとの寝る場所と捉えると
[サブ]日廻一色:「たぶんこの空間のよく分からない補正も働いてる」
[雑談]ノア・リーリエ:問題ある人達が……
[メイン]庶務:「いやもうお腹いっぱいだよ沢渡君の顔は。どんだけカニづくしなんだね。北海道かい」
[雑談]紅大吾:ノアじゃん
[雑談]ノア・リーリエ:っていうか住めるの広さ的に四班くらいしかなくない!?
[雑談]ノア・リーリエ:それはダメでしょ
[メイン]庶務:「まあしかし物凄いものが出来たな! では審査員! 判定を頼む!」
[メイン]筒壬住吉:「後1人だったんだがな……」
[メイン]SGM: 
[メイン]沢渡籐矢:「上海かもしれない」
[メイン]SGM: 
[メイン]SGM: 
[メイン]SGM: 
[メイン]SGM: 
[メイン]SGM: 
[メイン]SGM: 
[メイン]SGM: 
[メイン]SGM: 
[メイン]SGM: 
[メイン]SGM: 
[サブ]ノア・リーリエ:「まぁ花咲蟹にランクアップエクシーズチェンジするくらいだしね」
[メイン]アーサー:「……あー」
[メイン]アーサー:「4班のは、テントではない」
[メイン]アーサー:「うん、凄いんだけどね」
[雑談]沢渡籐矢:まあログハウスは管理すれば来年も使えるだろうし……
[メイン]アーサー:「……片付けどうしようかなぁ……」
[雑談]荒谷膳:テントではないwwwwwwwww
[メイン]SGM: 
[メイン]SGM: 
[メイン]SGM: 
[メイン]SGM: 
[雑談]アズラエル:寝るときもこの班分けなのだろうか
[メイン]SGM:というわけで3班が勝利した。
[メイン]SGM: 
[メイン]SGM: 
[メイン]SGM: 
[メイン]SGM: 
[雑談]沢渡籐矢:これ勝ってたらどんな風なセリフになったのか気になる
[雑談]MGM:そだよ
[雑談]MGM:>寝る時も
[メイン]庶務:「というわけで次の競技まで自由時間だ。好きに寛いでくれたまえ」
[雑談]ノア・リーリエ:そうなんだ!
[雑談]ノア・リーリエ:そうなのか~~
[雑談]MGM:まあ別に交代してもいいけど
[雑談]日廻一色:誰だよこの班組んだの
[サブ]書記: 
[サブ]書記: 
[サブ]書記: 
[雑談]千種零一:wwwwww
[雑談]紅大吾:じゃあ俺外で寝るわ
[サブ]書記:「というわけで休憩時間です。好きに移動してください」
[雑談]荒谷膳:4班あれだね。せまくるしそう
[サブ]SGM:メイン・サブ自由タイムです。
[雑談]フレデリカ:やせい
[メイン]SGM:メイン・サブ自由タイムです。
[雑談]紅大吾:だって4班あれじゃん
[雑談]谷地アキラ:ログハウスで狭苦しいって
[雑談]沢渡籐矢:二階もあるんだぞこれ
[メイン]SGM:感想戦などをどうぞ! 45分目安で終了です。
[メイン]筒壬住吉:「やっぱり屋根だけでも布製にしとくべきだったか……?」
[雑談]紅大吾:アズラエルに気使うなりしてアキラと住吉と大吾が木の上で寝てるとか絵になりそう
[サブ]SGM:感想戦などをどうぞ! 45分目安で終了です。
[雑談]荒谷膳:二階もあるならもんだいない
[雑談]MGM:45分に移動です。
[メイン]日廻一色:「勝ったぜ!!」右手をつきあげる
[雑談]MGM:3班は移動なので覚えておいてね
[メイン]フレデリカ:ハンモックにたれでりかしてる
[メイン]沢渡籐矢:「それはそれで見た目がな……」
[メイン]荒谷膳:「っしゃ!」
[メイン]千種零一:「まぁ」
[雑談]日廻一色:ほいほい
[メイン]アズラエル:「コテージ内にテントを張るのはいかがでしょう」
[メイン]千種零一:「基本って大事だよな……」
[メイン]ノア・リーリエ:「いぇーい!」膳君にハイタッチを求める
[雑談]フレデリカ:はーい
[雑談]日廻一色:あーなるほど、対決する班が変わるのねこれ
[メイン]筒壬住吉:「となると沢渡を作りきれなかったのが敗因か すまんな」
[メイン]千種零一:とりあえず合わせて右手を上げる
[メイン]ノア・リーリエ:「いやまぁ、四班のコテージも素敵何だけど」
[メイン]荒谷膳:「いぇい!」 ぱちーん
[メイン]紅大吾:「いや沢渡を作りきるってなんだよ……」
[メイン]谷地アキラ:「ま、勝ち負けはともかく寝る場所の確保はできたと」
[メイン]ノア・リーリエ:「コテージだもんなぁ……」苦笑している
[雑談]ノア・リーリエ:1Vs3だっけ次
[メイン]筒壬住吉:「半分までは行けたんだよ、ほら」 半分まで蟹が出来ている
[メイン]アズラエル:丸太の椅子に座って休憩中。
[メイン]千種零一:「ていうか俺らこれで寝泊まりするんだよなぁ」
[メイン]日廻一色:「ノア君膳君はしっぽりは他所でやってねー」
[メイン]ノア・リーリエ:「寝るときもこの班なんだっけ?そこまで考えてって意味だと四班が最高なのかもね」
[メイン]荒谷膳:「そっちの敗因はなんつーか・・・趣旨、じゃね?」
[メイン]沢渡籐矢:「まあテントでなくとも普通に一晩過ごすくらいはなんともないから問題ないだろう」
[メイン]谷地アキラ:「沢渡、キッチンってかかまどでもいいんだがそういのは作ったのか?」
[メイン]沢渡籐矢:「そもそも勝負の方がおまけなんだしな」
[メイン]庶務:「ちなみに次は料理対決だ。1班VS3班なので、3班は移動するから心得てくれたまえ」
[メイン]紅大吾:「ホントに作ってたのかよ!?」
[メイン]フレデリカ:「そー考えたらかなり良いもの出来てるんだけど評価基準が曖昧だしむべなるかな」 起きてきた。
[メイン]ノア・リーリエ:「一日くらい別々で寝てるくらい平気でーす」と日廻先輩に返しつつ。いつも同じベッドで寝ている人は語る
[メイン]筒壬住吉:「だったらお前らもこっち来るか? 無駄に広いから楽だぜ」
[メイン]日廻一色:「はーいっ、料理対決なら次も楽勝っすよ!」
[メイン]沢渡籐矢:「ああ、一応一通りの調理ができるようにはしてあるぞ」
[メイン]ノア・リーリエ:「テントを女子会にしてログハウスを男子会にするとか?何かまぁ、そういう感じとかもありかもね」
[メイン]荒谷膳:「つーかノアほっといてもあぶねーっすけどね。こいつ寝相すげーから」
[メイン]紅大吾:「つーかまぁ、こういう状況なら俺は寝ないで見回りとかしたほうがよさそうだな、こりゃ。」
[メイン]谷地アキラ:「上出来だ。こりゃ飯は奮発しねぇとな」
[メイン]千種零一:「膳もいるし料理対決は期待出来そうだな、っと」
[メイン]ノア・リーリエ:「あっ、膳君その話はなし!なし!」恥ずかしいのかぴょんぴょん跳ねる
[メイン]千種零一:頬を掻く
[メイン]沢渡籐矢:「と言っても流石に急造のログハウスの中に設置すると危ないだろうから、外にだが」
[メイン]千種零一:あっ戻らねえ
[メイン]日廻一色:「ログハウスの方も見周り……おいおい大吾っちぃ」
[メイン]フレデリカ:「無駄に広いってか二階までとかすごい速度で組んでたなー」
[サブ]書記:「ちなみに次は1班対3班、2班対4班で料理対決です。がんばってください」
[メイン]沢渡籐矢:「一歩間違えると燃えるからな」
[メイン]千種零一:「紅先輩は寝ろや」
[メイン]日廻一色:「真面目なのは悪いことじゃないんだけどっさー」
[メイン]筒壬住吉:「まぁ、木だしな あと紅お前は寝ろちゃんと」
[メイン]日廻一色:「あくまでこの仕事における私達の仕事は”楽しむこと”なんだから」
[メイン]紅大吾:「大丈夫だって。ちゃんと昨日寝溜めしてきたから!」
[メイン]谷地アキラ:「お前ら何が食いたい?」4班面子を見つつ
[メイン]日廻一色:「今回ばかりはそういう風に振舞うのはかえって執行委員として不真面目なんだよ」
[メイン]紅大吾:「16時間ぐらい。」
[メイン]フレデリカ:「ふるぼっこ」
[メイン]千種零一:「寝溜めって効果ないの知ってます?」
[メイン]ノア・リーリエ:「そーそー」
[メイン]荒谷膳:「だって、近くで寝るんだし教えといた方がよくね?」にやにやしながらノアの頭をぽんぽんと
[メイン]筒壬住吉:「どうせ見回りは教師連中の仕事だからそこの仕事は奪っちゃいかんぞ」
[メイン]沢渡籐矢:「言っとくが寝溜めって意味ないらしいぞ」
[メイン]紅大吾:「マジで!?」
[メイン]沢渡籐矢:「ふむ、まあ俺はなんでもいいと言えばいいんだが……材料にもよるな」
[メイン]荒谷膳:「あ、聞いた事あるぜ。睡眠負債って言うんだろ?むしろ積もるのは寝不足のほうなんだと」
[メイン]ノア・リーリエ:「楽しいことするのに楽しまないのはそれこそ不真面目ってねー」にゃー、と照れ隠しに膳君に擦り寄りながら
[メイン]紅大吾:「いくら寝ても眠いのはそういう事か……授業中とか特に。」
[メイン]アズラエル:「材料は何があるのでしょうか」
[メイン]千種零一:「この人の健康大丈夫なんかな」
[メイン]谷地アキラ:「それ次第で食料調達も変わるしな」
[メイン]沢渡籐矢:「まあ折角外でキャンプしてるんだし、カレーにバーベキューあたりが賑やかでいいんじゃないか?」
[メイン]フレデリカ:「なんだろうね、基礎調味料とかくらいは揃えてそーだったり全く分かんないけど」
[メイン]日廻一色:「いや~色々おいしそうで楽しみ~」
[メイン]フレデリカ:「まー次はまったりするんだー……」 頭使ったから微妙に疲れた気がする
[メイン]紅大吾:「まぁ緊急出動とか慣れてるし。つーか先生以外に手当て出来そうな人いなさそうじゃん。」
[メイン]フレデリカ:「先生がおるじゃろでふるぼっこPart3されたいのだろか」
[メイン]荒谷膳:「ま、ある食材にもよるってな。っしゃあやる気出てきた」
[メイン]ノア・リーリエ:「私達は見極めが私、調達が日廻先輩、調理が膳君って分担が一番良さそうかしら」
[メイン]千種零一:「そう来るだろうと思って」
[メイン]ノア・リーリエ:「よっしゃあ!やったるぞー!」
[メイン]アズラエル:「米を調達する場合、どの段階から始めるべきでしょうか」 作るってどこから?畑から?
[メイン]千種零一:「ブルース先生に声掛けといたんで」
[メイン]ノア・リーリエ:「9月の初めに比べれば、遥かに気が楽だもんね」
[メイン]紅大吾:「とりあえず医療キットの確認……っと。そうか。次食材……」
[メイン]日廻一色:「いえーいナイスれいいっちゃん!」
[メイン]沢渡籐矢:「流石にその辺りは既存のが用意されてるだろう……多分」
[雑談]荒谷膳:アズラエルが積極的にDASH展開に持っていくのちょっとじわる
[メイン]千種零一:「寝ずの番とかしたら始末するようにお願いしてるんで、そこんとこよろしく」
[メイン]ノア・リーリエ:「これが総合魂……」
[メイン]筒壬住吉:「流石に今の時点で米からは無いだろうよ」
[メイン]紅大吾:「教官来れんの!? 確か今日対災害訓練とか言ってたぞ!?」
[メイン]谷地アキラ:「まあ、新鮮なの食いてぇなら肉や魚は頼むことになるだろうが」
[メイン]筒壬住吉:「まぁ、材料の方は問題ねぇだろうし!」
[雑談]紅大吾:DASH展開か……
[メイン]千種零一:「代わりの教官が来てるらしいっすよ」
[メイン]筒壬住吉:「後は作るやつの腕次第なんだなこれが」
[メイン]アズラエル:「調味料も用意されているなら、チャーハンや焼きそばなども必要な材料が少なく候補に挙がるかと思われます」
[雑談]荒谷膳:だって、米を畑からって・・・発想がTOKIOに
[雑談]筒壬住吉:その場合リーダー誰だ
[雑談]筒壬住吉:蟹か
[メイン]紅大吾:「…………ここでフルマラソンさせられるのかよ。」
[雑談]フレデリカ:耕作から始まるの
[メイン]日廻一色:「問題は一班で誰が出てくるかなんだよね……」
[雑談]筒壬住吉:てか5人だし
[メイン]日廻一色:「調理の方はお任せするとして私がとちらないようにしないと」
[メイン]沢渡籐矢:「素直に寝ればいいのでは?」
[メイン]千種零一:「順当に考えるなら伏見先輩やくるみ辺りか……?」
[メイン]荒谷膳:「関係ないっすよ。相手がなんであれ、仕事はするさ」
[雑談]筒壬住吉:アキラが多分松岡あたり
[雑談]MGM:食材は元々持ってきてた~とかでもいいですよ、ある程度は
[メイン]ノア・リーリエ:「そこプラス一人って感じでー」
[メイン]紅大吾:「っと。谷地、沢渡。何かやっぱり獲ってきた方がいいか? 魚とか肉。」
[メイン]ノア・リーリエ:「メンツ的には誰だろ……予想つかないな……」
[雑談]MGM:あとはなんか山の中にありそうなものならなんでも取ってきていいです
[メイン]谷地アキラ:「食いたいのがあるならな」
[雑談]筒壬住吉:熊。
[メイン]荒谷膳:「というわけで移動しときましょうか。おれらはあっちっぽい」
[メイン]フレデリカ:「予測……付かないなぁ……」
[雑談]ノア・リーリエ:熊鍋の時間だ!
[メイン]沢渡籐矢:「肉はある程度用意してあるが、魚は何かしたあるといいかもな」
[メイン]紅大吾:「睡眠はとるけど、それはそれ、これはこれだ。」
[メイン]日廻一色:「出たとこ勝負だぜ! おっけー行くぞ皆の者!!」
[メイン]ノア・リーリエ:「おー!」
[メイン]紅大吾:「お、了解。なら適当に川潜ってくるわ。」
[メイン]フレデリカ:「そーだねー、一応体裁的には対決、ってことだし」
[メイン]日廻一色:4班のみんなに手を振りつつ膳についていく
[メイン]千種零一:すてすてついていく
[雑談]紅大吾:熊鍋だな……!
[メイン]筒壬住吉:「おー、お前らも頑張れよー」 手を振っとく
[雑談]筒壬住吉:なるほど
[メイン]フレデリカ:「そっちのチームフロンティアは……なんだろう、こう、色々頑張って」 4班全体を指している。
[メイン]書記:「では3班は移動。それに伴ってこっちに2班が来まーす、と」
[雑談]筒壬住吉:大吾が血まみれで熊取ってきたぞ—って返ってくるんだな
[雑談]紅大吾:よくわかってるじゃないか
[雑談]沢渡籐矢:こいつらは……
[雑談]沢渡籐矢:でもさ
[雑談]筒壬住吉:40以降出したら熊だな。
[雑談]神地明奈:移動してきた
[雑談]沢渡籐矢:正直こう、大吾今更普通の熊位でダメージ食らうような防護点?みたいな
[雑談]紅大吾:40以上なら怪我なしで熊かな……
[雑談]筒壬住吉:ヒグマなら可能性が高い
[雑談]紅大吾:防護点、俺高くないんだよな、言うほど
[雑談]紅大吾:むしろ装備外した方が物理は高い
[雑談]谷地アキラ:2班の飯、芋フルコースとかじゃないよな
[雑談]ケント・テイラー:というわけでやってまいりました二班
[雑談]アズラエル:怪我をしても致命傷にならない回復力があると解釈すれば
[雑談]神地明奈:ないよ
[雑談]三枝リン:どっせい
[雑談]神地明奈:私とリサと凌だから
[雑談]ケント・テイラー:芋は置いてきた、やつはバイオ芋けんぴに夢中だ
[雑談]王河凌:ふはははははははは!我ら!チーム覇王!
[雑談]谷地アキラ:卵取ってきたらプリン作ってやるから調達頑張ってくれ
[雑談]王河凌:あたい様がハイテンション保たないとおとなしくてつらいメンツだ!!!!!
[雑談]沢渡籐矢:半分おっぱいプリンにするわ
[雑談]アズラエル:何の卵かはダイスで決めましょう
[雑談]リサ:ブラウザ固まるのやめろ(全ギレ
[雑談]三枝リン:基本テンション低めだから……
[メイン]SGM
[メイン]SGM
[メイン]SGM
[メイン]SGM
[メイン]SGM
[メイン]SGM:第2種目、料理と食材調達。
[雑談]ケント・テイラー:ふははははは!貴様が覇王ならば私は魔王だ!!!
[雑談]紅大吾:ダチョウの卵でいい?
[雑談]筒壬住吉:いねぇだろダチョウ
[雑談]沢渡籐矢:でけえな
[メイン]SGM:君たちは衣食住の内、住居を完成させた。
[雑談]ケント・テイラー:っていうのもできるけどおーがちんの覇王がろくでもないことは知ってるので……
[雑談]アズラエル:シャケの卵
[雑談]王河凌:そうか!とりあえずあたい様は無性に覇王にならないといけない気がするから対抗するぞ!
[雑談]沢渡籐矢:魚卵でプリンは無謀にすぎる
[雑談]筒壬住吉:ロック鳥の卵でも
[メイン]SGM:次は食である。健全なる精神は健全なる身体に宿り、健全なる身体は健全な食事から生まれる。
[雑談]標津カルトーシカ:塩味が効き過ぎる
[雑談]アズラエル:アブリジャケの卵ならプリンもできそうです
[メイン]SGM:つまりヤバい精神を持ってる奴はちゃんとした飯を食えていない。
[雑談]紅大吾:じゃあワイバーンの卵で
[雑談]王河凌:さて料理なー
[雑談]谷地アキラ:とりあえず卵取ってきてくれ、蟹のでもいいから
[雑談]アズラエル:かにたま・・・
[雑談]三枝リン:解説で笑う
[メイン]SGM:この自然環境でちゃんと健康的な食事ができればこの学園のワクワク具合も改善されるはずだ!
[メイン]SGM:頑張れ、皆!
[メイン]SGM: 
[メイン]SGM: 
[メイン]SGM: 
[メイン]SGM: 
[雑談]ケント・テイラー:いいセンスだ
[雑談]三枝リン:ワクワク具合
[雑談]ケント・テイラー:かにたま食べたい
[雑談]王河凌:大丈夫、ちゃんと体内に摂取はしている(注射)
[雑談]リサ:wwwwwwwwww
[メイン]SGM:ちなみに昼も結構過ぎて、もうすぐ日暮れ?
[雑談]神地明奈:かにたま
[雑談]王河凌:かまぼこ食べたい
[メイン]SGM:晩御飯を作るわけです、君たちは。
[雑談]沢渡籐矢:料理上手が普通にワクワクさんなのどう説明すんの??
[雑談]リサ:今からでも凌外さない??????
[メイン]SGM:せめて食べられるものは作らないと、苦しむのは君たちだ!
[メイン]SGM: 
[メイン]SGM: 
[メイン]SGM: 
[メイン]SGM: 
[雑談]王河凌:一階は参加する義務あんだろ!
[雑談]ケント・テイラー:作ってワクワク!!
[メイン]庶務:「というわけで2班の代表者、4班の代表者はここにきたまえ」
[メイン]神地明奈:てくてく。
[メイン]庶務:「ある程度のかまどや食器、キッチン的な小道具、調味料その他もろもろは適当に用意してあるので」
[サブ]ケント・テイラー:「この学園のワクワク具合とはいったい」
[メイン]リサ:「……代表者でーす」
[雑談]アズラエル:死体がゴロリ
[メイン]谷地アキラ:「おう」
[メイン]庶務:「さぁ、私の舌をうならせるものを作り給え!!」
[メイン]王河凌:「ふははははははははははー!残念だったな貴様ら!この勝負はチームあたい様がもらったぁ!」
[メイン]庶務:食器をちんちーんと鳴らす。スタートのゴングだ!
[メイン]沢渡籐矢:「そういう趣旨なの?」
[サブ]ケント・テイラー:見学席に移動してのんびり構えている。
[メイン]紅大吾:軽く屈伸して準備運動
[メイン]谷地アキラ:「作るのはオメーの飯じゃねぇよ!!!」
[メイン]リサ:「………」
[サブ]標津カルトーシカ:「これが893キッチン」
[メイン]王河凌:「よかろう!満足させてやろうではないか!」
[メイン]庶務:「いや別に。ちなみに終了時間はリアル時間23:15だからその辺頼むよ」
[メイン]リサ:「これ相手、料理じゃなくて猟の間違いじゃない?」
[雑談]アズラエル:他の班はほぼ女子が調理担当であるのに
[サブ]SGM:「というわけでこちらが見学席です」
[メイン]神地明奈:「……えーと」
[雑談]アズラエル:なんだ・・・この・・・野郎飯かよ
[雑談]ケント・テイラー:包丁とトラックで誰でも簡単
[メイン]神地明奈:「まあ、そう、です、ね……?」
[サブ]書記:「出番でない人はこちらで自分たちのチームを応援しましょう」
[雑談]沢渡籐矢:筋力以外も上げてから出直してくるんだな
[メイン]谷地アキラ:「んじゃ食料調達は頼んだ、紅」
[メイン]紅大吾:「つーかあれだな。狩るならこれ置いてくか。」 装備を一通りログハウスに置いておく
[メイン]王河凌:「まぁ、あれで意外とできる連中なのだろう、わざわざ選んだのだから」
[メイン]リサ:「え、作るのあの先輩なの」
[メイン]紅大吾:「おう、んじゃあ早速行ってくるぜ!!」
[雑談]ケント・テイラー:食材と贖罪と板前って感じの面子>野郎飯
[メイン]沢渡籐矢:「なんなら二人くらい同行させるか?」
[サブ]書記:「早速狩りに出発したー!」
[サブ]SGM:暇な人はこっちにどうぞ的なサブ部屋であった。
[メイン]谷地アキラ:「誰を」
[メイン]王河凌:「む!?よしリサ行ってこい!こちらも二人くらいよこすぞ!」
[メイン]沢渡籐矢:「俺を」
[サブ]三枝リン:「向こう側も料理できるか心配ね……」
[メイン]神地明奈:「リサ先輩、食材の空輸とかできません?」
[メイン]谷地アキラ:「マジかよ……」
[メイン]リサ:「あんまり期待はしないでよね…」
[メイン]紅大吾:「何とかなるだろ、まぁすぐ戻ってくるって!」
[サブ]ケント・テイラー:「四班の面子のこの……こう……」
[メイン]リサ:「してもいいけれどルール違反にならない?」
[サブ]ケント・テイラー:「名状し難い圧迫感はなんだこれは」
[メイン]沢渡籐矢:「OK、じゃあこっちも下準備はしておくか」
[サブ]標津カルトーシカ:「紅辺りはあれだよね、非常食なら作れそう」
[メイン]王河凌:「何、あたい様と沢渡であれば対等……!」
[メイン]神地明奈:「持参した食材ならOKなら問題ないのでは?」
[雑談]沢渡籐矢:あ、大吾ー
[メイン]神地明奈:ちなみに私も豪邸特権階級なので共同でできます。
[雑談]沢渡籐矢:ていうか4班ー
[メイン]リサ:「………」
[メイン]紅大吾:「むしろ元からある食材とかの調理に人数回した方がいいだろうしな。」
[メイン]谷地アキラ:「とりあえず元からある食材でカレーはできそうだな、後は紅次第でバーベキューの内容が決まる」
[メイン]リサ:「見つからなかったら考えるわ」
[雑談]王河凌:で、何作る?かにたまはむこうか
[メイン]神地明奈:「ではそういうことで」
[メイン]紅大吾:※蟹が分身するとは思っていない
[サブ]三枝リン:「いかにも男料理が似合いそうな面子ね」
[雑談]紅大吾:なんだー
[雑談]沢渡籐矢:ここで技能3回使っても別にいいよね?ダンスで技能使いたい人いる?
[メイン]王河凌:「よし、とりあえずもってこい、いい感じに調理してやる」
[メイン]リサ:うーん
[雑談]谷地アキラ:使わない
[メイン]リサ:よし
[メイン]リサ:技能特権階級を使用して
[サブ]アズラエル:「なぜ作業中に見ているだけの役割があるのでしょう」 観戦席にちょこんと座って
[メイン]リサ:持ち込みます
[雑談]筒壬住吉:まぁ、ねぇよ
[雑談]谷地アキラ:料理上手あるんだしここで使わずいつ使うのかって感じの
[雑談]筒壬住吉:使おうと思えば使えるが
[雑談]紅大吾:まぁ遺すとして1回ぐらいじゃねっていう
[メイン]リサ:5d+2 敏捷(走るとは言っていない)
DiceBot : (5D6+2) → 17[3,1,4,4,5]+2 → 19

[メイン]神地明奈:間違ってはいない
[メイン]リサ:1と2を6に
[サブ]筒壬住吉:「チーム戦だからな、そういうのもあるってことだ」
[サブ]三枝リン:「体力回復だと思えば?」
[雑談]アズラエル:どうぞどうぞ
[メイン]リサ:+9で28で
[雑談]沢渡籐矢:一つは確実に残るからまあ大丈夫
[雑談]紅大吾:ならいいな!
[雑談]沢渡籐矢:じゃあこっち3回とも技能ありで
[メイン]リサ:2d 振り足し
DiceBot : (2D6) → 4[1,3] → 4

[サブ]標津カルトーシカ:「なんで唯一の女手かこっちに・・・?」
[サブ]筒壬住吉:「んでまぁ、見事にこうジャンルが分かれそうなんだなこれが」
[メイン]リサ:32と
[メイン]リサ:SSS
DiceBot :成功度表(8[6,2]) → 得点+3

[サブ]筒壬住吉:「そりゃお前、料理出来ねぇからだろ」
[メイン]リサ:7点ゲッツ
[雑談]ケント・テイラー:技能使える人……いる……?(二班の面々を見る)
[メイン]紅大吾:えーっと、技能技能……
[雑談]アズラエル:アキラ、鍋がいいです
[雑談]王河凌:料理上手があるぞ
[雑談]筒壬住吉:低身長女の子チームと
[雑談]谷地アキラ:40で熊な
[雑談]筒壬住吉:高身長野郎チーム
[雑談]沢渡籐矢:天上の美で丸太伐採した筋力10もいるから……
[サブ]標津カルトーシカ:「料理プログラムインストールとかは?」
[メイン]リサ:森の中へ入っていったが
[メイン]紅大吾:これ山野の教えで野生の感働かせたりできねぇ?
[雑談]神地明奈:じゃあ私は天上の美で食材を魅了します!
[雑談]ケント・テイラー:wwwwww
[雑談]王河凌:wwwwwwwww
[雑談]ケント・テイラー:好きにやってきていいぞお前たち!
[メイン]リサ:数分して、森の中から出てきて
[雑談]三枝リン:食材にバステ付与
[雑談]筒壬住吉:お前ら……
[雑談]王河凌:贖罪にあふれている
[メイン]リサ:「ちょっと降りてくる」 そういうと電話を取り出しながらふもとへ降りていく
[サブ]アズラエル:「そのような人型AI用アプリを提供している社はありません」
[サブ]筒壬住吉:「そこまで単純じゃねぇんだろ、これがな」
[メイン]神地明奈:「は、はい」
[雑談]ケント・テイラー:天上の美で丸太伐採できるなら食材魅了とか余裕すぎる
[メイン]王河凌:「む?……まぁ、よかろう」
[メイン]沢渡籐矢:いいんじゃない?まあ普通に鋭敏嗅覚とかでも良さそうだけど
[メイン]紅大吾:つーわけで技能:山野の教えでレンジャーしてくるわ
[サブ]筒壬住吉:「……つうか、リサの奴はどこ行くんだ?」
[サブ]アズラエル:「そのため自作せねばならず、アズラエルに対する必要性を勘案し開発主任はアプリ作成を先送りにされています」
[メイン]リサ:30分程すると
[メイン]紅大吾:5d+3 敏捷
DiceBot : (5D6+3) → 13[2,1,5,3,2]+3 → 16

[サブ]三枝リン:「結構難しいのよ。料理は」
[雑談]王河凌:まぁあたい様はまじめに料理上手で行くね
[メイン]紅大吾:やるきねーなこいつ
[メイン]紅大吾:1と2を6にしてーと
[メイン]リサ:「……山の幸、持ってきたわ」 リヤカーを引いて麓から戻ってきて
[雑談]筒壬住吉:よく考えたらさっきのダイス
[サブ]三枝リン:「……」今電話をしながら移動したような気がするが。気のせいだと
[メイン]紅大吾:2d+25
DiceBot : (2D6+25) → 9[5,4]+25 → 34

[雑談]筒壬住吉:6に変えた分を加算してなかったら 56くらいだな多分。
[雑談]谷地アキラ:34なら鴨鍋かな……
[メイン]沢渡籐矢:3点、あと成功表
[サブ]三枝リン:「気のせいじゃないわね……」なんでリヤカー。
[メイン]王河凌:「お、おお!……おお?よくやったぞ?さすがはリサだな?」
[メイン]紅大吾:SSS
DiceBot :成功度表(7[5,2]) → 得点+3

[メイン]リサ:リヤカーには肉や魚、山菜や茸類などが
[メイン]王河凌:何か間違っている気がする
[メイン]沢渡籐矢:6点と
[サブ]筒壬住吉:「……アリなのか?あれ」
[サブ]標津カルトーシカ:「じゃあ料理の勉強した方が早いのか」
[サブ]ケント・テイラー:「これ見よがしにお嬢様の力を発揮していくなアイツ」
[メイン]リサ:結構高級なのが大量に積まれていた
[サブ]標津カルトーシカ:「キャンプじゃないじゃん」
[メイン]リサ:いや、技能使うと+1されるから
[メイン]リサ:+7だね
[雑談]紅大吾:あとちょっと血まみれで熊とイノシシ取ってくるわ
[メイン]神地明奈:「うむ。」
[雑談]王河凌:山の幸かー
[メイン]沢渡籐矢:「さて、それじゃあ大吾が戻ってくるまでに持ち込んだ分の下ごしらえを済ませておくか」
[サブ]三枝リン:「多分明奈の入れ知恵だろうけど。ノーコメント」
[メイン]リサ:「さあ、料理頑張って、足りない調味料があれば出すわ」
[雑談]筒壬住吉:なんで血まみれになる必要が?これがわからない
[メイン]谷地アキラ:「ああ、皮剥きはもう終わらせてんぞ」
[雑談]筒壬住吉:(熊とイノシシくらい無傷で狩れるだろう)
[メイン]沢渡籐矢:という事で料理上手使って感知判定
[メイン]王河凌:「まぁ、手厚い体制なのは把握した!やってやろうではないか!」
[メイン]沢渡籐矢:5d+8
DiceBot : (5D6+8) → 15[1,5,2,6,1]+8 → 23

[メイン]沢渡籐矢:1が二つ6になって33
[メイン]リサ:蟹め、ファンブルを回避しやがって…
[メイン]紅大吾:「逃がすかぁ!」 山に大きな声が響き渡る
[雑談]沢渡籐矢:GMー
[雑談]アズラエル:同じく、おそらく熊を無傷で狩れてしまう勢
[雑談]沢渡籐矢:6の振りたしって1個ずつやってもいいんだっけ?
[サブ]筒壬住吉:「そういやこの山何が居るんだ?」
[雑談]神地明奈:精神判定って何に使うんだろうこれ
[サブ]標津カルトーシカ:「さぁ……?」
[雑談]谷地アキラ:集中力
[雑談]アズラエル:精神は調理そのものです
[雑談]王河凌:味見とかは感知だしなぁ
[雑談]王河凌:なるほど
[雑談]アズラエル:夜明けは精神で料理をするらしい
[雑談]リサ:まあそこら辺はこう
[雑談]神地明奈:な、なるほど
[雑談]リサ:雑でいいのでは?
[メイン]紅大吾:「おーい、獲ってきたぞー!」
[雑談]ケント・テイラー:料理の心を手に入れるのです
[メイン]神地明奈:「私は何しましょうかね」
[サブ]筒壬住吉:「熊出没注意とかの看板は合ったけどな 確か」
[メイン]谷地アキラ:「案外早かった……!?」
[メイン]沢渡籐矢:まあいいか、振りたし3個と
[雑談]王河凌:うむ、感知のあたい様も結局料理するつもりだし(どうせ精神10オーバー)
[メイン]紅大吾:右手に鴨、左手に鮭、背中に熊を背負って到着
[サブ]三枝リン:「猪も出るらしいけど」
[メイン]沢渡籐矢:33+3d
DiceBot : (33+3D6) → 33+7[2,3,2] → 40

[メイン]沢渡籐矢:ジャスト
[メイン]リサ:「マジで猟してるんじゃないわよ」
[サブ]アズラエル:「キャンプ地として不適当なのでは」
[メイン]紅大吾:若干服とか頬が裂けている
[メイン]沢渡籐矢:SSS
DiceBot :成功度表(6[5,1]) → 得点+2

[メイン]王河凌:「とりあえず、この肉と野菜を切ってくれ……あたい様は魚を捌く」
[サブ]筒壬住吉:「いや、普通だろ?熊とか 美味いし」
[メイン]沢渡籐矢:7になって+8の合計14点と
[サブ]三枝リン:「別に普通の猪とか敵にならないでしょ」
[メイン]谷地アキラ:「とりあえず食材はソコにおいて応急処置済ませてこい」
[雑談]SGM:あ、振りたしは同時だけど数は6が出た以下ならなんでもいい
[メイン]王河凌:「無論、追加で贖罪を持ってきてもよいぞ」
[メイン]王河凌:食材
[メイン]リサ:「というかなに?この山ほんとにキャンプしていいの?」
[メイン]紅大吾:「いやぁこいつら素早いし、熊、硬くてさぁ。」
[雑談]SGM:6が出た数以下なら。3個6が出たら1~3を同時に振る
[サブ]筒壬住吉:「紅のやつ……まぁあの程度なら無茶にはならねぇか しかしよく狩れたなアイツ熊なんて」
[サブ]アズラエル:「住吉、リン。標準武装で猛獣を難なく狩れる者はマイノリティに属します」
[メイン]沢渡籐矢:「はぁっ!」 大吾が早めに戻ってきたのを見て、まるで4人に分身しているかの様な速度で肉や魚の下ごしらえを済ませていく
[メイン]リサ:「そういう問題じゃないでしょ」
[メイン]紅大吾:「あぁ、こんなのほっときゃ(チャクラで)治るから。」
[メイン]王河凌:ということで
[メイン]沢渡籐矢:というかよくみると実際に4人くらいいる
[サブ]標津カルトーシカ:「熊とかイノシシは罠を張ればいけなくもないんだよなぁ」
[サブ]ケント・テイラー:「紅みたいになるのが普通だからなお前たち?
[メイン]沢渡籐矢:4人以上いるかもしれない
[サブ]筒壬住吉:「いや、素手で行けるぞ?」
[メイン]神地明奈:判定凌のあとでいいか
[メイン]王河凌:料理上手を使って5Dで感知判定します
[メイン]神地明奈:「はいはい」 学校で習う程度の腕前で食材を切る。
[メイン]王河凌:5D+10 感知判定
DiceBot : (5D6+10) → 11[2,2,1,3,3]+10 → 21

[サブ]アズラエル:「更なるマイノリティとなります」
[メイン]王河凌:出目ェ!
[メイン]王河凌:ええい、1と2wo
[メイン]王河凌:6n
[メイン]リサ:料理している二人の横で味見したりしてる
[メイン]王河凌:落ち着け
[メイン]リサ:ろこさん…
[メイン]谷地アキラ:「マジで増えるんだな、沢渡……」
[メイン]王河凌:1と2を6に書き換えて30
[メイン]紅大吾:「本当に増えてやがる……」
[サブ]アズラエル:「アズラエルでも、素手では御すことができても殺害は不可能でしょう」
[サブ]筒壬住吉:「沢渡がフル稼働してるぜ 4人いる」
[メイン]沢渡籐矢:「大吾が持ってきた方の下処理も俺がやっておく、アキラは料理の方を頼んだ」 4人で獲物の血抜きや解体をしていく
[メイン]王河凌:SSS
DiceBot :成功度表(10[4,6]) → 得点+4

[メイン]リサ:7と
[メイン]王河凌:よし、3+4+1で8点!
[メイン]谷地アキラ:「いや、時間短縮になっていいけどよ……」
[サブ]三枝リン:「う わ ぁ」
[メイン]リサ:っと、合計15か
[メイン]王河凌:あ、違うか出目か
[メイン]紅大吾:「あ、そういやあっちに食えそうな蛇やカエルいたけどどうする?」
[メイン]王河凌:うん、やっぱ8だね
[サブ]筒壬住吉:「最初は驚いたが 慣れると割と普通だなって思うようになってきたんだなこれが」
[サブ]ケント・テイラー:「何だあれは」
[メイン]リサ:「分身して料理って何」
[サブ]筒壬住吉:「4人になるだけだし」
[メイン]リサ:「というかあれ分身…?」
[メイン]神地明奈:「……いや、これはちょっと……」
[サブ]三枝リン:「なるだけ……?だけ……?」
[メイン]王河凌:「むっ、これはあたい様も同じ手を使うしかないな……!」
[サブ]ケント・テイラー:「忍者……?奴もまた忍者なのか……?」
[サブ]ケント・テイラー:「d
[メイン]谷地アキラ:「紅が食うんなら料理してやってもいいぞ?それか庶務にでも食わせるか?」
[サブ]筒壬住吉:「考えてみろよ、王河も4人になるだろ?」
[メイン]王河凌:王河は食材を放り投げ
[サブ]標津カルトーシカ:「残像では?」
[サブ]筒壬住吉:「そこに何の違いもありゃしねぇよ、これがな」
[サブ]ケント・テイラー:「だが、其方がそう来るのならばこちらもだ」
[サブ]三枝リン:「……それもそうね」
[サブ]ケント・テイラー:「言われてみればそんな気もする」
[雑談]筒壬住吉:王河は4人に分身する! 蟹は4人になる!
[メイン]王河凌:4人に分身し、それぞれの王河が包丁を持って器用に空中を飛び交い、魚や肉を裁いていく
[雑談]リサ:違うのだ!
[雑談]筒壬住吉:そこに何の違いもありゃしねぇだろうが!
[メイン]紅大吾:「庶務、食うのかこれ……?」 とりあえず蛇を素手で掴んでみた
[メイン]王河凌:「ふははははははは!これぞ無敵のチームワーク!」
[メイン]リサ:「……くるみは食べないと思うわよ」
[雑談]沢渡籐矢:あ、ちなみに技能使って+されるのは出目だから
[メイン]谷地アキラ:「滋養にはいいんじゃねぇか?多分。」
[サブ]筒壬住吉:「蛇か……まぁ、カレー粉ありゃ 大体なんとかなるんだな」
[メイン]神地明奈:「あ、こっちも分身した」
[雑談]沢渡籐矢:成功表が7の場合8参照になって3点のままだぞ
[メイン]紅大吾:「まぁ、普通食わねぇよな。俺もサバイバル時とかだし。」 ぽいっ
[サブ]標津カルトーシカ:「バター醤油でも大体何とかなる」
[サブ]三枝リン:「蛇肉は見た目の割に美味しいとか聞くけど……」
[メイン]王河凌:「よし、こちらは捌いたぞ!」「肉も焼く準備ができたぞ」「みかんうまかったぞ」
[メイン]神地明奈:「……まあ私は普通にやりますよ」 普通に天上の美で食材に美味しくなる魔法をかけます。
[メイン]紅大吾:「今ミカン食ってる奴いたぞ」
[メイン]沢渡籐矢:「まあきちんと処理すれば食べられるとは思うが……他に材料があるしな」
[メイン]谷地アキラ:「にしても王河にしろ沢渡にしろ料理してるようには見えねぇなオイ……」
[メイン]神地明奈:5d+10 せいしん
DiceBot : (5D6+10) → 20[6,6,3,1,4]+10 → 30

[メイン]神地明奈:1と3を6に、えーと+5+3だから38の
[メイン]王河凌:「さてと、これを」
[雑談]リサ:なるる
[メイン]神地明奈:4d+38
DiceBot : (4D6+38) → 16[4,4,5,3]+38 → 54

[メイン]神地明奈:54で
[雑談]谷地アキラ:やべぇ、明奈クソ強い
[メイン]リサ:つよしゅぎい
[雑談]三枝リン:なんだあれ
[雑談]谷地アキラ:負けてらんねぇ
[メイン]紅大吾:そしてファンブル
[雑談]ケント・テイラー:やばすぎ
[雑談]沢渡籐矢:さあいけアキラ!
[メイン]王河凌:といいつつ、4人でてきぱき分担して焼いたり、煮たりと様々な工程を同時に、しかし意外と丁寧にこなしている
[メイン]神地明奈:sss
DiceBot :成功度表(11[5,6]) → 得点+5

[メイン]王河凌:つええ
[メイン]神地明奈:11点ですね
[メイン]リサ:出目+1で
[雑談]谷地アキラ:勝てるか?あれ???
[メイン]沢渡籐矢:なんてやつだ……
[メイン]リサ:12だから6の5で11か
[サブ]三枝リン:「……ま、凌と明奈なら何でも美味しく出来るでしょ」
[メイン]王河凌:出目が天井の美だこれ
[雑談]紅大吾:今からイノシシ狩ってくるか……
[雑談]沢渡籐矢:成功表次第かな……
[雑談]三枝リン:アキラ先輩の手のひら返し早くて笑う
[メイン]神地明奈:「えー……こほん。」
[メイン]リサ:合計26
[雑談]王河凌:肉魚、野菜キノコ
[メイン]神地明奈:「おいしくなぁ~れっ♪」
[メイン]沢渡籐矢:25では?
[雑談]筒壬住吉:おら頑張れよおら
[雑談]王河凌:全部使えるのどんな料理だ、流石に鍋はあれだし
[メイン]神地明奈:手でハートを作ってラブパワーを注入する!
[メイン]神地明奈:「よし。」
[雑談]谷地アキラ:あざとい
[雑談]筒壬住吉:カレー。
[メイン]リサ:「……何今の」
[雑談]王河凌:なるほど!
[サブ]筒壬住吉:「……」
[雑談]紅大吾:とりあえず焼く
[雑談]谷地アキラ:対抗するしかないのか……?
[サブ]筒壬住吉:「神地の、あれは……何だ?」
[メイン]沢渡籐矢:26であってるか……
[雑談]谷地アキラ:ラブパワー。
[メイン]王河凌:「お、おお!?なんかすごいおーらを感じたぞ!?」
[雑談]リサ:おちついて
[サブ]標津カルトーシカ:[
[サブ]三枝リン:「……さぁ……?」
[サブ]標津カルトーシカ:「本で見た事ある メイドカフェであんなのやるんでしょ」
[メイン]神地明奈:「これで最高級×最高級の最々高級食材になりました。あとは調理するだけですね」
[雑談]王河凌:せめてウブパワーで
[メイン]リサ:「……お、おぅ」
[サブ]標津カルトーシカ:「つまり神地はメイドカフェで働いている……?」
[サブ]筒壬住吉:「ねぇだろ」
[メイン]谷地アキラ:「……まぁ、こっちはこっちでやるか」
[メイン]王河凌:「よ、よし……!では各自調理に入るぞ……!」
[雑談]MGM:裏で春ちゃんが技能使ってるのに何故かファンブルしたので
[メイン]紅大吾:「おーい、イチジク成ってたぞー!」 5mぐらいの木に登りながら
[雑談]沢渡籐矢:とりあえずあれだ
[雑談]MGM:みんなも油断しないでね
[雑談]神地明奈:入れてた立ち絵になんかあったから使った
[雑談]筒壬住吉:アキラァ!
[メイン]王河凌:言葉の意味は分からんがとにかくすごそうだ
[雑談]沢渡籐矢:ダイス振った結果で考えよう
[雑談]MGM:今春ちゃんの一人称おいどんだからね
[メイン]谷地アキラ:えーと、技能料理上手の精神判定でっと
[雑談]アズラエル:アキラ、ラブパワーです
[雑談]筒壬住吉:お前も負けずにやれ!!
[メイン]谷地アキラ:5d+12 精神
DiceBot : (5D6+12) → 19[5,5,3,5,1]+12 → 31

[雑談]進道一心:アキラのラブパワーと聞いて
[雑談]筒壬住吉:ハートだ、ハートの形が重要だおぞ!
[雑談]リサ:あった
[雑談]リサ:wwwwwwwwwwww
[メイン]沢渡籐矢:あ、固定値は10が上限
[サブ]三枝リン:「無いでしょ」
[雑談]筒壬住吉:あとアキラ、10までだぞ
[雑談]筒壬住吉:29な
[メイン]リサ:「がんばってー…あ、美味しいこれ」
[メイン]谷地アキラ:っと、ごめん
[雑談]紅大吾:ハートはハートでもハートブレイクショットだろこれ>アキラ
[メイン]谷地アキラ:んじゃ29か
[メイン]リサ:皆が作ってる料理を味見する
[メイン]沢渡籐矢:で、1と3が6になるから37かな
[メイン]王河凌:「ふんっ!ふんっ!」 中華さながらぶんぶんとフライパンを振る
[メイン]谷地アキラ:1と3を6にして37か
[雑談]筒壬住吉:4班をTOKIOと例えるとだ
[メイン]紅大吾:「あ、あっちに柿もリンゴもある。」 木から木を渡りつつ
[雑談]筒壬住吉:だんだん紅が長瀬に見えてきた
[メイン]神地明奈:リサと一緒に味見する。
[メイン]沢渡籐矢:2振りたしで40はいくだろう
[サブ]標津カルトーシカ:「ないかー」
[メイン]谷地アキラ:2d+37
DiceBot : (2D6+37) → 11[6,5]+37 → 48

[雑談]進道一心:それリーダー住吉になるじゃん
[メイン]リサ:チッ
[雑談]紅大吾:まな板じゃん!
[メイン]沢渡籐矢:もうひとつ振れるぜ!
[メイン]谷地アキラ:1d
DiceBot : (1D6) → 3

[メイン]アズラエル:これがアキラのラブパワー・・・
[メイン]谷地アキラ:51
[メイン]リサ:「うん、いけるいける!なにこれすっごい美味しい!」
[雑談]紅大吾:これすっごいまな板じゃん!!>明奈とリサを指さして
[メイン]王河凌:「で、こちらは多少辛めに……うむ、これでいいだろう」
[雑談]筒壬住吉:沢渡はあれか、国分か
[メイン]リサ:明奈に
[メイン]沢渡籐矢:後は成功表だな
[雑談]進道一心:お前は全然まな板の凄さをわかってない
[メイン]リサ:「あ、辛め、ちょっともーらい」 はむっ
[メイン]谷地アキラ:sss
DiceBot :成功度表(6[3,3]) → 得点+2

[メイン]谷地アキラ:低っ
[メイン]リサ:「……そこまで辛くなくない?」
[サブ]三枝リン:「アイツが働くクチだと思う?」
[メイン]王河凌:「無論だ、リサの優れた調達力、明奈のラブパワー、あたい様の料理テクニックすべてを合わせたからな!」
[雑談]ケント・テイラー:まな板じゃ遊べないじゃん!って言うべきなんだけど
[メイン]沢渡籐矢:7になって+3の8で合計22か
[サブ]筒壬住吉:「……どうなんだろうな」
[雑談]ケント・テイラー:それを言ったら私は死ななければいけないので言えない
[メイン]神地明奈:「そりゃ私が美味しくなる魔法かけたんですし当然ですよ」
[サブ]筒壬住吉:「ラブパワーってなんだ」
[雑談]紅大吾:お前はマナイーターのケント君
[メイン]王河凌:「辛いだけでは体に悪いからな、ほどほどにうまみと複合させたこれのほうがよい」
[雑談]進道一心:ケント・彼女がタイラー君……
[メイン]王河凌:「大体唐辛子など入れすぎてみろ、下手をすれば座薬の世話になるぞ」
[メイン]リサ:「……私はもうちょい辛い方が好みだけれど、まあいいか」
[雑談]進道一心:安心しろ、俺も下手な事言うと魔眼が飛んでくる
[雑談]筒壬住吉:アキラが達成値+1だからかろうじて+3だな
[サブ]ケント・テイラー:「愛は料理をおいしくすると一説には伝えられている……
[雑談]リサ:みているよ
[サブ]筒壬住吉:「あれで入るのか、愛」
[メイン]谷地アキラ:「んじゃ下拵えも終わったし、そろそろ料理に入るか。沢渡そっちは大丈夫か?」
[雑談]進道一心:闇の衣!
[雑談]王河凌:とりあえずこのままだと中華の満漢全席になる
[サブ]庶務:ぴ、っぴー。笛が鳴る。
[メイン]沢渡籐矢:「ああ、大丈夫だ。指示をくれればそのとおりに作業しよう」
[雑談]リサ:いいんじゃない?
[雑談]王河凌:わかった!
[雑談]ケント・テイラー:あまりにも酷い会話だ
[メイン]王河凌:「で、饅頭系は……よし、いい感じに蒸してきたな」
[メイン]谷地アキラ:「熊とイノシシは任せた、こっちはカレーとバーベキューと鴨鍋の準備するわ」
[メイン]庶務:「そろそろ作業が終了する感じ……だが。OKかね?」
[雑談]谷地アキラ:あ、大吾
[メイン]王河凌:「」
[雑談]紅大吾:ほいほい
[雑談]谷地アキラ:何の卵取ってきた?
[雑談]紅大吾:あ
[雑談]紅大吾:鴨で
[メイン]沢渡籐矢:「もうちょっとまって」 4人の蟹が飛び交いながらあっというまに料理を仕上げていく
[雑談]谷地アキラ:鴨プリンだな
[メイン]王河凌:「うむ、後は盛り付けだ、少し待て」 6人で分担して盛り付ける
[雑談]標津カルトーシカ:茶碗蒸しでいいじゃん
[メイン]書記:「そろそろ作業時間は終了しまーす。なるべく急いでくださーい」
[メイン]沢渡籐矢:6人に増えた
[メイン]谷地アキラ:「ああ、こっちは……これで終いだ」
[メイン]王河凌:二人も巻き込んだ>チームメイト
[メイン]沢渡籐矢:いや、蟹が
[雑談]筒壬住吉:アキラがラブパワー注入しなかった
[メイン]紅大吾:おとなしく木の上でリンゴをシャリシャリ食べてる
[メイン]SGM:というわけで手早く貴方達は残りの作業を終えて行く……。
[メイン]王河凌:お前がか、負けた
[サブ]筒壬住吉:「ところで」
[雑談]進道一心:アキラブノーパワー?
[メイン]神地明奈:食材を切ってるうちに出た切れ端をつまみにお茶を飲んでる。
[雑談]リサ:やはり敗因はラヴパワー
[サブ]筒壬住吉:「紅は猿かなにかか?」 木の上で林檎食ってる様子を見つつ
[雑談]SGM:チームの得点おねが~い
[雑談]アズラエル:おそらくアピールタイムに残されているのかと
[雑談]沢渡籐矢:4班は22点
[雑談]進道一心:成程ね
[サブ]アズラエル:「野生児のようですね」
[メイン]SGM: 
[メイン]SGM: 
[メイン]SGM: 
[メイン]SGM: 
[メイン]SGM: 
[メイン]SGM: 
[メイン]SGM: 
[メイン]庶務:「では審査員は勿論我々なわけだが、3班! どんな料理を作ったのかね?」
[サブ]標津カルトーシカ:「あれがゴリラか」
[雑談]ケント・テイラー:ちょっとトイレ
[メイン]庶務:「……違うな、これ2班だ」
[メイン]庶務:「2班! 前に出て紹介をよろしく!」
[雑談]谷地アキラ:飯やんねーぞ多々良
[雑談]紅大吾:今なら第2サブでゴリラ取っても許されるのでは
[メイン]リサ:「えー新鮮で質のいい食材を買…取ってきました」
[メイン]庶務:ちんちーんとお茶碗を鳴らす。
[サブ]三枝リン:「なんでわざわざ木の上」
[メイン]神地明奈:「ラブパワーを注入しました。」
[雑談]SGM:2班なんぼ?>点数
[メイン]王河凌:「そして、あたい様が調理をした!ふはははははははははははは!見るがよい!これぞ、我らがチームワークの結晶!」
[雑談]神地明奈:26
[メイン]書記:「ラブパワーはポイントが高いな」
[メイン]リサ:「高いのか」
[サブ]ケント・テイラー:「ゴリラと煙となんとやらは好きってよく言うだろ」
[メイン]王河凌:「熱烈歓迎、満漢全席『皇帝一号』!ここにいる連中全員が食えるくらいあるぞ!」
[雑談]書記:ほいほい
[サブ]三枝リン:「ゴリラだっけ……?」
[メイン]王河凌:「さぁ!至高の物量と究極の味にひれ伏せ!あーはははははははははは!」
[メイン]アトリ:「美味い!!!」 てーれってれー
[メイン]リサ:「執行委員じゃないのがなんでいるの」
[メイン]王河凌:ということでチンジャオロースだのチャーシューパオだのマーボーだのいろいろ
[サブ]筒壬住吉:「……」
[メイン]神地明奈:「あ、リーダー」
[サブ]筒壬住吉:「おい、なんでアイツがここに居る」
[メイン]王河凌:「むぅ、アトリではないか!そうだろう、うまかろう!」
[メイン]フジツー:「あ、僕が呼ばれついでに面白そうなんでどうです?と。リアクション得意ですしこの人」
[メイン]田中フジツー:「あ、名前こっちにしないと顔見えませんねこれ」
[メイン]フィアー:「……まあ、催し物だから大目に見るとして。確かに美味しいわね。あと、多い」
[メイン]リサ:「…特別審査員と実況みたいなものね」
[メイン]神地明奈:「なるほど?」
[サブ]筒壬住吉:「理由が軽い……!いや別にいいけどもう少しお前……こう……!」 苦悩中
[メイン]リサ:「ああ、皆で食べる約束をしたので」
[メイン]王河凌:「後で皆にも食わせたいからな、リサと神地の尽力あってこそだ」
[メイン]リサ:「量が多いのはそれですね」
[メイン]庶務:「素晴らしい心意気! 多々良ポイント進呈!」
[メイン]王河凌:「うむ、それでメニューが豊富で空きにくい中華料理を選択したのだ」
[サブ]三枝リン:「……なんかよくわからないけど。会いたくないなら顔隠していけば?」
[メイン]書記:「結構気遣いしてる……キャンプですしね、皆で食べられるのは良いことかと。では、4班」
[メイン]王河凌:「かの国はとにかく食べるからな」
[メイン]神地明奈:「わーい」
[メイン]庶務:「の方にカメラを移そうではないか」
[メイン]書記: 
[メイン]書記: 
[メイン]書記: 
[メイン]書記:  
[メイン]庶務:「4班は何を作りましたか?」
[雑談]王河凌:あー
[雑談]王河凌:中華食べたい……
[雑談]リサ:wwww
[雑談]三枝リン:餃子
[雑談]王河凌:いいねいいねーもちろん今回もあるということで
[雑談]王河凌:ぶっちゃけさっき上げたの中の人が今食べたい奴だった()>チンジャオ略
[雑談]沢渡籐矢:出だしはアキラに任せる構え
[雑談]神地明奈:はい
[雑談]紅大吾:俺まだ木の上だし
[雑談]谷地アキラ:んじゃメニューさっと出しちゃうわ
[メイン]谷地アキラ:「カレー、熊肉の味噌煮込み、鴨鍋、鮭とキノコのホイル焼き、それらの食材を使ったバーベキュー」
[サブ]筒壬住吉:「いや別に会いたくないとかじゃねぇんだがな」
[メイン]書記:「……こっちも負けず劣らす量が凄いな」
[雑談]紅大吾:終わった後に木の実とか持って降りてくるわ
[メイン]谷地アキラ:「ついでに鴨の卵もあったからそれでデザートにプリンを作った」
[メイン]沢渡籐矢:「大吾が熊を一頭まるごと獲ってきたからな、量の方は仕方がない」
[サブ]筒壬住吉:「強いていえばもう少しリーダーらしい威厳を持って欲しい」
[メイン]フィアー:「……かなり肉肉しいけど、美味しいわね」
[サブ]三枝リン:「まぁ、威厳は無いわね。子犬みたい」
[メイン]紅大吾:「よっと」 8mぐらいの高さの木から飛び降りて着地
[メイン]フィアー:もぐもぐ
[サブ]筒壬住吉:「それな……」
[メイン]沢渡籐矢:「まあ折角のキャンプだ、人数も多いし皆でわいわいと賑やかに食べれるだけ食べればいいだろう」
[メイン]紅大吾:「あとこれ獲ってきたぞ!」
[メイン]紅大吾:果物とか木の実とかハチの巣とか
[メイン]アトリ:「こっちも美味い!!」 てーれってれー
[メイン]谷地アキラ:「住吉やアズラエルも頑張ってくれたからな。せめて美味いモン食わせてやんねぇと」
[メイン]田中フジツー:「うわ凄い野生を感じる絵面ですね今の! 原人! 山から降りる!」
[サブ]三枝リン:「美味しいしか言わないし……餌にがっつく子犬……」
[メイン]庶務:「で、こちらのラブパワーはどれほど注入されてるのかね?」
[メイン]沢渡籐矢:「まあ肉が多いのも確かだが、一応飽きないような工夫はさせてもらったぞ」
[雑談]リサ:勝負の決め手はやはり…
[雑談]リサ:ラヴパワー…!
[メイン]沢渡籐矢:「男三人で作った料理にラブパワーが入ってて嬉しいか?」
[雑談]王河凌:ちなみに最初満漢全席『覇王』とやろうとしたけど今これやったら言われそうなので控えた
[メイン]谷地アキラ:「ん?ああ。これが多々良の分。ラブパワーって事にしといてくれ」
[メイン]書記:「いや、絶対胃もたれするから要らん」
[雑談]リサ:はい
[メイン]谷地アキラ:ずいっと一部を差し出す
[メイン]庶務:「ほほう?」
[雑談]リサ:いったら無言でリサがどつくよ
[雑談]王河凌:愛は強い!
[メイン]紅大吾:「自然の生の味もいいじゃん。」
[メイン]庶務:「いい心がけじゃないか谷地君! 君のそのツンデレラブ! しかと受け取ったよ!」
[雑談]沢渡籐矢:料理的に熊とイノシシの大部分がバーベキュー行きしたから
[雑談]神地明奈:らぶらぶきゅんっ
[メイン]谷地アキラ:「うるせぇ、取り上げんぞ」
[雑談]沢渡籐矢:タレを複数用意した
[メイン]庶務:「よくを言えばラブラブキュン! が欲しいところだが……ああはいはい、食べる食べる」
[メイン]書記:「……それじゃ、各自の意見を取り揃えつつ」
[メイン]書記:「審査を行いますと」
[メイン]SGM:  
[メイン]SGM: 
[メイン]SGM: 
[メイン]SGM: 
[メイン]SGM: 
[メイン]SGM: 
[メイン]アーサー:「結構これは悩んだけど……」
[雑談]ケント・テイラー:らぶらぶきゅん
[メイン]アーサー:「うん、中華の方かな。同じくらい飽きさせない料理だったけど、コンセプトと、あと彩り的に」
[雑談]紅大吾:女装姿でやるから写真が流されて……
[メイン]アーサー:「……後……」
[サブ]筒壬住吉:「言うな……あれでも戦闘時は統率力たけぇんだ……!」
[メイン]アーサー:「『女子中学生のラブパワー』を猛烈に推している審査員がいたことだけは……うん……」
[メイン]アーサー:「伝えておくね……」
[メイン]SGM: 
[メイン]SGM: 
[メイン]SGM: 
[メイン]SGM: 
[サブ]標津カルトーシカ:「ラブパワー強いなぁ」
[メイン]SGM:というわけで2班が勝利し、再び自由時間という名の感想戦であった。
[メイン]SGM:(お好きにどうぞ。)
[メイン]SGM: 
[メイン]SGM: 
[メイン]SGM: 
[サブ]SGM: 
[サブ]SGM: 
[サブ]SGM: 
[メイン]神地明奈:もぐもぐ。
[メイン]アズラエル:「やはり、ラブパワーを注入すべきだと思います。今からでも遅くはない」
[メイン]アズラエル:「採点が覆る可能性もあります」
[メイン]リサ:「女子中学生いるの?そっち?」
[メイン]筒壬住吉:「ラブパワーってなんだ……?」
[メイン]リサ:「見た所」
[メイン]アズラエル:「わかりません」
[メイン]三枝リン:「明奈でしょ」
[メイン]王河凌:「うむうむ、見事な働きだったぞ、リサ!神地!」
[メイン]リサ:「野郎、野郎、野郎、野郎、女子、だけれど」 
[メイン]標津カルトーシカ:「芋率が多ければダントツ勝利だったかな」
[メイン]神地明奈:「らぁ~ぶらぁ~ぶきゅんっ♪」 住吉にハートを贈る。
[メイン]神地明奈:「こうです。」
[メイン]紅大吾:もぐもぐ
[メイン]沢渡籐矢:「いない」
[雑談]SGM:なるほどね>工夫
[メイン]筒壬住吉:「……」
[メイン]王河凌:「アレだけの量なら中華でもなければ使い切れんと思ったが正解だったな」 餃子もぐもぐ
[メイン]神地明奈:もぐもぐ。
[メイン]紅大吾:がつがつ
[メイン]谷地アキラ:「冷める前に食っちまおうぜ」
[メイン]紅大吾:しゃくしゃく。がりがり。ぶちっ。
[メイン]筒壬住吉:「わからねぇ……!」
[メイン]三枝リン:焼売もぐもぐ。
[雑談]沢渡籐矢:まあさっぱり目が多いんじゃないかな……熊もイノシシも脂身が多いし
[メイン]神地明奈:「美味しいでしょう?」
[メイン]筒壬住吉:「いや、たしかに美味いが」
[雑談]王河凌:ちなみにリサがすさまじい物量だったからこれ物量で勝負する中華でないとつりあわんと思ってチョイスしました
[メイン]三枝リン:「……まぁ。それなりに。」
[メイン]標津カルトーシカ:「おいしいけどやっぱキャンプ料理ではない」
[メイン]紅大吾:「やっぱり肉美味ぇな!」
[メイン]谷地アキラ:「そっちのも少し分けてくれよ」
[メイン]アズラエル:ぱく、ぱく、ぱく。ペースを一切変えず、常に食べ続ける。
[メイン]リサ:「あんまり何の料理にするかは考えてなかったのよね」
[メイン]リサ:「そこは凌のファインプレーだわ…ん、美味しい」
[メイン]筒壬住吉:「つうか熊いたんだな、ここ わかってりゃもっと狩れたのにな」
[メイン]沢渡籐矢:「お互い好きに食べるんでもいいんじゃないか?どっちも量が量だし」
[メイン]王河凌:「どのみちキャンプの定番は皆がやるからな、変化球も大事だぞ」
[メイン]リサ:「こいつらは何言ってるの」
[メイン]三枝リン:「ん。その代わりそっちのも寄越しなさいよ。どうせ余るでしょ」
[メイン]沢渡籐矢:「あと中華は冷めると味が落ちてもったいない」
[メイン]王河凌:「む、だがバーベキューもうまいぞ、やるな沢渡と谷地!」
[メイン]紅大吾:「熊の皮固くてなぁ。殴っても気絶が精一杯だった。」
[メイン]リサ:「貴方達キャンプに来たんじゃなくてサバイバルか何かと勘違いしてない?」
[メイン]神地明奈:「別に渋るもんでもないですしね」
[メイン]標津カルトーシカ:「変化球ってか魔球だよね」
[メイン]三枝リン:4班にも取り皿を分ける。
[メイン]沢渡籐矢:「まあ熊は予想外だったな、俺も」
[雑談]MGM:キャンプファイヤー組は青い所にアイコン移動させておいてね
[メイン]紅大吾:「え、合同演習とかじゃねーの?」
[メイン]谷地アキラ:「ん、ウメェな」
[メイン]王河凌:「でないと魚と肉と野菜とキノコ全部は使えんからな」
[メイン]アズラエル:「熊肉は栄養価だけでなく魔力変換効率も良い、素晴らしい食材です」 ぱくぱく
[メイン]沢渡籐矢:「ああ、バーベキュー……というか肉が多いんで若干焼肉みたいな感じだが」
[メイン]谷地アキラ:それぞれの前にプリンを置きつつ
[雑談]三枝リン:キャンプファイヤーどうするか決めてなかった気がする
[雑談]リサ:なるる
[雑談]MGM:4班は移動なのでよろしく
[雑談]リサ:あーんー
[雑談]王河凌:そういや、どうしよっか 行きたい人が行く?
[メイン]筒壬住吉:「サバイバル……?いや熊狩るのは普通だろ?」
[メイン]紅大吾:一口でプリンを丸飲みしつつ
[メイン]標津カルトーシカ:「サバイバルじゃなかったのか……」
[雑談]MGM:代わりに3班が戻ってくる
[雑談]アズラエル:アズラエルは男だらけのダンスが見たい
[メイン]沢渡籐矢:「タレは複数用意しといたから好きなのを使ってくれ、熊やイノシシは脂が強いからお勧めはレモンだれだ」
[雑談]神地明奈:で、いいんじゃない?
[雑談]リサ:キャンプファイヤーはこれ能力なんでもいいので
[雑談]リサ:行きたい人で
[メイン]三枝リン:「あむ……おいしい……」ちまちまプリンを食べる。おいしい。
[雑談]標津カルトーシカ:アズラエル!PL回路を投げ捨てなさい!
[メイン]リサ:「…熊狩るのは普通じゃないわよ」 BBQにも手を付ける
[雑談]沢渡籐矢:俺もう二回出てるし他の4人から行ってくれ
[メイン]王河凌:「甘い……!やるな」 プリンもぐもぐ
[雑談]三枝リン:じゃあ行きたい
[メイン]書記:「っと、あー」 時計を確認しつつ、電子手帳で連絡をする
[メイン]神地明奈:「リン先輩リン先輩」
[メイン]リサ:「……ちょっと硬いけれど、結構しっかりしてていけるわね」
[雑談]筒壬住吉:BBQって聞くと
[雑談]筒壬住吉:EXが出るな
[メイン]三枝リン:「なに?」
[雑談]標津カルトーシカ:ダンスするキャラではないので
[雑談]標津カルトーシカ:まかせるぞー
[雑談]リサ:ほいどうぞ>リン
[メイン]書記:「すまない、やや時間が推しているようだ。移動する4班はそろそろ準備してくれ」
[メイン]神地明奈:「はい、あーん」 プリンを掬って口元に。
[メイン]王河凌:「ほら、チャーハンもあんかけ焼きそばもあるぞ」 皿をどさー
[雑談]リサ:じゃあ私も行こうかな
[雑談]筒壬住吉:んじゃ俺行くよ 1回しか出てないし
[雑談]谷地アキラ:沢渡以外でチョイスするか
[雑談]リサ:さっきめっちゃ低い判定振ったし…
[メイン]三枝リン:「ん、あむっ」
[メイン]沢渡籐矢:「おっと、そういえばダンスもあったか……」
[メイン]標津カルトーシカ:「じゃがいも率がやはりすくない(ムグムグ」
[雑談]紅大吾:出ない奴だけチョイスすればいいんじゃね
[メイン]筒壬住吉:「あいよ……って次、ダンスか」
[メイン]リサ:「あら、可愛い光景」
[雑談]紅大吾:choice[アズラエル,大吾,アキラ] よっしーは出るって言ったし
DiceBot : (CHOICE[アズラエル,大吾,アキラ]) → アズラエル

[メイン]アズラエル:「規定上、沢渡はもう出場できません。他の4人から選出となります」
[メイン]三枝リン:「んむんむ……おいしい」
[メイン]神地明奈:小動物に餌付けしてる気分になる
[メイン]王河凌:「うむ、親睦が深まるのを感じるぞ」
[メイン]谷地アキラ:「飯ぐらいゆっくり食いてぇんだがなぁ」
[雑談]筒壬住吉:お と こ ぐ み
[雑談]アズラエル:よっし!
[雑談]谷地アキラ:ああ!
[雑談]三枝リン:欲望が反映された
[メイン]神地明奈:「ですよねー」 もぐもぐ。
[雑談]紅大吾:出る奴だけにしようぜ!!
[メイン]リサ:「賑やかに食べるのもいいじゃない」
[メイン]筒壬住吉:「仕方ねぇな、んじゃ俺が出るわ」
[メイン]庶務:「安心したまえ、谷地君。保存魔法で保存しておきつつ、私が食べておく」
[メイン]リサ:「広いお屋敷で一人で食べてるとうん」
[雑談]紅大吾:この3人とか一番踊りじゃなくて戦闘派じゃん
[メイン]アズラエル:「そしてアズラエルはまだプリンを食べていません。付け加えるなら、ゆっくり食べたい」
[メイン]三枝リン:「……んむ、ダンス?」
[メイン]リサ:「……あーやめやめ」
[雑談]王河凌:で、2班はリンとリサのリリコンビが行きたいとして
[メイン]アズラエル:人造人間、自我の目覚め。
[雑談]リサ:2班あと1名誰かどうぞー
[メイン]標津カルトーシカ:「確かに一人の食卓はなー、とはいえここはみんなそんなもんなんじゃ」
[メイン]庶務:「もとい、キャンプファイアーの後は自由時間だ。その時まで魔法で保管しておくから、自由時間中にゆっくり食べるといい」
[メイン]沢渡籐矢:「料理の方は気にしなくていいらしいから行くか。終わった後にまた食べに戻ってくればいいだろう」
[メイン]筒壬住吉:さっき作ったテントに置いといたらいいんじゃね? 後で食えるだろうしそれなら」
[雑談]王河凌:えーと、ケントと芋と明奈とあたい様か
[雑談]神地明奈:どっちでもよいぞ
[メイン]リサ:「あら、気が利くわね、後で皆に振る舞っておくわ」
[メイン]紅大吾:「つっても一人で食うのは慣れてたしなぁ。俺は別に。」 もぐもぐ
[メイン]リサ:「で、キャンプファイヤーだったかしら」
[メイン]アズラエル:「だめです」
[メイン]リサ:「そうね、折角だし行こうかしら」
[雑談]ケント・テイラー:ふーむ
[雑談]王河凌:テント組が行きたいなら優先するー、時間空いたし
[メイン]アズラエル:きゅっとプリンの器を握る
[雑談]ケント・テイラー:いくか、そんじゃ
[メイン]王河凌:「ほうほう、気が利くではないか」
[メイン]リサ:「ね、三枝さんも行きましょ」 リンの手を取る
[雑談]王河凌:オッケー、頑張れ
[雑談]神地明奈:がんばー
[メイン]標津カルトーシカ:「めずらし、アズラエルが文句言ってる」
[メイン]神地明奈:「ちゃんと構えておきますね」 スマホカメラ。
[メイン]三枝リン:「あっ……ま、まぁ。別にいいけど」
[メイン]沢渡籐矢:「あーじゃあアズラエルはダンスを観戦、その間はゆっくりできるしプリンも食べてていいんじゃないか」
[メイン]ケント・テイラー:「んむ、うまい」
[メイン]紅大吾:「しゃーない。谷地、筒壬先輩、俺達で行くか。」
[メイン]ケント・テイラー:もぐもぐ
[メイン]王河凌:「あたい様ながらうまいなしかし」 春巻きもぐもぐ
[メイン]三枝リン:リサの手を軽く握り返す。
[メイン]谷地アキラ:「思ったより卵の量があったしおかわりはまだまだあんぞ?」
[メイン]リサ:「行きたかったくせにー」
[メイン]沢渡籐矢:「男三人で踊る事になるが……まあいいだろ」 今更だし
[メイン]アズラエル:おかわりアリの言葉に少し心が揺れる。
[メイン]リサ:握り返してきたリンの手をぎゅっと掴んで
[メイン]標津カルトーシカ:「甘い物よりもポテチのがすきだなぁ」
[メイン]三枝リン:「別に、そんなことは……ある、けど」
[メイン]リサ:「さーて、両手に花で踊るのはだーれだ!」
[雑談]神地明奈:リサが
[雑談]神地明奈:めっちゃ明るい
[メイン]王河凌:「あたい様は料理を振る舞うからパスしよう」
[メイン]書記:「4班さん、相談は移動しつつでお願いしまーす。申し訳ないですが、やや時間が推し気味なのでー」
[雑談]ノア・リーリエ:しゅたっ
[雑談]リサ:明るくなってるよ
[雑談]神地明奈:感慨深い……
[メイン]紅大吾:「キャンプファイアーだろ? 消火の準備しておけばいいだろうし。」 ※事故前提
[メイン]筒壬住吉:「へいへい」
[雑談]ノア・リーリエ:あかりさ
[雑談]日廻一色:ざっ
[メイン]王河凌:「べ、別に振り付けを覚えられないわけではないぞ!?」
[メイン]沢渡籐矢:「との事だ、ほら行くぞ」
[雑談]荒谷膳:よっしゃ
[メイン]紅大吾:「あいよー。」
[メイン]リサ:「アハハ、誰も聞いてないっての」
[メイン]アズラエル:「了解しました。ひとまず、移動いたします」 プリンの器を持ったまま
[雑談]王河凌:ドラマでノリよくなっててびっくりした>リサ
[雑談]王河凌:なお、さっきの出目見てこれ無理だと思い消極的だったのは内緒だ
[雑談]荒谷膳:向こうが完全にソイヤ
[雑談]ノア・リーリエ:漢祭り
[メイン]SGM:  
[メイン]SGM: 
[メイン]SGM: 
[メイン]SGM: 
[メイン]SGM: 
[雑談]千種零一:ざっ
[メイン]SGM: 
[メイン]SGM: 
[メイン]SGM: 
[メイン]SGM:第3種目.キャンプファイヤーでダンス大会
[メイン]SGM: 
[雑談]ノア・リーリエ:二班のメンツはどんな感じー?
[雑談]リサ:男しかいないらしい>向こう
[サブ]SGM: 
[サブ]SGM: 
[サブ]SGM: 
[雑談]リサ:リンリサケント
[雑談]王河凌:リサ・リン・ケント のリリケ
[雑談]ノア・リーリエ:ほほー
[雑談]ノア・リーリエ:いや
[メイン]SGM:キャンプファイアー自由形。後のオリンピック競技である。
[雑談]ノア・リーリエ:リサ・リン・ケント・テイラーだから
[雑談]フレデリカ:リリン
[雑談]ノア・リーリエ:略してテケリ・リ
[雑談]リサ:ふーむ
[雑談]リサ:これチーム内で踊る感じか
[雑談]王河凌:厄い
[雑談]三枝リン:どこをどう略したのだ
[メイン]SGM:貴方達はこのキャンプの熱い夜の締めくくりにその迸るパッションを踊りで表現して貰いたい……!!
[雑談]リサ:……んー
[雑談]リサ:まあしゃあないか
[雑談]日廻一色:どうしたリサちゃん!
[メイン]SGM:夏も終わる! 夜に揺らめく炎の近くで、あふれろロマンス! 転べイケメン!
[雑談]ノア・リーリエ:リリケテでしょ、逆から読んだらテケリ・リだから
[雑談]三枝リン:ケント君がなし崩し的に一色にハーレムを見せつける形に
[メイン]SGM:なお向こう側の対戦は、男男男男男男だ。
[メイン]SGM: 
[メイン]SGM: 
[メイン]SGM: 
[雑談]ノア・リーリエ:wwwwww
[雑談]王河凌:よし、ケント弾けて混ざれ
[メイン]SGM:……どうか、こっちはある程度華やかであってくれ……!
[雑談]フレデリカ:向こうのカオスがあまりにあまり
[メイン]SGM: 
[メイン]SGM: 
[メイン]SGM: 
[雑談]標津カルトーシカ:おっとこーおっとこー
[雑談]三枝リン:向こう側wwwwwwwww
[メイン]SGM: 
[メイン]SGM:というわけでキャンプファイアー付近にダンス参加者が集められた。
[雑談]リサ:男祭り
[メイン]SGM:(参加者どうぞ)
[雑談]フレデリカ:完全に絵面が柴田亜美だからな表
[サブ]庶務:「デブは踊りがしんどいデブぅ」
[メイン]日廻一色:「総合魂!!」
[メイン]リサ:「酷い事故もあったものね」
[雑談]千種零一:ふーんーどーしーしーめてー
[雑談]王河凌:男祭りすぎるwwwwwwwwwwww
[サブ]庶務:「というわけでこちらが見学席だ。暇な奴らは集まれー!! カンカンカン!」
[メイン]千種零一:「総合魂ー」とりあえず合わせてる
[サブ]神地明奈:静かにプリン食べてる。
[雑談]荒谷膳:ソイヤ
[メイン]書記:「良かった、最低限は華やかな絵面になる……」
[メイン]フレデリカ:「そーうごう魂ーっ!!」 悪ノリ勢と呼びます。
[メイン]三枝リン:「あっちは華やかさが足りないわね」
[サブ]王河凌:「ふはははははははは!よく来たな!ここにはあたい様らが作った中華もあるぞ!喜べ!」
[雑談]千種零一:ところでビターステップのMMD動画探したら
[メイン]書記:「違う、凄い華やかさだ!」
[サブ]ノア・リーリエ:「おー中華中華!」
[雑談]森濱くるみ:あっ凄いまともなダンス勝負になってる!!!!
[サブ]標津カルトーシカ:「プリンは飲み物」ジュルルル
[メイン]書記:「これは期待できる、できるぞ!」
[雑談]千種零一:振り付け指導えっちゃんみたいな動画が見つかってちょっとおもしろい
[雑談]森濱くるみ:凄い!!!
[雑談]伏見春:凄い!!
[雑談]リサ:wwwwwwwwwwwww
[サブ]荒谷膳:「うーっすシノー、串焼き食う?松茸もあるぞ」
[サブ]ノア・リーリエ:「あ、そういえば多々良先輩。一説では一番キレッキレでダンスを踊りそうって話だったけど」
[メイン]三枝リン:「何をよ」
[サブ]ノア・リーリエ:「実際どうなの」
[雑談]王河凌:wwwwwwwwww
[メイン]日廻一色:「まーねぇ。そっちはダンスの経験とかあるの? こっちはあんまりないぜ!」
[メイン]リサ:「…こっちも何か掛け声する?」
[サブ]王河凌:「うむ、荒谷のなら期待できるな、いただこう」
[メイン]三枝リン:「したいの?」
[メイン]リサ:「…んーダンス…まあ、社交辞令代わりで習ってはいるわね」
[サブ]ノア・リーリエ:明奈ちゃんを見つけてうぐっ、となりつつ顔には出さない
[サブ]王河凌:「こちらも愛情が詰まった満漢全席だ、少し食べてみるといいぞ」
[メイン]三枝リン:「……まぁ、そこそこ、に」
[メイン]リサ:「三枝さんがやりたいかなーって」
[サブ]ノア・リーリエ:「……誰の愛情なの?」
[サブ]ノア・リーリエ:もきゅもきゅと既に頬張りつつ
[雑談]日廻一色:ケント君の反応がないけど回線的なやつかな
[サブ]王河凌:「今のおすすめはこの粥だ」
[雑談]書記:かなぁ
[雑談]ノア・リーリエ:たまこさんだし回線だと思う(謎の信頼
[雑談]千種零一:眼鏡を代理で置いておこう
[サブ]標津カルトーシカ:膳さんなら芋料理一個ぐらいあるよね?という期待の眼差し
[メイン]三枝リン:「むっ……」
[サブ]王河凌:「そこの神地だ、じょしちゅーがくせーのらぶぱわーらしいぞ」
[雑談]リサ:ふむ
[サブ]ノア・リーリエ:「らぶぱわー……」
[雑談]リサ:じゃあ私とリンと零一とフレちゃんを先に判定して
[メイン]千種零一:「文化祭のノリだなぁ。いいけど」身体をほぐしてる
[サブ]ノア・リーリエ:「なるほど、私達の料理に足りなかったのはそれか!」それではない
[雑談]フレデリカ:置き眼鏡
[雑談]リサ:でやっていこうか(露骨に残していく
[サブ]神地明奈:なんでうぐってなったんだろ
[サブ]王河凌:「で、向こうは一色とフレデリカに千種か」
[サブ]ノア・リーリエ:「……いやまぁ日廻先輩も作ってるし皆に出すものだかららぶぱわー注入しても困るけど」ぶつぶつ
[雑談]三枝リン:おっけ
[メイン]日廻一色:「へいへーい! へいへいへーい!」
[サブ]ノア・リーリエ:あれやこれやを話されても困るしという心
[メイン]リサ:「それでは、お手を拝借、お姫様」 リンの手を取って
[サブ]ノア・リーリエ:「総合魂!」
[サブ]荒谷膳:「カルトがいると思ってこれもなー。じゃがいもの串揚げ。北海道名物!」
[サブ]王河凌:「奇しくも男1女2で揃ったか」
[雑談]森濱くるみ:凌ちゃーん
[メイン]三枝リン:「……じゃあ、リードしなさいよ」
[雑談]リサ:あ、リンちゃん
[サブ]神地明奈:ああ、アレね
[サブ]王河凌:「……ほう、ケント!戦技魂!」 便乗
[雑談]三枝リン:ん?
[メイン]フレデリカ:ハンドクラップハンドクラップで煽っていくナマモノ
[雑談]王河凌:ん?
[メイン]リサ:「ご期待に添えるように頑張ります」
[雑談]森濱くるみ:今くるみからリサちゃんとリンちゃんとリカちゃんとか皆の撮影して置いおいてってLINEすることにする
[サブ]標津カルトーシカ:「さす膳さん」はぐはぐ
[サブ]ノア・リーリエ:「戦技ラムネWIMA……」
[雑談]荒谷膳:ふかしたお芋に衣付けてあげるだけという北海道におけるドライブインの定番
[サブ]神地明奈:「……」 静かにむぐむぐプリンを咀嚼している。
[メイン]リサ:あ、リンちゃん天上の美だよね?
[雑談]王河凌:ああ、ほいほい
[雑談]リサ:wwwwwwwwwwwwwww
[メイン]千種零一:いつもの仏頂面
[サブ]ノア・リーリエ:「執行委員魂!!」共通点が見当たらなかった
[サブ]王河凌:「ん?」ぶーっぶーっ
[雑談]三枝リン:取られてしまう
[メイン]日廻一色:「うおっまぶしっ」美オーラに押される
[サブ]王河凌:「…………なんだ、くるみ?……写真を撮れと、あいつも物好きだな」
[メイン]三枝リン:うん>天上の美
[メイン]リサ:こっち精神+天上の美で判定するつもりなので
[サブ]ノア・リーリエ:「……写真?」
[サブ]王河凌:「えーっと、『よかろう!覇王の恵みをありがたく受け取れー!』っと」
[メイン]リサ:揃えない?(一緒にダンス
[雑談]フレデリカ:自分で言っておいてこりゃ確実に揃わないラインダンスとかあの手の絵面になる気しかしなくなっていく
[サブ]ノア・リーリエ:「あーキャンプファイヤーだもんね。記念写真の一枚も映えそう」
[メイン]リサ:というわけで精神+天上の美
[メイン]リサ:5d+9
DiceBot : (5D6+9) → 17[4,4,5,3,1]+9 → 26

[雑談]王河凌:『よかろう!覇王の恵みをありがたく受け取れー!』と返した>くるみ
[サブ]標津カルトーシカ:「それにしてもダンスって専門家とかいたっけ」
[雑談]荒谷膳:なんでバトッてんの向こう・・・
[雑談]森濱くるみ:動画がいいな!
[メイン]三枝リン:いいよ こっちもその組み合わせが一番高いし
[サブ]ノア・リーリエ:「ダンスはあまり聞かないわねぇ」
[サブ]王河凌:「うむ、お前らも隙あらばとるといいぞ、くるみたちも見たがっているようだ」
[雑談]森濱くるみ:なお
[雑談]王河凌:わかった
[メイン]三枝リン:精神+天上の美
[メイン]三枝リン:5d+9
DiceBot : (5D6+9) → 11[5,3,1,1,1]+9 → 20

[メイン]三枝リン:あのさああああああああああああああああああああああああああ
[雑談]日廻一色:リンちゃん……!?
[サブ]神地明奈:「じゃあ動画撮っときますね」
[サブ]王河凌:「動画にしてくれ、と……『心得た!』と」
[雑談]森濱くるみ:春先輩はくるみが見たいってことはあっちのを見たい人がいるから、と自分で男祭り撮影し始めた
[メイン]リサ:えーまあ
[雑談]王河凌:動画で撮影な
[雑談]神地明奈:出た!いつものゆずるんだ!
[メイン]リサ:技能でいけるので、ね?
[雑談]ノア・リーリエ:向こう殴り合ってるwwwwww
[雑談]フレデリカ:緊張でしくったか!
[雑談]ノア・リーリエ:ダンスを!しろ!
[雑談]ケント・テイラー:ごめんちょっとマシントラブルが
[メイン]リサ:3と1を6に
[雑談]ノア・リーリエ:演舞じゃないんだぞ!
[雑談]伏見春:1班4班の録画ビデオはこちらにある!!
[雑談]千種零一:おかえり、眼鏡ここに置いといたよ
[サブ]王河凌:ということで×periaのスマホビデオを取る
[雑談]日廻一色:よかったよかったおかえりー
[メイン]三枝リン:はい……1と1を6に……
[雑談]伏見春:安心してくれ!!
[雑談]フレデリカ:表酷いな!!wwwwwwwwww
[メイン]リサ:34のー
[メイン]リサ:振り足し行くか
[メイン]リサ:2d
DiceBot : (2D6) → 9[3,6] → 9

[サブ]標津カルトーシカ:「聞かないよね、強いて言うなら動きのダイナミックさとかになるのかな?」
[メイン]リサ:よっし、42
[メイン]リサ:SSS
DiceBot :成功度表(2[1,1]) → 得点−1

[雑談]王河凌:リンはやはりら行
[サブ]ノア・リーリエ:「こーいうのフレちゃんが得意だーって話聞いたんだけどなー」なんて言いつつスマホを取り出す
[メイン]三枝リン:振り足しした時に1出ると失敗カウントになるんだっけ?
[雑談]日廻一色:最初ラインダンスしつつどうせだし最後ケント君と踊るわ!(流れ)
[メイン]リサ:1出目上げて5点です………
[メイン]リサ:なる>振り足し
[メイン]書記:罰ゲーム表は振るが
[サブ]ノア・リーリエ:「といってもダンスと演舞って違うわけだしー?向こうとか間違いなく演舞になってそうだけど」
[メイン]書記:まあ達成値自体は上がるぞ
[サブ]ノア・リーリエ:「優雅さ!華麗さ!大胆さ!みたいな」最後は間違いなく違う
[雑談]千種零一:いちゃつきやがって
[メイン]フレデリカ:とりあえずじゃあー振ってってから色々やろうかなっと(ぶんぶん
[雑談]日廻一色:なんで先に2人判定お願いします
[サブ]荒谷膳:「どっちにしろさ、みんなすげぇよなー」
[雑談]フレデリカ:はーい
[サブ]標津カルトーシカ:「うーんダンスと演舞の違いかぁ」
[メイン]千種零一:俺は精神と技能美形で
[サブ]王河凌:「それはそれで愉快でよいではないか」
[メイン]三枝リン:じゃあ振りたし
[サブ]ノア・リーリエ:「膳君もこの後踊る?」
[メイン]三枝リン:2d
DiceBot : (2D6) → 8[3,5] → 8

[サブ]荒谷膳:「俺ぁそういうのうまくできねぇや」
[メイン]千種零一:5d+10
DiceBot : (5D6+10) → 16[2,3,2,6,3]+10 → 26

[サブ]荒谷膳:「ノアがよけりゃーな」
[サブ]王河凌:「ふふん、踊りなら振り付け表があれば問題なくできるぞ!」
[メイン]千種零一:2と2を6にして34の、振りたし
[メイン]フレデリカ:5d6+10 精神使用、技能:アーティスト利用先置き!
DiceBot : (5D6+10) → 21[3,3,4,5,6]+10 → 31

[メイン]千種零一:3d
DiceBot : (3D6) → 5[1,3,1] → 5

[サブ]ノア・リーリエ:「私はもちろん、喜んで。後予約予約ーってね」
[メイン]三枝リン:38
[メイン]千種零一:うわっ、一足りてねえ
[サブ]ノア・リーリエ:「振り付けさえあれば何だってこなしてみせる!って感じ?」
[雑談]書記:ここで1を出せばめちゃ美味しかったのに……という顔
[サブ]神地明奈:「ん、あ」
[メイン]三枝リン:SSS
DiceBot :成功度表(9[5,4]) → 得点+4

[サブ]神地明奈:膳とノアを交互に見る。今気づいた。ノアを見る。
[サブ]王河凌:「そういうわけだ!ふははははははは!」
[雑談]MGM:24時10分目安ねー
[メイン]千種零一:SSS
DiceBot :成功度表(7[2,5]) → 得点+3

[メイン]ノア・リーリエ:それファンブル
[メイン]ノア・リーリエ:1,1出てるから
[メイン]三枝リン:得点+7
[メイン]リサ:リンちゃん7点で
[サブ]標津カルトーシカ:「踊る……相手がいないや」
[メイン]日廻一色:うん(
[メイン]リサ:合計12点、と
[メイン]リサ:はい>零一罰ゲ
[メイン]フレデリカ:えーと3をどっちも6コンバで37
[メイン]千種零一:あっと振れねえや
[サブ]ノア・リーリエ:「……」目をそらす
[雑談]ケント・テイラー:ちょっとこれ表いまどうなってる?
[メイン]リサ:じゃあいくぞーっと
[メイン]フレデリカ:2d振りたしぃ!
[雑談]千種零一:判定中
[メイン]フレデリカ:2d6+37
DiceBot : (2D6+37) → 7[2,5]+37 → 44

[雑談]三枝リン:ケントと一色以外が判定してる
[メイン]リサ:「それじゃ、こういう場だし」
[雑談]日廻一色:これれいいっちゃんも罰ゲ表になるんだっけ? どうだっけ
[雑談]ケント・テイラー:入るタイミングを見失ってしまった……
[雑談]日廻一色:うん
[雑談]日廻一色:この辺から遅れてやってきた感じがいいかなと
[雑談]ノア・リーリエ:なるはず
[サブ]荒谷膳:「ん、どーしたノア?」ぽむぽむ
[メイン]フレデリカ:SSS で+5っと
DiceBot :成功度表(8[5,3]) → 得点+3

[雑談]ノア・リーリエ:39だから+3固定かしらね
[メイン]千種零一:batut
DiceBot :罰ゲーム表(54[5,4]) → [突然の盥]金盥があなたの上に落ちてくる、リアクションするともう一個降ってくる。

[雑談]書記:じゃあケント俺が連れて行こうか
[メイン]リサ:「元気よく、いきましょっか!」 リンの手を取って、ポルカのリズムで軽快に足さばきを始める
[メイン]千種零一:軽いので良かった
[雑談]フレデリカ:はっはっは
[雑談]書記:(所用があったということにして入るなら)
[サブ]神地明奈:「えーとですね」 スマホぽちぽち。
[メイン]ケント・テイラー:「……すまない!遅くなった!」
[メイン]三枝リン:「えっ、わっ!?」元気よく踊るリサに、なんとか合わせる。
[雑談]ノア・リーリエ:こっちが12の
[雑談]フレデリカ:もうこれ好き勝手になる系だな?
[メイン]ケント・テイラー:音もなくひらっとその場に舞い降りる。
[サブ]神地明奈:「こうです。」 そして膳への惚気で顔真っ赤にしてるノアの写真一覧を膳に見せる。
[メイン]ケント・テイラー:「おや、すっかりと出遅れてしまったか」
[雑談]ノア・リーリエ:向こうも12か
[雑談]ノア・リーリエ:キャンプファイヤーだしね!
[メイン]日廻一色:総合魂3人でラインダンスを始めていたところで
[雑談]書記:大丈夫そうだな
[雑談]ノア・リーリエ:楽しんだもんがちよ!
[メイン]千種零一:踊りだす前にタライを受ける。いてぇ
[雑談]フレデリカ:コレ金ダライの勢いで分裂してそのままヒメ先輩をケンさんとこ送ればいいのでは? とか思い出したんだ
[メイン]リサ:「っとと、ちょっと早かったかしら?」
[雑談]書記:一方その頃、向こうでは
紅大吾:batuT
DiceBot :罰ゲーム表(54[5,4]) → [突然の盥]金盥があなたの上に落ちてくる、リアクションするともう一個降ってくる。

[サブ]ノア・リーリエ:「わー!わー!」ぶんぶんと間に割って入って
[サブ]荒谷膳:じーっと見て
[メイン]日廻一色:「いやいやケント君! まだまだ間に合うZE! ってのわあっ!?」
[雑談]千種零一:草
[サブ]ノア・リーリエ:「ほら!ダンス!ダンス撮らなきゃ!!見なきゃ!!!」
[サブ]王河凌:「………………なるほどなるほど」 納得したようにうなずく
[雑談]MGM:このキャンプファイヤーもしかして盥だらけなの???
[見学用]どどんとふ:キャラクター名:彩めぐる、状態:1通常、はすでに登録済みの立ち絵が存在します。
[サブ]王河凌:「いわゆるホとやらだな!」
[メイン]千種零一:(やっぱり禁断症状だったのでは?)
[メイン]千種零一:めっちゃどもってる先輩を見て冷静にそう思った
[メイン]三枝リン:「もうちょっと、ゆっくり
[サブ]神地明奈:「これ全部膳先輩のこと話しながらしてる顔なんですよ。すごいですよね。」 ぱらぱら写真変えつつ。
[雑談]ノア・リーリエ:誰がそんなことを……
[サブ]荒谷膳:「やっぱお前可愛いなー」ぽんぽんとノアの頭軽く叩くと、明奈にサムズアップ。  グッジョブ!
[サブ]王河凌:「そうなのか?ふむふむ」
[雑談]ノア・リーリエ:ちなみに今12点同点なので
[雑談]ケント・テイラー:あっ普通にはいっちゃった
[雑談]ケント・テイラー:ごめんなさい!
[雑談]ノア・リーリエ:日廻先輩とケント君次第だぜ勝敗は!
[サブ]王河凌:興味津々に眺める
[メイン]三枝リン:「踊ってくれる、と、助かるわね」
[雑談]ケント・テイラー:ああ!!
[サブ]神地明奈:満面の笑みで膳にサムズアップを返す。
[メイン]リサ:「ん、そうね、ペースをあわせて、っと」 リズムを落として、フォークダンスのようにゆったりと
[メイン]日廻一色:「そっちはそっちで楽しんでるねー! よっしゃ2人! あと任せた!」
[サブ]神地明奈:「あ、あとお腹弱点なので今度弄ってあげてください」
[サブ]ノア・リーリエ:「うにゃぁ……」真っ赤になって縮こまる
[メイン]日廻一色:「私はあのスケベ眼鏡と直接対決してくる!」
[サブ]荒谷膳:「ん、知ってる」 さらっ
[サブ]王河凌:「おお、なかなかうまいな!さすがはリンとリサ!」
[メイン]ケント・テイラー:「ふむ。どうやら同じことを考えていたらしいな?」
[サブ]神地明奈:「あ、やっぱ知ってたみたいですよノア先輩」 視線を移す。
[メイン]彩めぐる:専門技能<変装>と感知で
[雑談]書記:いや入りづらいなら~って感じだったから自然に入れるなら問題なしだ
[メイン]三枝リン:「そう、それぐらいなら……」ゆったりとしたペースに合わせる
[メイン]彩めぐる:5d+10
DiceBot : (5D6+10) → 19[5,4,1,4,5]+10 → 29

[メイン]ケント・テイラー:「だが一つだけ訂正させてもらおう。スケベは余計だ」
[メイン]フレデリカ:「おーる、らーいとヒメせんぱぁい!」 軽い足取りでステップを踏みつつ。
[メイン]彩めぐる:14!
[メイン]彩めぐる:2d
DiceBot : (2D6) → 7[5,2] → 7

[サブ]ノア・リーリエ:「私だって知られてることくらい知ってらぁ!」やけくそで叫びつつ
[サブ]王河凌:「行けケント!戦技魂!後写真持っているなら返せ!!!!」
[サブ]ノア・リーリエ:「ダンスみよーよーダンスー」
[サブ]神地明奈:「かーわいー」
[メイン]彩めぐる:たぶん30以上40以内
[サブ]ノア・リーリエ:ぐるんぐるんとおめめ回しつつ向こうを見やる
[雑談]ケント・テイラー:料理で専門技能いくついくつつかった?
[メイン]リサ:「ん、ならこのままいきましょう、か!」 ペースを合わせて、息が合い始めて
[サブ]神地明奈:まあからかうのはこのぐらいにしてダンスを見よう。カメラを戻す。
[メイン]彩めぐる:sss
DiceBot :成功度表(8[2,6]) → 得点+3

[雑談]ケント・テイラー:この野郎!変装しやがったな!
[メイン]彩めぐる:8点!
[メイン]千種零一:「ダンス対決ってそういう趣旨だっけ。まいっか」
[雑談]ケント・テイラー:あーこっち回数残ってないと
[サブ]ノア・リーリエ:「ポルカポルカにラインダンス……それとーあの二人は?」
[メイン]リサ:黒い二人の少女が、炎の赤い光を浴びながら
[雑談]千種零一:日廻先輩とテイラー先輩で
[雑談]ケント・テイラー:ふむ、つまりありのままの私で殴り合おう
[メイン]リサ:楽し気にダンスを披露していく
[メイン]彩めぐる:「これほんとは内緒の服装だから! みんなにはないしょだよ!!」
[雑談]ノア・リーリエ:はー
[雑談]リサ:いや
[雑談]ノア・リーリエ:のっぶとのぶかつですか
[雑談]王河凌:何?れりごーするの?
[雑談]リサ:6回だから
[メイン]リサ:技能6回だから
[メイン]フレデリカ:「れーくんれーくん、でもさ、いっそもうこれ好き勝手やっても楽しそうじゃない?」 ヒメ先輩リリースしたし。
[メイン]リサ:ケント君もいけるよ
[雑談]ケント・テイラー:ああ残ってるのか
[サブ]標津カルトーシカ:「やっぱり身体動くとダンスも映えるなぁ」
[雑談]千種零一:「世界中を驚かせてしまうよるになる」のとこか「南南西を目指してパーティを続けよう」のとこ踊ってればいいのではと思った
[雑談]千種零一:ちょうどシュガーソングだし
[雑談]王河凌:最初の種目全員使わなかったからね
[メイン]彩めぐる:「征くぞケント君!」ルーンを飛ばすとキャンプファイアーが制御され
[雑談]ノア・リーリエ:というか
[雑談]ノア・リーリエ:最初の種目で使ってるのが
[雑談]ノア・リーリエ:四班だけ
[メイン]三枝リン:リサに合わせて、微笑みを見せながら踊る。
[メイン]千種零一:「ま、ルール無用だしな。そんなもんだろ」
[メイン]リサ:「楽しいでしょ!」
[メイン]彩めぐる:火を自由に操ってバックにスタンバイさせる、氷のイス・ルーンを自分に使ってるから熱くないよ!
[メイン]ケント・テイラー:「……そう来ますか……」
[雑談]王河凌:どうでもいいけど、凌で最初に考えてた読み方(りょう)だったら
[雑談]王河凌:トリプルリリリだったのか
[メイン]三枝リン:「そうね。楽しいわ」
[メイン]千種零一:足捌きでステップを踏んでいる
[雑談]王河凌:今だとリシリ、昆布である
[雑談]千種零一:シノだと地味に変換出来ない
[メイン]彩めぐる:さあ来いよ判定!
[雑談]ノア・リーリエ:うむ
[メイン]リサ:「うん、だからもっと軽やかに!」
[雑談]王河凌:あれ、こっちは変換できるのよね
[メイン]三枝リン:「ええ!」
[サブ]ノア・リーリエ:「黒い影に総合魂」
[メイン]千種零一:「にしても日廻先輩えらい変わり方だなぁ、物理的に」
[メイン]ケント・テイラー:専門技能:変装術と感知で
[サブ]荒谷膳:体が自然とリズムを刻む
[雑談]フレデリカ:手離してお互い向き合ってステップ辺りかー
[雑談]王河凌:基本的に自分のPCで変換できることは重要視してるけど
[メイン]彩めぐる:黒髪に赤いマントをたなびかせ、真っ赤な瞳で不敵に笑う
[サブ]ノア・リーリエ:「後二人は、燃えるような踊りって感じね。ぶつかり合いつつも認めあって、一体とかしてる」うっとりと見ている
[雑談]リサ:今14対12か>ダンス対決
[サブ]王河凌:見よう見まねでうろ覚えのブレイクダンスをしてみる
[メイン]比良野健人:5d+8
DiceBot : (5D6+8) → 10[1,3,1,3,2]+8 → 18

[雑談]千種零一:シュガーソングの全員でわちゃわちゃ踊ってるシーンが好きなので
[雑談]千種零一:それっぽいこの状況は割と好き
[メイン]比良野健人:えーっと1と1を6にして
[サブ]神地明奈:片手でプリン食べつつ片手で撮影する作業。
[メイン]フレデリカ:「ホントに、ね、何処で教わったんだか」 にひひひ、とパっと手離して。
[メイン]ケント・テイラー:「ならば
[雑談]リサ:たまこさん…やはりホークアイは敵…
[雑談]フレデリカ:れーくんれーくん!
[雑談]千種零一:なんだね
[サブ]王河凌:ちなみにスマホは面倒なのですでに固定済み
[雑談]フレデリカ:虚像投影してミラーダンスはどうだい!!(
[メイン]比良野健人:ぶわり、と黒い影が少年を包み、影が衣装を作り出す。
[雑談]リサ:wwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
[雑談]彩めぐる:シュガーソングとビターステップのあの抱えられてくるくる回る奴
[雑談]王河凌:いいか、夜明けの常識だ
[雑談]王河凌:ホークアイは地雷!!!!
[サブ]ノア・リーリエ:「おーおー観客席も盛り上がってきてるわね」
[雑談]フレデリカ:(ちょうど南南西を目指して辺りを見返した
[雑談]千種零一:その発想はなかった
[雑談]千種零一:ちょうどさっき言った
[雑談]千種零一:「世界中を驚かせてしまう夜になる」のとこっしょ?>くるくる
[メイン]彩めぐる:あとさっきの計算間違えてた、42だから9点だ(
[サブ]神地明奈:凌先輩に倣ってこっちも固定することにした。
[雑談]ケント・テイラー:これ変更したぶんで振り足しってできるの?
[雑談]リサ:できる
[雑談]千種零一:まあ俺電脳術使えないけどなw
[メイン]彩めぐる:少年と手を握る
[メイン]比良野健人:2d 振り足し
DiceBot : (2D6) → 9[5,4] → 9

[サブ]標津カルトーシカ:「魔法を演出に使う なるほどなぁ」
[雑談]彩めぐる:できるできる
[雑談]彩めぐる:だからさらに+2d
[メイン]比良野健人:28+9でまあ得点3
[メイン]比良野健人:SSS
DiceBot :成功度表(7[6,1]) → 得点+3

[雑談]リサ:23の12でー
[雑談]リサ:んーダメだったか
[雑談]ノア・リーリエ:18だからこっちの勝ちかな
[雑談]リサ:まあしゃあないね
[雑談]ノア・リーリエ:勝負的には(こっち21
[雑談]フレデリカ:いやなんか此方が立ち絵探してつっこめばあの切り替わりつつやれるのいけるのでは? になったんだ
[メイン]比良野健人:「やれやれ、先手を取られてしまいましたか」
[雑談]ノア・リーリエ:53,58,64,58か総合得点は
[雑談]ノア・リーリエ:(ざっと計算していた
[雑談]リサ:3班突出してるなー
[メイン]彩めぐる:「へへっ」
[雑談]ノア・リーリエ:22,21,21
[メイン]比良野健人:恭しくその手を取り、真っ赤な瞳で挑発的に笑い返す。
[雑談]王河凌:3班強いな
[雑談]ケント・テイラー:総合力
[雑談]ノア・リーリエ:ちなみに22は一切技能使ってません。何故だ
[雑談]王河凌:これが総合魂……!
[メイン]彩めぐる:「取られたらどうするのかなーっ!」くるり、とターンして
[雑談]ノア・リーリエ:総合魂!!!!
[雑談]千種零一:3dで失敗するとは思わなかったからなーw
[雑談]王河凌:デパートみたいな魂しやがって!
[雑談]リサ:3dは失敗するよ(リンちゃんを見ながら
[雑談]伏見春:今表は一心が気配を消しながら戦って、アキラ君は炎舞のように舞いアッシュを狙ってる所
[雑談]荒谷膳:テントの時ひとつも技能使ってないんだよな・・・
[雑談]王河凌:(そごう通じる人いるんだろうか)
[雑談]ノア・リーリエ:何で表は戦闘してるのwwwwww
[雑談]彩めぐる:表10分できるらしいし私の最期の描写はこれでおっけい!
[雑談]ノア・リーリエ:そごうかww
[サブ]庶務:「いやぁ、青春だねぇ」
[雑談]三枝リン:模擬戦闘じゃねーか!
[雑談]王河凌:お前、死ぬのか……?
[サブ]神地明奈:「ですねー」
[サブ]王河凌:「うむ、見事なものだ」
[サブ]ノア・リーリエ:「あのキャンプファイヤーも後で解禁される系?」
[雑談]彩めぐる:あとケント君なんかあったら
[サブ]王河凌:「しかし……」
[サブ]ノア・リーリエ:「踊り足りないって人、いるでしょうし」私もそうだし
[サブ]書記:「アレにこう……『もうそろそろ終わりですよ』とは言いづらいな」 苦笑しつつ
[雑談]荒谷膳:というかこっちのメインすごく甘いのですが
[サブ]王河凌:「やけに一色とケント、息が合っているな、一応今は敵同士なのだが」
[雑談]森濱くるみ:こっちは凄く熱い模擬戦闘やってますよ
[サブ]書記:「ああ、その予定……のはずだ。細かいところはその場次第だからなんとも言えないが」
[雑談]沢渡籐矢:完全に模擬戦
[サブ]ノア・リーリエ:「そっかそっか。多々良先輩に空天先輩も運営お疲れ様」
[サブ]庶務:「私はここで念波を出していよう。テレパシー持っていないが」
[雑談]伏見春:執行委員の本気が見える
[サブ]ノア・リーリエ:「この後一緒に楽しみましょ!夜はこれからなんだから!」
[雑談]千種零一:ソイヤじゃん
[雑談]王河凌:こんなのダンスじゃないわ!ただの男巣よ!
[メイン]比良野健人:ひらりひらり、彼女の紅い衣とは対照的な漆黒の衣装で立ち回る。
[メイン]比良野健人:「何。そこから追いつくまでです」
[雑談]フレデリカ:表には呪いをついでに残してきたので管轄外です(雑談に
[メイン]比良野健人:「さて。それではラストダンス、このままよろしくお願い致しますね」
[サブ]庶務:「(……そろそろ終わるから、名残惜しいかもしれんが……きりがいい感じで斬るといいぞ……>メイン)」
[雑談]ケント・テイラー:ごめんまためっちゃ固まってた!
[雑談]千種零一:俺描写する事もう特にないんだよなw
[雑談]ケント・テイラー:大丈夫!
[メイン]彩めぐる:「承知!」
[雑談]書記:で、ポイントなんぼだっけ
[雑談]荒谷膳:もうソイヤとしかいいようないね
[雑談]彩めぐる:おっけい!
[雑談]ノア・リーリエ:3班が21、2班が18
[雑談]リサ:えーっと
[雑談]ノア・リーリエ:のはず
[雑談]書記:OK
[雑談]リサ:それであってる
[雑談]フレデリカ:ラストの流れがとてもキレイだった
[雑談]ケント・テイラー:表何やってんのwwwwww
[雑談]ケント・テイラー:ふう……
[雑談]彩めぐる:wwww
[メイン]SGM: 
[メイン]SGM: 
[メイン]SGM: 
[雑談]彩めぐる:終わったら着替えとこっかな
[メイン]SGM: 
[雑談]ケント・テイラー:変装姿見せちゃったけどまあ全国ネットで放送されてるわけでもないし問題ねえな!
[メイン]SGM: 
[メイン]SGM: 
[メイン]SGM: 
[メイン]SGM: 
[メイン]SGM: 
[メイン]SGM: 
[雑談]日廻一色:ぬぎぬぎ
[雑談]日廻一色:だいじょぶだいじょぶ
[雑談]リサ:表はなんかもうあれです
[雑談]リサ:男が集うと戦場
[雑談]リサ:みたいな
[雑談]ケント・テイラー:私のは急ごしらえの影での塗り替えだし
[メイン]アーサー:「……競技ダンスならともかく、こういうものに点数をつけるのは無粋な気がする、が……まあ、そういう役どころだからね……」
[雑談]ケント・テイラー:早着替え覚えるかなあ
[雑談]ケント・テイラー:私も決闘したい~~
[雑談]王河凌:そうか、あの姿であたい様のブルマ写真を
[雑談]ケント・テイラー:違うわ!!!!
[雑談]リサ:一色の変装ってなんか設定的意味合いあるの?
[メイン]アーサー:「…………皆よく踊れてはいたけれど、うん」
[雑談]日廻一色:ない!!
[雑談]ノア・リーリエ:はい!!
[雑談]ノア・リーリエ:というかケントくんも日廻先輩も
[雑談]日廻一色:wikiに書いてある以上の設定はないです
[雑談]リサ:はい!>ない
[雑談]ケント・テイラー:いつの間にか覚えていたんだ……ノッブが良くない?とか言い出して……
[雑談]ノア・リーリエ:どっちも裏調査とか色々してた人たちじゃないっけ
[メイン]アーサー:「……今回の勝負は、『より楽しんだ方が』……と、いうことらしいから。うん」
[雑談]ノア・リーリエ:違ったらしい
[雑談]フレデリカ:血界EDみたいな光景だったろうで満足している
[雑談]ケント・テイラー:一色はそんな裏回りはしてない
[雑談]ノア・リーリエ:それでノブカツになったのか……
[メイン]アーサー:「いや、どちらもとても楽しんでいるんだろうけれど……」
[雑談]千種零一:このアーサーさんのくどい感じ面白い
[メイン]アーサー:「……元気さ、躍動感、で言うと。やはり……3班、だなぁ」
[雑談]ケント・テイラー:私はキャラペ立ち上げたときから変装のとこにカッツって書いてるから
[メイン]アーサー:「うん、でも、いいね。私にもあんな青春があった……」
[メイン]アーサー:「………………」
[雑談]ケント・テイラー:カッツがFGO登場して3秒で採用した
[雑談]ノア・リーリエ:あぁ逆なのね
[雑談]日廻一色:ケント君に裏周り系の何かに付き合う時のために覚えた
[雑談]ノア・リーリエ:のぶかつだからのっぶになったと
[雑談]MGM:あったんすかアーサーさん
[雑談]ノア・リーリエ:付き合いやがって!
[雑談]日廻一色:うん
[メイン]アーサー:「…………………本格的に泣けてくるから、うん、この辺にしておこう」
[雑談]ノア・リーリエ:いやまぁ付き合ったんだけど
[雑談]ケント・テイラー:あったのか……
[雑談]リサ:wwwwwwww
[メイン]アーサー:「昔は可憐、今はかかあ天下……」
[メイン]SGM: 
[メイン]SGM: 
[メイン]SGM: 
[メイン]SGM: 
[メイン]SGM: 
[メイン]SGM: 
[メイン]SGM: 
[メイン]SGM: 
[雑談]ノア・リーリエ:アーサーさんwwwww
[雑談]日廻一色:先生ww
[雑談]千種零一:wwwww
[雑談]三枝リン:哀しい
[雑談]ケント・テイラー:wwwwwwwww
[雑談]王河凌:切ない
[雑談]神地明奈:いつの世も青春が花
[雑談]ケント・テイラー:一色は可憐ってタイプではないからかかあ天下にはならないな……
[雑談]フレデリカ:でもその頃からの付き合い長い奥さんいるってことか……wwww
[メイン]庶務:「アーサー君の名誉のために言うと、今でもちゃんと愛し合ってるらしいので安心したまえ」
[メイン]庶務:「というわけで僅かな時間だが、自由時間だ!」
[雑談]標津カルトーシカ:かなしい
[雑談]ノア・リーリエ:何だかんだ幸せに暮らしてそうだもんねアーサー
[雑談]日廻一色:ノリです
[雑談]ケント・テイラー:主導権をキープするのだ……
[メイン]庶務:「また踊る時間も取れるので、好きに寛いでくれ。飯もダンスも逃げやしない」
[雑談]リサ:ええ奥さんやん
[雑談]ケント・テイラー:ノリです
[サブ]SGM: 
[サブ]SGM: 
[雑談]ノア・リーリエ:(出来るの?
[サブ]SGM: 
[サブ]SGM: 
[サブ]書記:「ああ、一応こっちも開けておくから。好きに使ってくれて構わない」
[雑談]ケント・テイラー:たまこさんは死ぬほどしんどいけどケントくんはなんやかんや言ってちゃんとできる子だから
[雑談]日廻一色:wwwwwwwww
[メイン]SGM:25分目安で表に移動するらしいぞ!
[メイン]SGM:というわけでフリータムだ
[メイン]日廻一色:「うおおおおおお今度は勝ったーーーーーーーー!」
[雑談]千種零一:wwwww
[サブ]SGM:25分目安で表に移動しまーす。
[雑談]ケント・テイラー:PLとPCのメンタリティの違い
[雑談]フレデリカ:ケンさんは肝心要で尻に敷かれそう感が高く見えてしまうのはなずぇだ
[メイン]ノア・リーリエ:「総合魂!!」
[メイン]日廻一色:「総!」
[メイン]千種零一:ぱちぱちぱち
[雑談]フレデリカ:PLのしんどみは分かる
[メイン]日廻一色:「合!」
[メイン]リサ:「んー負けちゃった、か」
[メイン]日廻一色:「魂!!」ノア零一とハイタッチ
[メイン]ノア・リーリエ:「……というよりは、お熱い関係って感じだった気がしなくもないけど?」ハイタッチを返しつつ
[メイン]リサ:「頑張ったんだけれどなー」
[メイン]ケント・テイラー:「……ふう。やれやれ、申し訳ない」
[メイン]荒谷膳:「みんな、お疲れさん!」
[メイン]ケント・テイラー:ひらひらと仲良く踊っていた女子コンビに手を振る。
[メイン]日廻一色:「いやーなんか勢いでつい」
[メイン]千種零一:「お見事でしたね」少し笑みを漏らしハイタッチに答える
[メイン]三枝リン:「ん、まぁいいわよ。楽しかったし」
[メイン]王河凌:「うむ、よかったぞ皆よ!」
[メイン]フレデリカ:ぴたっと動き止めーの戻ってきた。
[メイン]リサ:「ん、そうね」
[メイン]リサ:「楽しかったから吉って事で!」
[メイン]日廻一色:「リサリンちゃんもおっつー!」
[雑談]ケント・テイラー:肝心なところで尻に敷かれそう感が見えてしまうのはPLの気質だからもうどうしようもないです
[メイン]王河凌:「ばっちり動画も撮影しといたぞ、後で見るといい」
[雑談]ケント・テイラー:頑張る……
[メイン]リサ:「謝らなくていいの」
[雑談]MGM:25分ぐらいに全員一回表集合で移動なので覚えておいてね
[メイン]ノア・リーリエ:「楽しかったら良しってことよ!」
[雑談]MGM:3班はめっちゃ移動させて申し訳ない
[メイン]千種零一:「ま、こういうのもたまには悪くない」
[メイン]王河凌:スマホさっ
[メイン]ノア・リーリエ:「世の中楽しんでなんぼだしね!」
[メイン]標津カルトーシカ:「おつかれ~」モグモグ
[メイン]フレデリカ:「にははは楽しかったね、っと」
[メイン]リサ:「お疲れ様…ってなんで合体してるのよ」
[メイン]リサ:「……ん?」
[雑談]ノア・リーリエ:布教の旅
[メイン]ケント・テイラー:「おお、どれどれ」
[雑談]ノア・リーリエ:全移動かそういえばwwww
[メイン]ケント・テイラー:スマホひょこっ
[メイン]三枝リン:「お疲れ様……って」
[雑談]フレデリカ:オモテウラに叫ばれる総合魂
[メイン]王河凌:「後で向こうの連中にも見せるつもりだ」 再生する
[雑談]SGM:どっかは2回移動しないとイケないからねぇ
[雑談]ノア・リーリエ:表から裏、裏から表、表から裏、裏から表
[メイン]日廻一色:ケントと一緒に凌の撮った映像を観てみる
[メイン]三枝リン:「ちょっ、何で録画してるのよ!?」
[メイン]リサ:「あら、いつの間にとってたの?」
[メイン]標津カルトーシカ:「あぁ、そのために撮ってたんだ」
[メイン]神地明奈:「お疲れさまでした」 プリンもぐもぐ。
[雑談]ノア・リーリエ:一番初めから数えると四回移動してる(ぐるぐるぐるぐる
[雑談]ノア・リーリエ:まぁ別に移動大変じゃないし問題ないない!
[メイン]フレデリカ:←くるくる動き回りながら撮ってたであろうナマモノ
[メイン]日廻一色:「げへへ、よいではないかよいではないか~」リンにガシッと肩くんで
[メイン]三枝リン:お前か!?
[メイン]荒谷膳:「しっかしあんな難しい動きよくできるよなー・・・」
[メイン]フレデリカ:動画は管轄外でござる!! ござる!!!!!
[メイン]千種零一:「ていうか向こうは何か舞踏会じゃなくて武闘会してたらしいけど」
[メイン]ノア・リーリエ:「フレちゃんあの中でよく撮ってたわね」
[メイン]ケント・テイラー:「おお、出遅れたから序盤は見逃したんですよねえ」
[メイン]ノア・リーリエ:ぴょんぴょんとラインダンスを再現しようとするも身長がフレちゃんにさっぱり届かない
[メイン]日廻一色:「私は天才だからね!」膳にぐっと親指立てて
[メイン]三枝リン:「べ、別に撮る必要ないでしょ!?」
[メイン]千種零一:「どっかで聞いたようなフレーズだなぁ」
[メイン]リサ:「別にいいじゃない、減るものでもないし」
[メイン]神地明奈:「撮らないと記録に残りませんよ」
[メイン]王河凌:「さっきくるみに頼まれてな」 じーっと動画を見ながら
[メイン]荒谷膳:「うん、純粋にすごいっす!」
[メイン]フレデリカ:「まー連動した動きに作動してカチカチくらいはお手の物ですよ、記念写真記念写真」
[メイン]リサ:「ああ、ダンスってね、確かに何も聞かないと難しそう駄ケレdp」
[メイン]三枝リン:「くるみぃ…………」
[メイン]ノア・リーリエ:「記録にも記憶にも残ると素敵ってね。後から見返せるし」
[メイン]リサ:「音に合わせてなら、案外簡単よ……って」
[メイン]王河凌:「後で送っておくぞ、あいつもこれを見たら大層喜ぶぞ」
[メイン]日廻一色:「ふっ……それにしてもリサちゃんは育ちのよさを感じましたのう」
[メイン]リサ:「くるみが頼んだんだ?」
[メイン]ケント・テイラー:「……何故ダンス現場に金盥が……?」
[メイン]千種零一:「にしても。こういうダンスなら割といけるもんだ」
[メイン]王河凌:「うむ、見たいからぜひ撮ってくれとな」
[メイン]リサ:「まあ実際育ちはいいし」
[メイン]ノア・リーリエ:┌(┌^o^)┐クルミィ...
[メイン]日廻一色:「あとリサちゃんって一心君とくるみちゃんのどっちが本命なのー?」
[メイン]リサ:「……はい?」
[メイン]リサ:「え、なんでそんなことに?」
[メイン]日廻一色:「いやーなんかそういう話を聞いたので」
[メイン]王河凌:「何!?リサは一心だけじゃなくてくるみと付き合っているのか!?」
[メイン]ノア・リーリエ:「聞いたので」ひょこっ
[メイン]三枝リン:むっすー。
[メイン]リサ:「いやつきあってない、ないわよ」
[メイン]ケント・テイラー:金盥の後は自分たちの姿も映っている。
[メイン]ケント・テイラー:「客観的に見ると微妙に気恥ずかしいな、これ」
[メイン]リサ:「ていうかどこでそんな話が!?」
[メイン]日廻一色:リサと話しながらリンのほっぺたつついて
[メイン]王河凌:「知らなかったぞ、よくあいつの店には通って話はしていたが一度もあいつは言わなかったのに」
[メイン]フレデリカ:「伝言ゲーム発生してそうだなぁー」
[メイン]日廻一色:「そ、そうね……ちょっとやりすぎたかも」映像観つつ頬赤らめ
[メイン]ノア・リーリエ:「……それはそれとしてケント先輩、気恥ずかしいってことはやっぱりそういう」
[メイン]三枝リン:「むむむぅ……今回は、まぁ、ゆるしたげます……」
[メイン]標津カルトーシカ:「どっちか本命がいるって事?」
[メイン]ノア・リーリエ:日廻先輩の様子も見る
[メイン]リサ:「出鱈目!出鱈目よ!そりゃまあ仲はいいし、くるみがうちのメイドになってくれたら一生雇うけれど」
[メイン]ノア・リーリエ:「やっぱりそういう……」
[メイン]王河凌:「だが、いい絵だろう、お前たちはいいコンビだな」 >ケント一色に
[メイン]ノア・リーリエ:「ロマンチックだったわね……」うっとり
[メイン]千種零一:「うーん」
[メイン]千種零一:「……まぁ、いいんじゃないですかね」
[メイン]ケント・テイラー:「……ん、まあ」
[メイン]日廻一色:「まあはい」
[メイン]荒谷膳:「いいじゃないっすか一色サン。好きなら好きでさ。そういうの伝わってきてすげぇいいダンスだったっす」
[メイン]庶務:「ちなみに今、進道君と森濱君は紅君と手をつなぎ仲良くダンス中だ」
[メイン]庶務:「ライバルだなライバル!」
[メイン]ケント・テイラー:ノアの視線を受け、悪戯気な表情を浮かべてがっしと一色と肩を組んで見せる。
[メイン]王河凌:「むぅ、それはうらやましいな……あたい様もたまにくるみにトレーナーを頼めないものか」
[メイン]ケント・テイラー:「まあそういうことで」
[メイン]リサ:「……そこ、まぜっかえす事言わない」
[メイン]日廻一色:「のわっ!?」
[メイン]標津カルトーシカ:「なんとゆがんだ愛情か」
[メイン]ノア・リーリエ:「ひゅーひゅー」
[メイン]ノア・リーリエ:やんややんやと囃し立てる
[メイン]ノア・リーリエ:「お熱い告白ご馳走様!」
[メイン]フレデリカ:「おーおー」 構え構え。
[雑談]リサ:メイドで雇えるなら一生雇うという問題発言がスルーされる世界
[雑談]リサ:平和
[メイン]王河凌:「…………?執行委員同士、付き合い増えているのか?」
[雑談]ケント・テイラー:もうテレビではきのんに勝手に放送されたりもしたし誤魔化したりはしないで開き直りつつある
[雑談]ノア・リーリエ:問題発言すぎる
[メイン]日廻一色:「って、ってかもう移動時間だよ!」紅くなりつつぶんぶんとカメラに手を振り
[メイン]王河凌:今更気付く
[メイン]千種零一:「はいはい、それじゃ集合しますか」
[雑談]ケント・テイラー:リサちゃん……
[メイン]神地明奈:無表情でプリンを食っている。
[メイン]千種零一:ぱんぱんと手を叩いて
[メイン]ノア・リーリエ:「はいはぁい、それじゃ集合場所にレッツゴーってね」
[メイン]書記:「らしいな。まあ、よくあることだ。執行委員同士でくっつくのとかは」
[雑談]フレデリカ:ツッコミ入れようかと思ったが真剣に掘り下げたら熟慮しないそれ?
[メイン]ノア・リーリエ:対抗するように膳君の腕を掴んで、集合場所へ
[メイン]リサ:「みたいね…これで何カップル目かしら」
[メイン]書記:「というわけで、多々良先輩の戯言は置いておいて、そろそろ最終結果発表です。向こう行きましょう」
[メイン]ケント・テイラー:「はい!そうですね!」
[メイン]リサ:「あーあー惚気合戦始めちゃって」
[メイン]庶務:[]
[雑談]リサ:うん
[雑談]荒谷膳:向こうやっとダンスを始めた
[雑談]リサ:実際出来る財力と環境はあるよ
[メイン]王河凌:「そ、そうなのか……」
[雑談]フレデリカ:(アウトの電光掲示板)
[メイン]庶務:「そしてその後はお待ちかねの自由時間! ちなみに『森の中』エリアが解放されるらしいんだが」
[メイン]荒谷膳:「・・・おうっ!」
[雑談]リサ:え、でもくるみちゃんメイドですよ
[雑談]リサ:欲しくないですか
[メイン]庶務:「この響きやばくないかね!? 私だけかねそう思うのは!」
[雑談]ケント・テイラー:リサちゃんほんと今日の茶番だけでお嬢様特権振り翳しすぎでは?
[雑談]王河凌:欲しい
[メイン]庶務:「森の!! 中!!」
[メイン]三枝リン:「森の中って……」聞きつつ移動する
[雑談]フレデリカ:欲したら得られることに問題はあると思うんだなぁ!
[雑談]森濱くるみ:一生!?
[メイン]ケント・テイラー:「たとえ火の中水の中草の中、森の中」
[メイン]神地明奈:「何を隠す森でしょうかね」
[メイン]MGM:あ、結局森の中は無いよ
[雑談]リサ:永久就職ですよ
[メイン]フレデリカ:「タラーさん今日テンション吹っ切れてませんか」
[メイン]庶務:「無いのかよ!!」
[メイン]神地明奈:おい庶務!!!
[メイン]ノア・リーリエ:wwwwwww
[メイン]庶務:空へ咆哮する。
[メイン]MGM:バーベキュー会場と川とキャンプファイヤーとテント区画です
[メイン]リサ:「連絡が行き届いてなくない?」
[メイン]MGM:テント区画は実質森の中と言えなくもない
[メイン]フレデリカ:「おお、やまびこ」
[メイン]ケント・テイラー:wwwwwww
[メイン]千種零一:「なんだこのコント」
[メイン]王河凌:wwwwwww
[雑談]MGM:ってことで
[メイン]王河凌:「……チームワーク、形成できているのか?」
[雑談]MGM:そろそろ移動よろしく
[メイン]庶務:「よく見たら変更の連絡来てたわ。まあ森の中に行きたいならドラマ判定しようということだな!」
[雑談]日廻一色:はーい
[雑談]フレデリカ:ハーイ
[雑談]三枝リン:はい
[雑談]ノア・リーリエ:まぁでも確かに、ああいう場面でさらっと肩を組む辺り
[メイン]書記:「できてるぞ。多々良先輩が仲間外れにされてるだけで」
[雑談]ノア・リーリエ:案外尻に敷かれないかもなと思いつつ
[雑談]ノア・リーリエ:移動をするのだポッター
[雑談]王河凌:ぱるぱるぱる
[メイン]リサ:「庶務なのに仲間はずれ…」
[メイン]書記:「完璧なチームワークだ。さぁ、結果発表、行くとしよう」
[メイン]SGM: 
[メイン]SGM: 
[メイン]SGM: 
[メイン]SGM: 
[メイン]SGM:  
[メイン]SGM: 
[メイン]SGM: 
[メイン]SGM: 
[メイン]SGM: 
[メイン]SGM: 
[サブ]SGM: 
[サブ]SGM: 
[サブ]SGM: 
[サブ]SGM: 
[サブ]SGM: 
[雑談]日廻一色:どっこいしょ
[リザルト]SGM:というわけで3班!
[リザルト]SGM:好意敵意MVPをどうぞ!
[リザルト]日廻一色:ふ~
[雑談]ノア・リーリエ:どっこいしょういち
[リザルト]SGM:あとついでに茶番なので「好意にも敵意にも使えるチケット」をPLに2枚進呈
[リザルト]SGM:PLにだからどう使うかは自由だ!
[リザルト]ノア・リーリエ:好意膳君MVP……フレちゃん!
[リザルト]荒谷膳:MVPは一色サン
[リザルト]ノア・リーリエ:はぁい>チケット
[リザルト]日廻一色:好意膳君のMVP零一君かな
[リザルト]SGM:あ、あと3班は
[リザルト]SGM:優勝したから3万円を各自に与える。
[雑談]紅大吾:ノア、年取ったな……
[リザルト]日廻一色:やったーーーーーーーーー!
[リザルト]ノア・リーリエ:金一封だぞ!!
[リザルト]荒谷膳:好意は零一
[雑談]ノア・リーリエ:なんのことやら
[リザルト]荒谷膳:よっしゃ
[リザルト]フレデリカ:MVPはヒメ先輩へシュウーッしつつ好意敵意に悩む
[リザルト]フレデリカ:なんとなく好意をれーくんに投げ込むとする
[リザルト]ノア・リーリエ:えー多分膳君以外出会ってないよね
[リザルト]ノア・リーリエ:ってわけで印象好意もシュート
[リザルト]フレデリカ:あ、そうかそれもある、リーちゃんことノアちゃんにシューット
[リザルト]フレデリカ:>印象好意
[リザルト]日廻一色:たしかに
[リザルト]日廻一色:印象好意れいいっちゃんっと
[リザルト]千種零一:とっとっと
[リザルト]荒谷膳:一色さんは会ったっけ
[リザルト]千種零一:えーっと好意フレデリカ
[リザルト]日廻一色:まちがえたww
[リザルト]日廻一色:印象好意膳君!
[リザルト]千種零一:MVPは膳
[リザルト]SGM:ひめひめふれれいぜん
[リザルト]SGM:一色がMVP、MVPは経験点+3です。
[リザルト]日廻一色:あと感情は零一君膳君に信頼とフレちゃんノアに期待にかえとこっかな
[リザルト]SGM:おめでとうございます。
[リザルト]日廻一色:やったぜ! ありがとう!
[リザルト]荒谷膳:一色さんに印象好意
[リザルト]千種零一:おめおめ
[リザルト]SGM:では次、4班!
[リザルト]荒谷膳:おめでとう
[リザルト]日廻一色:あとこれノアちゃんにも印象好意持ってないね、印象好意で(しゅっ
[リザルト]SGM:好意敵意MVP!
[リザルト]ノア・リーリエ:おめでとー
[リザルト]紅大吾:えーと、印象好意を蟹とアキラに渡しつつ
[リザルト]筒壬住吉:じゃあ好意紅でMVPは えー……藤矢
[リザルト]沢渡籐矢:印象好意と大吾とアキラに
[雑談]千種零一:あとチケット破れるんだったよな
[リザルト]沢渡籐矢:好意はアキラでMVPは住吉
[リザルト]谷地アキラ:あー、印象好意もいいのか
[リザルト]紅大吾:こういう時はチョイスだな……
[雑談]ノア・リーリエ:感情は好奇心で>膳君以外の三人
[雑談]日廻一色:せやね
[リザルト]アズラエル:1d4+1d4
DiceBot : (1D4+1D4) → 2[2]+1[1] → 3

[リザルト]谷地アキラ:えーと、沢渡と紅に印象好意の
[リザルト]紅大吾:choice[蟹,谷,住,アズ]
DiceBot : (CHOICE[蟹,谷,住,アズ]) → 住

[雑談]ノア・リーリエ:最新チケットいつだっけ
[リザルト]アズラエル:好意を沢渡に、MVPを住吉に
[リザルト]筒壬住吉:あ、アズラエルに印象好意
[雑談]日廻一色:何点かまだ発表されてないけど
[リザルト]谷地アキラ:好意沢渡、MVP住吉かな
[リザルト]紅大吾:1d4
DiceBot : (1D4) → 4

[雑談]日廻一色:この茶番と同じタイミングで配られるみたいなことをさっきMGMが言ってた、リザルト終わった後にもっかいきこう
[リザルト]SGM:かにすみすみすみすみ
[リザルト]紅大吾:好意住吉、MVPアズラエル
[リザルト]沢渡籐矢:あ、アスラエルにも印象好意だった
[リザルト]沢渡籐矢:濁点がどっかいった
[リザルト]SGM:かにすみすみすみあずだった
[雑談]ノア・リーリエ:にゃるほど
[リザルト]アズラエル:沢渡に好意が集いて道となる!
[リザルト]SGM:どっちにせよ住吉がMVP、経験点+3!
[リザルト]筒壬住吉:やったー
[リザルト]SGM:各自PLレベルで『好意にも敵意にも使えるチケット』を2枚進呈
[リザルト]沢渡籐矢:おめでとー
[リザルト]SGM:おめでとう!
[リザルト]谷地アキラ:おめでとう
[リザルト]アズラエル:おめでとうございます
[リザルト]紅大吾:おめでとー
[雑談]アズラエル:batut
DiceBot :罰ゲーム表(43[4,3]) → [シール]自分の持ち物に凄い微妙な顔をした少年のシールが張られていることに気がつく、剥がすのがすごい大変

[雑談]SGM:120点だってさ
[雑談]日廻一色:いえーい!
[雑談]ノア・リーリエ:120点!
[雑談]ノア・リーリエ:いぇいいぇい
[雑談]アズラエル:120兆点ほしい
[リザルト]沢渡籐矢:チケットを破くぜ!
[雑談]フレデリカ:消費できるんだろうか
[雑談]ノア・リーリエ:破れるらしいから
[雑談]ノア・リーリエ:破っちゃいましょ
[雑談]アズラエル:全てを能力値に注ぎ最強の肉体を手に入れる
[リザルト]筒壬住吉:経験点チケット破いていいのか?
[リザルト]MGM:そういえば経験点チケット120配布なので
[リザルト]MGM:破っていいよ
[雑談]ノア・リーリエ:最強の肉体wwww
[リザルト]紅大吾:ビリビリ
[雑談]谷地アキラ:チケット多分また二枚ぐらい溜まってるんだよな
[雑談]千種零一:チケットびりびり
[リザルト]筒壬住吉:破る
[雑談]SGM:maa
[雑談]SGM:全部破いちゃえ>アキラ
[雑談]谷地アキラ:あざーす!
[リザルト]谷地アキラ:チケット二枚と
[雑談]紅大吾:HP170越えた
[雑談]ノア・リーリエ:こわ
[雑談]紅大吾:ガーディアン持てば220だ……
[雑談]ノア・リーリエ:種族なんだっけ?人造人間?????
[雑談]紅大吾:ただの混血だよ
[雑談]ノア・リーリエ:人造人間ダイゴショッカー
[雑談]ノア・リーリエ:こわっ
[リザルト]フレデリカ:現れて経験点チケットをかじかじ
[雑談]千種零一:非暴力SL3、秀才SL3
[雑談]千種零一:防御性能が整ってきた
[サブ]SGM:——自由時間——
[サブ]SGM: 
[サブ]SGM: 
[サブ]SGM:——キャンプファイヤー会場——
[サブ]SGM: 
[サブ]SGM: 
[サブ]SGM:ちげえや
[メイン]MGM: 
[メイン]MGM: 
[メイン]MGM: 
[メイン]MGM:―キャンプファイヤー―
[メイン]MGM: 
[メイン]MGM:ここはキャンプファイヤーがめっちゃ萌えてるし
[メイン]MGM:燃えてるし
[サブ]SGM: 
[サブ]SGM: 
[サブ]SGM: 
[リザルト]アズラエル:チケット使用
[サブ]SGM:——テント区画——
[サブ]SGM: 
[サブ]SGM: 
[メイン]MGM:庶務の人とかなんだかんだがまだ踊ってたりする。
[メイン]MGM:たのしい!
[メイン]MGM: 
[メイン]MGM:(RPどうぞ)
[リザルト]ノア・リーリエ:フレちゃんがじがじ
[サブ]SGM:貴方達がテントを作り上げた場所だ。
[リザルト]ノア・リーリエ:(チケットを破りつつ
[サブ]SGM:色々な建物があるので休むにはもってこい。
[サブ]SGM:個室もあるが乱用は許されない……
[サブ]SGM:そういうのはドラマでやれ!!
[雑談]森濱くるみ:SGMwww
[サブ]SGM: 
[雑談]アズラエル:男女分けてないテントってヤリ部屋では?
[メイン]筒壬住吉:「うーし踊ってきたぞ 誰がなんと言おうと踊ってきた」
[サブ]SGM:まあ森の中で、テントがいっぱいあるところなので
[雑談]フレデリカ:みせられないよ。
[サブ]SGM:テントの中、建物の中でもいしい
[サブ]SGM:いいし
[サブ]SGM:森の近くでもいいよ。
[サブ]SGM: 
[サブ]SGM:そういう落ち着いた空間が、ここだ!
[サブ]SGM: 
[サブ]SGM: 
[サブ]SGM: 
[サブ]SGM:(RPどうぞ)
[雑談]ノア・リーリエ:膳君膳くーん
[雑談]ケント・テイラー:二班の隠密活動用テントは人数分作ってあるので健全です
[雑談]リサ:よいしょっと
[メイン]紅大吾:「いや踊ったけど、その言い方はどうなんだ……」
[雑談]ノア・リーリエ:隠密活動用テントwww
[メイン]マッギョ:「たのしい!」
[雑談]フレデリカ:あるうちに叩きつけないとなーと思いつつ自身が割りとそこまで空いてないあれこれよねとなる
[雑談]フレデリカ:それは寝袋と言うのでは
[雑談]ノア・リーリエ:やっぱり黒マントってケントモチーフじゃなかったの!みたいな顔をしていたのに!
[メイン]ノア・リーリエ:「何か変なのいない!?」
[メイン]ノア・リーリエ:「あ、そっちもお疲れ様サマー!」
[メイン]進道一心:「おー、お疲れ」
[メイン]リサ:「……折角だしもうちょっと見ていこうと思ったら」 キャンプファイヤー場へやってきて
[メイン]紅大吾:「ま、騒ぐにはちょうど良かったしいいんじゃねーかな。」
[メイン]ノア・リーリエ:「楽しめたならそれでいいんじゃなぁい?」
[メイン]森濱くるみ:「……でね、ここで結局最後までみんなで踊ってー」と凌に説明しながら戻ってくる
[メイン]リサ:「なにあんた達、なんか全員みょーにかすり傷があるけれど」
[メイン]アズラエル:「キャンプファイヤーです」
[メイン]進道一心:「あー、こっち野郎勢で演武やってたからさ」
[メイン]ノア・リーリエ:「別に踊るだけがキャンプファイヤーじゃないしね、流石に武闘はどうかと思うけれど」肩をすくめて笑いつつ
[メイン]リサ:「…キャンプファイヤーは傷はつかないわよ、踊りで相手傷つけるってどうなの」
[メイン]王河凌:「ほうほう、それは面白そうな光景だったのだろうな!」 説明聞きながらくるみと歩いてくる
[メイン]リサ:「演武」
[メイン]リサ:「あ、くるみ、ちょっと」
[メイン]森濱くるみ:「うん?」
[メイン]筒壬住吉:「おう、ちょっと進道と闘(おど)ってきた」
[メイン]王河凌:「こっちはなかなかいい映像が撮れたぞ、こんな感じだ」 アップロードぽちー
[メイン]リサ:「このバカ共、演武やってたなんて言ってるけれど本当?」
[メイン]筒壬住吉:「アイツ結構強いなホント 危なかった」
[メイン]進道一心:「そうそう、俺と住吉先輩と大吾とライネとアッシュとアキラで、な。」
[雑談]アズラエル:このキャンプ場、シャワールームあるんだろうか
[メイン]森濱くるみ:「ほんとほんと」
[メイン]リサ:「………」
[メイン]リサ:「バーカ」
[メイン]森濱くるみ:「あっ、可愛いー!」
[メイン]リサ:「って、あ、それさっき撮ったやつ」
[雑談]MGM:まああるでしょ
[メイン]森濱くるみ:凌の動画にキャーキャー言い始める
[メイン]リサ:「あ、あんまりそう言われるとちょっと照れるんだけれど」
[メイン]王河凌:「そうだろうそうだろう、リンとリサがなかなか息があっていてな」
[雑談]リサ:んー
[雑談]リサ:ほんとに二人きりで踊りたいなら
[雑談]MGM:(っていうかそまさん大丈夫なの時間)
[雑談]リサ:ドラマシーンって形での方がいいかも>そまさん
[メイン]ノア・リーリエ:「三組共々息あってたもんねー」
[メイン]進道一心:「へー……こっちの動画は確か、春先輩が撮ってたっけな」
[メイン]王河凌:「良いではないか、ここまで喜ばれてうれしくないのか?」
[雑談]リサ:一心が誘ってくれれば踊りますよ
[雑談]進道一心:んーんー、どうしよっかな
[雑談]リサ:この場でも
[雑談]進道一心:ドラマシーンはドラマシーンで別の事やりたいようなー、んー
[雑談]リサ:ほいほい
[雑談]進道一心:どっちのが良いかなあ、みたいな
[雑談]森濱くるみ:森行っちゃったら?駄目かな>踊るの それかこっち皆外行くとか……?
[雑談]ノア・リーリエ:時間と牛乳に相談だ
[雑談]リサ:こちらはどっちでもOKなので
[雑談]リサ:茶番だから他の人に動いてもらうのはなーなので
[雑談]紅大吾:じゃああれだ
[雑談]進道一心:あーいや、皆の前で踊るのも良いなーみたいな
[雑談]リサ:やるならそっちかなあ>森に
[雑談]アズラエル:あのガラガラの森は完全に暗転チャンス
[雑談]紅大吾:俺らみんなで隠れて出刃亀しようぜ
[雑談]リサ:暗転チャンス0じゃねえか!
[雑談]進道一心:別にそんながっつりやりたい訳でも、と言うかやる時間も無えし
[雑談]森濱くるみ:ああそれならもう好きな感じで!
[雑談]リサ:まあ誘ってくれたらやるよ!>ダンス
[メイン]紅大吾:「なんか俺ら3バカとかそんな扱い受けてね?」
[メイン]リサ:「…嬉しいけれど、それとは別に恥ずかしいのよ」
[メイン]進道一心:凌の撮っていた動画を見て、思いついたようにリサの方へと近づいて行く
[雑談]森濱くるみ:あとリサちゃん、後ででいいけどチケット投げておいたよ表で
[メイン]リサ:「…っと、なによ」
[雑談]リサ:あ、はーい
[雑談]リサ:こっちから投げてもよかったのに…w
[メイン]王河凌:「ふfyん、素直ではないな!」
[雑談]リサ:>チケット
[メイン]進道一心:「折角こんな場だしさ」
[メイン]筒壬住吉:「いやまぁ、楽しかったし別にいいんじゃねぇかな?」
[雑談]森濱くるみ:前のチケット1枚あるし今3人に投げられたからみたいな……w
[メイン]リサ:「……ん」
[メイン]進道一心:「踊らねえ?」
[雑談]リサ:なるる
[メイン]リサ:「………」
[雑談]ノア・リーリエ:くるみちゃん総受け劇場にはならなかったらしい
[メイン]リサ:「そこは手を差し出して、一つ私と踊ってください、お姫様」
[メイン]リサ:「が良かったかしら」 手を差し出して
[メイン]森濱くるみ:「…………」横で口を手で押さえて
[雑談]森濱くるみ:ノアさん?
[メイン]紅大吾:「素直なんだかそうじゃないんだか。」
[メイン]王河凌:「………………」
[メイン]進道一心:「……んじゃ、やり直させてくれよ、折角だしさ」
[メイン]ノア・リーリエ:「ひゅーひゅー」
[メイン]王河凌:「…………本当にさらっと言える奴だな」
[雑談]ノア・リーリエ:?(小首を傾げる
[メイン]筒壬住吉:「おーおー、熱いこって んじゃ邪魔な俺は退散すっとすっかね」
[メイン]リサ:「ん、どうぞ」
[メイン]森濱くるみ:「ふふっ」こっちが勝手に嬉しそうに見守ってる
[メイン]進道一心:騎士の様に膝を付き、リサへと手を差し出す
[雑談]森濱くるみ:くるみさんは女子相手だと攻めだから(くるみは言わないシリーズ
[メイン]リサ:静かにその手を取って、優雅に一礼をして
[雑談]ノア・リーリエ:wwwwwww
[メイン]リサ:「演目は何かしら?騎士様?」
[メイン]王河凌:「………………む、くるみがなぜ喜んでいるのだ?」 二人をまじまじと見つめつつ
[メイン]紅大吾:珍しいなぁ、と一心を見る。お前こんなこと出来たんだな……
[雑談]リサ:大吾wwwwwwwwwwwwwww
[雑談]リサ:それお前ブーメラン!!!!
[雑談]紅大吾:はぁ!?
[メイン]森濱くるみ:「だってだって」
[雑談]進道一心:俺こんな事出来たんだよなあ
[メイン]アズラエル:「踊られる委員が居るならBGMをかけ直しましょうか」
[雑談]紅大吾:俺がこんなことできるわけねーだろ!?
[雑談]リサ:wwwwwwwwwwwwww
[メイン]森濱くるみ:「嬉しいじゃん、友達が幸せなの」
[雑談]ノア・リーリエ:(爆笑
[メイン]ノア・リーリエ:「BGM掛け直しなんて出来るの」
[雑談]紅大吾:こんな誘い思い付きもしねーよ!!
[メイン]王河凌:「………………そうか、そういわれると悪いものでもないな」
[メイン]進道一心:「そうだな、演目は……」
[メイン]森濱くるみ:「うんっ」
[雑談]リサ:大吾君?
[メイン]王河凌:「うむ!」
[メイン]アズラエル:「キャンプのセンターから再生機器をお借りしました」
[メイン]進道一心:「歩くような速さで、ゆっくりワルツでも。」
[メイン]紅大吾:「ま、こういう日が続くのが本来いいよなぁ。」
[雑談]筒壬住吉:よし、ここ居ると寂しくなりそうだし表で釣りしてこよう
[メイン]リサ:「私の好きな演目ね」
[雑談]森濱くるみ:このドラマネタが!!
[メイン]リサ:「それじゃ、今度は貴方が」 エスコートを一心へと委ねて
[雑談]紅大吾:いや、だってリサ、お前さ
[メイン]アズラエル:キャンプ場の備品らしい古めのラジカセにCDをセット。曲が流れ始める
[雑談]進道一心:演目聞かれて慌ててログ確認しに行ったよね(ミスれない所)
[メイン]ノア・リーリエ:「おぉー再生機器!それじゃダンスにぴったりな曲かけましょかけましょ」
[雑談]リサ:wwww
[雑談]紅大吾:俺が膝ついたらまず「怪我隠してたのかよ」とか言われるのがオチじゃん
[雑談]リサ:はい(はい
[雑談]ノア・リーリエ:一理ある
[雑談]紅大吾:あと多分大吾ならこういう時は
[雑談]紅大吾:勢いで手を掴んで引っ張り出す
[リザルト]荒谷膳:チケットもぐもぐと
[雑談]リサ:男らしい
[メイン]進道一心:「ああ、今度は俺から……な。」あの時と、同じ様に。ゆっくりと、ステップを踏み始める
[メイン]リサ:一心のステップにゆだねて、寄り添うように、曲に合わせて
[雑談]荒谷膳:かっこいいのう
[雑談]ノア・リーリエ:あ、膳君だ
[メイン]リサ:ゆったりとしたワルツを踊り始める
[雑談]ノア・リーリエ:踊りましょ踊りましょ!
[サブ]伏見春:「あ、ブリザードスネークだ」
[雑談]ノア・リーリエ:後チケット投げつける!
[雑談]アズラエル:4班の寝る前のクソ会話が見たい
[雑談]ノア・リーリエ:あずにゃんさらっと加わってそうで怖い
[サブ]伏見春:テントまで来ると白い蛇を見つける。可愛かったので思わず座り込む
[雑談]森濱くるみ:わかる
[雑談]アズラエル:絶対アズラエルのおっぱいの話になる
[雑談]王河凌:違和感なさそうだから困る
[メイン]進道一心:踊りなんて、殆ど知らない。ダンスのステップなんて、知る訳もない
[雑談]紅大吾:………アズラエル、お前面子見渡してみろよ
[雑談]紅大吾:話題に出しそうなの、蟹ぐらいじゃん
[メイン]進道一心:それでも、この演目だけは。忘れるはずが無い
[雑談]森濱くるみ:いやアキラも話すでしょ……話さないの……?
[雑談]アズラエル:アキラはきっと案外そういうことに興味があります
[メイン]リサ:「…上手じゃない、いつ練習したの?」
[雑談]アズラエル:いま居ないから好き勝手言える
[雑談]荒谷膳:うーい、いいぞー
[雑談]リサ:アキラ結構クソ男子度高いしね
[雑談]リサ:あー彼女ほし~~~~
[雑談]リサ:とかいうタイプ
[サブ]伏見春:ブリザードスネーク走っての通り、白さがキュートの可愛い蛇だ。その白さは春の髪と似たものがあって
[サブ]伏見春:春個人は大好きだがなかなか理解を得られないし言わない
[メイン]進道一心:「これだけだよ。……あの時、リサが俺に教えてくれた、これだけだけど。」
[雑談]王河凌:アキラも当初からだいぶ印象が変わった
[雑談]ノア・リーリエ:じゃあ表で投げておくのでキャッチしておいて膳君
[雑談]紅大吾:アキラはヴァンタイプか……
[メイン]進道一心:「お姫様をダンスに誘うのに、下手なままじゃいけねえだろ?」
[メイン]リサ:「…いい心がけ、嬉しいわね」
[メイン]リサ:「大丈夫、ちゃんと歩いて行ってるわよ」
[メイン]森濱くるみ:「(…………さ、流石に恥ずかしくなってきたような)」
[サブ]伏見春:「……ふぅ」 ハンモックに座り込んで、ぼーっと考え事
[メイン]荒谷膳:「なんか聞いてるこっちがこっぱずかしくなんな・・・」
[メイン]ノア・リーリエ:「……ふふ、素敵ねああいうの」うっとりと、二人のダンスを見ながら、傍らの膳君を見上げる
[サブ]伏見春:学園都市に襲い掛かる厄。未来。そして八岐大蛇の使徒としての振る舞い。
[雑談]森濱くるみ:余りにも堂々と踊り始めるとでばがめRPも難しい
[メイン]王河凌:「…………………すごいな」
[雑談]谷地アキラ:お前を見ている
[メイン]紅大吾:「そうか? アイツららしくていいんじゃねーの?」
[メイン]ノア・リーリエ:「憧れちゃうわね?」じぃっとおねだりするように
[雑談]進道一心:茶番故だよね>堂々と踊る
[雑談]森濱くるみ:ひっ
[サブ]伏見春:もしも八岐大蛇が学園都市を襲撃したくなる要因が生まれたら、私はどうするんだろうか……?
[メイン]リサ:「あら、見ているだけは勿体ないわよ」 皆の輪の中で踊りながら
[メイン]森濱くるみ:「そうですけど、恥ずかしくないですか?」
[雑談]紅大吾:本気で出刃亀するなら今ダイバースーツ着てくるからな(立ち絵で勝負)
[メイン]進道一心:「歩くような速さでも、ゆっくり進めばいいって……教えてくれたからな、リサが。」
[メイン]森濱くるみ:「……ああ、恥ずかしくないですよね先輩は……」
[メイン]荒谷膳:「・・・オッケー。それじゃこちらも・・・踊ってみますか?お嬢様ってね」すっと手を差し出す
[メイン]紅大吾:「んー、どうだろ?」
[メイン]王河凌:「おお!やるのか!」
[メイン]ノア・リーリエ:「うんっ」嬉しそうに手を取って、身を任せる
[メイン]リサ:「ゆっくりゆっくり、確かに前に、ね」 一心に答えて
[サブ]伏見春:もし、死んだ人が生き返るなら——
[サブ]伏見春:ああ、いや。いい。そんなこと気にしなくてもいい
[サブ]伏見春:「お母さん——」
[メイン]紅大吾:「じゃあ試しに踊ってみるか? くるみ。」
[雑談]ノア・リーリエ:表と裏の落差がやばい
[メイン]リサ:「私たちは、ちゃんと進めてるわ」
[サブ]伏見春:彼女は呟いて、テントから離れていく
[雑談]王河凌:(あれ、これあたい様だけ余る?)
[雑談]森濱くるみ:テント区画に闇捨て場の気配を察知
[雑談]ノア・リーリエ:奇数人数ー!!
[メイン]森濱くるみ:「え?」
[雑談]紅大吾:いや踊るつもりはないぞ(
[雑談]リサ:やめろ!!!!
[雑談]王河凌:ああ!王河から怒りの感情が!
[メイン]進道一心:「……ああ。一緒に、な。」
[雑談]ノア・リーリエ:闇の不法投棄はおやめくださーい!!
[雑談]リサ:メガネを早く召喚するんだ!!!!!
[雑談]日廻一色:じゃあ私が今から凌ちゃんと踊ろうかな
[サブ]伏見春:「あ、忘れ物」
[メイン]森濱くるみ:「いえ、別にいいですけど……なんで今そうなったんです……?」」
[メイン]リサ:「うん!」 クルリと華麗なターンを決めて
[雑談]進道一心:ウオオオ(闇をメガネに変える)
[メイン]紅大吾:手を差し出してみてふと考える。
[雑談]進道一心:そんな時間はない!
[雑談]ケント・テイラー:うおおおおお!!!私も武闘会したい!!!
[雑談]ノア・リーリエ:眼鏡www
[メイン]リサ:「さ、皆踊りましょ!舞踏会は夜が更けてから本番よ!」
[雑談]日廻一色:ケント君ww
[サブ]伏見春:——お母さん。生き返る訳ないのは知ってるけどそろそろ人間は素晴らしいと思うので
[雑談]王河凌:wwwwwww
[雑談]ケント・テイラー:魂が闘争を求めている
[メイン]紅大吾:「うん。とりあえず言えば恥ずかしくなるかなって思ってみたんだけど」
[雑談]王河凌:やはり戦技魂!
[メイン]森濱くるみ:「…………」出された手と大吾を見上げながら見比べて
[メイン]ノア・リーリエ:「シンデレラは12時までだけど、今宵だけは」
[サブ]伏見春:——ホモをぶつけるために生き返らないでください。私との約束だよ
[メイン]ノア・リーリエ:「魔法も溶けないってね!」
[雑談]ケント・テイラー:ケントくんではありません……たまこさんです……
[メイン]荒谷膳:ノアの手を取り、ゆっくり踊る。歩幅に合わせ、ゆっくり、相手のリズムに合わせるように
[サブ]伏見春:彼女は離れていく
[メイン]紅大吾:「別にそうでもねーな!」
[雑談]リサ:ホモってすごい、オチがついた
[メイン]森濱くるみ:「ですよね。知ってました」
[メイン]王河凌:「…………」 きょろきょろと大吾とくるみを見比べる
[メイン]森濱くるみ:「先輩も、そういうの誰でも彼でも言っちゃ駄目ですよ」
[メイン]紅大吾:「ま、どうせだし踊ろうぜ。王河も一緒にさ。」
[メイン]ノア・リーリエ:うっとりとした表情で膳君を見上げて
[メイン]日廻一色:「おおー、やっとるのうやっとるのう」
[雑談]伏見春:闇なんてないよ☆ミ
[メイン]リサ:「それじゃー折角だし!」
[メイン]リサ:「皆で輪になって!とかどうかしら!」
[メイン]ノア・リーリエ:あったかい手を掴んで、ゆったりとステップを踏む
[メイン]王河凌:「え?あたい様もか!?」
[メイン]森濱くるみ:「あ、そうですね!凌ちゃーん!」
[メイン]紅大吾:「別に? くるみと踊るのは嫌じゃねーし。」
[雑談]伏見春:っていうと不正確だから言うと春は別にお母さんが死んだこと別に辛いことか悲しいこととか思ってないし
[メイン]紅大吾:「お、集まってきたな!」
[メイン]王河凌:「………………よーし、そういうことならご覧にいれてやろうではないか!」
[メイン]進道一心:「膳とノアの邪魔しちゃ悪くねえ?」
[メイン]日廻一色:「おっけーみんなでね!」
[雑談]伏見春:生き返って欲しいとも思ってないので闇度は低いので安心してほしい
[メイン]森濱くるみ:「あたしだって別に嫌じゃ……っと、ほんとだ」
[メイン]森濱くるみ:「おーいっ!」
[メイン]リサ:そういうと、片手を隣にいる人へと伸ばす
[メイン]王河凌:「一色もか、よし来るがよい!」
[メイン]ノア・リーリエ:「んにゃ?どーせなら皆で楽しむのもいいんじゃない?」
[雑談]リサ:流れ的にもよさそうなので
[雑談]リサ:全員でWAになって踊ろうに移行してみた
[メイン]日廻一色:「いんだよ~こいつら2人はどうせ夜しっちゃかめっちゃかしてるんだろうし」
[メイン]ノア・リーリエ:「こうして膳君と踊れるだけで私は満足だし」
[メイン]王河凌:「しっちゃかめっちゃか?」
[メイン]王河凌:真顔
[メイン]ノア・リーリエ:「失敬な!!!」真っ赤になって
[雑談]紅大吾:ただ踊ると思ったか……オチを付けなきゃ大吾じゃない……!
[メイン]進道一心:「なら、お言葉に甘えて。大吾案外、皆で踊るの好きだよな?さっき提案したのも大吾だし」
[メイン]王河凌:「しっちゃかめっちゃかとは一体……?」
[メイン]ノア・リーリエ:「今日”は”女子会するんですー膳君離れして遊ぶんですー!!」
[メイン]日廻一色:「おっと凌ちゃんの無知アピール」そのまま凌の手を取って
[メイン]リサ:「えいっ」 近くにいたくるみの手を取る
[雑談]森濱くるみ:いや完全に踊ると思ってませんでしたから。安心してください。
[メイン]荒谷膳:「いいんじゃね?俺としちゃそういうのも悪くねぇ」
[雑談]王河凌:小さいころから女の子とばっか一緒で(ry >無知
[メイン]進道一心:「んじゃ俺はこっちっと」片手を開けて、大吾の手を取る
[メイン]紅大吾:「踊るのが好きっつーか、こうやって騒ぐのは隙だしな?」
[メイン]王河凌:「むぅ!?」
[メイン]リサ:あ、事故った
[メイン]王河凌:取られる
[メイン]リサ:まあこうなんかこう
[メイン]進道一心:勿論、もう片方の手はリサと繋いだまま
[メイン]リサ:適当だ!(
[メイン]日廻一色:ノリだよノリノリ!
[雑談]紅大吾:じゃあ次のドラマで踊るわ
[メイン]伏見春:「お、ダンス」
[メイン]荒谷膳:輪に自然に移行
[雑談]森濱くるみ:それ多分困るの先輩ry
[メイン]紅大吾:「お、伏見も来たか。どうだ、皆で踊ろうって話。」
[メイン]ノア・リーリエ:「輪になって踊ろうってね!ウロボロス!」春の手を取って輪に混ぜる
[メイン]リサ:「どうでーすかー!」 皆を巻き込んで段々大きな輪が出来ていく
[メイン]伏見春:「強制参加!?」
[メイン]王河凌:「ふははははははは!見たまえ!これぞ、チームワークの結晶!」
[雑談]進道一心:と言う訳で俺何か居るけど空中に居たりなんだったりな感じで!
[メイン]森濱くるみ:「もっちろん!」
[雑談]紅大吾:なんで俺が……?
[雑談]進道一心:お疲れ様!
[メイン]伏見春:ノアと手を繋ぐ
[メイン]日廻一色:「ウロボロスって言ったら形が似てるからとかで眼鏡先輩が召喚されそう」
[メイン]ノア・リーリエ:「こわっ、眼鏡こわっ」
[雑談]進道一心:あ、待てよ大吾にチケット……いやでもドラマ溜まりまくってんだよな
[雑談]王河凌:お疲れ様!
[メイン]ノア・リーリエ:もう片方の手はがっちりと膳君の手を掴んで
[雑談]紅大吾:俺は溜まってないけど
[雑談]紅大吾:そっちがか……w
[メイン]王河凌:「あの眼鏡もたいがいなんでもありだからな」
[雑談]リサ:ほーい、おっかれさま!
[雑談]進道一心:一色やめろ!中央から突然の眼鏡したくなるだろ!
[雑談]進道一心:>召喚
[雑談]森濱くるみ:www
[雑談]リサ:してけば?(最後に
[雑談]紅大吾:まぁ投げるなら俺は受けるぞ(
[雑談]紅大吾:オチじゃねーか!!>銀河
[雑談]日廻一色:wwww
[メイン]荒谷膳:「今この時を楽しんでこーぜ!」
[メイン]王河凌:とりあえず春のもう片方の手を取る
[メイン]リサ:「え、なに、これあの眼鏡先輩の召喚サークルになるの?」
[雑談]進道一心:えーいっ、じゃあ表で薙げた!
[雑談]進道一心:>大吾
[メイン]森濱くるみ:「えっ、何それ怖くない?」
[メイン]伏見春:「王河さん。んっ」 手をとられた
[メイン]王河凌:「儀式でもするんじゃないのだぞ?」
[メイン]日廻一色:「考えたくないよ~その展開~」
[雑談]ノア・リーリエ:眼鏡が召喚されて一旦解散だと
[雑談]皇銀河:のそっ
[メイン]リサ:「まあただのホラーだしね」
[雑談]ノア・リーリエ:流れ的にもちょうどいい(これ楽しいけど切り時が難しい
[雑談]皇銀河:オチいきまーす!
[雑談]リサ:wwwwwwwwwwwwwwwwwww
[メイン]王河凌:「うむ、せっかくだからな」
[雑談]日廻一色:はい!!
[雑談]リサ:はい!
[メイン]伏見春:「こう……さらにセットで歌うともれなく眼鏡のあの人が召喚されるの?」
[メイン]伏見春:「ん、うん。じゃあ、楽しみましょう!」
[メイン]紅大吾:「いや流石に今日見てないし」
[メイン]リサ:「えー何歌えば召喚されるのよ」 輪になって踊りながら
[メイン]ノア・リーリエ:「お~お~お~さぁWAになって踊ろ~」
[メイン]王河凌:「そういうことだ!」
[雑談]伏見春:www
[メイン]ノア・リーリエ:「LALALALA~LA~」
[メイン]森濱くるみ:「夢を叶えるよー!」
[雑談]森濱くるみ:wwwww
[メイン]荒谷膳:「召還すんなよ!?」
[メイン]:歌い始めたその瞬間、輪の中心が光り、∞の形が刻まれる
[メイン]リサ:「さあWAになっておーどろー!」
[メイン]日廻一色:「”!?”」
[メイン]ノア・リーリエ:「いやいや、そんなまさかねぇ」楽しそうに歌いつつ、そんな召喚されるわけなんて……っ!?
[メイン]王河凌:「ららららー」 カラオケで鍛えられた、意外と綺麗な歌声を披露する
[メイン]森濱くるみ:「!?」
[メイン]リサ:「って、え?」
[雑談]王河凌:wwwwwwww
[メイン]ノア・リーリエ:「なんぞこれー!?」
[メイン]王河凌:「!?」
[メイン]伏見春:「"!?"」
[メイン]皇銀河:「夢は……必ず叶う!これこそまさに……」
[メイン]荒谷膳:「マジかよ・・・」
[メイン]皇銀河:「無限の可能性だ!」
[メイン]王河凌:「な、なにが起こっている!?」
[メイン]アズラエルhttps://www.youtube.com/watch?v=Kwv_vPIL4IQ
[メイン]ノア・リーリエ:「眼鏡ー!!!!」
[メイン]森濱くるみ:「うそ……!?」
[メイン]伏見春:「眼鏡ぇ!!」
[メイン]王河凌:「どういうことだ!?説明しろ!リサ!?」
[メイン]皇銀河:輪の中央に、眼鏡を掲げて現れる
[メイン]日廻一色:「マジで出てくる奴がありますかぁ!!」
[雑談]ノア・リーリエ:すべてを持ってく眼鏡本当ずるいわ
[雑談]森濱くるみ:これ駄目wwwww
[メイン]リサ:「私が知るかあ!」 驚いて手を放して
[雑談]王河凌:wwwwwwww
[雑談]日廻一色:一旦切るなら私はおっけいww
[メイン]森濱くるみ:「なんで出てこれるんですかっ!?」
[雑談]リサ:まあ切っていいと思う(
[メイン]紅大吾:「コイツなにもんだよ!?」
[メイン]皇銀河:「俺にもわからん。ただ……」
[雑談]リサ:これを問い詰め始めたら
[メイン]アズラエル:——Daisuke。銀河が現れると同時に突如BGMが切り替わった。
[雑談]リサ:本格的にメガネが謎生物になる
[雑談]森濱くるみ:じゃあ眼鏡タイミングで切りましょうwww
[メイン]王河凌:「いや、お前どこから湧いて出た」
[雑談]ノア・リーリエ:まぁ笑いすぎて自然解散って感じだwwwww
[メイン]皇銀河:「ーー俺を、喚ぶ声が聞こえた」
[雑談]荒谷膳:眼鏡タイミングってなにさ!?
[雑談]王河凌:Daisukewwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
[雑談]森濱くるみ:アズにゃんwwwwwwww
[雑談]千種零一:なんだこれwwwwww>メイン
[メイン]皇銀河:ーーMegane BGMと同時にポーズを決めた
[メイン]ノア・リーリエ:「……お腹痛い」思わず手も離して笑い転げている
[雑談]リサ:皆でWAになって踊ったら
[雑談]日廻一色:じゃあいったんきりーのww
[雑談]リサ:メガネが召喚された
[雑談]アズラエル:これはひどい・・・
[雑談]SGM:風呂入ってさっぱりしてきたら世界が1つのWAになっていた
[雑談]ノア・リーリエ:──Megane
[雑談]王河凌:そして唐突にユーロビートでDaisuke……
[メイン]: 
[雑談]皇銀河:じゃあおつかメガネ!
[メイン]日廻一色:「言い出しっぺって言ったら私のせいかよ!!」
[雑談]アズラエル:おつかれさまです
[雑談]ノア・リーリエ:(テレレレレッテテレッテレッテー)
[雑談]森濱くるみ:おつかメガネ!
[雑談]ノア・リーリエ:お疲れ様!
[雑談]SGM:お疲れー
[雑談]ノア・リーリエ:良い落ちだった!
[雑談]リサ:おっつつ!
[メイン]日廻一色:なんやかんやあってダンスは中断され、眼鏡先輩は爽やかに去って行った
[雑談]王河凌:お疲れ!
[雑談]日廻一色:おつめがね!
[雑談]伏見春:お疲れ様ー
[雑談]ケント・テイラー:Daisukeポーズキメる眼鏡先輩ですか
[雑談]日廻一色:表いいよー
[メイン]紅大吾:「一体何がどうしてこうなった……」
[雑談]荒谷膳:お疲れ。
[雑談]王河凌:この後みんなでShe is my wifeをやった
[雑談]紅大吾:おつめが
[メイン]リサ:「あの踊りは危険という事だけは確かよ」
[メイン]伏見春:「オ眼鏡ドライブ……」
[メイン]森濱くるみ:「夢か何かだったんじゃないでしょうか……」
[メイン]リサ:「今回は眼鏡で済んだけれど、もっと酷いものが召喚されるかもしれない」
[メイン]王河凌:「……とりあえず、一端落ち着くとしよう」
[メイン]ノア・リーリエ:「……横隔膜引きつってる」笑い過ぎで力が抜けて、膳君にしなだれかかりながら
[メイン]アズラエル:「銀河は踊りに造詣が深い。我々の踊りによって彼とのパス(経路)が繋がれたのでしょう」
[メイン]森濱くるみ:「リサちゃん……シリアス……!?」
[メイン]伏見春:「間違っても10月1日にやってはいけないわよ」
[メイン]伏見春:「恐ろしい事件が起きる」
[メイン]ノア・リーリエ:「もーズルすぎでしょウロボロス眼鏡……」
[メイン]紅大吾:「不吉な事言うなよ……」
[メイン]日廻一色:「眼鏡の災厄じゃんそんなの」
[メイン]リサ:「ええ、私もそんな予感がするわ」
[メイン]王河凌:「……ああ、気を付けないと」
[メイン]日廻一色:「ってかまた来月頭になんか起こるのかなぁ」
[メイン]ノア・リーリエ:「起こったら起こったでその時じゃない?」
[メイン]荒谷膳:「もうわけわかんねーよ・・・」
[メイン]森濱くるみ:「起きない……とはあまり言い難いですけど」
[メイン]王河凌:「もう果物はごめんだぞ!」 トゲ寝ぐせにょきん!
[メイン]伏見春:「そろそろこう……パンケーキ食べ放題!とかだったらいいんだけど」
[メイン]王河凌:ぐいぐい戻す
[メイン]荒谷膳:傍らのノアの頭を撫でながら
[メイン]ノア・リーリエ:「王ゴンフルーツ……」
[メイン]紅大吾:「まぁ。何か起きたらその時はその時ってしかないだろ。」
[メイン]森濱くるみ:「はい。今は今で、こうして皆で楽しく集まってるんですから」
[メイン]伏見春:「うーん……って王河さん!?果物!?なの?!」
[メイン]リサ:[]
[メイン]王河凌:説明しよう!王河凌は9月の事件以来その話題を言うとトゲが生えるのだ!
[メイン]日廻一色:「そうね、ごめんごめん。今は楽しみ魂!」
[メイン]森濱くるみ:「今日くらいは楽しみましょうっ、いつも皆さん働きまくってるんですから」
[メイン]リサ:「ん、そうね、今はあんまりその事考えてもね、っと」
[メイン]リサ:「あ、そうだ!くるみ!」
[サブ]書記:「なんだこれ」
[メイン]王河凌:「うむ!今日は宴だ!」
[メイン]伏見春:「ん。そうね!たのしみましょ!」
[メイン]森濱くるみ:「うん?」
[メイン]紅大吾:「その為の俺達なんだし……ま、そうだよな。今日はおいとこうぜ。」
[メイン]リサ:「向こうのバーベキュー場!さっき作った料理あそこに置いてあるの!」
[雑談]王河凌:割とこのトゲネタ気に入ってしまっている系
[メイン]リサ:「いこ!まだ食べてないでしょ?たぶんだけれど」
[雑談]森濱くるみ:リサちゃん可愛すぎでは?
[雑談]リサ:というお誘いです
[雑談]リサ:wwwwwwww
[雑談]森濱くるみ:いいんだけど
[雑談]日廻一色:ww
[雑談]伏見春:初期の頃のリサ思い出すと
[雑談]森濱くるみ:今の表に行くの!?
[雑談]伏見春:明るいなあ
[メイン]王河凌:「あたい様たちで作った満漢全席だ!心して食べるとよいぞ!」
[雑談]紅大吾:あの事故現場に??
[雑談]リサ:(表を見る
[雑談]王河凌:ねー
[雑談]リサ:(事故現場だった
[雑談]リサ:まあうーん
[雑談]紅大吾:サブ行ってこいよ……w
[雑談]王河凌:めっちゃリサ明るくなった、昨日のドラマでもこうなるの!?って驚いてた
[雑談]紅大吾:料理とか持って
[雑談]リサ:面白いからいいのでは?(面白さに負ける
[雑談]森濱くるみ:紅先輩じゃないんだから災害現場に突っ込まなくても
[雑談]森濱くるみ:wwwwww
[メイン]日廻一色:「私ももっと食べ歩きしよっかなー」
[雑談]王河凌:表どっちもひどかったんだけど()
[雑談]紅大吾:俺が突っ込む時はちゃんと怪我前提だから
[メイン]ノア・リーリエ:「私達これからどうしよっか膳君」
[メイン]ノア・リーリエ:腕を絡めて、すっかり甘えモード
[メイン]伏見春:「たべあるきかあ‥…んー私はどうしようかな」
[雑談]ノア・リーリエ:????
[メイン]日廻一色:ぎゅーん
[雑談]リサ:というわけでいきまーす
[雑談]紅大吾:というか今度は表でおっさんがきたり服はじけてるんだけど
[メイン]リサ:そういうと、くるみの手を掴んで走り出す
[メイン]森濱くるみ:「う、うん!」
[雑談]リサ:wwwwwwwwwww
[メイン]荒谷膳:「俺はなんかもうまったりしちまってんなー」
[メイン]ノア・リーリエ:「ずーっと気合入れてたもんね。ご飯もテントも」
[メイン]荒谷膳:肩に手をかけ、抱き寄せつつ
[メイン]ノア・リーリエ:「それじゃ、休む?」身を任せて
[メイン]荒谷膳:「そだなー。ゆっくりすんのも悪かねーか」
[メイン]伏見春:気付けば退場している
[メイン]王河凌:「あたい様もあちこち回るとするか…………伏見もせっかくだし皆の様子を見るのもいいと思うぞ!」
[メイン]王河凌:といいつつ去っていく
[雑談]ノア・リーリエ:私は膳君についてく感じなので
[雑談]ノア・リーリエ:うみゃさんにおまかせしまーす!今日はもう寝るっていうならキャラチェンジするし
[雑談]荒谷膳:まー、今日も仕事だし膳は休ませておこうかなー
[雑談]ノア・リーリエ:お仕事!
[雑談]ノア・リーリエ:頑張ってね(むぎゅ
[サブ]紅大吾:「なんだこれ」
[雑談]荒谷膳:ん、ありがと!
[雑談]荒谷膳:というわけで少し寝てくるアルヨー。へたしたら終わる前に起きる可能性はあるけど
[メイン]アズラエル:人が居なくなったので火の番である。
[メイン]アズラエル:そうだ、マシュマロを焼こう。
[雑談]天音雪兎:というわけで一応キャラチェンジだ
[メイン]アズラエル:チリチリ・・・
[メイン]紅大吾:「それで焼くものじゃなくね、マシュマロって?」
[メイン]紅大吾:適当に食事を持って戻ってきた。
[メイン]アズラエル:「そうなのでしょうか。キャンプでは焼きマシュマロであると助手が言っていましたが、形態は把握しておらず試行錯誤をしていたのですが」
[メイン]アズラエル:焼けることは焼けている。はむ、ふちゃふちゃ
[メイン]紅大吾:「焼きマシュマロはわかるが、こんな勢いのある火でやるもんじゃねーだろ……」
[メイン]紅大吾:とりあえず余った熊鍋をもぐもぐ。
[メイン]天音雪兎:「焦げマシュマロになるんじゃないの」ふらふらとどこからともなくやってきて、マシュマロを一個串に挿して火に入れてみる
[メイン]アズラエル:「次は距離を離してみるとします」
[メイン]アズラエル:ちょっと火の遠くから串に刺したマシュマロをかざす。じわ、じわ・・・
[メイン]天音雪兎:「……それはそれで焼けないのでは?」すっと戻すも案の定少し焦げていた
[メイン]紅大吾:「直で焙ると溶けるしな、直ぐに。」
[メイン]天音雪兎:「砂糖の塊だしな……」
[メイン]天音雪兎:もぐもぐと小さく頬張る。熱い
[メイン]アズラエル:「焼きマシュマロ、戦闘行動以上に高い難易度を有しています」
[メイン]天音雪兎:「だからこそ人は夢中になるのかもしれない」適当なことをのたまいつつ
[メイン]天音雪兎:「出来ると美味しいんだけどね、かりふわ感が」よいしょっと座り込んで、焼きマシュマロチャレンジ
[メイン]紅大吾:「料理は確かに難易度が高いが、何か違う気がする。」
[メイン]紅大吾:「つーか、お前らも遊んでくれば?」
[メイン]天音雪兎:「と言っても俺は今来たところだしね」
[メイン]天音雪兎:「競技やってたって噂聞いたから、楽しんだかどうか見に来ようと思っただけだし」焦げたり焼き加減が足りなかったり。難しい
[メイン]紅大吾:「俺はまぁ、火の後始末でここにいるだけだしな。」
[メイン]天音雪兎:「大吾らしいな。二人はどう、楽しめた?」
[メイン]アズラエル:「アズラエルの人格は拡張を続けていますが、未だ娯楽の摂取が難しくあります」
[メイン]アズラエル:「楽しいかどうか、わかりません」
[メイン]紅大吾:「まぁ、その辺はゆっくり分かっていけばいいんじゃねーかな。」
[メイン]天音雪兎:「そっか」
[メイン]天音雪兎:「まぁ、焦ることじゃないもんね」
[メイン]紅大吾:「あぁ。『分からない』って事が分かってるんだろ?」
[メイン]紅大吾:「だったらいずれ『分かる』事も分かるはずだよ。」
[メイン]アズラエル:「はい。強度の高い感情を自覚するときは以前より多くなりました」
[メイン]谷地アキラ:「おう、残りのプリン持ってきたぞ。食うか?」
[メイン]紅大吾:「お、食う食う!」
[メイン]天音雪兎:「お、さんきゅ」
[メイン]アズラエル:「いただきます」 プリンを受け取る。
[メイン]アズラエル:「そういえば、焼きプリンというものがあると聞きます」
[メイン]天音雪兎:「火に入れちゃダメだからね」
[メイン]天音雪兎:「流石に焦げる」
[メイン]アズラエル:「では、遠くから炙るのでしょうか」
[メイン]谷地アキラ:「おう、全部食ってくれ。日持ちはしねぇからな。くぁ……」軽く伸びをし
[メイン]天音雪兎:「いや、普通に食べるほうがこういうのはいいんだよ」
[メイン]アズラエル:「了解しました」
[メイン]谷地アキラ:「疲れたんで先に寝るわ、お先。」ヒラヒラと手を振りつつログハウスへと戻る
[メイン]天音雪兎:「お疲れ様。わざわざありがとね」
[メイン]天音雪兎:ひらひらと手を振って見送る
[メイン]紅大吾:「おう、ゆっくり寝とけよー。」
[メイン]アズラエル:「おやすみなさい」
[メイン]アズラエル:火を眺めながらプリンをぱくぱく。
[メイン]紅大吾:バケツ2,3つに水を汲んで準備だけ済ませておく。
[サブ]: 
[サブ]: 
[サブ]: 
[サブ]: 
[サブ]: 
[サブ]谷地アキラ:ログハウスに戻り、ふと立てかけられた竿が目に入る
[サブ]谷地アキラ:今日は散々な目にあった……
[メイン]天音雪兎:「実際問題火の後始末は教員に任せといてもいいとは思うけどね」のんびりとプリンを頬張りつつ
[サブ]谷地アキラ:苦虫を噛み潰した顔で竿を持ち
[メイン]天音雪兎:「それが気になるって気持ちもわかるから、別にそれ以上は言わないけど」
[サブ]谷地アキラ:ふと、テラスから糸を垂らす
[メイン]紅大吾:「まぁな。先生達を信頼してないとかじゃねーさ。」
[サブ]谷地アキラ:8d+10
DiceBot : (8D6+10) → 37[3,2,5,5,5,5,6,6]+10 → 47

[サブ]谷地アキラ:ttt
DiceBot :釣果表(11[6,5]) → すごい、大物だ!具体的にどういう大物かはみんなで考えてくれ。知力/14に挑む(+20点)

[メイン]紅大吾:「どっちかっつーと、習慣みたいなもんだよ。」
[雑談]ケント・テイラー:結構出目すげえ>あき君
[メイン]天音雪兎:「魂まで染まってんなー」笑いつつ
[雑談]森濱くるみ:アキラ先輩wwww
[メイン]天音雪兎:「いいことだと思うよ。それはそれで」
[メイン]天音雪兎:「楽しみ方何て千差万別だし」
[雑談]天音雪兎:やばい
[サブ]谷地アキラ:信仰ひとつ
[サブ]谷地アキラ:2d+4+1d
DiceBot : (2D6+4+1D6) → 4[2,2]+4+2[2] → 10

[雑談]紅大吾:なにやってんだwwww
[サブ]庶務:3d+7 「ふむ」
DiceBot : (3D6+7) → 4[1,2,1]+7 → 11

[雑談]谷地アキラ:何かが釣れた
[雑談]谷地アキラ:何が釣れた?
[サブ]庶務:「駄目だな、さっぱり分からん」
[メイン]紅大吾:「楽しくはねーなぁ…」 苦笑いしつつ
[雑談]アズラエル:アズラエルが
[サブ]谷地アキラ:「いたのかよお前……」
[メイン]紅大吾:「火事なんて楽しんじまったら色々と失格だろ?」
[雑談]紅大吾:アズラエルの服が……
[サブ]庶務:「いや何、特にいるべき場所もないからね。知力が必要ならばと来てみたがアレだ」
[サブ]庶務:「働きたくない! そういうことだろう」
[サブ]谷地アキラ:「お前らしいな……プリン食うか?」
[メイン]天音雪兎:「……まぁそれもそうか」
[メイン]天音雪兎:「でも、だったらさ」
[サブ]庶務:「いただこう」
[メイン]天音雪兎:「楽しんできたらどうよ?今日くらい」
[サブ]庶務:もぐもぐ
[サブ]庶務:「どうだね? 最近は」
[メイン]天音雪兎:「慰安旅行何だしさ、ちょっとくらい休んでも文句は言われねぇって」
[メイン]紅大吾:「十分楽しんださ。」
[サブ]谷地アキラ:「服がはじけ飛んだ以外は平々凡々な毎日を過ごしてるよ」
[メイン]紅大吾:「後は俺の分も皆が楽しんでくれるだろってな。」
[メイン]天音雪兎:「そいつは違うぜ」
[サブ]庶務:「平々凡々、と。それは何よりじゃあないか」
[メイン]天音雪兎:「皆が一緒になって楽しんだほうが、楽しいってものさ」ゆるゆると首を振って、その言葉を否定する
[サブ]庶務:「服が弾け飛ぶくらいは少々のスパイスだろうに。後で誰かから写真を貰うか」
[メイン]天音雪兎:「どこかが突出しすぎるのも、消極的になりすぎるのも、どっちでもハーモニーは崩れちゃうんだよ」
[メイン]天音雪兎:「疲れたってなら無理強いはしないけど、まだ楽しめるなら楽しんでおいで」
[サブ]谷地アキラ:「ああ、そうだ。何か食いたいもんあるか?何か無性に料理がしたくなってきた気がしないでもない」
[メイン]天音雪兎:「ここは俺が見ておくからさ」
[メイン]紅大吾:「その辺は同意はする。けどまぁ、いいさ。」
[メイン]紅大吾:「火の不始末だけは、見逃せないんでな。」
[メイン]アズラエル:「人の有り様を変えさせるのは難しいことです」
[メイン]天音雪兎:「別に無理に変えることもないと思うし」
[サブ]庶務:「はっはっは」
[メイン]天音雪兎:「それがこだわりだってなら、それ以上は言いやしないさ。わかってるならなおさらね」
[メイン]アズラエル:「川の流れを変えるには遮るか、新たに大きな流れへと巻き込むしかないでしょう」
[サブ]庶務:「今はそこまで腹も空いていない。今の言葉だけで腹を抱えてしまうし、プリンもある」
[サブ]庶務:プリンをもぐもぐと食べる。
[メイン]アズラエル:「つまり、雪兎が大吾を変えたいなら、結婚されるべきです」
[メイン]天音雪兎:「別にそういうのは俺の性分じゃないんで遠慮す……」
[サブ]谷地アキラ:「そうかい、んじゃ俺は寝るわ……」
[メイン]日廻一色:ぱたぱたと顔を仰ぎながら川べりに座る
[メイン]天音雪兎:「どゆこと!?」
[メイン]紅大吾:「お前は 何を 言ってるんだ」
[メイン]天音雪兎:「俺たち男同士だし、そもそもそういう問題ですらねーよな!?」
[メイン]天音雪兎:どこからそんな影響を……
[サブ]庶務:「蚊に食われないようにするといい」
[サブ]谷地アキラ:「ああ、言い忘れてたが」足を止め
[メイン]日廻一色:「ん? 雪兎先輩が女装して大吾君と付き合う?」
[メイン]アズラエル:「交際は人を変えるという言説は多く流布しています」 無表情。
[メイン]紅大吾:「ねーから。」
[サブ]庶務:「プリンは返さんぞ?」 スプーンをぷらぷらと
[サブ]谷地アキラ:「お前の分にだけ脂肪を燃焼させるサプリを大量に入れておいた」
[メイン]天音雪兎:こくこくと頷いている
[サブ]谷地アキラ:「じゃあな、おやすみ。」
[メイン]天音雪兎:「意味がわからないし、大吾に悪いでしょ」
[メイン]紅大吾:「交際ってか交流の間違いじゃねーの?」
[サブ]庶務:「なんと酷なことを! というかそれはアレだ、料理人としてどうかと思うぞ!」
[雑談]天音雪兎:アキラwwwww
[サブ]庶務:ひとしきり喚いてから、笑いつつ
[メイン]ケント・テイラー:「男同士でも女装すればセーフとかよくわからないことを言い訳にする連中も増えているらしいし」
[サブ]庶務:「……しかしなんだな。谷地君の口から平々凡々という言葉が出るのは、実に喜ばしいことだ。そう思うだろう?」
[メイン]ケント・テイラー:「雪兎ならうっかりやりかねんのでは?」
[メイン]天音雪兎:「多分そうだと思うよ、俺も」はろーとケントと一色に手を振りつつ
[メイン]ケント・テイラー:一色に少し遅れてひらひらと手を振りながら合流する
[メイン]日廻一色:「うおおうなんでこっちに……いやいいけど」まだ顔熱くてぱたぱたしてる
[メイン]紅大吾:「……流石に俺もそれは救えないかな…………」
[メイン]アズラエル:「交流は、川に流れるものが加わるのだと開発主任が言っておりました」
[メイン]天音雪兎:「……それは、あれだ!男同士で事故るのも嫌だろうと思ってだな!」前科者
[メイン]ケント・テイラー:「なんですかその反応は」
[メイン]日廻一色:「まあ今は私達より大吾君と雪兎先輩の関係の話っすよ」
[メイン]紅大吾:「ん?」
[メイン]紅大吾:「あぁ、日廻とテイラーってそういう?」
[サブ]庶務:「平凡というのは鏡だ。悪しき心境なら退屈極まりなく、良き心境ならば愛すべき日々」
[メイン]ケント・テイラー:「誰も貴方のこと言ってないというかただの噂話だったんですけど」
[メイン]天音雪兎:「そうそう、そういう」
[メイン]ケント・テイラー:「そういうとは……まあ、そういうですけど」
[メイン]天音雪兎:「ほぅらアズラエル、あれが交際で変わった例だ」話をそらし返す
[メイン]ケント・テイラー:「あっこの野郎」
[サブ]庶務:「彼のように、抱えるものが多い者が、日々を平凡と呼べることの美しきことよ……と。まあ」
[メイン]日廻一色:「だからいいんだって……おいコラ」
[サブ]庶務:「私は彼の何を知るものでもないがね」
[サブ]庶務:プリンを完食し、どこかへ消えていく。
[メイン]紅大吾:「へー、おめでとさん、二人とも。」
[メイン]日廻一色:「へいへーい」
[メイン]ケント・テイラー:「まあ、ありがとうございます……?」
[雑談]ケント・テイラー:大吾がそういうことに気付く……気付くのか……
[メイン]紅大吾:「つーか、言われてみればテイラーもなんか変わったなぁ。」
[メイン]アズラエル:「彼とは面識がないため変化を観測できません。一色は変化されましたか」
[メイン]紅大吾:「まぁ俺が前に見たのってあの電脳空間の時だけど。」
[雑談]紅大吾:いいか
[メイン]日廻一色:「自分では分かんないね。ただ、変わったって最近言われること多いから、けっこう変わったんだと思うよ」
[雑談]紅大吾:他人に対しての察しは早い、これが鈍感の鉄則だ
[メイン]天音雪兎:「まぁ変わろうとして変わるものでもないのと同じでしょ」
[メイン]ケント・テイラー:「まあ、そうですね……あの事件から少ししてからですし、こうなったのも」
[メイン]天音雪兎:「自分ってのはいつでも触れてるものだから、わかんないんじゃない」
[雑談]ケント・テイラー:はい。
[雑談]天音雪兎:ww
[メイン]紅大吾:「まぁな。変わらない事なんて沢山あるしな。」
[雑談]千種零一:戻り
[雑談]千種零一:おっとこっち裏だわ
[メイン]日廻一色:「まあねー、大吾君にとっての変わらないことっていうのは?」
[雑談]紅大吾:おうこっちは裏だ
[メイン]紅大吾:「俺?」
[メイン]紅大吾:「父さんと母さんの息子で、救命士だ、って事じゃねーかなぁ。」
[メイン]日廻一色:「ふうん……大吾君のお父さんとお母さんってどんな人だったの?」
[雑談]日廻一色:最近の私は誰かの親の話を聞くのがマイブーム
[メイン]紅大吾:「……こんな時に話していいタイミングなのか、これ?」
[雑談]紅大吾:唯一のルーツにして無二の地雷という
[メイン]日廻一色:「ど、どういうことだってばよ」
[メイン]天音雪兎:「俺は別に気にしないよ」
[雑談]日廻一色:wwwwwww
[メイン]ケント・テイラー:「まあ、私はあの依頼の時に見てますし」
[雑談]ケント・テイラー:私はもう見たからなあって感じのあれ
[メイン]日廻一色:「おや意外なつながり」ケントと大吾を交互に見て
[メイン]紅大吾:「まぁ、隠すものでもねーか。」
[メイン]アズラエル:「必要であれば席を外しましょうか」
[メイン]紅大吾:「あぁ、いいよ。アズラエル。ちょっと話題として暗いんじゃねーかなって思ってさ。」
[雑談]アズラエル:アズラエルは以前お聞きしました
[雑談]紅大吾:でもケント母親の事知らないよねっていう
[メイン]日廻一色:「む……」
[雑談]ケント・テイラー:知らないね……
[メイン]アズラエル:「大吾の父に関しては、以前お聞きしています」
[メイン]紅大吾:「俺の父さんは消防士だった。」
[メイン]紅大吾:「……俺の母さんは不死だった。」
[メイン]ケント・テイラー:「まあ、件の依頼の時に居合わせましたから」 メンタルが死んだ例の依頼である
[メイン]ケント・テイラー:「……其方のほうは初耳ですね」
[メイン]紅大吾:「二人とも、もういないけどな。」
[メイン]日廻一色:……ぐ、と息が詰まり
[メイン]アズラエル:「いないとは、母は現世から滅されたのですか」
[メイン]紅大吾:「な、言ったろ? 悪いな、日廻、テイラー、アズラエル、天音。こんな話でさ。」
[メイン]紅大吾:「あぁ、もう魂も残ってないんだろうな。」
[メイン]日廻一色:「………………お、重ぉ……い、いや、ここまで散々遊び尽くしてるし、テンションはいいけど……」
[メイン]天音雪兎:「俺は別に気にしないけど……まぁ、少し言葉にしづらい話ではあるかな」
[メイン]紅大吾:「テイラーは知ってるだろ? あの時、俺さ。」
[メイン]紅大吾:「父さんとは逢ったけど、母さんはいなかったんだよ。」
[メイン]天音雪兎:「不死と言っても、死ににくい、ってだけらしいしね」
[メイン]ケント・テイラー:「…………ああ。確かにそうだった」
[雑談]森濱くるみ:(激重だった……)
[雑談]日廻一色:wwwwwww
[雑談]紅大吾:wwwwwww
[メイン]日廻一色:「なんか執行委員そういうの多いねー。大吾君並はレアにしても」
[雑談]森濱くるみ:ちらって見に来たら空気が!?
[雑談]森濱くるみ:みたいな
[メイン]日廻一色:「……それでも、訊くけど……」
[雑談]ケント・テイラー:wwwww
[メイン]日廻一色:「…………お父さんとお母さんのこと、好きだった?」
[雑談]ケント・テイラー:大吾くんの地雷踏み抜いたところだからね、仕方ないね
[メイン]紅大吾:「データにないってのはそういう事だと思う。まぁ、そりゃ俺みたいなのが沢山いたらそれはそれで困るだろ……」
[雑談]伏見春:重っ!
[雑談]伏見春:そろそろ移動しようかなあって思ったけど行ける空気じゃなかった
[メイン]紅大吾:「そりゃあ俺にとってはなんであれ父さんと母さん、だからな。」
[メイン]日廻一色:「今も好き?」
[メイン]紅大吾:「あぁ。」
[メイン]ケント・テイラー:「なら、自分のことは?」
[メイン]紅大吾:「んー……まぁ、嫌いじゃあないかな。」
[メイン]ケント・テイラー:一色の問いに繋げるように質問を続ける。
[メイン]アズラエル:「自分に対し、好きあるいは嫌いという価値観があるのですか」
[メイン]日廻一色:やはり2人の間で視線を動かして
[メイン]紅大吾:「この前やらかして迷惑かけたのは嫌だけど。それでも尊敬する父さんの背中を追いかけて、母さんに育てられたんだ。」
[メイン]日廻一色:「あるある。前は私は何も思えてなかったけど、今はそこそこ自分が好きかもね」
[メイン]紅大吾:「あると思うぜ、アズラエル。」
[メイン]ケント・テイラー:「確かにありますよ。考え始めたら中々難しい問題ではありますけど」
[メイン]アズラエル:ふむ。顎に手を当てて考え込む。
[メイン]紅大吾:「思う、じゃねーな。ある、か。俺も矛盾だらけの自分が嫌いだ。」
[メイン]天音雪兎:「変わるのが難しい、自分っていう存在を認められるかとか、そういうのじゃないのかな」
[メイン]天音雪兎:俺もあんまりわかんないけどね
[メイン]日廻一色:「矛盾だらけ、かぁ」
[メイン]紅大吾:「命を救う側が自らの命を犠牲にするとか矛盾なんてもんじゃねーしな。」
[メイン]紅大吾:「ま、他にもあるけど。嫌ってばっかりってわけでもねーさ。」
[メイン]ケント・テイラー:「矛盾だらけなのは誰だってそうですよ、きっと」
[メイン]ケント・テイラー:「……そう言えるのならば、安心しました」
[メイン]日廻一色:「自分が救助側になるのは救命活動において最も避けなければいけないこと、だもんね」
[サブ]伏見春:今何か電波来た!
[サブ]伏見春:第四の……BL!?
[メイン]アズラエル:「精査いたしましたが、やはり自身の好悪も現状では判断がつきません」
[メイン]紅大吾:「それもあるし、助けに来る側が命軽く扱うなんて説得力もねーだろ?」
[メイン]紅大吾:「無理に判断つけなくたっていいさ、そういうのは。」
[メイン]天音雪兎:「どうあっても自分は自分だしね」
[メイン]天音雪兎:「好きとか嫌いとか、それ以前に今ここに存在するもの、なんだから」
[メイン]紅大吾:「それにこういう時は自分だけじゃないしな。誰かがその好悪を言ってくれる事もあるんだ。」
[メイン]紅大吾:「そうやって少しずつ出来てくもんだと思うぜ。」
[メイン]アズラエル:「しかし、今までの会話を鑑みるに、好きであるのがよいことなのでは」
[メイン]ケント・テイラー:「自分の好き嫌いも他人の好き嫌いも、時間と経験の積み重ねですよ」
[サブ]千種零一:すたすたとテント区画にやってくる
[雑談]朱羽刀夜:ごろん
[メイン]日廻一色:「まー、そうだよ。私は嘘つきだし、けっこう嘘でも好きって言うことは多いかな」
[メイン]ケント・テイラー:「いやあ、最初はこいつ嫌いとか気に食わないから始まる成長もあるもんですよ?」
[サブ]朱羽刀夜:「どしたのよー零一ー」 後をついてきて
[メイン]天音雪兎:「何か妙に実体感こもってるけど」
[サブ]千種零一:「しかし節操がねぇなぁ」ログハウスとかよくわかんないのが並ぶ区画を見て
[メイン]アズラエル:「あなた方の交際も、そういった経緯を辿られたのですか」
[メイン]天音雪兎:「誰か特定個人に向けて言ってない?それ」ケントにそんなことを
[サブ]千種零一:「……あぁちょっと。先輩ダンスの種目出ました?」
[メイン]ケント・テイラー:「そういう感覚は学習したことはないのかもしれませんけど。まあ経験者としてははっきりあると言えます」
[メイン]日廻一色:「自分についてはね。嘘もつき続けたらそのうち真実だよ……そこ掘り下げないでください雪兎先輩」
[メイン]ケント・テイラー:「そうですけど!!?」
[メイン]日廻一色:「おい肯定すんな!」
[メイン]天音雪兎:「仲良きことはいいことだなぁ」はっはっは
[メイン]アズラエル:「回答ありがとうございます。参考にさせていただきます」
[メイン]紅大吾:「俺が言うのもなんだけどさ。」
[サブ]朱羽刀夜:「んー?出てないけれど…うわあ、ログハウスに何の変哲もないテント…」
[メイン]紅大吾:「お前ら、単純じゃね?」
[メイン]日廻一色:「分からん!」
[メイン]天音雪兎:「というかやっぱり、言ったとおりだったじゃん。反発もし合ってるけど、今はそれも認めあってるって」
[サブ]千種零一:「ん、じゃあちょうどいいや」
[メイン]ケント・テイラー:「いや、折角ですしまだ学習途中らしい彼女に教えて差し上げようかと……」
[サブ]朱羽刀夜:「ちょうどいい?」
[サブ]千種零一:広い場所に出てから手を差し出し
[サブ]千種零一:「踊りましょうか」
[メイン]天音雪兎:「いい和音だと思うよやっぱり。ケントからさんざん惚気を聞いた甲斐があった」
[メイン]日廻一色:「はぁ……」
[メイン]アズラエル:「では、交際までの詳しい経緯をお聞かせ願えますか」
[サブ]朱羽刀夜:「え、ちょ、え」 慌てだす
[サブ]朱羽刀夜:「え、い、いいの!?」
[メイン]日廻一色:「だからなんでこっちになるの!? アズにゃんの興味の向き方どうなってんの!」
[サブ]千種零一:「なんでそこで聞くんですか……」
[メイン]天音雪兎:「青春だからじゃない?」
[サブ]千種零一:苦笑を浮かべつつ
[メイン]天音雪兎:「それに今そういうの語れるのお前らしかいないじゃん」
[メイン]紅大吾:「参考にするとか言ってたけど大丈夫か、それ?」
[メイン]天音雪兎:大吾、あずにゃん、俺じゃあなぁ
[サブ]朱羽刀夜:「い、いやだって…さっきまで山の中走り回ってたから服ちょっと汚れてるし…」
[メイン]アズラエル:「お二人が現れるまで、交際に関する議論を交わしていたので」
[メイン]紅大吾:「まぁ語れるのは二人だけだよなぁ。俺とかそういうのサッパリだし。」
[サブ]千種零一:「そのくらいは別にいいでしょ。キャンプだし」
[メイン]紅大吾:「天音とかアズラエルは案外モテる気もするんだが。」
[メイン]天音雪兎:「俺も俺も。俺だってアズラエルみたいに聞きまわってた側だし」
[サブ]朱羽刀夜:「…そ、そういうことなら」 おずおずと手を取る
[メイン]天音雪兎:「その言葉そっくりそのまま返すぞ」
[メイン]ケント・テイラー:「流石に一から十まではあまりにも……こう……」うっかり墓穴掘ったなって顔
[サブ]千種零一:「こっちじゃダンスで日廻先輩とテイラー先輩がいいダンスしてて」
[メイン]アズラエル:「なら、一から九を」
[雑談]フレデリカ:はっはーん?(クマの立ち絵が無い)
[サブ]千種零一:「羨ましくなったんで。ま、せいぜいフォークダンスしか踊れないけど」
[サブ]朱羽刀夜:「アハハ、私なんてそういうダンス全然知らないしお相子って事で」
[メイン]日廻一色:「………………依頼で一緒してケント君が私のこと嗅ぎまわっているのに気づいて情報交換する間柄になってそれまではビジネス上の関係だったけど例のリヴァイアサンの依頼で死ぬレベルで2人共闘してうっかり私のなんやかんやが漏れてそれからケント君が優しくなってケント君の話聞いたりしていつの間にかデートするようになったりして今に至ります」
[メイン]天音雪兎:「……おぉ」
[メイン]紅大吾:「早口で捲し立てやがった。」
[メイン]天音雪兎:ほうっと思わずため息を漏らす
[メイン]天音雪兎:「ご馳走様」手を合わせて拝む
[メイン]アズラエル:ふむ。
[サブ]千種零一:肩に回し、もう片方の手を取って
[メイン]日廻一色:「よく聴き取れたな!?」
[メイン]ケント・テイラー:「……以上の通りです」
[メイン]天音雪兎:「耳が良いもんで」
[サブ]千種零一:「それじゃあ少しだけ、思い出にしましょうか」
[雑談]フレデリカ:入れてないもんだなー
[サブ]千種零一https://www.youtube.com/watch?v=gPw65wBwnpY
[サブ]千種零一:ゆったりと、静かな森の影でステップを踏み始める
[メイン]フレデリカ:ぴこっ
[サブ]朱羽刀夜:あまり踊りは踊った事が無い、といったが
[メイン]フレデリカ:「……タイミングを逃した気がする」
[メイン]ケント・テイラー:「恥ずかしいなこれ」微妙に赤面して顔を横に背け
[メイン]ケント・テイラー:「……何か出た!?」
[メイン]天音雪兎:「……いや、ある意味絶好のタイミングかもよ?」
[サブ]朱羽刀夜:そこはそれ、持ち前の運動神経と反射ですんなりとステップを合わせていく
[メイン]紅大吾:「何を今更……」
[メイン]日廻一色:「なんだ盗撮魔!」
[メイン]ケント・テイラー:顔を背けた方向に生モノがいた。
[メイン]天音雪兎:「水鳥野も話してく?話あるなら」
[メイン]アズラエル:「たしかに、ケントが先ほど言ったとおり気に食わないが変化し好きになったようですね」
[メイン]フレデリカ:「こういう時ばっかりそういうところをフィーチャーする!?」
[メイン]ケント・テイラー:「その……何と言いますか……まあ、はい」
[雑談]天音雪兎:ケントくん
[メイン]ケント・テイラー:「いつの間にか放っておけなくなっていて」
[雑談]天音雪兎:こんな立ち絵が……
[メイン]日廻一色:「はい! やめ! やめやめ!!」
[メイン]フレデリカ:「ん、いやなんとなーくそこそこ風景撮ってきたから集まりに戻ってきたんだけど」
[メイン]紅大吾:「あー」
[メイン]ケント・テイラー:「……はい!恥ずかしくなってきたので水鳥野さんにパス!!:」
[サブ]朱羽刀夜:「わんつーわんつーお、調子でてきた、かも」
[メイン]フレデリカ:「あ、なるほど」
[メイン]フレデリカ:「はい?」
[メイン]紅大吾:「怪我人放っておけなくなるようなもんか、それ!」
[メイン]アズラエル:はあ!?青春かよ! 思わず、PLが叫んだ。
[雑談]ケント・テイラー:照れ顔差分(ドラマでは結構使ってるよ)
[サブ]千種零一:決して派手でもないダンス、けれども穏やかな様子で
[メイン]紅大吾:おいwwwwwwww
[メイン]ケント・テイラー:wwwwwwwwwww
[メイン]日廻一色:「なんだよその救命士関連思考は!」
[メイン]日廻一色:wwww
[メイン]天音雪兎:wwwwwwww
[サブ]千種零一:「いい感じですね、やっぱ先輩こういうの飲み込み早い」
[メイン]フレデリカ:PLはよくさけぶ。
[雑談]天音雪兎:なるほど
[メイン]紅大吾:「え、同じじゃねーの?」
[雑談]天音雪兎:大切なあの人にしか見せない素顔と
[サブ]千種零一:肩を寄せ合って、テントの周りを踏みしめる
[メイン]エックス:「はい?じゃない!パスって来たら答える!キャッチボールだ!」
[メイン]フレデリカ:(ダイゴ先輩は処置なしなのではの旗を振る)
[メイン]ケント・テイラー:「まあ確かに怪我人というか迷子みたいなもんでしたけど!」
[メイン]天音雪兎:「まぁ良い音色があったらそれを響かせたいと思うのと似たようなものだよね」
[メイン]日廻一色:「りんごと血は紅いから同じって言われるようなもんでしょソレ」
[サブ]朱羽刀夜:「まーねーこういうので反応遅れたら致命傷貰いかねない事してるし」
[メイン]天音雪兎:分からなくもない、と大吾にうなずきつつ
[メイン]エックス:ひょこっと出てくる
[メイン]紅大吾:「いや流石に血なら止めなきゃダメだろ……」
[サブ]朱羽刀夜:「ひゃっ」 肩を寄せた瞬間、僅かにステップが乱れる
[メイン]日廻一色:「たとえ話で冷静になるな!」
[メイン]フレデリカ:「こういうところで常識を謳えるからダイゴ先輩はあまりに度し難い」
[メイン]天音雪兎:「おー賑やかになってきた」はろーとエックスに手を振りつつ
[メイン]エックス:「分かる」
[メイン]エックス:天音に手を振る
[サブ]千種零一:「やれやれ」足並みがもつれないようにしっかり支え
[メイン]紅大吾:「俺なんか間違った事言ったか!?」
[メイン]日廻一色:「うぇーい愛パイセン」
[雑談]ケント・テイラー:割とそうでもないとか言えない……!(まあはぐらかせないで照れることになる話題がだいたい一色絡みではあるけど)
[メイン]エックス:「ウェーイ日廻後輩」
[サブ]朱羽刀夜:「た、タイミング外したとかじゃないのよ?」
[サブ]千種零一:「分かってますって。でもまあ慣れて下さいよこのくらい」
[サブ]朱羽刀夜:「偶々というか…急に近づいてびっくりしたというか」
[メイン]紅大吾:「お、二人ともちーっす。」
[メイン]ケント・テイラー:「ああ、エックスか」
[サブ]朱羽刀夜:「だ、だって自分から行くなら緊張しないけれど…」
[サブ]朱羽刀夜:「こう、零一から来ると…カーッて」
[メイン]エックス:「全員から呼び方違うのは危機感感じてきた」
[メイン]日廻一色:「に、人数増えてきたけどさぁ。話し戻すと、大吾君が自分自身について好きなとこは?」
[サブ]千種零一:「知ってますよ」
[サブ]朱羽刀夜:「…うぅ」
[サブ]千種零一:「そういう所も可愛い」囁いて、そのままちょうど一周
[メイン]紅大吾:「そこまで話戻るのかよ!? 日廻とテイラーの話とかアズラエルの好悪の話とかもっと前じゃねーか!?」
[メイン]エックス:「何故私はあんな怪しげな偽名を……あ、うん」 真面目な話な気がして懺悔は後回しにする
[雑談]日廻一色:サブにいきなり顔出して「おっと失礼~」って徒然チルドレン4話のケイコママみたいなムーブしてえ~
[サブ]朱羽刀夜:「ひゃう!?」 囁かれ、ふっと力が抜けた所を引っ張られ
[メイン]フレデリカ:体育座り待機。
[メイン]エックス:「あるのか?好きなとこ」
[雑談]千種零一:別に誰か見られても良かったんだが
[メイン]日廻一色:「うっせーな! こっちの話はもういいんじゃ!!」
[メイン]紅大吾:「えー、俺が自分を好きなところ……」 うーん、と考え込む
[雑談]千種零一:(俺は気にしないし先輩の反応が面白そうだし
[雑談]天音雪兎:wwwwwwwwww
[雑談]フレデリカ:えっ
[雑談]フレデリカ:パパラッチしていいの……!?
[メイン]紅大吾:「…………」
[雑談]朱羽刀夜:ほらこういうのがあ!
[メイン]紅大吾:「分からん!!!!」 キッパリ
[雑談]天音雪兎:まぁ受けのFEマン君ですからね
[雑談]エックス:基本的に2人でだけ話したい場合はドラマでお願いって感じで
[サブ]千種零一:「ほい、こんな所ですかね」腰をちゃんと掴んだまま
[雑談]エックス:茶番のどっかのタブで話してたら割り込んでも仕方ないねみたいな感じ
[メイン]日廻一色:「そうか!!」
[サブ]千種零一:ちょっとしたダンスの時間を終える
[メイン]アズラエル:「では、他者から大吾の好きを指摘すべきなのでしょうか」
[メイン]天音雪兎:「さっきまでの話に則るなら」
[雑談]千種零一:俺ダンスしたかっただけだからな
[サブ]朱羽刀夜:「…はうぅ」 終わったころには真っ赤なのが出来上がってた
[メイン]天音雪兎:「分からないことがわかってるってことだから、いつかわかるようになるし」
[雑談]日廻一色:じゃあタイミング次第でおっと失礼するかも
[雑談]千種零一:流石に唐突に人前で踊り出すのはどうかと思ったんで人いない場所選んだだけ
[メイン]天音雪兎:「そうだね、他人から指摘されることもあるだろ」
[メイン]紅大吾:「だからまぁ」
[サブ]朱羽刀夜:「…うぅ…やっぱこう、もっと慣れるべきなのかな…」
[メイン]天音雪兎:「俺はそういう信念があるところ、好きだし」
[雑談]エックス:後で私も後輩見に行くかな
[雑談]フレデリカ:じゃあフラッシュ炊くぅー!!(一区切り付いたの見て)
[メイン]紅大吾:「多分これから探していけばいいんじゃねーかな。天音の言うみたいにさ。」
[サブ]千種零一:「そんな心配しなくてもいいと思いますが」
[メイン]アズラエル:「アズラエルは大吾を好ましく思っています」
[サブ]朱羽刀夜:「う、でもさあ、今のでこんなわけじゃん」
[サブ]千種零一:「俺が慣らしてあげるんで」もう一度囁く
[サブ]朱羽刀夜:「…その、もっとこう、そういうのとかの時とか」
[サブ]朱羽刀夜:「……ぴうっ」
[サブ]朱羽刀夜:「え、じゃあ、その」
[メイン]日廻一色:「顔はいいと思う」
[サブ]朱羽刀夜:「……や、優しく…おねがい…?」
[メイン]エックス:「前向き」
[メイン]紅大吾:「おう、あんがとよ、二人とも。」
[サブ]千種零一:「はいはい。承りました」
[サブ]フレデリカ:「…………」 かしゃっ
[サブ]フレデリカ:フラッシュが一瞬炊かれた
[メイン]天音雪兎:「というか皆若いんだし、そう焦ることじゃないんだってね」
[メイン]紅大吾:「こんな傷だらけでか?」 ※醜:傷持ち
[サブ]千種零一:笑って、というところでフラッシュの音に振り向く
[サブ]朱羽刀夜:「う…ぴいやあああああああああああああ!?」
[サブ]千種零一:「うわっ」声にびっくりした
[サブ]フレデリカ:瞬間移動で零一くんに親指を立てて消えていく
[サブ]朱羽刀夜:「い、いいいいい今なんかシャッター音が!」
[メイン]日廻一色:「評価基準でマイナス入れる人もいるかもしれないけど私はそうでもないかなーって」
[サブ]千種零一:「何かっていうか水鳥野でしょ」
[サブ]千種零一:「まさに神速……」感心している
[サブ]ヴァン:「くくく……甘いな水鳥野……こんなこともあろうかと既にカメラは設置しておいたのだ……」
[サブ]ヴァン:スッと影に消える
[メイン]フレデリカ:「んー」 帰ってきた。
[サブ]朱羽刀夜:「なんかも一人いるー!?」
[サブ]朱羽刀夜:「よーし、分かった」
[雑談]フレデリカ:総合包囲網。
[雑談]紅大吾:出て来いって言われたからだしておいた
[サブ]千種零一:「あっちはどうかと思うが……」
[サブ]朱羽刀夜:「全員叩き切れば目撃者0って事よね」 スラリと二刀を抜いて
[サブ]千種零一:なんかもう一人いた奴に呆れて肩をすくめる
[メイン]日廻一色:「真面目なところは良し悪しねー。シチュ次第って感じ……どうしたフレ某」
[サブ]千種零一:「あーあー」
[サブ]千種零一:「程々にしてやって下さいね」
[サブ]朱羽刀夜:「くあくごおおおおおおおおおおおお!」 聞こえているのかいないのか、飛び出していく
[メイン]エックス:「なんていうかさあ、もっと自分を好きになってもいいと思うよ。紅は。別に自分の顔の傷フェチになれって訳じゃなく」
[サブ]千種零一:「だめだこりゃ……」
[雑談]ケント・テイラー:夫失礼?
[メイン]朱羽刀夜:その、フレデリカの背後
[メイン]紅大吾:「自分を、なぁ。いやまぁ嫌いじゃねーけどさ。」
[メイン]フレデリカ:「いや、戻ってきたら割合マジメな話が起きてるなぁと」
[メイン]朱羽刀夜:「チェエエエエエエエエエエエストオオオオオオオオオオ!」 二刀を振りかぶった女が
[メイン]天音雪兎:エンブレイス
[メイン]天音雪兎:ワンフォアオール
[メイン]朱羽刀夜:フレデリカへと思いっきり刃を振り下ろす!
[メイン]千種零一:後を追ってきた
[メイン]フレデリカ:「ダイゴ先輩は一般論で説き伏せるよりなんか要キッカケの類ではな」 振り向いたら最早これまでの走馬灯が見える
[メイン]紅大吾:「嫌いになったら父さんや母さん否定する事にもなりかね……おあっ!?」
[メイン]天音雪兎:太刀筋から庇うように間に入る
[メイン]日廻一色:「って、刀夜ちゃん!?」
[メイン]エックス:「お前の前向きな所好きだぞ。私。多分他の人もそう思ってるしお前もそれをしっかり受け入れて」
[メイン]千種零一:「はいそこまで」後ろから首根っこを捕まえる
[メイン]ケント・テイラー:「立つ鳥後はしっかり汚さないようにしましょうね」
[メイン]エックス:「そこから自分の良い所をどんどん見つければいいよなって20歳の感想だ」
[メイン]朱羽刀夜:「私の恥ずかしい写真をかえせむぎゅっ」 首根っこを掴まれて刃は止まる
[メイン]エックス:後ろを振り向く
[メイン]フレデリカ:「はい」 スマホごと渡した、予備
[メイン]ケント・テイラー:物凄い剣幕で切りかかってきた人を見てふう、と溜息をつく。
[メイン]天音雪兎:「……うむ。まぁそういうことだ」ギリギリ太刀は掠めただけに済んだ。誰も傷つかない
[メイン]千種零一:「いやまあ水鳥野が悪いけどあれは。どうどう」
[メイン]フレデリカ:「……早かったなー来るの……」 遅かれ早かれしばかれるとは思っていたんだ……。
[メイン]朱羽刀夜:「デストローイ、デストローイ」 急いでスマホの写真を消す
[サブ]ヴァン:設置したカメラを回収。
[メイン]日廻一色:「盗撮かいな」
[メイン]エックス:「(正直……朱羽にはスマホの写真の消し方分からない疑惑があったから解消されて良かった……)」
[メイン]朱羽刀夜:「むっ」
[メイン]フレデリカ:…………まあもうひとりが上手くやっただろう……。
[メイン]エックス:「好きだな。盗撮」
[メイン]朱羽刀夜:「邪な気配」 突如刃をテント場へ振るう
[サブ]ヴァン:「くくく……水鳥野、お前は甘い……あ、コイツ今日は白のレースだ。」
[サブ]朱羽刀夜:反応してブロン極みがカメラに飛んでいきます
[メイン]フレデリカ:「流石に今回ばかりはこう、れーくん経由ですぐさま南無三すると思ったというか」
[メイン]天音雪兎:「……千種も大変だな」よいせと座り直して
[サブ]ヴァン:パーフェクトプラン!
[メイン]日廻一色:「いやちょい待てや刀夜ちゃん」
[サブ]ヴァン:そして逃亡
[サブ]朱羽刀夜:メジャーじゃないから不可能だな!
[サブ]千種零一:なおヴァンが白のレースだと思っていたものは
[サブ]天音雪兎:射程足りなくね?そもそも
[サブ]朱羽刀夜:カメラは壊れてもらう!
[メイン]フレデリカ:「まあ警告の一種にござる。何処にいるか分からんぞ」
[サブ]千種零一:レンズに張り付いていたスーパーのビニール袋だった模様
[メイン]エックス:「忍びか」
[サブ]ケント・テイラー:wwwwwwwww
[サブ]日廻一色:wwwwww
[メイン]ケント・テイラー:「ああ、私の作った忍びテントが……」
[サブ]ヴァン:むしろそのオチの方がありがたいな!!!!
[メイン]朱羽刀夜:「だいじょーぶだいじょーぶ、歯ごたえは機械だったから」
[メイン]エックス:「朱羽さー」
[メイン]千種零一:「暗殺者かよ」
[メイン]エックス:「ステイ覚えない?」
[メイン]朱羽刀夜:「すてい?」
[メイン]日廻一色:「そういう問題じゃねーよ。どういうことがあったとしても刀ぶんぶん振り回すなっつの」
[メイン]千種零一:「すいません、よく言って聞かせますんで」
[メイン]千種零一:ぺこぺこ
[メイン]紅大吾:「大変ってあー。千草と朱羽もか?」
[メイン]天音雪兎:「そうらしいよ?」
[メイン]紅大吾:立ち絵間違えた(
[メイン]朱羽刀夜:「はひ」 正座をさせられてる
[メイン]天音雪兎:「最近本当増えてるよね」
[メイン]日廻一色:「んじゃれいいっちゃんの方からよろしく」
[メイン]フレデリカ:「いや今回はこう引き寄せるの前提にしたけど……早いね……トーヤ先輩……?」
[メイン]天音雪兎:色々聞いてきた人は語る
[メイン]エックス:「むやみに武器を振り回さない。これが大切なことだからな」
[メイン]千種零一:「とりあえず今日の間は刀没収」
[メイン]エックス:「はい、じゃあな」
[メイン]エックス:「2人仲良くな」
[メイン]千種零一:「次暴れたらお仕置きです」
[メイン]朱羽刀夜:「はい」 没収される
[メイン]朱羽刀夜:「ずいまぜんでじだ」
[メイン]フレデリカ:とりあえず自分も悪いので横に正座していく
[メイン]千種零一:「よろしい」
[メイン]紅大吾:「これが青春ってやつなんだろうか……」
[雑談]朱羽刀夜:完全に躾られてる
[メイン]フレデリカ:「まさかワンアクションでSATSUGAIに来るとは……」
[メイン]日廻一色:「ふう。一段落ついたし、またどっかいこっかなぁ」
[メイン]エックス:「……結局何の話だっけ。ケントの眼鏡の縁の決め方のセンス?」
[メイン]朱羽刀夜:「だ、だってこう…」
[メイン]日廻一色:ぐんぐんと屈伸する、チーム戦が終わってからもずっと動きっぱなしだ
[メイン]朱羽刀夜:「あの光景撮られたって思ったらもうなんかわーってなっちゃって」
[メイン]朱羽刀夜:「……思わず刃に手が」
[メイン]朱羽刀夜:「……思わず刃に手が

[メイン]天音雪兎:「まぁこれも青春なんじゃない?」
[メイン]フレデリカ:「とりあえずダイゴ先輩は多分処置なしだと思った」 聞いてた限りの結論。
[メイン]千種零一:「って人なんで水鳥野も気をつけて欲しい」
[メイン]天音雪兎:「何だかんだ騒がしくて楽しいしさ」
[メイン]紅大吾:「そうか……」
[メイン]フレデリカ:「あとはカップルは周りの視線に気をつけた方がいい。素直に警告すべきだったのではいごめんなさい」 正座継続。
[メイン]日廻一色:「ケント君は?」
[メイン]紅大吾:俺普段から火の中水の中だからなぁ、という顔
[雑談]朱羽刀夜:基本ブレーキは普通の人より緩め>刃を抜く
[雑談]日廻一色:私またどっかいくけどーの意ね>表
[雑談]アズラエル:ヴァンであの子のスカートの中もフォローしている
[雑談]朱羽刀夜:ほいほい
[メイン]千種零一:「まあ俺も見られる可能性を言っておけば良かったんだが……」
[雑談]紅大吾:むしろヴァンはスカートの中しかフォローしなさそう
[メイン]千種零一:「思いの外水鳥野の行動が早かったな……」
[メイン]朱羽刀夜:「ていうかさーフレデリカちゃんはどうなのよ」
[メイン]ケント・テイラー:「私は……そうですね、どうしましょうか」
[メイン]朱羽刀夜:「そういう浮いた話とかは?」
[メイン]フレデリカ:正座から逃げる
[メイン]エックス:「速っ」
[メイン]天音雪兎:「そういやキャッチボール投げられて……」
[メイン]フレデリカ:掴まえたかったらあっさり掴まるぞ!!
[メイン]天音雪兎:「あの反応はいる反応何じゃない?多分」
[メイン]朱羽刀夜:ガシッ
[メイン]ケント・テイラー:「まあ、私は少しここで考えています。ゆっくりしてきてください」
[メイン]朱羽刀夜:「逃がさん、貴様だけは」
[メイン]千種零一:「まあここにいる人は天音先輩以外何かあってもおかしくないし」
[メイン]フレデリカ:「んぐぇっ」
[メイン]日廻一色:「はーいっ。それじゃみんなまたねー」
[メイン]エックス:「またなー私も後でどっか行くー」
[メイン]紅大吾:「えっ。俺何にもないけど。」
[メイン]フレデリカ:「いってらっしゃーい」 話を 逸したい
[メイン]紅大吾:「おう、じゃあなー。」
[メイン]ケント・テイラー:「ああ、気を付けて」
[メイン]千種零一:「いってらっしゃい」一色を見送る
[メイン]朱羽刀夜:「そこで天音君だけ除外するの逆に酷じゃない?」
[雑談]アズラエル:実際大吾は完全に何も色恋の気配ないのだろうか
[メイン]朱羽刀夜:「じゃーねーっと、そーれーでー」
[メイン]千種零一:「天音先輩は何かされる側でしょ」
[雑談]紅大吾:まるでない
[メイン]天音雪兎:「別にいいよ。気にしないし……?」首を傾げる
[メイン]朱羽刀夜:「ほらほら、キリキリ吐けー」
[雑談]紅大吾:色恋より怪我の方が気配がある
[雑談]アズラエル:珍しい
[メイン]朱羽刀夜:「される側」
[メイン]天音雪兎:「……どういうことだよ!?」
[メイン]縫紡継麻:「…………」 ちなみにこれが息を潜めて聞いています。身体乾かしついでに。
[雑談]フレデリカ:こう
[雑談]フレデリカ:確実にダイゴ先輩からの矢印は伸びていない
[メイン]千種零一:「何かした側だったら革命を祝わなければ的な……」
[メイン]天音雪兎:つぐまを腕の中に抱いておこう
[雑談]ケント・テイラー:なおそこの大吾はさっき自分で自分は鈍感って称しているので
[雑談]ケント・テイラー:一言も当てにしてはいけません
[雑談]紅大吾:ケント
[メイン]沢渡籐矢:ザッザッザッと歩いてきた
[メイン]天音雪兎:「まぁそれは確かに?自分で言うのも何だけどね」ぽふっとくまぐるみに顎を起きつつむぎゅりと
[雑談]紅大吾:そもそも雑談の話だぞそれ(
[メイン]フレデリカ:「キリキリ吐けも何もー!? いるにはいるけどさぁー!?」
[メイン]天音雪兎:抱きつつ、だ起きてどうする
[雑談]ケント・テイラー:これも雑談の話でしょ!
[メイン]紅大吾:「あ、いるんだ。水鳥野。」
[メイン]朱羽刀夜:「お、いるんだいるんだ」
[メイン]縫紡継麻:「……割りと心地よいこの心境が恨めしい」
[メイン]沢渡籐矢:「なにやってるんだ?尋問?」
[メイン]朱羽刀夜:「だれだれ?」
[雑談]ケント・テイラー:まあ大吾本人からは間違いなく出てない
[メイン]朱羽刀夜:「コイバナ!」
[メイン]千種零一:「みたいなもんですかね?」
[メイン]沢渡籐矢:「コイバナ」
[メイン]天音雪兎:「宿泊の夜らしい盛り上がりっぷりだよね」
[メイン]天音雪兎:柔らかな感触がくまぐるみを包む
[メイン]千種零一:「この人他人の事になると調子こくけど、自分のことになると急に弱いんですよ」
[メイン]千種零一:「って話」
[雑談]紅大吾:俺からなら皆に矢印自体は出てるよ。「救護対象」として
[メイン]千種零一:刀夜を指差しつつ。
[メイン]縫紡継麻:「オマエさん上手いことオレをダシに逃げてへん? 気の所為?」
[雑談]紅大吾:つーかこっちにも向いてないだろ?
[メイン]天音雪兎:「こうして皆で火を囲んで談笑してる。いいことだ」
[メイン]朱羽刀夜:「ちょt、事実だけれどちょっとー!?」
[雑談]朱羽刀夜:いやあ
[メイン]千種零一:「まーた天音先輩はお年寄りみたいな事を」
[雑談]朱羽刀夜:どうだろ…
[雑談]ケント・テイラー:ねえ……
[メイン]沢渡籐矢:「なるほど」
[メイン]フレデリカ:「じゃあトーヤ先輩! 逆に聞くけれど! 口は堅い方ですか!」
[雑談]アズラエル:アズラエルは大吾の在り方をそれもまたよしと思っているから
[メイン]天音雪兎:「誰がお年寄りか!」
[メイン]朱羽刀夜:ぽく、ぽく、ぽく、ちーん
[雑談]紅大吾:お前だってあれだぞ
[雑談]アズラエル:助けたいと感じていない。死んだら迎えにいきます
[メイン]朱羽刀夜:「そう見える?」
[雑談]紅大吾:多分一番矢印向いてるの一心の中のPLだぞ
[雑談]天音雪兎:アズラエル、大吾、雪兎の一番はじめの三人衆
[メイン]千種零一:ノーコメントって顔をしている
[雑談]アズラエル:たしかに。
[雑談]紅大吾:天使が迎えに……それ俺死んでるじゃねーか!?
[雑談]天音雪兎:誰も彼も問題ではあるけど誰も気にしないからふんわり会話が進む
[雑談]アズラエル:そま、大吾好きすぎ問題
[メイン]フレデリカ:「れーくん!!!!!」 この人なんでこうなの!!! って意図で叫んだら味わい深い面してやがる!!
[雑談]天音雪兎:死んだら迎えにってだから言ってるじゃん!
[メイン]紅大吾:零一の顔を見て色々と察する
[メイン]沢渡籐矢:「あきらめたら?」
[メイン]千種零一:「うん……まぁ」
[メイン]千種零一:「大型犬だと思って諦めた方が」
[雑談]紅大吾:迎えに来なくていいっての!
[メイン]朱羽刀夜:「で、でーもーほら!私はこうバレてる!」
[雑談]アズラエル:最近はPCの抱える問題を本当に解決すべきなのか、という考えをしているので
[メイン]朱羽刀夜:「ケント君もバレてる!」
[メイン]朱羽刀夜:「ばらせばお相子!」
[メイン]天音雪兎:「(そうなのかなぁ)」
[メイン]千種零一:「テイラー先輩達は特段隠してないだけでは……?」
[メイン]天音雪兎:「沢渡はモモリアだっけ」
[メイン]千種零一:人前で踊るぐらいだし
[メイン]紅大吾:「隠してないというか隠せないだけでは」
[メイン]フレデリカ:「そこで試合終了かよ! わかったよ名前言えばいいんだろ名前言えばぁーっ!?」
[メイン]天音雪兎:「本当増えたものだなぁ」
[雑談]アズラエル:それも生き方だし、変えるのは傲慢だと思っている
[メイン]朱羽刀夜:「わーい!」
[雑談]アズラエル:変えるなら結婚する気で!
[雑談]紅大吾:アズにゃんは偉いなぁ
[雑談]天音雪兎:そこら辺は割りと難しい問題だよね
[雑談]紅大吾:おう変えなくていいぞ!!
[雑談]アズラエル:アズラエルの言った言葉は、本気なのです
[雑談]朱羽刀夜:放置していいものもあるし
[メイン]沢渡籐矢:「ああ、そうだぞ」 雪兎に頷く
[雑談]朱羽刀夜:解決すべきなのもあるのでまあ個々のケース次第
[メイン]沢渡籐矢:立ち絵違うわ
[雑談]天音雪兎:解決すべきとしてPLが添えてるかどうかって問題がある
[雑談]アズラエル:死へ向かう人を見送るのも物語の在り方
[雑談]紅大吾:まぁ俺のはどう頑張っても解決できないし>出生のルーツが始まり
[雑談]天音雪兎:ゼットンはとりあえず引っ張れみたいなところはなくもない
[メイン]朱羽刀夜:「ほへー沢渡君にもねえ」
[メイン]千種零一:「多いもんだ」
[メイン]天音雪兎:「青春青春って感じ。善きかな善きかな」
[メイン]天音雪兎:くまぐるみもふもふ
[雑談]ケント・テイラー:変えるなら変えるで無理矢理捻じ曲げたり押し付けたりするんじゃなくてみたいなね
[メイン]千種零一:「うちの班、結局全員そういう話ありの集まりだったんだな」
[メイン]フレデリカ:「……雪羽透って人ですよ、えーと……うん、この場にはいない、けど……」 嘘は言ってはない……っ
[雑談]紅大吾:んなもんPLとしては最後に誰かに託して道端の子供庇ってトラックに轢かれ(ry)に決まってるじゃん
[メイン]千種零一:誰だっけ?って顔をしている
[メイン]朱羽刀夜:「雪羽透…?」
[雑談]アズラエル:生きることは良いことだけど、それもまた一つの価値観ですから
[雑談]天音雪兎:ゼットンを燃やせ
[メイン]朱羽刀夜:「聞いたことないから、執行委員じゃない人なのかなあ」
[メイン]紅大吾:「沢渡も……ん? 執行委員にいたか?」
[雑談]ケント・テイラー:それとなく自分の考えを伝えたりちょっと必要そうな空気を見せたらそっと黙って寄り添ってればいい
[メイン]フレデリカ:むごんを 貫く
[雑談]天音雪兎:とはいえ安易に死んでほしくないってのも気持ちの一つではあるわけで
[メイン]沢渡籐矢:「神託をお持ちのお客様は」
[雑談]天音雪兎:まぁ死生観って難しいから語るのはパスだな!って思う時はよくある
[メイン]千種零一:「聖職者じゃないからなぁ」
[雑談]紅大吾:いや流石にさ
[雑談]紅大吾:ドラマでそんなシーンは出さねぇよ!!
[雑談]フレデリカ:必要かで考えたら相手に踏み込むのは極端な話自分の為ですヨ、の精神
[雑談]天音雪兎:出したら説教物だよ!
[雑談]ケント・テイラー:そうそう>自分の話
[メイン]朱羽刀夜:「死霊術でもいーぞー」
[雑談]ケント・テイラー:ケントも最初から公言して一色に関わってたわけで
[雑談]天音雪兎:だから変えるなら結婚する気でってのは
[メイン]紅大吾:「神様に祈るのはちょっと……」
[メイン]縫紡継麻:「はーい」>死霊術
[雑談]天音雪兎:ある意味真理何だよな……あずにゃ真理
[メイン]エックス:「(デストロイオロチの)神託使える春は帰ったぞ。忙しいんだって」
[雑談]アズラエル:天使ですから
[メイン]天音雪兎:「お、自動書記る?」くまぐるみを持ち上げて
[メイン]エックス:戻ってきた。皆が何の話してるか分かんないけど
[雑談]千種零一:刀夜先輩の倫理観なんか大分アレだけど
[雑談]千種零一:俺は肯定しつつ操縦するつもりでいますしね
[メイン]朱羽刀夜:「よーし、自動書記レッツゴー!」
[メイン]縫紡継麻:「今から覚えていいんならナ」
[雑談]朱羽刀夜:(操縦されるアカンタイプの人)
[メイン]千種零一:「ああちょうどいいやエックス先輩」
[メイン]紅大吾:「覚えてねーのかよ!!」
[メイン]エックス:「今度にしような!」
[メイン]エックス:「はい」
[メイン]天音雪兎:「ほら、経験点120点振ってきたし」
[メイン]千種零一:「雪羽透って人知ってます?」
[メイン]エックス:「ん」
[メイン]エックス:「知ってるけど。それが?」
[メイン]天音雪兎:「……お、知ってる人が」
[メイン]千種零一:「実在したらしいな……」
[メイン]沢渡籐矢:「ほう、どこのどなたなんだ?」
[メイン]フレデリカ:\(^o^)/
[メイン]朱羽刀夜:「へー意外な所に接点が」
[雑談]アズラエル:エゴを押し付けるタイプの人も、それはそれで在り方なので
[メイン]紅大吾:「ってことは、執行委員なのか……?」
[メイン]エックス:これは……何かめっちゃ面白い雰囲気だな……?
[雑談]アズラエル:人の世は面白いものよ・・・(天使顔)
[メイン]フレデリカ:ええいアイコンタクトをかます暇もねぇ! ハンドサインもねぇ!! あたしこんな尋問嫌だ!!
[雑談]天音雪兎:悟ってる……
[雑談]ケント・テイラー:一色がちゃんと自分の気持ちが考えられるようになるまでそういう形でも関われるのは嬉しいからって自分の為で交流してたら
[メイン]エックス:「そうだな。アイツは風の向くまま気の向くまま飛んでく奴だからなー。一浪して、今勉強中で、どこの学校の人かは言えないけど」
[雑談]ケント・テイラー:自分からの想いは言わないで適当にはぐらかしたままでいようと思ってたのに気付いたらこういうことになってしまっていた
[雑談]縫紡継麻:マジな話あと死霊1上げるなら取ってもいいのよね メトリーとの合わせ技で>自動書記
[雑談]天音雪兎:堕ちてる
[雑談]朱羽刀夜:www
[雑談]フレデリカ:陥落
[雑談]天音雪兎:自動書記は便利なスキルではある
[雑談]天音雪兎:使い所があるかどうかだと微妙だけど
[メイン]朱羽刀夜:「一浪」
[メイン]エックス:「……まあ、学園都市にはいるぞ。会いたかったら私が話通しとくからまあそんな感じでよろしくな」
[雑談]アズラエル:トラックとして申請されたら受理される
[雑談]紅大吾:ケントにしては意外と頑張った方だと思う>陥落
[メイン]千種零一:「なるほど」
[メイン]フレデリカ:セーフ、という顔をした。
[メイン]天音雪兎:「……へぇ、まぁ、誰であれ」
[メイン]天音雪兎:「幸せならいいことよな」
[メイン]千種零一:天音先輩そういうまとめ方好きだな……
[メイン]天音雪兎:全部そうなるからね
[メイン]朱羽刀夜:「んー」
[メイン]縫紡継麻:「なんか良い感じならそれが大好きな奴らだからネオレら」
[メイン]天音雪兎:良い音色だね、で終わるのだ
[メイン]天音雪兎:「そーそー。怪異フレンズ」
[メイン]縫紡継麻:「人の営みが幸せそうなら割と良いことでその分此方にキャッシュバック」
[雑談]ケント・テイラー:まあ、だから人の世は面白いよ……うん……
[メイン]朱羽刀夜:「つまりは、フレデリカちゃんはエックスちゃんとの繋がりでその子と知り合った」
[メイン]紅大吾:「まぁなぁ。水鳥野、雪羽ってやつの事好きなんだろ? 頑張れよ。」
[メイン]朱羽刀夜:「みたいな、か」
[メイン]天音雪兎:くまぐるみぽふぽふ
[メイン]千種零一:「まぁ。お幸せにって意見には同意ですがね」
[メイン]朱羽刀夜:「ていうか言いかた的にはもう付き合ってるんじゃないの?」
[雑談]紅大吾:セーフで終わらせてたまるかよ……!
[メイン]エックス:とりあえず苺最中食す。うまっ
[雑談]森濱くるみ:ざっ
[メイン]朱羽刀夜:「んーしかしこうなると」
[メイン]紅大吾:「……水鳥野、固まってね?」
[雑談]森濱くるみ:一色に教えてもらってぬるりと来たぜ……
[雑談]森濱くるみ:適当に入ろっと
[メイン]エックス:「眠いんじゃね?」
[メイン]朱羽刀夜:「雪兎君さあ、こう……」
[メイン]フレデリカ:*フリーズ中*
[メイン]天音雪兎:「……へ?俺?」
[雑談]日廻一色:教えたぜ……
[メイン]沢渡籐矢:キュア
[メイン]朱羽刀夜:「その襲われそう感というか、独り身で終わりそう感どうなのよ」
[メイン]天音雪兎:キュアwwww
[メイン]エックス:「まあフレちゃんは可愛いってことでここは一つ」
[メイン]朱羽刀夜:「みたいな」
[メイン]紅大吾:ディスペル
[メイン]エックス:キュアwwwwwwww
[メイン]エックス:フルコンボだ
[メイン]フレデリカ:きさまらwwwwwww
[メイン]森濱くるみ:そのフレデリカの向こうから
[メイン]天音雪兎:「……いや、俺に言われても」
[メイン]エックス:えー
[メイン]森濱くるみ:「リカちゃん?何やって……」
[メイン]天音雪兎:「別に俺は皆が楽しそうにしてればそれでいいんだしさ」
[メイン]エックス:判定前。判定後。ありません
[メイン]千種零一:「あ、くるみ」
[メイン]森濱くるみ:「本当に何やってるんですか!?」
[メイン]エックス:(神威の波動と!?をしまう)
[メイン]千種零一:「何なんだろうな?」
[メイン]森濱くるみ:魔法陣凄い出てますけど?!
[メイン]エックス:「えー」
[メイン]エックス:「ヤバい」
[メイン]紅大吾:「あ、くるみ。いや、なんか水鳥野が固まってたから。」
[メイン]天音雪兎:眼鏡召喚陣よりマシでは?
[メイン]森濱くるみ:「なんで」
[メイン]朱羽刀夜:「いやまあ楽しいならいいんだけれど」
[メイン]エックス:「解呪……?」
[メイン]沢渡籐矢:「コイバナの結果凍結した」
[メイン]森濱くるみ:「リカちゃーん、リカちゃーん?」
[メイン]紅大吾:「さぁ……?」
[メイン]朱羽刀夜:「このままいくとさ…騙されて変なの掴みそうで」
[メイン]森濱くるみ:「あっ」
[メイン]天音雪兎:「俺は俺で楽しいからやってるしね」
[メイン]エックス:「何かフレちゃんにさー」
[メイン]森濱くるみ:「なるほど……それで固まってたんだ……無理もない……」
[メイン]エックス:「恋人がいてー。その人の話したらさー」
[メイン]天音雪兎:「……っていうか、朱羽俺のこと心配出来る程なの?」
[メイン]森濱くるみ:※くるみは相手を知りません
[メイン]エックス:「フリーズって寸法だ」
[メイン]朱羽刀夜:「………」
[メイン]朱羽刀夜:「れ、れーいちはしっかりしてる」
[メイン]紅大吾:「あ、そういう事か……」
[メイン]フレデリカ:「…………ふー」 深呼吸、再起動。ディスペルとキュアで何が剥がれたか分からない。
[メイン]森濱くるみ:「だってそれ、あたしも聞いたことないくらい隠してることですもん……あっ起きた」
[メイン]紅大吾:「現場じゃ命取りになるから気を付けろよ、水鳥野……」
[メイン]森濱くるみ:「リカちゃん大丈夫?見える?」
[メイン]千種零一:「あ、生き返った」
[メイン]フレデリカ:「えー多分付き合ってる、そういうことになります! 以上後は無言を本気で貫くからな!!」
[メイン]エックス:「いざって時はその透が助けに来るから大丈夫だろ」 くすくすと笑う
[メイン]沢渡籐矢:「現場でコイバナする機会は無いと思う」
[メイン]天音雪兎:「ふむ」
[メイン]天音雪兎:「いざという時は助けにこれる」
[メイン]森濱くるみ:「ほら」
[メイン]紅大吾:「たまにいるんだよなぁ、それが。」
[メイン]天音雪兎:「……?」疑問符を頭に浮かべる
[メイン]フレデリカ:「第一なんであたしにこんな時間かけてやがらァーッ!!?」
[メイン]千種零一:「天音先輩、その辺にしてやった方がいいと思いますよ」
[メイン]朱羽刀夜:「むう、ガードが硬い」
[メイン]エックス:>>見えない所で無茶振りやめろって神様動揺中<<
[メイン]千種零一:「ほら刀夜先輩もいじめすぎない」
[メイン]天音雪兎:「……あぁ、うん。純粋に気になっただけだからやめとく」
[メイン]朱羽刀夜:「はーい…」
[メイン]森濱くるみ:「とりあえず一旦落ち着こう、リカちゃん」
[メイン]天音雪兎:「まぁご覧の通り千種はしっかりしてるから朱羽は大丈夫だろう」
[メイン]紅大吾:「この前あれだぜ、『俺、この現場終わったら……』とか言い出したり奴いたし。そいつ怪我したけど。」
[メイン]天音雪兎:うんうん、と頷きつつ話を誤魔化す
[サブ]ケント・テイラー:「……よいしょ、と」
[メイン]沢渡籐矢:「露骨なフラグだな」
[メイン]千種零一:「まず自分でしっかりして欲しいんですけどね?」
[サブ]ケント・テイラー:騒がしくなってきたのでひっそりと静寂の支配する休憩所へと抜け出てくる。
[メイン]朱羽刀夜:「努力します」
[メイン]森濱くるみ:「千種君ほんと先輩のこと面倒見てるよね……」
[メイン]千種零一:「危なっかしいので……」
[雑談]夕凪京介:おーい
[メイン]天音雪兎:「まぁいいバランス何じゃない。いい和音だ」
[雑談]エックス:フレデリカ。2人で釣り堀行く?ちょっとだけ
[メイン]フレデリカ:「反撃できねぇから困るんだよこういう状況!?」 人物的に信置いてる人が多いのでやり返すにやり返せない。
[雑談]夕凪京介:解散3時30分ぐらいでいい?
[雑談]エックス:はーい
[雑談]森濱くるみ:はーい
[雑談]朱羽刀夜:はいさー
[雑談]天音雪兎:いいんじゃない
[雑談]朱羽刀夜:あ、くるみー
[雑談]夕凪京介:なんで3時30分なのかと言うと
[雑談]フレデリカ:ほい>釣り堀
[雑談]夕凪京介:私が昼茶番GMあるから
[雑談]朱羽刀夜:最後にリサでルゥルゥ見かけてもいい?
[雑談]夕凪京介:寝たい
[メイン]沢渡籐矢:「とりあえず異界の食べ物をいきなり口に含まないように言い含めた方がいいと思う」
[雑談]天音雪兎:はい
[雑談]天音雪兎:ってか俺も参加者だな!
[雑談]森濱くるみ:そこらへんドラマでやらない!?
[メイン]エックス:「あ、私ちょっと行ってくるわ」
[雑談]朱羽刀夜:じゃあそうすっか!
[雑談]森濱くるみ:いやいいけど見たってことでロールするとかでいいかな
[メイン]千種零一:「行ってらっしゃい」
[メイン]紅大吾:「面倒っつーか、これプラネット〇ースとかで見たぞ。こんな感じの。」 零一と刀夜見ながら
[メイン]縫紡継麻:「朱羽っつぁんは飼われてるの?」 毒を吐くクマ
[メイン]千種零一:「はーやれやれ」
[雑談]森濱くるみ:ドラマの冒頭にそういうシーン入れるとか
[雑談]ケント・テイラー:はい!
[雑談]朱羽刀夜:いやまあドラマでっていうなら
[メイン]エックス:「じゃあなー。釣り堀。来たい奴はきてもいいぞー」 ちらっとフレデリカを見てそのまま徹朱
[雑談]朱羽刀夜:無しでいいよ!
[メイン]エックス:撤収
[メイン]天音雪兎:「おっとそこまでよ」
[メイン]天音雪兎:くまぐるみのほっぺたをつねる
[雑談]森濱くるみ:さっき出しちゃったから
[メイン]縫紡継麻:「はぐぉぁっ」
[雑談]朱羽刀夜:ほいさー
[雑談]千種零一:25分ぐらいに解散ムード焚き付けとこう
[サブ]ケント・テイラー:「……ふう。平和ですね、ここは」
[メイン]紅大吾:「おう、お疲れー。」
[メイン]天音雪兎:「毒吐きたいなら俺が受け止めてやっから、そこまでにしときなー」
[メイン]朱羽刀夜:「飼われてない、たぶん」
[メイン]千種零一:「といってももう日が暮れてるしなぁ」
[メイン]天音雪兎:「おつかれさん」ひらひらと手を振る
[メイン]森濱くるみ:「お疲れ様でーす、ってリカちゃん?」
[サブ]ケント・テイラー:「……平和、だなあ。本当に」
[メイン]千種零一:「ペット呼ばわりされたくないなら刀抜く癖を直すところから始めましょうか……」
[雑談]紅大吾:じゃあそこでキャンプの火を消すか(真面目)
[メイン]縫紡継麻:「いやなんというか、本気で素直な感想だったんだけど、面と向かって言うことじゃないわネ」
[雑談]朱羽刀夜:かな
[雑談]朱羽刀夜:斬りとしてもよさそう
[メイン]千種零一:Sい顔をする
[メイン]アズラエル:「火も、このままならじき消えそうです」
[メイン]フレデリカ:ん、とチラっと見たの確認しつつ。
[メイン]フレデリカ:「ん、まあ、慣れの一環と思って割り切っておくよ……イヤだってったら流石に止むしね、追求……」 よろよろ。
[メイン]朱羽刀夜:「ふぁい」
[メイン]フレデリカ:「とりあえずちょっとひんやりするとこ行ってくるぅー……」
[メイン]朱羽刀夜:「まあうん、文明人文明人」
[メイン]天音雪兎:「水鳥野もおつかれ様」
[メイン]森濱くるみ:「お疲れ様っ、これ持ってって!」お水渡す
[メイン]紅大吾:「千種、ホント大変だな、色々と……」
[メイン]千種零一:「慣れましたよ……」
[メイン]朱羽刀夜:「あ、そうそうくるみちゃんくるみちゃん」
[メイン]千種零一:悟り顔。
[メイン]森濱くるみ:「千種君しっかりしてますから……あ、はい?」
[メイン]朱羽刀夜:「結局さっきの視線なんだったのー」
[メイン]フレデリカ:「ふぁーいありがとルミちゃーん……」 受取、
[メイン]紅大吾:「動物園でお前みたいな人よく見るわ……」
[雑談]アズラエル:火を消したら男子と一緒に川の字で寝よう
[メイン]朱羽刀夜:「きーにーなーるー」
[メイン]千種零一:「それ飼育員じゃん」
[メイン]天音雪兎:「まぁそれで嫌になるならそもそもそんな関係になってないんじゃない?」
[メイン]天音雪兎:これケントにも言ったことだな、と思い返しつつ
[メイン]森濱くるみ:「え、千種君からこの間先輩の話聞いたばっかだったので」
[メイン]森濱くるみ:「それだけです」
[雑談]天音雪兎:部屋に!戻って!
[メイン]朱羽刀夜:「え」
[サブ]ケント・テイラー:星空を眺めながら今日のばたばたを思い返してふと思い出す。
[雑談]千種零一:刀夜はですね、基本的には学園都市の、戦技と呼ばれる学園に生息していまして
[メイン]朱羽刀夜:「え、ふぇっ」
[サブ]ケント・テイラー:「天使、か」
[メイン]紅大吾:「いやでもそんな感じじゃね?」
[メイン]朱羽刀夜:「え、な、ななななんと?」
[メイン]天音雪兎:「流石に女の子を動物扱いは如何かと思うよ。俺はね」
[メイン]天音雪兎:比喩とはいえ、だ
[メイン]森濱くるみ:「なるほどなあ……」
[サブ]ケント・テイラー:総学のあのパルプンテ使い(?)の青年が言っていた予言とやら。
[サブ]ケント・テイラー:「何事もなければ、いいんですけどね」
[メイン]森濱くるみ:「個人差ってこういう……」
[メイン]千種零一:「度が過ぎたらそっちも俺が止めますよ」
[メイン]朱羽刀夜:「何を感心されてるの!?」
[メイン]千種零一:刀夜先輩を撫でておく
[メイン]縫紡継麻:「まあでもうん、見てくれる人がいる内は良いもんヨ」
[メイン]森濱くるみ:「こっちの話です」
[メイン]朱羽刀夜:「いやどっちかいうと珍獣扱いされてる気がする!」 撫でられながら
[サブ]ケント・テイラー:「……寝よう」
[サブ]ケント・テイラー:「あっ、水鳥野さんに写真もらっとかないと」
[メイン]森濱くるみ:「あ、そうだ紅先輩」少し周りから下がって
[サブ]日廻一色:「おやすみっ」
[メイン]紅大吾:「ん?」
[サブ]日廻一色:「って何の写真やねん」ひょいと出てきて
[サブ]ケント・テイラー:「!!?」
[メイン]紅大吾:なんか呼ばれたので少し下がる。
[サブ]ケント・テイラー:「……いつの間に」
[サブ]日廻一色:「私が出てきて悪いの……ついさっきだよ」
[メイン]森濱くるみ:「さっき何の話してたんですか?一色先輩が皆で紅先輩の話してたって」
[雑談]沢渡籐矢:サブ通り過ぎてっていい?
[メイン]天音雪兎:「……あ、そういや皆ライト持ってきてる?」
[雑談]朱羽刀夜:wwwwwwwwwwwwwwwwwww
[サブ]ケント・テイラー:「あまりにも気を抜き過ぎていたというか……いや、あれですよ。先程のフォークダンス」
[雑談]朱羽刀夜:通り蟹
[メイン]紅大吾:「ん、あー。色々。父さんとか母さんの話とか、自分が好きかどうかとか。」
[雑談]森濱くるみ:www
[メイン]天音雪兎:「もう遅いし、火消したら山の中真っ暗だぞ」
[雑談]紅大吾:ワタリガニ
[メイン]森濱くるみ:「……あっ」
[メイン]千種零一:重い話の気配がする
[メイン]朱羽刀夜:「火属性ついた刀じゃダメっすか」
[サブ]日廻一色:「あれね。私ももらいたい。楽しかったし」
[サブ]ケント・テイラー:「彼女のことですし、一枚くらいはちゃんとしたの撮ってあるかと思いまして」
[メイン]千種零一:「俺は自分の分ありますよ」ひょいっ
[メイン]森濱くるみ:「そういう、ことですか。……んーー」
[メイン]千種零一:「没収したでしょ」めっ
[雑談]日廻一色:いいよww
[サブ]ケント・テイラー:「ええ。……楽しかった」
[メイン]天音雪兎:重い話の気配をぼかすように話題を振る
[メイン]森濱くるみ:「皆どうでした?
[メイン]朱羽刀夜:「え、エンチャントファイアするだけだから…」
[雑談]ケント・テイラー:どうぞwwwwww
[サブ]日廻一色:くるんくるんとペットボトルを回しつつ、ふと向こうのキャンプ場の方を見て
[メイン]天音雪兎:「千種があるなら朱羽は心配しなくていいと」
[メイン]千種零一:「はい、俺のぶん貸しますから」懐中電灯ひょい
[メイン]紅大吾:「ん、まぁ反応は各々って感じだな。」
[メイン]朱羽刀夜:「はひ」 受け取りつつ
[メイン]千種零一:もう片方を手に持ち
[サブ]日廻一色:「……凌ちゃんさぁ」
[メイン]紅大吾:「エンチャントファイアするんじゃねーよ! 山火事起こす気か!?」
[メイン]天音雪兎:「つぐまは俺と帰りゃいいか」
[サブ]沢渡籐矢:蟹が一人サイドステップでログハウスへと帰っていった
[メイン]天音雪兎:結局腕の中に収めたままだ
[サブ]日廻一色:「やっぱり……のわあっ!?」
[メイン]朱羽刀夜:「松明にするだけだって!」
[雑談]天音雪兎:サイドステップwwww
[メイン]森濱くるみ:「ね、聞いてくれる人とかは結構いるものですよ」
[雑談]紅大吾:wwwww
[メイン]天音雪兎:「さっきみたいに刀振り回したら危ないでしょ」
[メイン]千種零一:「文明の利器使えよ」
[メイン]アズラエル:「このあたりの地域ならライトは不要かと思われます」
[メイン]天音雪兎:「振り回さないって約束出来るなら、だけどその調子じゃ無理だし」
[メイン]森濱くるみ:「だからこんな話とか言わないでくださいね……って何やってるんですか?!」
[メイン]天音雪兎:「大人しく千種の……」
[メイン]朱羽刀夜:「う、うぐぐぐぐぐ」
[メイン]朱羽刀夜:「使います…」
[メイン]天音雪兎:「あぁ、まぁキャンプ場ではあるしね」
[メイン]朱羽刀夜:「れーいちだとおもって…」
[サブ]日廻一色:「…………お、お疲れ籐矢君……」
[メイン]紅大吾:「まぁ、そうは言っても場所が……」
[雑談]沢渡籐矢:さて寝よう、おやすみ
[メイン]天音雪兎:「ただ足元とかやっぱり危ないから、持ってた方がいいとは思う」
[メイン]千種零一:「その使われ方は……いいけど」
[メイン]天音雪兎:「せっかくのキャンプだ。怪我したらつまらないだろ」
[サブ]ケント・テイラー:「蟹……忍者でもないのに影分身を使いこなす謎の蟹ですね……?」
[メイン]紅大吾:「それ千種扱いでいいのかよ!?」
[雑談]天音雪兎:おやすみ
[雑談]千種零一:んじゃ表はそろそろ
[雑談]ケント・テイラー:おやすみ!
[雑談]紅大吾:おやすみー
[メイン]朱羽刀夜:「こう、プレゼントを扱うみたいな…」
[メイン]千種零一:「あぁ紅先輩、それとくるみも」
[メイン]朱羽刀夜:「ダメかな?」
[サブ]ケント・テイラー:「……王河さんの違和感、其方も感じますか?」
[メイン]森濱くるみ:「うん?」
[メイン]紅大吾:「何か違う気がする。ん?」
[雑談]森濱くるみ:おやすみなさーい
[メイン]千種零一:「そろそろ消灯の時間なんで、連絡回すの頼めるっすか?」
[メイン]朱羽刀夜:「違うか…」
[メイン]森濱くるみ:「はーいっ」
[サブ]日廻一色:「知ってる知ってる。……うん、ケント君からも聞いてたし、最初から何となく感じてた」
[メイン]紅大吾:「あぁ、了解。」
[サブ]ケント・テイラー:蟹を横目で見送り、彼女が言い出そうとした話を先に手に取る。
[メイン]天音雪兎:「あぁ、んじゃそれ俺がやっとくよ」
[メイン]紅大吾:「んじゃあ火、消すか。いいよな?」
[雑談]王河凌:なんか作戦会議始まってる……
[メイン]天音雪兎:「大吾には、ここの火の始末お願いした方がいいだろうし」
[サブ]日廻一色:「でも」くすりと笑い
[メイン]千種零一:「どうぞ。刀夜先輩変えるテント間違えないで下さいよ」
[メイン]天音雪兎:適材適所ってことでね
[メイン]朱羽刀夜:「あ、じゃあ皆で手分けしてやらない?」
[メイン]千種零一:帰るテント
[サブ]日廻一色:「どうでもいいかなーって! 考えるのやーめた!」
[メイン]朱羽刀夜:「流石にそれは間違わないわよ!」
[メイン]森濱くるみ:「えっとあたしは何を手伝えばー」
[サブ]ケント・テイラー:「どうでもいい、か」
[サブ]日廻一色:「出たとこ勝負よ出たとこ勝負。なんかあったらなんかする、ってだけ」
[メイン]千種零一:「んじゃみんなでここ片付けたら消灯解散ってことで」
[雑談]リサ:「どうでもよくないです」
[メイン]紅大吾:「んじゃあ火消したらバケツとか片付けに行くか、くるみ。」
[メイン]アズラエル:「本日は晴天。火に紛れて今は見えていませんが、光量は充分でしょう」
[サブ]ケント・テイラー:「まあ……そうですね。結局、何が良くて何が悪いかなんて誰に決めるってこともできませんし」
[メイン]天音雪兎:「こっち先に片付けるならそれはそれで」
[メイン]紅大吾:「んじゃあ、夜も遅いし。パパッと片づけちまおうぜ。」
[メイン]森濱くるみ:「はーいっ、ここにあるので全部ですか?」
[雑談]日廻一色:どうでもよくないからってじゃあ少なくともすぐ何かできるって訳でもないからね(私視点では)
[メイン]アズラエル:空を見上げる
[雑談]千種零一:って感じで
[サブ]ケント・テイラー:「何処かに問題があれば叩き斬ればいいだけのことです。本人がわかっていないならなおさら」
[雑談]リサ:なるる
[雑談]千種零一:表はいつでも切れるようにしておいた
[メイン]森濱くるみ:そう言いながら腕まくりをして片付け始める。
[雑談]ケント・テイラー:うん
[メイン]天音雪兎:「ま、月に照らされてってのも乙なものだしね」よいしょと立ち上がって、くまぐるみを離す
[メイン]天音雪兎:流石に片付けに持ちながらはできない
[サブ]日廻一色:「そんな感じでね」
[メイン]紅大吾:「これぐらいの明かりならまぁ、足元見えるだろ。んじゃ、行くぜー。」
[雑談]ケント・テイラー:こちらからはどうこうもできないなこれ、っていうのがどっかのドラマでのケントの判断だから
[サブ]日廻一色:……背後や周りに目をやってから
[メイン]朱羽刀夜:「はーい」
[雑談]ケント・テイラー:とりあえず彼女の友人で居続けることにはした
[サブ]日廻一色:背伸びしてケントの頬にキスをする
[メイン]紅大吾:バケツの水を思いっきり火にかけ。辺りが闇に包まれ、星明りが照らし始めた。
[サブ]日廻一色:「おやすみ」
[サブ]ケント・テイラー:「……っ、む」
[サブ]日廻一色:手を振って、煙のように自分のテントへ
[メイン]縫紡継麻:自立。
[メイン]縫紡継麻:変形。
[雑談]日廻一色:退場しました
[サブ]ケント・テイラー:不意討ちに固まっている間に逃げられた
[雑談]紅大吾:これがギャグなら俺が水被ってキャンプファイアー消すところだった
[雑談]天音雪兎:wwww
[雑談]森濱くるみ:何故
[サブ]ケント・テイラー:「……今日は、妙に積極的ですね」
[雑談]アズラエル:火事かよ!
[雑談]森濱くるみ:お前が火事そのものということかよ
[雑談]日廻一色:wwww
[雑談]朱羽刀夜:wwwwwwwwwwwww
[雑談]紅大吾:歩く火種です
[雑談]千種零一:wwwwwwwww
[サブ]ケント・テイラー:暗がりの中、微妙に頬を赤らめてテントの向こうを窺って。
[サブ]ケント・テイラー:「おやすみなさい、良い夢を」
[サブ]ケント・テイラー:「ラストダンス、お付き合いいただきありがとうございました」
[サブ]ケント・テイラー:それだけ言い残して手を振った。
[雑談]ケント・テイラー:めっちゃ恥ずかしいんですけど
[雑談]庶務:というわけで3時30分ですな
[雑談]日廻一色:wwwwww
[雑談]フレデリカ:火種が夜遅いせいで火葬に見えて最早
[雑談]ケント・テイラー:こっちが発火したんですけど
[雑談]紅大吾:お前何を今更……
[雑談]森濱くるみ:ですな
[雑談]千種零一:ほいちょうどよく
[雑談]森濱くるみ:テイラー先輩……
[雑談]紅大吾:火葬……
[雑談]朱羽刀夜:火葬はやめよう(震え声
[雑談]朱羽刀夜:ほら!
[雑談]朱羽刀夜:ほらぁ!
[雑談]天音雪兎:お後がよろしいようで
[雑談]天音雪兎:(強引に締める
[雑談]フレデリカ:クマは自立変形した後夜回りして帰っていったよ。
[雑談]SGM:こっちは全員終わったかーい?
[雑談]天音雪兎:みーあーげてーごらんー
[雑談]アズラエル:4班は部屋割りをどうしたのかがとても気になる
[雑談]天音雪兎:よるのーほーしをー
[雑談]ケント・テイラー:とりあえずフレちゃんに写真貰っとこう
[雑談]朱羽刀夜:テント分けが自由ならリサくるみで同じテントになります
[雑談]森濱くるみ:終わってますよー
[雑談]紅大吾:テントに戻った後自主的に夜の見回りして
[雑談]千種零一:ウィ
[雑談]紅大吾:教官に見つかって絞められてる
[雑談]天音雪兎:ぼくらーのよーうーにー
[雑談]天音雪兎:あ、大丈夫だよ
[雑談]紅大吾:終わったぞー
[雑談]朱羽刀夜:たぶん班訳は茶番のなので違うと思う
[雑談]SGM:では向こうも終わりますが、こちらでも。
[雑談]天音雪兎:同じだって言ってたよ
[雑談]フレデリカ:どれ?(ずらぁ)>写真
[雑談]朱羽刀夜:だよね
[雑談]SGM:本日は茶番お疲れ様でした!
[雑談]天音雪兎:基本同じ
[雑談]朱羽刀夜:お疲れ様!
[雑談]千種零一:お疲れ様
[雑談]天音雪兎:お疲れ様!
[雑談]森濱くるみ:お疲れ様でした!
[雑談]紅大吾:お疲れさん!
[雑談]ケント・テイラー:お疲れさま!
[雑談]日廻一色:おつかれさまー!
[雑談]アズラエル:おつかれさまです
[雑談]日廻一色:エンジョイ魂!
[雑談]王河凌:お疲れ様でした!
[雑談]フレデリカ:お疲れ様でしたっ
[雑談]ケント・テイラー:私と一色のダンスを……
[雑談]紅大吾:班分け同じならヴァンはアズラエルと一緒に寝るわ……
[雑談]ケント・テイラー:はい!恥ずかしいな!
[雑談]王河凌:夜の?
[雑談]日廻一色:wwww
[雑談]アズラエル:ヴァンは4班ではないので・・・
[雑談]日廻一色:ケント君ww
[メイン]SGM: 
[メイン]SGM: 
[メイン]SGM: 
[メイン]SGM: 
[メイン]SGM: 
[メイン]SGM: 
[メイン]SGM: 
[メイン]SGM: 
[メイン]SGM: 
[メイン]SGM: 
[サブ]SGM: 
[サブ]SGM: 
[サブ]SGM: 
[サブ]SGM: 
[サブ]SGM: 
[サブ]SGM: 
[雑談]紅大吾:むしろ4班じゃない方がチャンスがだな
[サブ]SGM: 
[サブ]SGM: 
[サブ]SGM: 
[サブ]SGM: 
[サブ]SGM: 
[雑談]森濱くるみ:よしじゃあ私も寝よう!
[雑談]朱羽刀夜:なるほど
[雑談]日廻一色:おやすみー
[雑談]森濱くるみ:お疲れ様でしたーっ
[雑談]朱羽刀夜:覗きイベント?
[雑談]朱羽刀夜:おやす!
[雑談]王河凌:お休み!ドラマは今度な!
[雑談]千種零一:明日は天才タイムだ
[メイン]SGM:「もうすぐそこまで来ている」
[メイン]SGM: 
[メイン]SGM: 
[メイン]SGM: 
[メイン]SGM: 
[メイン]SGM: 
[メイン]SGM: 
[メイン]SGM: 
[メイン]SGM:お疲れ様!
[雑談]紅大吾:キャンプファイアー会場から動かなかった理由は火事が絡んでたからだけである
[雑談]朱羽刀夜:最後不穏ー!!!!!
[雑談]ケント・テイラー:いないとこで火事になって手遅れになったりしたら大変だもんね……
[メイン]アズラエル:翌朝、部屋割りを忘れ先に寝ていたアキラは至近距離で寝ているアズラエルを眼にすることになるのであった
[雑談]紅大吾:火事ってやっぱり親思い出すもんだぜ……
[雑談]ケント・テイラー:思いっきりサブでそれっぽくフラグを読み上げたら!
[雑談]天音雪兎:俺は誘蛾灯みたいにキャンプファイヤーに寄せられてきただけ
[雑談]日廻一色:まあ気持ちはわからんでもないし無理に動くこともない(1人じゃないなら)
[雑談]紅大吾:アズラエルwwwwww
[雑談]日廻一色:ww
[雑談]天音雪兎:ひどすぎ
[雑談]フレデリカ:追い打ち。
[雑談]ケント・テイラー:wwwwwwwwwwww
[雑談]アズラエル:みんな別の部屋で寝ろと言うから・・・
[雑談]天音雪兎:反抗期かよ!
[雑談]天音雪兎:あぁいやこの場合間違えたアキラ側が……
[雑談]紅大吾:こんなこともあろうかと俺は外で寝て
[雑談]千種零一:再来週かァ