[メイン]どどんとふ:全チャットログ削除が正常に終了しました。
[雑談]アッシュ:やっはやっは
[雑談]アッシュ:とりあえず手合わせしようと思う 簡易血統ルールとかもあったなと後で思い返したが
[雑談]アッシュ:ルール把握できてないマンだった
[雑談]ケント・テイラー: よっす
[雑談]ケント・テイラー:あっ文字色
[雑談]アッシュ:一回消して入りなおすがよい
[雑談]ケント・テイラー:ログにはお待たせ
[雑談]ケント・テイラー:ログにはならないけどこれで
[雑談]アッシュ:む
[雑談]アッシュ:消して入りなおせばちゃんと反映するのだぞ!ぞ!
[雑談]ケント・テイラー:久しぶりの決闘だ~~~~~~~~
[雑談]アッシュ:(大形バイクの準備をする)
[雑談]ケント・テイラー:マジで
[雑談]ケント・テイラー:まあいいや!上げるときに弄ります!
[雑談]アッシュ:あいあい
[雑談]アッシュ:簡易決闘やってみる?どーする?
[雑談]アッシュ:ちょっと急だとは思うんだけども
[雑談]ケント・テイラー:簡易決闘ルール把握してないんだよな
[雑談]ケント・テイラー:読んでみよう
[雑談]アッシュ:あたいも
[雑談]アッシュ:やめとくか!!!
[雑談]アッシュ:それまでは普通の血統ルールだっけ
[雑談]アッシュ:>使ってたの
[雑談]ケント・テイラー:そうですね
[雑談]ケント・テイラー:10d振って1と6の数参照するみたいな
[雑談]アッシュ:んー決闘ルールのweemoがどこにあるかわからねえ
[雑談]アッシュ:なるほど
[雑談]アッシュ:10dの応酬で決めて…・・何R?
[雑談]アッシュ:そっちの方が楽そう あと運ゲーだし
[雑談]ケント・テイラー:えー、ラウンドはなし
[雑談]ケント・テイラー:朱羽とのドラマにリンクがあるはず
[雑談]アッシュ:おk 探してくる
[雑談]アッシュ:あたし決闘やったことなくてな
[雑談]ケント・テイラー:HP2倍して後は殴り合うみたいな
[雑談]アッシュ:ふむ
[雑談]アッシュhttp://weemo.jp/s/80ac2eab
[雑談]アッシュ:見ながらにはなるがやってみっか!!
[雑談]ケント・テイラー:うぇーい!
[雑談]アッシュ:開幕異形化してた
[雑談]ケント・テイラー:ぶっちゃけ相性かなり悪いというか私がタイマンに強いわけがない
[雑談]ケント・テイラー:ぶっちゃけ相性かなり悪いというか私がタイマンに強いわけがない
[雑談]アッシュ:ニンジャだからね!!
[雑談]アッシュ:おーし
[雑談]ケント・テイラー:なのでダイスで勝ちます
[雑談]アッシュ:判定しながらRP、かな
[雑談]ケント・テイラー:ふう……股裂きは回避しなくては……
[雑談]ケント・テイラー:ふう……股裂きは回避しなくては……
[雑談]ケント・テイラー:ですね
[雑談]ケント・テイラー:なんかさっきから二重になるな
[雑談]アッシュ:分身の術だ
[雑談]アッシュ:ロケーションは当日のキャンプ中でいいかな
[雑談]ケント・テイラー:うむ
[雑談]アッシュ:ケント君の場合は物陰とかあるほうが良いだろうし、山中かなあ 木々もそこそこ近い、開けた場所もそうでないところもある
[雑談]ケント・テイラー:野戦は得意分野ですから
[雑談]アッシュ:んじゃ既に戦ってる体でいいかな?
[雑談]アッシュ:実際の動きは決闘ダイス次第!
[雑談]ケント・テイラー:あの
[雑談]アッシュ:にゃ
[雑談]ケント・テイラー:あのキャンプファイヤー地帯とかかな?
[雑談]ケント・テイラー:途中送信!!
[雑談]アッシュ:具合悪そうね……ブラウザとかの
[雑談]ケント・テイラー:それで大丈夫です>既に戦闘中
[雑談]ケント・テイラー:なんか慣れないだけだから慣れれば大丈夫だと思う
[雑談]アッシュ:りょ!! とりあえずそれじゃあ描写すすめておくたい
[雑談]ケント・テイラー:はーい!よろしくお願いします!
[雑談]ケント・テイラー:はーい!よろしくお願いします!
[メイン] :ざざ、ざ。ざ。
[メイン] :山の中。ざわめく音がする。
[メイン] :それは水のせせらぎであり、木々の木の葉の擦れる音であり、
[メイン] :山の枝葉の中を動く音であり、また川辺の水飛沫が上がる音である。
[メイン] : 
[メイン] :その雄大な自然の中に、響く金属の音。
[メイン] :打っては離れ、切り結んでは逸らし。
[メイン] : 
[メイン] :きっかけは執行委員の慰安旅行。山の中で害獣を始末する傍ら、狩りをして獲物を仕留めてみようというモノだ。
[メイン] :が、運が向かなかったというべきか。それとも対抗するチームが業運に恵まれたというべきか。
[雑談]ケント・テイラー:BGM: https://youtu.be/lcLn77fRs_A
[雑談]アッシュ:ガチだ
[雑談]アッシュ:レア泥は何を落とすんですかね
[メイン] :ケントおよびアッシュの所属するチームは大物には恵まれず―――振り上げた拳、もとい構えた武器の下ろし先を失った。
[メイン] : 
[メイン] :さて、それで仕方ないと諦められるほど
[メイン] :エネルギーの不足は起こっていないわけであり……
[メイン] :こうして、二人で試合をするに至っていた。
[メイン] : 
[メイン]アッシュ:「や、すぐに見失うなあ……」
[雑談]ケント・テイラー:ヒヒイロカネの光剣……かな……
[メイン]アッシュ:眼前の木々に向かってぼやく。音がする。いるのはわかるが、姿が全く見当たらない。
[雑談]ケント・テイラー:むしろ私が欲しい
[雑談]アッシュ:ああ首無し的な意味で
[雑談]アッシュ:っと、RPどうぞ
[雑談]アッシュ:一応ケント君側アンブッシュしてる体ですがこの後の行動は自由っす
[メイン]ケント・テイラー:「」ふふ、この程度まだまだ序の口だぞ?
[メイン]ケント・テイラー:がさ、か さと四方八方の木々からざわめく音が鳴る。正確な位置を読ませぬように、その身を闇の代わりに草木へと溶け込ませていた。
[雑談]アッシュ:んじゃあこの調子でダイスかの
[雑談]アッシュ:行動値順でいいんだよな
[メイン]アッシュ:んー。鎌を携えて周囲に気を配る。異能での知覚を試みるが……どうにも安定しない。
[雑談]ケント・テイラー:行動値順ではあるけど、成否はお互いの判定の出目でみたいな
[雑談]アッシュ:ああ、最後の10dね
[雑談]ケント・テイラー:というわけで私からか
[雑談]アッシュ:いぇいいぇい
[雑談]ケント・テイラーhttps://docs.google.com/spreadsheets/d/1elBlUJox5n6cnsQaoNF0unilb2GBx7K6zjLTaSXsXqQ/pubhtml
[雑談]ケント・テイラー:一応現時点のキャラシ
[雑談]アッシュhttps://docs.google.com/spreadsheets/d/1wLGHEGgNKeilmLrxWO04EF3fNTNIS1-_jSAUkWB03CI/pubhtml
[雑談]アッシュ:私はこの通り
[雑談]ケント・テイラー:えー、セットアップに探偵劇場、マイナーエクカリ60点、メジャーバッシュ
[雑談]アッシュ:んでDRからのー
[雑談]ケント・テイラー:対抗もここで宣言できるんだったな、極みを付けて
[雑談]ケント・テイラー:んで普通にメジャーぶんのDRをする
[雑談]ケント・テイラー:忍術
[雑談]ケント・テイラー:3d+102+12
DiceBot : (3D6+102+12) → 13[6,1,6]+102+12 → 127

[雑談]ケント・テイラー:10d
DiceBot : (10D6) → 31[3,6,3,1,1,3,5,6,2,1] → 31

[雑談]ケント・テイラー:えー、1が3の6が2と
[雑談]アッシュ:で、僕が10d振る
[雑談]ケント・テイラー:アッシュも同じように宣言すればいい
[雑談]アッシュ:あ、成功判定に対して振るんじゃないのね
[雑談]ケント・テイラー:そうそう
[雑談]アッシュ:同時に二人が振るのか
[雑談]ケント・テイラー:ちょっと私もだいぶ久しぶりだからドラマ見返しながらやってるけどそれで大丈夫
[雑談]アッシュ:ムーヴ朧舞 マイナー……なしで メジャーデスブリンガー
[雑談]アッシュ:あ、セットアップフォールダウンです
[雑談]ケント・テイラー:ムーブの代わりにセットアップを使うのだ
[雑談]ケント・テイラー:だから朧舞かフォルダかどっちかになるなこのルール……んー
[雑談]アッシュ:なるほど
[雑談]アッシュ:んじゃ朧舞なし
[雑談]ケント・テイラー:マイナーないなら使えていいんじゃね?
[雑談]ケント・テイラー:って思ったのでいいと思います
[雑談]アッシュ:いや、そこは無ってかいてあるから成しでいいよ
[雑談]アッシュ:代わりにマイナー:亜空間殺法を宣言
[雑談]ケント・テイラー:(梅酒さんがこれ元々ケラジョンソン用だから好きに対戦相手に合わせてやっていいと言ってたんだ)
[雑談]ケント・テイラー:ああ!
[雑談]アッシュ:なるほど>対戦相手に
[雑談]アッシュ:2d+41+15+10+15+15+20 デスブリ、フォルダ、亜空間
DiceBot : (2D6+41+15+10+15+15+20) → 3[1,2]+41+15+10+15+15+20 → 119

[雑談]アッシュ:固定値つえーなあ
[雑談]ケント・テイラー:防御半減計算と
[雑談]ケント・テイラー:固定値だけをひたすらに追い求めたビルドですからね!
[雑談]アッシュ:防御値とかって一応計算対象になるんだ
[雑談]ケント・テイラー:そんで10d振って、1と6の数で勝負と
[雑談]アッシュ:1d10
DiceBot : (1D10) → 1

[雑談]ケント・テイラー:まあその辺はPvPだから普通にある
[雑談]アッシュ:違う
[雑談]アッシュ:10d
DiceBot : (10D6) → 30[3,1,4,2,3,5,4,4,1,3] → 30

[雑談]アッシュ:6ねえ!!!
[雑談]ケント・テイラー:信仰で振り直してもいいのよ
[雑談]アッシュ:ダイス目ごと、だよなあ
[雑談]ケント・テイラー:6が多ければ敵の攻撃を防げる、って感じ
[雑談]アッシュ:1めっちゃ多いしかなり難しいから今回は通す、え
[雑談]アッシュ:で
[雑談]アッシュ:したら127点物理ダメージと
[雑談]ケント・テイラー:ってことでお互いにクロスカウンターでダメージ入る感じですね
[雑談]ケント・テイラー:あ、極みしてるんでその分のDR振ります
[雑談]ケント・テイラー:(成功確定した段階で振る)
[雑談]ケント・テイラー:6d+96 極み
DiceBot : (6D6+96) → 20[6,3,2,1,5,3]+96 → 116

[雑談]アッシュ:いてーな!
[雑談]ケント・テイラー:お前結界師だろ!!痛くない痛くない!!
[雑談]アッシュ:結界10しかねーぞ!!
[雑談]ケント・テイラー:此方は107ダメージと
[雑談]アッシュ:えー初撃が102点、2撃目が91=193
[雑談]アッシュ:3残りです
[雑談]アッシュ:笑う
[雑談]アッシュ:結界がなければ即死だった
[雑談]ケント・テイラー:マジっすかマジだった
[雑談]ケント・テイラー:結界は偉大だった
[雑談]ケント・テイラー:c(152-107)
DiceBot : 計算結果 → 45

[雑談]ケント・テイラー:まあどのみちお互いもう一発で死ぬ
[雑談]アッシュ:お互い耐久力のある戦士じゃないしな……
[雑談]アッシュ:※そもそも戦士ではない
[雑談]ケント・テイラー:※異能と魔道
[雑談]アッシュ:んじゃメインRPかの
[メイン]ケント・テイラー:「……捉えた」
[雑談]アッシュ:魔道が決闘でインファイトしてるのすごいな……今更ながら返す返すも
[メイン]ケント・テイラー:膠着状態の続く中、静寂を切り裂くように一際鋭く風を薙ぐ音がする。
[雑談]ケント・テイラー:思考放棄すれば雑に10d硬くなるし
[雑談]ケント・テイラー:それじゃあ切りかかるから痛み分けって感じに?
[メイン]ケント・テイラー:右か、左か、正面か、背後か。——否。
[メイン]ケント・テイラー:文字通り、赤毛の青年の少年の立つ元にふ、と一陣の影が落ちた。
[メイン]アッシュ:ぴくり、と。その音が届いているかはわからないが、反射。
[メイン]ケント・テイラー:「”この血は黒鉄、身は鋼”!」
[メイン]ケント・テイラー:影と共に光の刃が上空から、逃げ場などないように広く振り払われる。
[メイン]アッシュ:狙いすました、とは程遠い。ただそうなるであろう、という予感と感覚のまま、大鎌を振るう。下から上。
[メイン]ケント・テイラー:「……っ!」
[メイン]アッシュ:余計な動きの分、輝く剣の剣先を逸らすことも出来ない。
[メイン]アッシュ:だが力に任せて振るわれた重い武器は勢いをつけて、迫る青年の方へと襲い来る。
[メイン]ケント・テイラー:一撃を叩き込むべく振りかぶっていたところを抜くように払われた刃は、がらんどうになっていた胴を深く斬りつける。
[メイン]アッシュ:光刃が刺さる。削ぐ。防御を捨てた身体を切り取っていく。
[メイン]ケント・テイラー:「チッ、これは……中々……!」
[メイン]ケント・テイラー:元々重装には頼ってはいない。衣よりも鈍く紅い鮮血が舞った。
[メイン]ケント・テイラー:「……やりますね。まさか、あそこから捉えられるとは思わなんだ」
[メイン]アッシュ:それとは対になる様に、血などでない。代わりに削り落とされた肌から黒いモノが除く。
[メイン]アッシュ:「あっ、キツッ、これキツッ」
[メイン]アッシュ:へらへらと笑っているが、いつも以上にゆらゆらとしている。
[メイン]アッシュ:「やるなー、流石えーっと……」
[メイン]アッシュ:「ニンジャ……?」
[メイン]アッシュ:なんか忍者っぽかった。
[雑談]ケント・テイラー:これクリンナップどうなるんだったかなあ
[雑談]ケント・テイラー:普通にやってた
[雑談]ケント・テイラー:兵装するならどうぞみたいなアレだ
[雑談]アッシュ:ああ、再動とかもふつーに?
[雑談]ケント・テイラー:いいんじゃないかな
[雑談]ケント・テイラー:まあ私は魔力変換する
[雑談]アッシュ:えるしってるか
[雑談]ケント・テイラー:はい
[雑談]アッシュ:ぼくにけっかいへいそうは ない
[雑談]ケント・テイラー:ああ!!
[雑談]アッシュ:>再動
[雑談]アッシュ:再動デスブリしかないんだよなあ
[雑談]ケント・テイラー:増幅だけだ
[雑談]ケント・テイラー:デスブっちゃう?
[雑談]アッシュ:いやー
[雑談]アッシュ:成功する保証はないが次の勝負がしたい!!
[雑談]アッシュ:ので次ラウンドだ!
[メイン]ケント・テイラー:「嫌だなあ、忍者なんている訳ないじゃないですか」
[メイン]ケント・テイラー:へらへらと茶化すように笑い返す。
[メイン]ケント・テイラー:「ただのしがない魔道士ですよ、私は」
[メイン]ケント・テイラー:「まあ、その貴方の思い描くいっぱしのニンジャのように見えていたのならば光栄……と言えば光栄なのかもしれませんが」
[雑談]ケント・テイラー:ああ!!
[メイン]アッシュ:「ええー本当にござるかー」 相変わらずの笑顔である。
[雑談]ケント・テイラー:防御半減なのがなー嫌らしい
[メイン]アッシュ:「けど忍者かどうかはともかくとして、そろそろ」
[メイン]アッシュ:「しがない、は思いっきり嘘だからやめたほうが良いぞ!」
[雑談]アッシュ:んじゃやるべやるべ
[雑談]ケント・テイラー: 自身の回避判定の固定値が、相手の(命中/魔法判定固定値+N×3−6)を上回っていた場合
 自身の成否判定直後に[N+1]個のダイスを振り直すことが出来る。
 この処理を行った後、信仰の振り直しを行うことは出来ない。

[メイン]アッシュ:影から多少の距離を取る。この木々の中では大した差でもないだろうが。
[雑談]ケント・テイラー:このNってなんなんだろう(今更)(使ったことがない)
[雑談]アッシュ:ぜんぜんわかんない
[雑談]アッシュ:俺たちは雰囲気で決闘をやっている
[雑談]ケント・テイラー:まあいいか!!
[雑談]ケント・テイラー:その通りだ
[雑談]ケント・テイラー:ダイスをじゃらじゃらしたいので思考放棄します
[雑談]アッシュ:ああ!!
[雑談]ケント・テイラー:3d+96+10d
DiceBot : (3D6+96+10D6) → 8[6,1,1]+96+24[5,1,5,1,2,1,3,3,2,1] → 128

[雑談]ケント・テイラー:24点防御も増える(いみがない)
[雑談]ケント・テイラー:ちょっと不作だな……
[雑談]ケント・テイラー:10d 判定
DiceBot : (10D6) → 43[1,6,4,4,6,6,3,5,4,4] → 43

[雑談]アッシュ:うっわ
[雑談]ケント・テイラー:6が3つ1が1つ
[雑談]アッシュ:""""やる気""""じゃないですか
[雑談]アッシュ:さっきとほぼ同じ ムーヴでフォルダ マイナーなし メジャーデスブリ
[雑談]アッシュ:2d+41+15+10+15+15 デスブリ 物理防御半減
DiceBot : (2D6+41+15+10+15+15) → 10[4,6]+41+15+10+15+15 → 106

[雑談]ケント・テイラー:1が多くないと無効化されやすいんだよなあ!
[雑談]アッシュ:10d
DiceBot : (10D6) → 32[6,1,4,2,2,2,6,2,2,5] → 32

[雑談]アッシュ:アバー
[雑談]アッシュ:このままだとお互いにクロスカウンターだが
[雑談]アッシュ:信仰する?
[メイン]ケント・テイラー:「そんな、こんなにも正直に生きてるっていうのに」
[雑談]ケント・テイラー:信仰……しようか……
[雑談]アッシュ:ああ!!
[雑談]ケント・テイラー:えー、1が二つ増えないと止められない
[雑談]アッシュ:お互いにそんな感じなんだよなあ
[雑談]アッシュ:僕の場合は1が3つだ
[雑談]アッシュ:つらいぞ
[雑談]ケント・テイラー:はっはっは
[雑談]ケント・テイラー:ファンブルする気持ちでいこう
[雑談]ケント・テイラー:4と4と4と4を信仰4で振り直し!
[雑談]ケント・テイラー:4d
DiceBot : (4D6) → 14[1,6,4,3] → 14

[雑談]ケント・テイラー:ora
[雑談]ケント・テイラー:アッシュ!1を4出すのだ!
[雑談]アッシュ:1ゾロだけじゃないですかやだー!!
[雑談]アッシュ:2を4つ、振りなおすね……
[雑談]アッシュ:4d
DiceBot : (4D6) → 21[6,5,5,5] → 21

[雑談]アッシュ:ここでそういう出目出されてもな~~~~~~~~
[メイン]ケント・テイラー:「そちらこそ、相変わらずふらっふらしてるっていうのになんで一撃はここまで重いんですかね……」
[メイン]ケント・テイラー:「そのアロエ体型でどうやってるんですか、まったく」
[雑談]アッシュ:結果:6が3つ 1が1つ
[雑談]アッシュ:クロス……
[雑談]アッシュ:カウンター!
[メイン]ケント・テイラー:軽い口を聞きながら、傷口から流れ出た紅が魔力となり、その身にまとわりついていく。
[雑談]ケント・テイラー:すげえいい出目
[雑談]ケント・テイラー:うおおおお!!!(どごーん)
[メイン]アッシュ:「アロエ体型って何さアロエ体型って」
[雑談]アッシュ:じゃ、行動値だね
[雑談]アッシュ:(ほぼクリのみ)
[雑談]ケント・テイラー:☆相打判定
 相打ちになった場合、どちらが先に立ち上がったかの判定を行う。
 これは2D+【行動力】によって判定する。
 行動力が同じな場合、悪側が先に判定を行うこと。

[雑談]ケント・テイラー:2d
DiceBot : (2D6) → 5[3,2] → 5

[雑談]ケント・テイラー:あ、今太陽睨んでないから10だわ
[雑談]ケント・テイラー:15
[雑談]アッシュ:2d+6
DiceBot : (2D6+6) → 8[3,5]+6 → 14

[雑談]アッシュ:ぐあああああああああああ
[雑談]ケント・テイラー:おしい
[メイン]アッシュ:事実、細く病的な色をした腕が……腕があった場所の肌はそのような色だった。
[雑談]ケント・テイラー:ふふふ……あそこで斬りかかってこなかったのが貴様の敗因……
[メイン]アッシュ:今現在、腕は先ほどの刃にて切り落とされており、代わりに黒い刃が腕から捻じれて伸びている。
[雑談]アッシュ:くっ もうちょっと遊んでいたかったという気持ちが負けかよ
[メイン]アッシュ:「どうっていっても」
[雑談]ケント・テイラー:その心だけで実質勝利みたいなものではこれは?
[メイン]アッシュ:「こうかな」 答えると同時に、その刃が伸びてくる。
[雑談]ケント・テイラー:正々堂々シップ的な……
[雑談]アッシュ:そうでもない
[雑談]アッシュ:そうでもない、と言い切れる明確な理由があるんだが
[雑談]アッシュ:後にしておこう
[雑談]アッシュ:今新宿のアヴェンジャーの上の人の第三再臨みたいになってる>メインの
[メイン]ケント・テイラー:「まったく、本当にウイルスだったり腕が刃になったりとびっくり人間には困りませんね、この町は!」
[メイン]アッシュ:先ほどとは違い、重さは無い。しかしその分素早く無軌道に振るわれる。
[メイン]ケント・テイラー:伸びてくる刃から退くことはせず、敢えて正面から突っ込んでいく。
[雑談]ケント・テイラー:なるほど
[雑談]ケント・テイラー:ケントくんもシャドウエッジとかで自分や相手の影をあんな感じにして振り回すから同類感ある
[雑談]ケント・テイラー:(イメージとしては黒いシグの足元から伸びてるアレ)
[メイン]ケント・テイラー:軽い一撃を素早く叩き込むアッシュとは対照的に、先程までの彼とは真逆の力任せ、正面突破の構え。
[メイン]ケント・テイラー:「”是より我が身踏み込むは、剣戟の極致”」
[メイン]ケント・テイラー:「……その身に、刻み込め!」
[メイン]ケント・テイラー:全身を切り刻まれながら、間合いを限界まで詰めて強化した剣を真横へと振り払う。
[メイン]アッシュ:それは予想してなかったなあ。という顔である。
[メイン]アッシュ:振るわれる刃を潜り抜けられれば、無論手元に身を守るものは何もない。
[雑談]アッシュhttps://www.youtube.com/watch?v=n0VnGY-w1D0
[雑談]ケント・テイラー:マジでこいつ魔道士の戦い方ではないのでは?ってPLはいつも思っている
[雑談]アッシュ:「避けないのか(驚愕)」みたいな
[雑談]アッシュ:新宿わんわんは再臨状態でモーション変わるんだよな
[雑談]ケント・テイラー:細かいですよねーわんわん
[雑談]ケント・テイラー:思考放棄すればだいたい物理防御は50ちょいくらいになるから……
[雑談]アッシュ:勝手えなー
[雑談]アッシュ:かってえな
[メイン]アッシュ:黒衣も先ほどの一撃で概ね削げた。防御というにも心もとない。―――ならば
[メイン]アッシュ:その剣先は何物にも阻まれず、幽鬼のようなそれは二つに割かれる。
[メイン]アッシュ:即ち上と下。黒に走る線。胸元から断たれ……崩れ落ちた。
[メイン]アッシュ:相応の質量が落ちる音がする。灰の山が山の中に突如として現れたが、見た目以上には頑丈であるとはすでに知っているだろう。
[メイン]ケント・テイラー:「…………っ、ふ……」
[メイン]アッシュ:……黒い旗、の形をした灰が灰の中から出てきた。ひらひらとふられている。
[メイン]ケント・テイラー:全身を覆っていた魔力が霧散すると同時、よろりとその場に膝をつく。
[メイン]ケント・テイラー:その辺の魔導士ならば斬り捨てられていたような連撃を正面からいなせていたのも、一時的で無茶な強化のお陰だ。
[メイン]ケント・テイラー:ならば、それが絶えた今。受け続けた細やかな傷へのダメージが一度に押し寄せてくるのも自明だった。
[メイン]ケント・テイラー:「……そうなったのは初めて見たが、便利なものだな……その身体……」
[メイン]ケント・テイラー:ひらひらと振られた旗に応じるようにひらひらと手を振る。
[メイン]アッシュ:その言葉に反応してぐず、と灰が揺れ動く。ざわめいて何かしらの形状を作りあげ
[メイン]ケント・テイラー:「数瞬遅れていれば、先に膝をついていたのは此方だったか」
[メイン]アッシュ:「そうでもないよ」 ある程度形がまとまった、と思えば。先ほどの赤毛の青年が正面で笑っている。
[メイン]ケント・テイラー:「……それ程、ギリギリな試合だった。いい勝負だ、感謝する」
[メイン]アッシュ:ただし、その体はだいぶ不完全だ。顔、腕などの一部が明らかに不足しており、黒いものが先ほどと同じく除いている。
[メイン]アッシュ:「やられるつもりはなかったけど、僕もご覧のありさま」
[メイン]アッシュ:「うん。上から目線みたいなこと言っちゃうけど……強いなあ、強い」
[メイン]アッシュ:「ありがとう、僕も楽しかったよ」
[雑談]ケント・テイラー:思考放棄するとパープラとかその他支援スキル使えなくなるし回避高い相手には影分身できなくなるから難しいんだよね、強いんだけど
[雑談]アッシュ:あーそっか、身代わりも出来ないもんね
[メイン]アッシュ:そう言って右手を出そうとして、手首から先が欠けていることに気づいて反対の手を出す。
[メイン]ケント・テイラー:「とりあえず、これで股裂きは許してもらえるかな?」
[メイン]ケント・テイラー:「……っづづ」
[メイン]ケント・テイラー:言いながら苦笑したり呻いたりと忙しい面持ちのまま、手を伸ばし返す。
[メイン]アッシュ:「ははは、残念だけど諦めるしかないなあ」
[雑談]ケント・テイラー:そうそう
[メイン]アッシュ:よいしょ、と手を取って青年を引っ張り上げる。
[雑談]ケント・テイラー:あと魔法耐久は伸びないから武器攻撃を魔法ダメージにするスキルとか持ってるとアウト
[雑談]ケント・テイラー:だからこういうときにしか使えないんだ……
[雑談]ケント・テイラー:うわ初めて見たけどすげえ立ち絵だ
[雑談]アッシュ:ほぼ初めて使った
[メイン]ケント・テイラー:「残念、じゃないんだよ……っしょ、っと」
[メイン]アッシュ:「もうちょっとなー僕が耐えてればなー」
[メイン]アッシュ:ふふふ、と笑いながら語る人外は悔しそうでもあるが楽しそうだ。
[メイン]アッシュ:「ま、負けた以上は素直に引き下がるとするさ」
[メイン]ケント・テイラー:「一撃で持っていくつもりだったんですけどねえ。やはり結界士の結界は厄介だ」
[メイン]ケント・テイラー:「っていうか痛くないんですかそれ」
[メイン]アッシュ:「あんまり?元々ちょっと鈍いみたいで」
[メイン]アッシュ:異様な光景ではあるが、そう話している間にも欠けた個所が塞がりつつある。
[メイン]アッシュ:「便利といえば便利だけど、これでみんなのところ戻るのは無理だから考えものだねえ」
[雑談]ケント・テイラー:たまこ的には黒塗りになってる顔の半分に光る眼らしき球体が浮かんでいるのとか見てみたいけどアッシュはたぶんそういう路線じゃない
[雑談]アッシュ:あたしもそういうのすきよ
[雑談]アッシュ:で、見てる端から逆再生みたいに復活していく感じ
[メイン]ケント・テイラー:「間違いなく、救護班からのお小言は待ったなしどころか最悪悲鳴レベルですよね……」
[メイン]ケント・テイラー:「ちょっとはしゃぎすぎました」
[雑談]ケント・テイラー:いいですねえ
[メイン]アッシュ:「それは僕も。だってほら」
[メイン]アッシュ:「お互い本気じゃないと、倒せなさそうだったろ?」
[メイン]ケント・テイラー:「……まあ、それは言えてる」
[雑談]アッシュ:ケント君は一撃がデカいけど本人の耐久がない(むしろ耐久がないから一撃で仕留めないとヤバい)タイプ
[メイン]ケント・テイラー:「手を抜いて勝てる相手じゃないのは依頼で充分把握していたからな」
[雑談]アッシュ:僕は多少頑丈なの生かして起き上がりつつ何度も殴るタイプなんで
[雑談]アッシュ:戦い方は違うねえ
[メイン]アッシュ:ぴーす。今日は左手だけだ。
[雑談]ケント・テイラー:あーいぎょたまあるじゃんアッシュそうじゃん
[雑談]ケント・テイラー:使って起き上がれたのでは?って感じだからある意味アッシュの勝ち
[雑談]アッシュ:本線ならさらに再行動も飛んできたんですが
[雑談]アッシュ:それでも「負けてる」という理由があるからこれはドラマ後に告白する
[雑談]ケント・テイラー:成程なあ
[メイン]アッシュ:「は~~~」
[メイン]ケント・テイラー:「だからこそ、まあここまで食らいついていけたのは……」
[メイン]アッシュ:「残念だな~~~~~もうちょっとでバイクに磔にできたのにな~~~」
[メイン]ケント・テイラー:「っでえ」
[メイン]アッシュ:「あ、大丈夫?」
[メイン]ケント・テイラー:「そんなに残念がることなんですかそれ!?」
[メイン]ケント・テイラー:「まあ、なんとか……」
[メイン]アッシュ:「お前はまだ非リアを知らない……」
[メイン]アッシュ:いつの間にか復元は完了していたようで、手で支えに走る。
[メイン]ケント・テイラー:言いながらぐいぐいと傷を縛りつつ、アッシュのように傷口から影が溢れて傷を塗り固めている。
[雑談]ケント・テイラー:ケントくんのLP回復の演出が傷口から影の剣生えたり影で埋めたりだから
[メイン]アッシュ:「僕もなんか無茶させちゃったみたいだしなあ。やってやったぜと思う気持ち半分」
[メイン]アッシュ:「申し訳ないと思う気持ち半分」
[雑談]ケント・テイラー:結構やってることは同じだけど人間なのでめっちゃ痛い
[雑談]ケント・テイラー:そこは人外のようにはいかない……
[雑談]アッシュ:ちゃんと肉を再生してるか、そもそも肉ないでーすの違いだからね
[メイン]アッシュ:「まあ動けるようになったら、でいいや……ああそうそう」
[メイン]ケント・テイラー:「やってやったぜってこいつ……あ、はい?」
[メイン]ケント・テイラー:支えられながらぐちぐちとぼやきかけて顔を其方へと向ける。
[メイン]アッシュ:「彼女どんな子?」
[メイン]アッシュ:完全にいつも通りののんびりとした調子で聞いた。
[雑談]ケント・テイラー:そういう人外感がとてもよく滲み出てるからすき
[雑談]ケント・テイラー:流石ずっと腕とか戦闘中に簡単にもげてへらへらしてたいとか言ってただけはあるって感じ
[雑談]アッシュ:そして自分で首切り落とすからな
[メイン]ケント・テイラー:「…………」
[雑談]ケント・テイラー:最早ホラー
[雑談]アッシュ:まあホラー感は欲しかった
[メイン]ケント・テイラー:「貴方もよく知ってる人ですよ」
[メイン]ケント・テイラー:何と言ったものか考えた結果の一言
[雑談]ケント・テイラー:キャーキャー言われるからね
[雑談]ケント・テイラー:むしろキャーキャー言われるしお前もリア充なのでは?
[メイン]アッシュ:「ありゃ、そうなんだ?ふーん、へー、ほー」
[メイン]アッシュ:まだ動きにくいのをいいことに
[メイン]アッシュ:ふーん、へー、など言いながらケントの周りをぐるぐる回る。謎の儀式。
[雑談]アッシュ:(照れる)
[メイン]ケント・テイラー:「一人連携でかごめかごめでもしそうなその動き怖いんですけど!?」
[雑談]ケント・テイラー:(げしっげしっ)
[雑談]ケント・テイラー:茶番で微妙にヴァンかエイミー辺りがうっかり一色とか言ってた気がしなくもない
[雑談]ケント・テイラー:ちょっと見返してみよう
[雑談]アッシュ:検索したけどすぐに見つからなかったからな
[雑談]ケント・テイラー:この量から探すのは骨だ
[メイン]アッシュ:「何言ってるんだい、流石の僕だって二人に増えはしないよ」
[メイン]アッシュ:「たぶん」
[メイン]ケント・テイラー:「プラナリアみたいに斬ったら増えたりしません?
[メイン]ケント・テイラー:ちゃきん
[メイン]アッシュ:「僕をなんだと思ってるんだ。いや、僕もよくわからないけども」
[メイン]アッシュ:「まあ、なんだ」
[メイン]アッシュ:じ、と何とも言えぬ顔でケントを見た後
[メイン]アッシュ:「よかったね」
[メイン]アッシュ:へへ、と常のように暢気に笑う。
[メイン]ケント・テイラー:「…………む」
[メイン]ケント・テイラー:「……ええ、はい。そうですね」
[メイン]アッシュ:「彼女とか、ほら、前に話聞いた時には考えられなかったしさ」
[メイン]ケント・テイラー:「まあ、あの時には一ミリも考えてませんでしたし。実際」
[メイン]ケント・テイラー:「この件に関しては、貴方にも礼を言う必要がある。……ありがとう、ございました」
[メイン]アッシュ:「? そうなの?」
[メイン]アッシュ:「それならそれで、どういたしました」
[雑談]ケント・テイラー:ドラマと壁で何度も言っていることだけどアッシュ本人には言ってなかった
[メイン]アッシュ:「噛んじった」
[メイン]アッシュ:青年の言葉に、素直に笑ってその言葉を受け取る。
[メイン]ケント・テイラー:「そこで噛みますか、そこで」
[メイン]アッシュ:「てへぺろ」
[メイン]アッシュ:「うん、だからまあ、よかったよかった」
[メイン]アッシュ:「君にとっていいことがあったなら、それでいいんだ」
[メイン]アッシュ:あくまでも、ふわふわと笑いそんなことを言う。
[メイン]ケント・テイラー:「本当におめでたい人なことで」
[メイン]ケント・テイラー:「……そこまで、変な心配おかけしてましたか」
[メイン]ケント・テイラー:じ、とその掴み所のない笑顔を見据える。
[メイン]アッシュ:「いや?心配……心配とはちょっと違うなあ、あの時は少し心配してたけどね?」
[メイン]アッシュ:「単純にさ」
[メイン]アッシュ:「友達に彼女ができて、それに一生懸命だって聞いたら、素直に喜ばしいよ」
[メイン]アッシュ:「まあそれはそれとしてバイクで股裂きしたい気持ちも事実だったけどね!」
[メイン]アッシュ:ははははは。
[メイン]ケント・テイラー:「…………」
[メイン]アッシュ:顔も言葉もいつも通りの暢気なそれだけれども、楽しんでいることだけは確かだろう。
[メイン]ケント・テイラー:「……はー……そう、ですか」
[メイン]アッシュ:「股裂きがだめなら地獄のデス・ロードも視野だった」
[メイン]ケント・テイラー:「市中引き回しとか」
[メイン]ケント・テイラー:「どっちもだめです!」
[メイン]ケント・テイラー:ぎゃいぎゃいと何とも言えない顔でその能天気な笑顔に物申す。
[メイン]ケント・テイラー:」
[メイン]ケント・テイラー:「どうせなら普通に乗せてくださいよ。普通に」
[メイン]アッシュ:「あ、その手が……」
[メイン]アッシュ:「その手があったな!」
[メイン]アッシュ:ケントの言葉にぽん、と手を打つ。
[メイン]ケント・テイラー:「今気づいたんですか!?」
[雑談]アッシュ:このままバイクアポーツして呼んで戻ろうかなと思う
[雑談]ケント・テイラー:いいですね
[メイン]アッシュ:「ああ、いや。股裂きはほら。僕のこのやり場のない気持ちとか嫉妬とかそういうアレだけど」
[雑談]ケント・テイラー:アポーツで呼べるのか……いいな異能者……
[メイン]アッシュ:「今この状態。そのまま歩いて帰るのちょっとキツいでしょ?まだ」
[メイン]アッシュ:キャンプ地として設けられている場所とはいえ、野生動物が済む程度には奥地だ。
[メイン]アッシュ:起伏、岩場なども決して少ないとは言えない。
[メイン]アッシュ:「乗って帰れば楽だなってね!」
[メイン]ケント・テイラー:「……成程、一理ある」
[メイン]ケント・テイラー:「アッシュにしては名案ですけど」
[メイン]ケント・テイラー:「どっから持ってくるんですか、そのバイク?」
[メイン]ケント・テイラー:辺り一帯は見ての通り奥地であり、山奥にバイクを持ってくる酔狂者など早々いない。
[メイン]アッシュ:「そこはそれ」 黒い布が唐突に現れる。常に結界兵装に用いたそれと酷似している布が一度、広げられて
[メイン]アッシュ:「僕も異能学園の生徒なので」 取り払われた時には、そこにはクラシックな大型バイクが陽光を弾いてそこにあった。
[メイン]アッシュ:どこか手品じみた光景だが、遠距離にあるものを取り寄せる異能についてはケントも聞き及んでいるものだろう。
[メイン]ケント・テイラー:「……おお……」
[メイン]ケント・テイラー:その様子を若干眼鏡の奥の瞳を輝かせ、感嘆の溜息をついて眺める。
[メイン]アッシュ:「オフロード……用のじゃないけど短距離なら何とかなるでしょ、多分」
[メイン]アッシュ:鍵が刺さっている。回す。問題なく駆動する。
[メイン]ケント・テイラー:「多分じゃ困るんですって」
[メイン]アッシュ:「仕方ないでしょー、この辺は本当にわからないんだから」
[メイン]アッシュ:「まあ、最悪こう……」
[メイン]アッシュ:「チョンボするし?」
[メイン]ケント・テイラー:「チョンボするし」
[メイン]アッシュ:不穏なセリフを吐きながら、後部作責に座るよう促す。
[雑談]アッシュ:チョンボ(アガシオン)
[雑談]アッシュ:その場合バイクではなくわんわんになる
[メイン]ケント・テイラー:「まあ、山奥に取り残されるということがなければそれならいいです」
[メイン]ケント・テイラー:言いながら、促されるままに座席へと腰を下ろす。
[メイン]ケント・テイラー:「…………おお……」
[メイン]アッシュ:「しないしない。彼女さんを悲しませるのは僕もゴメンだ」
[メイン]ケント・テイラー:「まあ、一色ならそういう状況慣れてるしすぐに見つけに来れそうなもんですけど」
[メイン]アッシュ:にやり。
[メイン]ケント・テイラー:「まあ、そう言っていただけるのは悪いものでは……」
[メイン]ケント・テイラー:「あっ
[メイン]アッシュ:「なるほどねー うんうん。確かに僕も知ってる人だ」
[雑談]ケント・テイラー:今ものすごくナチュラルにPLが口走ってしまったので二人そろって気がゆるゆるである
[メイン]アッシュ:朗らかな笑みなのに何故だろう。いつもより下卑ている。
[メイン]ケント・テイラー:「くっ……!なんですかその笑顔は!なんなんですか!」
[メイン]アッシュ:「べーつーにー?」
[メイン]アッシュ:間延びした声で返答して、青年が後部座席に座ったのを確認した直後。―――言葉は無用とばかりに発進させる。
[メイン]ケント・テイラー:びしっびしっと後ろから素手(3d+36)がびしびしと背中にぶつけられている。
[メイン]ケント・テイラー:「あっこの……うわあっ!?」
[メイン]アッシュ:「置いて行きはしないけどー、振り落とされるところまでは責任持たないからねー」
[メイン]ケント・テイラー:手を振りかぶっていたところだったのでバランスを崩し、慌てて体勢を整える。
[メイン]アッシュ:エンジンが唸りを上げる。
[メイン]ケント・テイラー:「振り落とされるような動きをしようとしないでください!!!」
[メイン]アッシュ:「今のは~~ケント君が僕を殴ろうとしてたのがいけないんだし~~~」
[メイン]アッシュ:へへへへ。明らかに確信犯としか思えない。
[メイン]ケント・テイラー:抗議の声を上げながらも、その姿は傍から見ればなんだかんだで楽し気なように見えただろう。
[雑談]アッシュ:メットなしの二人乗りでオフをオン仕様で走ってるので
[メイン]ケント・テイラー:「はいはい私が悪うごさいました!ほら、さっさと行く!」
[雑談]アッシュ:大分色々違反はしてると思う
[雑談]ケント・テイラー:あまりにもある意味デスレース
[雑談]アッシュ:(詳しくない)
[雑談]ケント・テイラー:素行が……Bになっちゃう……
[メイン]アッシュ:「おっけおっけ」
[雑談]ケント・テイラー:そこはほら、怒られそうだったらこれはわんわんですで
[メイン]アッシュ:獣の鳴き声のような音を立てて、速度を上げる。
[メイン]アッシュ:「バイクいいよ、バイク。……彼女さんとのツーリング、考えてみたら?」
[メイン]ケント・テイラー:「チャリではやったんですけどね。……まあ、今回の乗り心地次第では検討しておきます」
[メイン]アッシュ:風の中、一瞬だけ振り向いて。やはりにやついたような笑いを浮かべてすぐに前を向く。
[メイン]アッシュ:「よーし任せろー」
[雑談]ケント・テイラー:やべえバイク欲しくなってしまった
[メイン]アッシュ:タイヤが砂を踏みつける。美しい景色があっという間に流れていく。
[雑談]アッシュ:完全にバイク屋の回し者
[メイン]アッシュ:光る太陽の中に木々は煌めいて、風は強く冷たく吹き付ける。
[雑談]アッシュ:僕としてはこんなところ
[雑談]ケント・テイラー:金ないのに……このなり切ったのを隠したまま免許取りにいくのもなんかアレなのに……
[メイン]ケント・テイラー:「だから、そのニヤニヤ笑いはなんなんですかって」
[雑談]アッシュ:普通の二輪ならそう高くないよ
[雑談]アッシュ:僕はこう……
[雑談]アッシュ:カッコいいからっていう理由で大型買って
[雑談]アッシュ:無免ライダーになったからね
[メイン]アッシュ:「べ~~つ~~~に~~~~」
[メイン]ケント・テイラー:呆れながらも、吠えるようなエンジン音とその感覚に胸を高鳴らせる。
[雑談]ケント・テイラー:wwwwwwwww
[雑談]ケント・テイラー:ほんとその話ひどい
[雑談]アッシュ:PLガバすぎ
[メイン]ケント・テイラー:きっとこの数分のドライブは、とても輝いたものになるだろう。そんな確信があった。
[雑談]ケント・テイラー:こんな感じで?
[雑談]ケント・テイラー:オチを付けたければお任せする
[雑談]ケント・テイラー:PLより知性的なPCは生まれないということ……
[雑談]アッシュ:オチもないかな
[雑談]アッシュ:そんじゃ切るか
[メイン] : 
[メイン] : 
[メイン] : 
[メイン] : 
[メイン] : 
[メイン] : 
[メイン] : 
[メイン] : 
[メイン] : 
[メイン] : 
[雑談]ケント・テイラー:ああ!
[メイン]アッシュ:お疲れさまでした
[雑談]アッシュ:(ハイタッチを求める)
[メイン]ケント・テイラー:お疲れ様だ!
[雑談]ケント・テイラー:(無言のハイタッチ)
[雑談]ケント・テイラー:いえ~~い
[雑談]アッシュ:オレ オマエ! トモダチ!
[雑談]ケント・テイラー:マルカジリじゃなかった!
[雑談]ケント・テイラー:たのしい
[雑談]アッシュ:マルカジリは魂喰らいになるから……
[見学用]ポポカ@見学:2人ともなんだかんだで普通の男子高校生に
[雑談]ケント・テイラー:普通に喜んでくれてる辺りいい男子だよなあって感じとそれはそれとして股裂きたいってふざける感じのクソ男子感
[雑談]アッシュ:嫉妬心は事実だからネ!
[雑談]アッシュ:ああ、そうそう
[雑談]アッシュ:負けの理由なんだけど
[雑談]アッシュ:2R目ぐらいに気づいたんだけどさ
[見学用]ケント・テイラー:設定は明らかに普通……普通とは……?って感じなのにな、この成り代わりブラザーズ……
[雑談]ケント・テイラー:うむ
[雑談]アッシュ:僕防御計算するときにフォルダで0にして多分差っ引いてなくて
[雑談]アッシュ:本当は1Rで沈んでたんだよね……!!
[見学用]アッシュ:普通じゃなくても普通の楽しみを享受していいのさ……
[雑談]アッシュ:既に起き上がった後だから途中でなんか言うのもナーと
[雑談]ケント・テイラー:ああ……!!
[雑談]ケント・テイラー:いぎょたましたんだなきっと
[雑談]アッシュ:なら何も問題はないな!!
[見学用]ケント・テイラー:普通じゃないからこそ普通の生活が身に染みるというか、元々主がそういうの気にするタイプだったから人並の楽しみは大事にするようにしてる
[雑談]アッシュ:決闘初めてやったけど
[雑談]アッシュ:カッコいいなあ
[雑談]ケント・テイラー:本当に一発で持っていけてたのか、やべえなこのゴリラ
[雑談]アッシュ:フォルダしてなければ別だったんだけどねー
[雑談]アッシュ:防御のこと考えずにやってたわ
[雑談]ケント・テイラー:楽しいよ、今回は2回で終わったけど出目次第ではずっとこう、牽制しあったり駆け引きしてどんどん機運がじりじりと高まってきたりする
[雑談]アッシュ:今回はこう
[雑談]ケント・テイラー:こういうすっぱり型だと一撃に魂籠める感じになる
[雑談]アッシュ:お互いの火力が高すぎたので色々調整とかまた必要になるんだろうね
[雑談]アッシュ:2回クロスカウンターだからな
[雑談]アッシュ:お前らどんだけ防御棄ててんのと
[見学用]ポポカ@見学:良いことである
[見学用]アッシュ:普通って大事だよね
[雑談]ケント・テイラー:アッシュは割と迎撃タイプな印象だけど見た目も体力も魔道士がこの突っ込み方はあまりにも脳筋
[見学用]アッシュ:僕もそういうのを知らないから、それを得てみようとかそれを大事にしてみようとかそういう生き物だ
[雑談]アッシュ:僕実は極み搭載してないからね
[見学用]ケント・テイラー:ミュートが普通を無理矢理置いて来ようとしてる一般人だったからその対称位置でもあります
[雑談]アッシュ:迎撃というよりは暴れられる限り暴れて沈むタイプ
[見学用]アッシュ:なるほどな
[雑談]ケント・テイラー:あー受けながら暴れる
[雑談]ケント・テイラー:受けながら暴れるというより暴れてるところに抵抗されて傷だらけになる感じの
[雑談]アッシュ:結構みんな僕のことを防御型と勘違いするが
[雑談]アッシュ:結構火力偏重
[見学用]ケント・テイラー:普通じゃないからこそ普通の大切さはわかるっていうのはとても好きというのが良くわかるPL二人の性癖
[雑談]アッシュ:感嘆に沈むんだぜ、割と
[雑談]ケント・テイラー:結界ってだけで受け性能あるように思ってたから…・・・
[見学用]アッシュ:我は汝 汝は我
[雑談]アッシュ:僕
[雑談]アッシュ:物理防御は15、結界10の25点ですからね
[雑談]アッシュ:いままでの基準からすると低くはないんだが、この都市それ以上の防御とそれ以上の火力は平然と持ってるし
[雑談]ケント・テイラー:ケント君22−1だからマジでそんなに大差ないんだな
[雑談]ケント・テイラー:まあHPでだいぶ差が付けられてるんだけど
[雑談]アッシュ:そこは筋力とメインクラスの差だな……
[雑談]ケント・テイラー:ブルクラダハーカって叫ばれたらその瞬間に寝ることが確定する……
[雑談]アッシュ:スヤァ……
[雑談]アッシュ:よしログは取った
[雑談]ケント・テイラー:早くムキムキになりたーい
[雑談]ケント・テイラー:あ、ありがとうございます
[雑談]アッシュ:ケントくんは筋肉ついても薄いんだろうなあ……
[雑談]ケント・テイラー:だよねえ……
[雑談]アッシュ:まああたしはそっちのが好みだ
[雑談]ケント・テイラー:なんというか引き締まってはいるけど膨張はしない感じの
[雑談]ケント・テイラー:わかる
[雑談]アッシュ:そうだねえ……こう
[雑談]アッシュ:脱がないとわからないタイプの筋肉
[雑談]アッシュ:脱いだら「ある」ってことはわかるんだよな 細すぎる手ではない
[雑談]ケント・テイラー:というか想像が付かないな……ムキムキ眼鏡……
[雑談]ケント・テイラー:うむ
[雑談]アッシュ:アッシュは逆にいくらやっても筋肉つかないです
[雑談]アッシュ:そのくせ筋力はゴリラ
[雑談]ケント・テイラー:その辺は海に行ったときにそれとなく見せてきた
[雑談]ケント・テイラー:怪物感ある
[雑談]アッシュ:ビルドアップ #どこが鍛えられたのかわからない