[メイン]どどんとふ:全チャットログ削除が正常に終了しました。
[雑談]エックス:こんにちは
[雑談]小熊ユズル:立ち絵無かった 少々お待ちを
[雑談]エックス:え!?あ、私もねえ!!
[雑談]エックス:想定は茶番で言ってたように釣り堀行こうかって話だけど、他にしたいことがあるならそれで
[雑談]小熊ユズル:じゃあ釣りでー 私服用意しないと
[雑談]三枝リン:よっし
[雑談]エックス:それじゃお願いします!
[雑談]三枝リン:はーい 導入はこちらが書きます?
[雑談]エックス:こっちで!誘ったのこっちだし釣り堀だし
[雑談]三枝リン:じゃあお願いしますー
[雑談]エックス:いきまーす
[雑談]三枝リン:はーい
[メイン]: 
[メイン]: 
[メイン]: 
[メイン]:第七学区に古くからあるという釣り堀『へいわどう』は、木造建築の建物だった。
[メイン]:第七学区にある割には客もロクにおらず寂れた雰囲気があるだけだ。
[メイン]:しかしこんな釣り堀でも学園都市のパンフレットの隅っこの方に掲載されている場所でありマニアの評価は高い。
[メイン]: 
[メイン]:エックスとリンは以前から釣り堀に来るという約束をしていたため、2人もこの店へ訪れた。
[メイン]:2人は店員に釣り竿と餌を貰う。水辺の方に目をやると、水辺の周りにいくつかの椅子があり2人は適当な椅子に座る
[メイン]:それにしても客はほとんどいない……。
[メイン]: 
[雑談]:どうぞ
[雑談]:釣り判定はしてもいいと思うよ(ゆるいノリ)
[メイン]三枝リン:「人、居ないわね……」
[メイン]エックス:「……本当だな。人いないのにパンフレットに載ってるのはなあ。マニア向けかあ」
[雑談]三枝リン:じゃあやろう 罰ゲ表憶えてないけど
[メイン]三枝リン:「マニア向けって言っても程度があるでしょう」
[メイン]エックス:「確かに」
[メイン]エックス:「所でリン。釣り堀だからって釣りで爆発事件とか起こすなよ。ヤバいからな」
[メイン]三枝リン:釣竿に餌を付けて、釣果を入れるためのバケツを用意する。
[メイン]三枝リン:「はぁ?そんなの起こす訳ないでしょ。WIMA学内ならともかく、こんなところで起きるわけないじゃない」
[メイン]三枝リン:「川じゃなくて釣り堀だし。ふっつーの魚しかいないでしょ」
[メイン]エックス:「WIMA学内ならとにかくて凄い自信!」
[メイン]エックス:「……本当か?いや、そうなんだろうがなあ。前科が、こうっ。ひっかかるな!」
[メイン]三枝リン:と、言いつつ釣竿を振って、釣りを開始する。
[雑談]エックス:彼氏できたの知っててもいい?
[雑談]三枝リン:いいよ ラムネだと学校全体に広がってるし、大分広い噂になってると思う
[メイン]三枝リン:5d6+9 せいしん。
DiceBot : (5D6+9) → 15[4,1,3,4,3]+9 → 24

[メイン]エックス:同じように釣り竿に餌をつけて、釣り竿をたらす
[雑談]エックス:なるほど
[雑談]エックス:あ、ちょっと呼ばれた。直ぐもどりまーす
[雑談]三枝リン:はーい
[雑談]三枝リンhttp://weemo.jp/s/36a8746e 釣りルールあった
[雑談]エックス:もどった!
[雑談]エックス:おー
[雑談]三枝リン:おかえり
[雑談]三枝リン:釣果表(釣りダイス表を振って、ファンブルしなかった場合は追加で振る)
2:突然だが釣り上げた黒塗りの高級車に追突してしまう(自動失敗、HPが1になる)
3:何も釣れてない…(自動失敗、達成値が0になる)
4:釣れはしたが、これはキチガイレコードだ!(加点無し、
5:小魚だ、自動成功(+5点)
6:まあまあな魚を釣りあげた、これ食べれるの?(+6点)
7:普通の魚を釣り上げた、塩焼きにして食べたい(+6点)
8:ブラックバスを釣り上げた、自然に返しちゃダメだぞ!(+8点)
9:鮭を釣り上げた、なんでいるんだろう。(+10点)
10:電気なまずだ、あれは意外と美味しいんだぞ!精神/18に挑む(+15点)
11:すごい、大物だ!具体的にどういう大物かはみんなで考えてくれ。知力/14に挑む(+20点)
12:幻の超巨大古代魚を釣り上げた。その場にいる全員が参加し、筋力合計/80の判定に挑む。(+40点)

[雑談]三枝リン:めんどいので釣果表も流す
[メイン]三枝リン:d66 ばつげ
[雑談]エックス:おーー
[メイン]三枝リン:2d6
DiceBot : (2D6) → 4[3,1] → 4

[メイン]三枝リン:〔尻文字〕あなたは3発言の間、口ではなく尻で文字を書いてコミュニケーションを図る。ストーブの上で尻を焼かないよう気を付けよう。
[雑談]エックス:turibatut コマンド忘れたのでこれで登録した
DiceBot :罰ゲーム表(63[6,3]) → [おいどん]このシーン中、一人称がおいどんになる。

[雑談]エックス:リンwwwwwwwwwwww
[雑談]三枝リン:お、ありがとう
[メイン]エックス:「……どうだ?何か釣れそうか?」
[メイン]三枝リン:「……?……!?」とたんにしゃべれなくなる。
[メイン]エックス:「?」
[メイン]三枝リン:釣竿は垂らしたままなので……こう、尻を動かして、地面に文字を描こうとする。
[雑談]エックス:やばい光景
[雑談]エックス:リン呪われてるんじゃない!?
[メイン]三枝リン:『こえでない おかしい』
[雑談]三枝リン:呪われてる
[メイン]エックス:「えええ~~~~~~~~~」
[メイン]三枝リン:『やま かわ いっしょ』
[メイン]エックス:「やっぱりかよ!!お前なんで!?呪われてるだろ!!」
[メイン]三枝リン:『しら ない』
[メイン]三枝リン:と、声が出るようになる。3発言だからね。
[雑談]エックス:かゆ うま
[メイン]エックス:「何か前世で釣りに酷いことしたりした?」
[メイン]三枝リン:「しらないわよぉぉぉぉ………」
[メイン]三枝リン:ぐてーっ、と倒れ込む。無論何も釣れなかった。
[メイン]エックス:「やばいな……」
[メイン]エックス:とりあえず何かフォローしよう。フォロー。いや、この質問はフォローなのか?関係なさすぎでは?
[メイン]エックス:「そういやお前彼氏できたんだって?」
[メイン]三枝リン:「ぶっはっ」跳ね起きる
[メイン]エックス:「図星か!いや知ってたけど!!」
[メイン]三枝リン:「ええ、まぁ、出来ましたけど。もうどこにでも知れ渡ってるわね……」
[メイン]エックス:「ああ、知ってる。ジャスパーだろ?」
[メイン]三枝リン:「そーよ。いっつも振り回されてるわ」
[メイン]エックス:「なるほどな。ちなみにそういう所は好きか?」
[メイン]三枝リン:「……ええ。まぁ」
[メイン]三枝リン:照れを隠しながら、水筒の水を飲んで。
[メイン]三枝リン:「……そーいう貴方はどーなのよ」
[メイン]エックス:「んー?」
[メイン]三枝リン:「色恋沙汰とか、最近のこと」
[メイン]エックス:「私にはいないぞ。別に今は無理に欲しくないしな……」 思い出したように水筒を取り出し口をつけて
[メイン]エックス:「でも、私じゃない方にはできた。ぐらいかな。色恋沙汰の話は。はは、こういう話は疎いんだ」
[メイン]三枝リン:「……一緒の身体とか言ってた気がするのだけど?」
[メイン]三枝リン:「その、平気なの?」
[メイン]エックス:「平気じゃないからなんとかしてお互いにもとに戻らないとな。って感じ」
[メイン]エックス:「……アイツはアイツとして存在するべきだし、私は私として存在するのが正しい形だからな」
[メイン]エックス:餌に魚は食い付かない。長い長い時間をかけても上手くいかないこともある。
[メイン]三枝リン:「大変ね……」
[メイン]三枝リン:釣竿に餌をつけて、再び投げ入れる。今度は大丈夫だろう。
[メイン]エックス:「まあ、でも見てろよ!もうすぐ元に戻ってやるからな。卒業手前にはなんとかしてやるさ!」
[メイン]三枝リン:「卒業……そういえば貴方3年だったわね」
[メイン]エックス:「そうだぞ。こうみえても、20歳だし」
[メイン]三枝リン:「ハタチ。」
[メイン]三枝リン:「ぜんっぜん見えなかったけど。え、5歳も上」
[メイン]エックス:「なんだよ悪いか!勉強ロクにしてなかったんだよ!!」
[メイン]エックス:「中学生の頃まーったく勉強してないツケがでたんだよ。うっ、5歳も上だよそうだよ!!」
[雑談]エックス:中学生の頃聞いたら重いので聞くかは自由だ(先に言う)
[雑談]三枝リン:まぁ聞くか……
[メイン]三枝リン:「……何かあったの?」
[雑談]エックス:聞くの
[メイン]エックス:「ん?今となっては大したことじゃないが」
[雑談]三枝リン:頭が悪いでは済まないレベルだから 多分なんかあったんだろうと察してしまう
[メイン]エックス:「いじめられただけだよ。だから登校拒否しただけ。その後はながーい道のりで人間やめてた」 ドッペルゲンガーになったとかで
[メイン]エックス:軽くそれを口にする。相当古い話のように。昔話のように。
[メイン]三枝リン:「いじめ、ね……いつでもどこでも屑は居る物ね」
[メイン]エックス:「そうそう!うちの同級生の奴のいじめは凄かったな」
[メイン]三枝リン:「そんなに?」
[メイン]エックス:「いじめた奴は女生徒のグループだったが特に理由もなく私の机に落書きして、私が先生にそれチクったら逆ギレして」
[メイン]エックス:「その後はまあその女生徒の彼氏達も混ざってザ・イジメって感じの殴る蹴るだ。中1の夏だったかな確か」
[メイン]三枝リン:「うっわ。悪趣味で底の浅いやつ」
[メイン]エックス:「だろ?お前はそんな奴に絡まれるなよ」 くすくすと笑う。
[メイン]三枝リン:「中学でしょ。私も絡まれたわよ、そういうやつに」
[メイン]エックス:「経験済みかよ」
[メイン]エックス:「大丈夫だったのか?その時は」
[メイン]三枝リン:「ムカついたし、教師が見て見ぬふりをするのは知ってましたから」
[メイン]三枝リン:「そいつらの持ち物全部焼却炉に叩き込んでやりました」
[メイン]エックス:「こわ」
[メイン]エックス:「……お前って本当物騒だな。可愛いのに噛んでくる」
[メイン]三枝リン:「いい子にして良かったことなんて無かったし。じゃあ好きにするわよ」
[メイン]エックス:「……狂犬」 くすくすと笑いながら、リンの頬をぷにっとする
[メイン]三枝リン:「あうっ」
[メイン]三枝リン:「なにするのよ」頬をつつき返す
[メイン]エックス:「にゃぐっ。天啓!」  
[メイン]三枝リン:「極みブルクラダハーカ入れて差し上げましょうか?」
[メイン]エックス:「やめろ!極みは無効化できてもブルクラダハーカは耐えられない!」
[メイン]三枝リン:「ちょうど一回も使ったことなかったのよね」
[メイン]エックス:「まてまてまてそれは敵にやれ」
[メイン]エックス:「私は敵じゃない。味方。オーケー?」
[メイン]三枝リン:「……はいはい。冗談よ、冗談」
[メイン]エックス:「怖っ……!!!」
[メイン]三枝リン:「素行Cですから」
[メイン]エックス:「私もだぞ!!」
[メイン]エックス:「素行Cなのにここまで違うか‥…お前は絶対恐妻になるタイプだ…」
[メイン]三枝リン:「……どーかしら。自分で言うのも癪ですけど。相手はあのジャスパーよ?」
[メイン]エックス:「それでも、だ。ジャスパーがどこを支配しても、最終的に家庭での支配権はお前が握る」
[メイン]三枝リン:「そんなもんかしら」
[メイン]エックス:「そんなもんだ」
[雑談]エックス:「ちなみに夜の支配権はどっち?」 没台詞
[メイン]三枝リン:「じゃあそういうことにしましょ」
[雑談]三枝リン:wwwwwwwwwwwww
[雑談]三枝リン:今のところ2-0でジャスパーですね……
[雑談]エックス:頑張れよ!!入れ知恵したい!!
[雑談]三枝リン:入れ知恵。
[雑談]エックス:夜の戦術の入れ知恵
[メイン]エックス:「昼も夜もお前の支配権を握れるようになったらお前の家でのカーストは最強になる」
[雑談]三枝リン:行動支援か
[メイン]エックス:「頑張れよ奥さん……」
[雑談]エックス:夜の……協調……かな……
[メイン]三枝リン:「よ、夜って……」
[雑談]三枝リン:判定時に天性の美と身体的特徴<美>:胸を使っていけとかそういう。
[メイン]三枝リン:気を紛らわすように釣竿を動かす。
[メイン]エックス:「何時かはやるんだろ?もしそうなった時、支配権握ったら多分楽しいぞ」 くすくすと笑う
[メイン]エックス:「(私はそういうのないけど)」
[メイン]三枝リン:「そ、そうね」何故か顔を逸らす。
[雑談]エックス:なるほど
[雑談]三枝リン:釣り判定もっかいやっていい?
[雑談]エックス:いいよー
[メイン]エックス:「ウブか」
[メイン]三枝リン:「そういう訳じゃあないのだけれども……」
[メイン]エックス:そういうことはまだしてないんだな。と解釈する。照れ屋なんだなあこの子は
[メイン]三枝リン:5d6+9 釣竿にヒットが
DiceBot : (5D6+9) → 16[2,4,4,3,3]+9 → 25

[メイン]三枝リン:2d6
DiceBot : (2D6) → 12[6,6] → 12

[メイン]三枝リン:幻の超巨大古代魚を釣り上げた。その場にいる全員が参加し、筋力合計/80の判定に挑む。(+40点)
[メイン]三枝リン:まって。
[メイン]エックス:「どういう訳で……?」
[メイン]エックス:草
[メイン]三枝リン:「こういう時、どう説明したらいいのか困るわね……ん?」
[メイン]エックス:よし!筋力判定の時間だLPは減ってないな!!
[メイン]エックス:茶番からのドラマだし!!
[メイン]エックス:判定にリソースガンガン使うしかない……
[メイン]三枝リン:ビルドアップした新しい肉体の使いどころ
[メイン]エックス:「……ん?どうした。ん、ん……!?何か、来てる」
[メイン]エックス:「何かでか!?」
[メイン]三枝リン:「ちょっ!?なによこの引きぃ!?」
[メイン]エックス:「な、何かヤバい!!ほら、速く引け!おい、ほら!」
[メイン]三枝リン:「わかって、る、わよ……っ!」
[メイン]三枝リン:6d6+5 LP4点
DiceBot : (6D6+5) → 21[6,4,2,3,2,4]+5 → 26

[メイン]三枝リン:6d6+5 進行
DiceBot : (6D6+5) → 22[3,6,4,6,1,2]+5 → 27

[メイン]三枝リン:ごり押しでクリしていく
[メイン]エックス:一応私も協力している体でいく!
[メイン]エックス:LP6
[メイン]エックス:8d+6
DiceBot : (8D6+6) → 30[3,2,6,4,6,1,4,4]+6 → 36

[メイン]エックス:達成値上は負けてるがクリってるから勝ちだ!
[メイン]三枝リン:「こんのっ、ざっ、けん、じゃないわよ……」
[雑談]エックス:リンが成功してるので私は釣り竿に手を添えるだけ——!
[雑談]三枝リン:お互いにLPを燃やしていく。釣りで。
[雑談]エックス:釣りで
[メイン]エックス:「……い、けるかっ!?」 リンの釣り竿を握る。力を入れる
[メイン]エックス:「力、入れろっ……!」
[メイン]三枝リン:魂をくべて以下省略。全力で釣竿を引っ張り上げる!
[メイン]三枝リン:「だあああああああっっっっっ!!!!!」
[メイン]三枝リン:ざっぱーーーーーーーーーーーん!!!!!!!
[メイン]三枝リン:派手な音と共に、超巨大古代魚が、釣り堀の傍らに釣り上げられる!
[メイン]エックス:「……しゃああああ!」
[メイン]三枝リン:「ふんっ、ざまぁみなさい!」
[メイン]エックス:「やったぞ!」 リンにハイタッチを求める
[メイン]三枝リン:「やったわね!」ぱしーん、とハイタッチをする。
[メイン]三枝リン:「…………」
[メイン]三枝リン:「これどうすんのよ」
[メイン]エックス:「……」
[メイン]エックス:「……釣り堀の店員のおっさんに写真とってもらって、後はおっさんに任せる、かな」
[メイン]三枝リン:「そうしましょうか……」
[雑談]三枝リン:後なんか話したい事ある?
[メイン]エックス:こくりと頷く
[雑談]エックス:大丈夫!そっちからは大丈夫?
[雑談]エックス:モノローグとかあるならどうぞ
[雑談]三枝リン:んや、こっちは特にないからOK
[メイン]三枝リン:ビタンビタンと跳ねる古代魚を後ろに、店員を呼びに行く。
[雑談]エックス:じゃあきりまーす
[メイン]:巨大古代魚が釣れる店。
[メイン]:確かにマニア向けの店だった
[雑談]三枝リン:はい
[メイン]: 
[メイン]: 
[メイン]: 
[メイン]: 
[メイン]エックス:お疲れ様でした
[雑談]エックス:まさかマニア向けが伏線だったとはな……
[メイン]三枝リン:お疲れ様でした
[雑談]三枝リン:いや釣れるとは思わないじゃん
[雑談]エックス:リンはほらこう
[雑談]エックス:釣りの神様に憑かれてる
[雑談]三枝リン:ロクでもなさそうな神様だ
[雑談]エックス:やべえよ
[雑談]三枝リン:久々にエックスとドラマしたなぁって思ったらコレだよ
[雑談]エックス:本当だよwwwwwwww
[雑談]三枝リン:せいぜい鮭ぐらいが釣れるかなーと思ったら古代魚。
[雑談]エックス:めっちゃ笑ってる
[雑談]三枝リン:こう、リンは私の不運を全て吸っている
[雑談]三枝リン:ライナーは幸運を吸っている
[雑談]エックス:面白すぎ
[雑談]エックス:いやあリンが平和そうで良かった色んな意味で
[雑談]三枝リン:今は平和……
[雑談]エックス:ねー……
[雑談]三枝リン:丁度来週か メインは
[雑談]エックス:そうだねえ
[雑談]エックス:天使がやってくる……
[雑談]三枝リン:果たして勝てるのか!
[雑談]エックス:ダイジョブだよ。私達のチームワークなら……
[雑談]エックス:頑張ろうな!!!!
[雑談]三枝リン:ああ!!!
[雑談]三枝リン:っと、ログ取るね